Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

学生会講演会スライド

549 views

Published on

第22回 電子情報通信学会九州支部 学生会講演会で発表したスライドです。
「マルチメディア技術を用いた地域PRにおけるイメージキャラクターの活用」とかっていうかしこまったタイトルでやってますが、要は長与町のミックン使って色々したいなって話です笑

Published in: Social Media
  • Be the first to comment

学生会講演会スライド

  1. 1. マルチメディア技術を用いた 地域PRにおける イメージキャラクターの活用 長崎県立大学国際情報学部3年 峰彩弥香
  2. 2. 目次 はじめに 提案コンテンツの概要 コンテンツの作成手法 成果物発表 まとめ 2014/9/23
  3. 3. 背景 地域のゆるきゃらブーム  熊本県くまもん、千葉県船橋市フナッシー  地域キャラが有名になる→その地域の知名度があがる 地域PR活動が注目される  SNS、ブログ、グッズなどが主  3DCG、ゲーム、ARなどのデジタルコンテンツは少な い 地方公共団体の声  やってみたいが、予算と技術がない  デジタルコンテンツは、グッズと比べて費用がかから ない 2014/9/23
  4. 4. 研究目的 長与町のPRがしたい  長崎県西彼杵郡長与町、本学のキャンパスがある  長与町の情報番組の制作  お店、文化、産業、人など たくさんの魅力があるが、知名度が低い 概要  地域PRを目的とし、地域イメージキャラクターを用いたマルチメ ディアコンテンツの制作  CG、ゲーム、ARなど  長与町のイメージキャラクター「ミックン」 2014/9/23
  5. 5. 提案コンテンツの全体像 アプリで 統括 3DCG アニメーション • 長与町のPV映像 AR • 長与町の情報収 集を助ける ゲーム • 長与町を疑似 体験する 2014/9/23  SNSの活用  Twitter・facebook・line  Lineスタンプ
  6. 6. 今回試作したコンテンツ ミックンの3DCGモデルの作成 アニメーション、ゲーム、ARなど各種コ ンテツの主役としての利用を想定 コンテンツの試作 ミックンの3DCGアニメーション アニメーションとビデオ映像の合成 PVを想定した試作 2014/9/23
  7. 7. 3DCGモデルの作成1/4 利用ソフト:Blender(無償) モデリング、レンダリング、アニメーシ ョンなど幅広い機能を持つ3D統合ソフト 作成手順 下絵 モデリング マテリアル リギング 2014/9/23
  8. 8. 3DCGモデルの作成2/4 下絵作成  使用ソフト:Inkscape(無償)  描画ソフト  前面、横面、背面の3枚を用意 2014/9/23
  9. 9. 3DCGモデルの作成3/4 モデリング 下絵を元に3D形状を作成 基本オブジェクトのポリゴン (頂点・辺・面)を調整 マテリアル処理 モデルの色・質感・テクスチ ャを設定 2014/9/23
  10. 10. 3DCGモデルの作成4/4 リギング キャラクターのボーンを設定 ボーンはキャラクターの動作 生成の設定対象 となる。 ウェイト設定…ボーンに連動 するポリゴンを決める 2014/9/23
  11. 11. 3DCGアニメーションの作成 利用ソフト:unity 複数のプラットフォームに対応するゲー ムエンジン AR・ゲームなど、複数のデジタルコンテ ンツを統合したアプリ提供を想定 動画編集の補助ソフト:FinalCutPro ビデオ映像との合成に使用 2014/9/23
  12. 12. 2014/9/23
  13. 13. まとめ 成果  3DCGモデルの作成  ゲーム、ARを想定したアニメーションの目処をたてた 課題  動作設定:全身、表情  人型は動作設定のテンプレートが豊富で、自動設定が 可能である。しかし、非人型の場合はテンプレートが ないため手動設定となり、動きの自然さを出す工夫が 必要となる。 今後  AR、ゲームアプリの開発、より充実したPV映像、lineスタンプの 作成 2014/9/23

×