Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Das kapital and Machine Learning Project

機械学習プロジェクトは入口から出口まで関わるのが大事です。という話を資本論と絡めています。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Das kapital and Machine Learning Project

  1. 1. 資本論 x AI Retail AIエバンジェリスト 2020/2/7 阿久沢崇
  2. 2. 本⽇のテーマ • ⼊⼝から出⼝まで⼀通り楽しもう • ビジネス課題の設定から実⾏して結果を出すまで • 楽しい思いつきから調整してうまく動かすところまで • むやみな分業は趣味も仕事も楽しくない労働に変える • 仕事でやるなら儲けも⼤事 • 資本論と絡めて考えてみましょう
  3. 3. こんな⼈が聞いていると思います • プログラミングだけやりたい • ビジネス課題もやりましょう • ビジネス課題だけやりたい • 動かすところもやりましょう • 全部やりたい • そうですよね
  4. 4. 政治の話はしません • 資本主義とか社会主義とかについては別の場所で • 紹介する本の著者にはリスペクトが⼤事だと考えています
  5. 5. ⾃⼰紹介 • 阿久沢崇 • 流通業向けのAI活⽤を推進しています • Retail AIエバンジェリスト • Retail AIプランナー2000⼈育成 • 流通業向けのシステム開発を20年やってます • 卸、物流センター、店舗、本部、幅広くやってます
  6. 6. 本⽇のテーマ • ⼊⼝から出⼝まで⼀通り楽しもう • ビジネス課題の設定から実⾏して結果を出すまで • 楽しい思いつきから調整してうまく動かすところまで • むやみな分業は趣味も仕事も楽しくない労働に変える • 仕事でやるなら儲けも⼤事 • 資本論と絡めて考えてみましょう
  7. 7. 資本論の概要 商品 労働者・サラリーマン そしてどうなる?
  8. 8. 商品
  9. 9. 世の中は商品でできている • 「資本制⽣産様式が⽀配的な社会においては、社会の富は「⼀ つの巨⼤な商品の集まり」として現れ、個々の商品はその要素 形態として現れる。だからわたしたちの研究もまた商品の分析 から始まる。」 (資本論 経済学批判 第1巻I カール・マル クス ⽇経BP社) • 「私たちの資本主義の世の中、すべてのものは商品だ、と⾔っ ているのです。」 (⾼校⽣からわかる「資本論」池上彰 株 式会社集英社)
  10. 10. 商品は交換できる • ⿂と⾁ • ⾁と⽶ • ⽶と布
  11. 11. 商品の価値は労働量で決まる • ⿂を獲る労働量 • ⾦を掘り出す労働量 • ⾃動⾞を作る労働量 • これらの「⼀般的な」量 • ダラダラやっても価値は増えない
  12. 12. 商品の交換に便利な「貨幣=お⾦」 • 商品ーお⾦ー商品 • これはお⾦が増えない流れ
  13. 13. お⾦は増やすことができる • お⾦ー商品ーお⾦ • 増える性質のあるお⾦が「資本」 • 資本を増やす⼈が「資本家」
  14. 14. 労働者・サラリーマン
  15. 15. 労働⼒は商品になる • 商品ーお⾦ー商品 • 給料は「労働⼒の再⽣」に使われる • ⾐⾷住、家族の分も
  16. 16. 労働⼒を買う • お⾦ー商品ーお⾦ • 必要労働と剰余労働 • 労働者が「労働の再⽣」に必要な商品を作るのが「必要労働」 • 資本家は、労働者がさらに商品を作れるような仕組みにする • 「必要労働」以上の⽣産が「剰余労働」 • 剰余労働による富は資本家のもの
  17. 17. ⽣産性を上げる • ⼯場 • ⼈が集まって仕事をする • 競争と技術共有が⽣まれる • ⽣産性が上がる • 機械 • 腕⼒がない⼈も働くことができる • ⼈を働かせるより安くなるなら機械を使う • 労働者に楽をさせるためではない
  18. 18. そしてどうなる? 資本論 その他の解釈
  19. 19. 資本論 • 労働者は集まることで抵抗⼒を持つ • 資本家と労働者の格差が広がる • マルクスは⾼度な資本主義国で⾰命が起きると思っていた • この辺りの話はご⾃⾝で
  20. 20. その他の解釈 • ⽣産性を上げれば会社は儲かる • 会社が儲かるなら分配もできる • ⾦持ち⽗さん:⾃分のビジネスをやれ、不動産を持て • 資産を持とう • 最近の⾵潮:副業あるいは複業、複数の資本
  21. 21. 資本論 x AI 労働者の弱点 AI課題の例 本⽇のテーマ
  22. 22. 労働者の弱点 • 商品ーお⾦ー商品 • お⾦が増えない流れ • 分業と⼯場内の競争 • 分業で⽣産性は上がるが、⾃分の商品ではなくなる • 競争するなら⼯場内ではなく、もっと広い範囲で
  23. 23. AI課題の例 • 機械学習案件 • 企画 → PoC(実現性検証) → 開発 → 運⽤ • ⾏ったり来たりします • 分業よりも全体を把握するのが重要 • 企画に戻って変更した時の開発の落胆。。。 • チームで全体を共有しておきましょう • 機械学習案件、AI案件は全体を把握しやすい
  24. 24. 本⽇のテーマ • ⼊⼝から出⼝まで⼀通り楽しもう • ビジネス課題の設定から実⾏して結果を出すまで • 楽しい思いつきから調整してうまく動かすところまで • むやみな分業は趣味も仕事も楽しくない労働に変える • 仕事でやるなら儲けも⼤事 • 資本論と絡めて考えてみました

×