Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
  • Be the first to comment

汚染木材を燃やしてよいのか!木質バイオマス発電を問う20180120

  1. 1. 汚染木材を燃やしてよいのか! 福島県田村市バイオマス発電計 画を問う 放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会 和田央子
  2. 2. 計画予定地 住友大阪セメント跡地
  3. 3. 2016年4月 造成工事開始後まもなく
  4. 4. 周囲は田畑と民家
  5. 5. 大越こども園まで わずか500メートル
  6. 6. 大越小学校 わずか650メートル大越小学校 わずか650メートル
  7. 7. 大越中学校
  8. 8. 大越体育館からの風景 旭鉱末(株)
  9. 9. 2017年12月
  10. 10. 計画概要 • タケエイ80% 田村市20% 田村バイオマスエナジー 株式会社 • 田村市大越町上大越(住友大阪セメント工場 跡地) 予定地 • 330日/年 24時間/日運転日数 • 2019年より20年間以上売電開始予定、事業年数 • 総事業費35億円 補助金40億円?事業費・補助金 • 約4.4万~5.5万MWh年間発電量 • 約9万トンバイオマス燃料
  11. 11. 事業者側の説明するメリット 発電所 で20~ 30人雇 用 木材・ チップ 工場 数十人 雇用 Co2削 減 1.7 万トン/ 年 長期間の 未利用材 需要 エネル ギー地 産地消廃熱利用 の植物工 場で地元 雇用 田村バイオ マスエナ ジー 津軽バイ オマスエ ナジー 花巻バイ オマスエ ナジー 横須賀バ イオマス エナジー
  12. 12. これまでの経緯 2000年3月 住友大阪セメント工場閉鎖 2011年3月 東日本大震災 2014年12月 田村市が工場跡地16haを7億8 千万円で取得 2016年2月 タケエイが田村バイオマスエナ ジー設立、バイオマス発電事業計画発表 2017年2月 資本金1000万円から5000万円へ 田村市が1000万円(20%)出資へ政経東北2017年 10月号より
  13. 13. 2017年4月 突然の計画変更  白チップ(樹皮をはいだ部分)のみ使う  樹皮(バーク)も燃やしたい。チップは部位でなく 濃度で管理する。自主基準値100㏃/kg以下を設ける。  チップは県中地区バイオマス燃料供給協議会が新会 社設立予定  発電所にチップ工場を併設したい 住民「約束が違う」⇒反対運動、署名活動へ
  14. 14. 大越町の環境を守る会 発足
  15. 15. 大越町の環境を守る会 運動の軌跡  全町対象の説明会を陳情 ⇒議会採択  しかし、市は全町ではなく一部の行政区の みに実施(11行政区・出席者263名)  都合の悪い場合でも他の行政区への出席は 禁止・・・(お悔やみと重なり、やむを得 ず途中退席せざるを得なかった人も) なぜ、地域振興を謳う事業なのに説明を限定 するのか?!
  16. 16. 市議会での市長答弁 本田仁一田村市長  燃料は100㏃/kg以下で厳格に管理  科学的知見に基づき正しく理解することが必要  一般廃棄物は8000㏃/kg以下、環境省の減容化 施設は1万㏃/kg以上のものも安全に燃やしてい る。同じような施設なのだから安全でないわけ がない。  (産業部長)市が20%出資することには、適切 な運営がなされるかの監視・監督の意味がある。  市には本事業に関して許認可等の権限はない。
  17. 17. 住民説明会における事業者側回答 市 除染ではなく、間伐材を有効利用する「産業」 バイオ マスエ ナジー バグフィルター・・・大切なのは排ガスが規制値以下 で放射性物質が不検出であることであり、これは公表 する。 焼却灰は3,000㏃/kg以下であれば路盤材等にリサイク ルすることも可能なので、リサイクル業者に委託する。 これを超えるものは通常の産廃として埋立処分する。 通常処分ができるよう8,000㏃/kgを超えないように徹 底する。 水の使用料は800トン/日、うち300トン/日を排水する。 チップや排ガス、焼却灰と接触しないため、放射性物 質は含まれない。アルカリ性が強くなるので中和処理 後敷地内の調整池へ、環境基準を満たした上で3つの 河川へ放流する。
  18. 18. 疑問だらけの計画  市が20%出資する理由が不明。監視のため?出 資しなければ監視できないのか?  木質チップ自主基準100㏃/kgの厳格な管理と は、根拠もなく説得力がない。  心材、辺材も汚染されているが一切言及して いない。  解体家屋もチップに?避難指示区域(汚染廃 棄物対策地域)のものも混入する可能性。実は リサイクルが原則  800トン/日の冷却水使用?影響は? ほか問題多数・・・
  19. 19. 守る会、知事と田村市議会へ陳情  2017年11月県知事へバイオマス発電計画の白 紙を陳情 吉田えいさく県議のブログ  2017年12月市議会へ陳情、計画変更2点の撤 回要求について採択 これにより、市長の判断が問われる
  20. 20. 帰還困難区域の汚染木を燃料に?!  環境審査顧問会 風力部会 2017年8月31日 阿武隈風力 事業者補足説明資料  「帰還困難区域において風況塔を設置する際に、 伐採木の樹皮の放射性物質濃度を測定したとこ ろ、福島第一原子力発電所側(南東側)で 100,000Bq/kg、反対側(北西側)で56,600Bq/kg であったことから、丸太筋工で樹木を利用する 際は、南東側を下に埋めることで考えている。  最近、田村市でバイオマス発電所を計画してい る事業者から本事業での伐採木を利用できない かという打診がきており、放射能濃度が低い伐 採木はそこで有効利用する可能性もある。」
  21. 21. 12月田村市議会で新たな計画が判明  白石勝彦議員の質問:郡山市湖南地区および福島市で も木質バイオマス発電の計画。いずれも田村市の半分 以下の大きさで、地域の木材を使う予定。近くプレス リリース。  橋本紀一議員の質問:滝根町でチップ工場建設の動き。  福島民友:浪江町に「木材加工施設」新たに整備 林 業再生へ福島県産材活用 2018年01月16日  建設新聞:福島パルムシー 葛尾村に木質ペレット工 場の新築計画 2017年11月30日 2013年より福島県が県内全域7か所に 木質バイオマス発電施設整備を予定 県南地区の塙町で住民運動により計画白紙撤回へ
  22. 22. バイオマス利用に名を借りた 大規模森林除染がはじまった
  23. 23. 木質バイオマスとは 樹木の伐採や造材から発生する 枝、葉などの林地残材 製材工場などから発生する 樹皮やのこ屑 住宅の解体材や街路樹の剪定枝 など 林野庁HP http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/biomass/con_1.html
  24. 24. 年間約2,000万立方メート ル 年間約850万立方メートル 製紙原料、燃料用、家畜敷料 年間約1,000万立方 メートル 燃料用、製紙原料、 木質ボード原料等 林野庁HPより作成 http://www.rinya.maff.go.jp/j/ri you/biomass/con_1.html
  25. 25. 木質バイオマス発電とは  木質バイオマスを燃料に使う火力発電 資源エネルギー庁HP http://www.enecho.meti.go.jp/category/sa ving_and_new/saiene/renewable/biomass
  26. 26. 現状はどうなっているの? 福島県内  白河市 ウッドパワー(原発事故前から)  会津若松市 グリーン発電会津(2012年)  塙町 計画白紙(2013年)  川内村、南相馬市、飯舘村でも検討  いわき市 エア・ウォーター小名浜(パームヤシ殻)  田村市大越町 造成工事中-反対運動  福島市、湖南地区(計画?) 全国  2012年7月固定価格買取制度(FIT)開始以降、 2015年3月末現在で設備認定80うち20以上稼働
  27. 27. 何が問題なの? 放射能で汚染された木材を使う なぜわざわざ汚染された木を使って まで発電? 復興の遅れた林業・木材産業の再生 が急務
  28. 28. 福島の森林・林業・木材産業  県土の7割が森林  林業就業者 2,423人(H22年度)  林業産出額 124億円(H22年度)震災前は100億円台 87億円(H23年度)  木材価格の低迷  林業従事者の離職 ・・・ 林業・木材産業が成り立たない 国の支援の遅れ、東電賠償も進まない
  29. 29.  森林の荒廃の問題 間伐・植林できない-豪雨による土砂災害の恐 れ  放射性物質の流出・拡散の恐れ 調査と対策の遅れ  帰還への影響大(裏山の線量が高く不安で帰還 できない声多数) 対策が急務 放射能汚染により放置された山林
  30. 30. 森林除染  環境省 生活圏から20メートル 奥山除染はしない  林野庁、県・林業関係者 皆伐・再造林を! 中間貯蔵施設のキャパシティ 東電への求償 放射線量は低減させたいが、 廃棄物がネック 土壌流出 ・土砂災害 膨大な廃棄物 仮置場の不足 里山除染 奥山除染
  31. 31. 土 草木 中間貯蔵施設 土 灰 通常の除染廃棄物の流れはどうなっているのか 10万㏃/kg超 灰 10万㏃/k以下 管理型最終処分場(旧エコテック)
  32. 32. 福島の林業復興に向けた事業 ① 里山再生モデル事業 ② ふくしま森林再生事業 ③ 林業再生に向けた実証事業
  33. 33. ①里山再生モデル事業  2016年3月~ 復興庁、農水省、環境省協働 (1)地域の要望をふまえたモデル地区を設定し放射線量マッ プの作成 (2)森林内の日常的に人が立入る場所の除染 (3)木材生産や景観改善等のための森林整備
  34. 34. ②ふくしま森林再生事業 約47億円(H29年度)  平成25年度~森林の公益的機能の維持増進を図る森 林整備とそのための放射性物質対策  事業主体:県、市町村、森林整備法人  対象 :汚染状況重点調査地域(解除地域含む)  事業内容: (1)空間線量率の調査や森林所有者の同意取得等 (2)土砂移動抑制対策(丸太筋工) (3)森林整備(間伐、更新伐等) (4)路網整備(作業道) 除染は入っていない
  35. 35. ②ふくしま森林再生事業 里山除染 奥山除染?
  36. 36. ③林業再生に向けた実証事業  避難指示解除後の住民の雇用・生活のための 放射性物質対策実証事業 林野庁「Q&A森林・林業 と放射性物質の現状と今 後2017年度版より 除染は入っていない
  37. 37. 除染と間伐の境界はあるのか?
  38. 38. 林野庁は・・・  間伐で空間線量率は下がらない  線量が高いのは落ち葉の堆積層  落ち葉さらいが効果的な除染  しかし、落ち葉さらいは里山除染のみ (汚染濃度の高い廃棄物⇒環境省へ)
  39. 39. 県、地元紙はどう伝えているか? 間伐による除染 間伐除染
  40. 40. 除染?間伐? 森林除染廃棄物 はどうなるの? 環境省は受け入れたくない と言っているし…
  41. 41. ふくしま森林再生事業のカラクリ  2013年~ 汚染状況重点調査地域(非避難指 示区域の除染エリア)の生活圏以外の民有林 18万3千ヘクタールを間伐除染  20年間  間伐材を復興資材やバイオマス発電に利用  総額900億円超(見込み)(⇒年間約50億円規模) (福島民報2012/08/18) 里山除染=除染、奥山除染=間伐 という 扱い
  42. 42.  福島県の民有林伐採・搬出指針 空間線量率0.5μ㏜/h以下での営林活動に限る ただし0.5μ㏜/hを超えた場所では、樹皮の放射性 物質濃度が1キロ当たり6,400㏃/kg下回ればOK 奥山除染=間伐 のカラクリ 国と東電の負担にならなけれ ばよいということ? 被ばく防護の観点なし? 8,000㏃/㎏を超えた樹木は確認されていない ⇒指定廃棄物を出さないため
  43. 43. 奥山除染は誰の都合で、何のため? 間伐の名で市町村と民間へ 汚染木を丸投げ 国の責任はどこへ? 本来は除染廃棄物として 国と東電が責任を持って 処理すべき
  44. 44. 固定価格買取制度(FIT) 未利用間伐材等…40円/2万kW以上、 32円/2万kW未満 一般木質バイオマス(製材所の端 材、バークなど)…24円/kW 建設廃材…13円/kW
  45. 45. 除染廃棄物が有価物に? 林野庁「木質バイオマス発電・証明ガイドライ ン Q&A」 Q.除染により生じた木材は、どの価格帯となる のか? A.除染により生じた木材であってもガイドライン に基づき「間伐材等由来の木質バイオマス」あ るいは「一般木質バイオマス」として証明され たものは、それぞれの区分の価格が適用される。 その他由来の証明がないものは、建設資材廃棄 物と同等の価格が適用される。
  46. 46. 汚染された木を燃やすことの問題 バグフィルターでは放射能を含む微粒子は 回収できない。 微粒子は肺の奥まで入り込んで体外排出され にくくなる。血液に入り込んで全身に回る 可能性もある。 特に子どもへの影響は計り知れない。
  47. 47. 私たちにできること  実態・真相を知る・・・再エネはすべて良いとは限 らない  地元の声を聞く・・・反対派が不当な扱いを受け ていないか  公害の側面(排ガスや焼却灰の処理等)につい て学ぶ  条例の制定・・・議員へのはたらきかけ等  その他・・・自分の問題として一緒に考えましょう
  48. 48. ご清聴ありがとうございました

    Be the first to comment

    Login to see the comments

  • 3tarou

    Jan. 22, 2018

田村市大越町における木質バイオマス発電計画に関する問題提起

Views

Total views

858

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

13

Actions

Downloads

2

Shares

0

Comments

0

Likes

1

×