Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

学生からみた松江高専生とOpenStackで遊んだお話

554 views

Published on

OpenStackの分散してる。
This slides is presentation material of the 111th open source salon in Shimane.
The content of the presentation is about the dispersion of Cloud Operating Systems (OpenStacks) be dispersed.
Also, I mentioned a little about OpenStack on FreeBSD.
インダストリ is very かわいい!

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

学生からみた松江高専生とOpenStackで遊んだお話

  1. 1. 学生からみた松江高専生と OpenStackで遊んだお話 松江高専専攻科 電子情報システム工学専攻 金山研究室 小松 享
  2. 2. 2 • 自己紹介 • whoami • 最近気になったOSS出来事 • 松江高専(情報工学科)のお話 • 主な参加コンテスト • 偏見研究室紹介 • OpenStackで遊んだお話(研究) • OpenStack on FreeBSD • OpenStackの分散
  3. 3.  松江高専専攻科 電子情報システム工学専攻  出身 : 情報工学科  研究室 : 金山研究室 (ネットワーク)  好きな言語 : Go, Python  好きな言語 : Ruby 3 # whoami
  4. 4. # which “専攻科” 4 1-3 4-5 1-2 1-4 本 科 専 攻 科 大 学
  5. 5. 5 松江高専 情報工学の謎
  6. 6. インダストリ 6
  7. 7. 7 発表は個人の見解で 所属する組s(ry
  8. 8. 8 主な参加コンテスト
  9. 9. 情報工学科の主なイベント  スモウルビー甲子園  高専プログラミングコンテスト • 課題・自由 部門 • 競技部門  セキュリティコンテスト  Robocup • ジャパンオープン • 世界大会 9 高学年
  10. 10. 10 OpenStack
  11. 11. 11 OpenStack on FreeBSD
  12. 12. 結果  動く(みたい…) • Xenで動かしている人(Romanさん)がいた • Swift, KeyStoneまでやってみた  Bhyveはダメ • libvirt • 未実装の部分がある • Romanさんが頑張ってます 12
  13. 13. OpenStackの分散
  14. 14. クラウドコンピューティングの実態 14 ? Cloud Computing
  15. 15. Datacenter Source: http://www.ntt-f.co.jp/service/data_center 15
  16. 16. The Datacenter as a Computer  2013年のGoogleの Cloud Computingに関する本  DCを1つのコンピュータにみせる -> クラウドオペレーティングシステム(COS)  Cloud : COS : DC = 1 : 1 : 1 DC内ネットワーク >>> DC同士のネットワーク 16
  17. 17. クラウドコンピューティングの実態 17 Cloud Computing DC COS
  18. 18. The Datacenter as a Computer As the software development environment for this class of applications evolves, or if the connectivity gap narrows significantly in the future, we may need to adjust our choice of machine boundaries. 18 通信品質が進化するかもしれない
  19. 19. 2016ネットワーク進化  The Pacific Light Cable Network (PLCN) • Google, Facebook, Pacific Light Data Communication, TE SubCom • 120Tbps • Hong Kong ⇄ Los Angeles  Tofino • Barefoot Networks • プログラマブルネットワークスイッチチップ • 6.5Tbps 19
  20. 20. The Datacenter as a Computer As the software development environment for this class of applications evolves, or if the connectivity gap narrows significantly in the future, we may need to adjust our choice of machine boundaries. 20 DC間の境界線を見直すべき時代 が近づいている
  21. 21. 理想 21 Cloud : DC : COS = 1 : N : N COS COS COS Cloud Computing
  22. 22. クラウドオペレーティングシステム  物理リソースを管理するシステム • Compute • Hypervisorを介してVM(Virtual Machine)を制御する • Storage • 物理ストレージを管理する • Networking • VM同士のネットワークを制御・構築する 22
  23. 23. 0 20 40 60 80 100 120 10/16/2011 10/16/2012 10/16/2013 10/16/2014 10/16/2015 OpenStack CloudStack OpenNebul Google Trends 23
  24. 24. OpenStack  半年に1回リリースされている  Red Hat, Intel, IBMなど630社がサポート  複数のコンポーネントからなるソフトウェア群  OpenStackの主なコンポーネント • Compute -> Nova • Storage -> Swift, Cinder • Networking -> Neutron 24
  25. 25. 歴史 Austin → Bexar → Cactus → Diablo → Essex ↓ Newton → Ocata → Pike → Queens Folsom ↑ ↓ ↓ Mitaka ??? Grizzly ↑ ↓ Liberty ← Kilo ← Juno ← Icehouse ← Havana 25
  26. 26. OpenStackの分散 (Cell) OpenStack Neutron Cinder Swift DC Novaを複製させる Compute Nova Storage Swift, Cinder Networking Neutron Nova1 Nova2 Nova3 Nova4 Cell
  27. 27. OpenStack Neutron Cinder Swift Nova Region1 OpenStack Neutron Cinder Swift Nova Region2 DC1 DC2 DC間で独立している OpenStackの分散 (Region) Compute Nova Storage Swift, Cinder Networking Neutron
  28. 28. 理想 28 Cloud : DC : COS = 1 : N : N COS COS COS Cloud Computing
  29. 29. 実装方法 29 上位層にあたる Controller of Clustering CloudOS(C3OS) cooperate OpenStack C3OS control DC OpenStack C3OS control DC
  30. 30. Base System - Architecture - 30 C3OS OpenStack CNTLMonitor Update Get Info Get info DB API Server Get info Client Update Command To ask
  31. 31. Base System - Identifier -  インスタンスにC3OS層で独立したIDの振り分け • 変動する • 構成 出身のUUID + 現在位置のUUID + OSが割り当てるUUID 出身地 + 現住所 + 名前 • Example 49230c23cf4d5980a1e811fff7467f387 49230c23cf4d5980a1e811fff7467f387 bc7acd6f060c4adbb46c3be70238470f 49230c23cf4d5980a1e811fff7467f387 b8bc526b4945e328e5205d9c8327a7d c1b30f1102fed48c28983dc393818d622 31 Migrate
  32. 32. デモ環境  弁天丸 • bentenmaru.kanalab.it.matsue-ct.ac.jp • CentOS 7 • Mitaka  Barbaroosa • barbaroosa.kanalab.it.matsue-ct.ac.jp • CentOS 7 • Mitaka 32
  33. 33. デモ方法 1. 弁天丸のインスタンスAを手動ダウン 2. Barbaroosaが代替インスタンスBを自動起動 3. 弁天丸がインスタンスAを手動起動 4. Barbaroosaが代替インスタンスBを自動消去 33 Barbaroosaが代替のインスタンスを 起動・消去ができれば成功
  34. 34. 検証結果 34 Inst 1 Inst 4 t[s] Inst 2 16 36 Inst 3 15 33 Region1 Region2
  35. 35. 35 今後の発展
  36. 36. 実装方法 36 cooperate OpenStack C3OS control DC OpenStack C3OS control DC
  37. 37. 実装方法 37 cooperate OpenStack C3OS control DC AWS C3OS control DC
  38. 38. ZlusterFS  ZFS + GlusterFS  ZFS • スナップショット  GlusterFS • ファイル単位の分散ファイルシステム 38
  39. 39. 速度比較 1000Kbyte 5 40 391 4455 1 4 39 381 0 500 1000 1500 2000 2500 3000 3500 4000 4500 5000 10 100 1000 10000 時間(s) ファイル数(個) GlusterFS ZlusterFS 39
  40. 40. 今後の課題とまとめ 40 目標 COSの分散・協調 手法 COSの上位層にあたるC3OS 今後の課題 OSS化 他のCOSとの互換性 追加機能の実装 ZlusterFS
  41. 41. 41 おしまい

×