Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Ansible+Docker

1,316 views

Published on

Ansible+Docker SmarTechGeeksのLT資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Ansible+Docker

  1. 1. Copyright (C) CA Advance,incCopyright (C) CA Advance,inc Ansbile+Dockerの安全な サーバーを構築する技術 株式会社シーエー・アドバンス 佐久本正太
  2. 2. Copyright (C) CA Advance,inc 自己紹介 最近の趣味はクラウド+マイコン+bluetooth技術 佐久本 正太 Facebook shouta.sakumoto Twitter vSakumoto Qiita xshsaku PHP/Rubyエンジニア件、オンプレ管理 最近、AWSを使い始めた新参者です GitHub vSakumoto
  3. 3. Copyright (C) CA Advance,inc 自己紹介 過去の登壇資料たち・・・
  4. 4. Copyright (C) CA Advance,incCopyright (C) CA Advance,inc Ansible+Docker
  5. 5. Copyright (C) CA Advance,inc Ansible+Docker ■Ansibleとは? 構成管理ツールの一種でChef/Puppetと並ぶ人気のあるツールです ■構成管理ツールって何ができるの? 多数のサーバー、複数のクラウドインフラを本構成管理ツールでインフラ環 境の構築を一括実行可能にするツールです。
  6. 6. Copyright (C) CA Advance,incCopyright (C) CA Advance,inc Ansibleから得られること
  7. 7. Copyright (C) CA Advance,inc 1.Ansibleはすぐに触って試すことができる!? 本LTで公開した内容はGitHubにソースコードとしておいて ありますので、チェックアウトして是非ともお試しくださ い! https://goo.gl/qbsM3a
  8. 8. Copyright (C) CA Advance,inc 2. Ansible + Dockerを使うことにより、サーバー 環境がない場面でも作業が可能になる!? 一度環境を作ってしまえば、どこでも手軽にDockerを起動 してテスト実施が可能に!?
  9. 9. Copyright (C) CA Advance,inc 3.インフラのコード化という概念が身につく Ansibleを覚えることにより、インフラのコード化で資産化 を行うことができる (今までの手順書通りでの作成とはおさらば!) DC $ ssh ubuntu@hoge $ apt-get update; apt-get upgrade $ adduser foo 〜〜〜〜〜〜 クラウド
  10. 10. Copyright (C) CA Advance,incCopyright (C) CA Advance,inc Ansibleができたら!?こうなる
  11. 11. Copyright (C) CA Advance,inc DC 「ドキュメントルートの 設定はいつもどうやって たっけ?」 「Apacheバージョ ンいくつだっけ?」 「my.confの設定値って 何だっけ。。。」 「ユーザーは誰を作 ればいいんだろ う。。」 クラウド
  12. 12. Copyright (C) CA Advance,incCopyright (C) CA Advance,inc が!?
  13. 13. Copyright (C) CA Advance,inc DC コードで管理してい るから、必要なもの だけを利用して。。。 クラウド
  14. 14. Copyright (C) CA Advance,incCopyright (C) CA Advance,inc でもansibleは初実行は 不安が伴う. . .
  15. 15. Copyright (C) CA Advance,incCopyright (C) CA Advance,inc Ansible+Dockerでのテスト実施
  16. 16. Copyright (C) CA Advance,inc DC テスト実行テスト実行 クラウド
  17. 17. Copyright (C) CA Advance,incCopyright (C) CA Advance,inc !デモ! https://github.com/vSakumoto/ansible_lt 1. Ubuntuのupdate/upgrade 2. 基本パッケージインストール 3. Timezone/localeの変更 4. Userの作成/鍵の配置 5. Apache2.4の設定 6. MySQLの初期設定 7. WordPressの初期設定
  18. 18. Copyright (C) CA Advance,incCopyright (C) CA Advance,inc ■Ansible+Docker利用時の注意点 Ansible2.xからはdocker connection pluginがリリースされており、非常に簡 単な接続手法でプロビジョニングが可能です。 ■ここで利用するDockerはイメトレイメージ 本来であればDockerはDockerfileを配置・実行するだけでプロビジョニング という概念は存在しません。 複雑なサービス環境をテストしたい場合に手軽に利用できる、サンドボック スがわりとして利用できるのが今回のAnsible+Docker環境となります。 まとめ
  19. 19. Copyright (C) CA Advance,incCopyright (C) CA Advance,inc プルリクお待ちしてます! 最後に

×