Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

発達障害とは(2)

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
発達障害について
発達障害について
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 10 Ad

More Related Content

Recently uploaded (20)

Advertisement

発達障害とは(2)

  1. 1. 発達障害とは ごろとま
  2. 2. 発達障害(神経発達症)とは • 神経伝達物質の分泌に異常がある先天性疾患のこと • アレルギーなどで神経の炎症が起きると悪化することがわかっ ている • また、脳の「側坐核」という部位が委縮している • 統合失調症と症状が似ているが全く異なる病気
  3. 3. 神経発達症の原因 • 母親の体内の化学物質 • 父親の高齢 • 母親の栄養不足 • 染色体異常 • 分娩時の脳へのダメージ(帝王切開時の母体の点滴等) 等、正確な原因は不明
  4. 4. 神経発達症が増えている背景 • 女性の社会進出が増え、社会に適応できない女性があぶれた(男 性の神経発達症は個性として受け入れる土壌がすでにある) • 神経発達症当事者が減り、閉鎖社会を維持できず定型社会に流 出してきた、逆に定型発達者が神経発達症者の社会に侵入して きた • 合成調味料等の添加物を含む食品を食べる機会が増えた • 人口が減り、一人一人が専門職ではなくオールマイティな仕事 を求められるようになった(社会の求めるレベルが上がった) 等
  5. 5. 神経発達症の種類①注意欠陥多動症 • ドーパミンの分泌が少ないことにより、忘れっぽい、集中力が ない、考えがまとまらないなどの症状が起こる • ストラテラ、コンサータ等の薬でカバー可能
  6. 6. 神経発達症の種類②自閉症 • ドーパミンやセロトニンが少ないことにより、情動や共感、想 像といった能力が低くなる • 自分自身の感情にも共感できないのが特徴。 • 言語優位型、聴覚優位型、視覚優位型があり、それぞれに表出 する症状が異なる(言語優位型は本の内容をそのまま喋る、視 覚優位型はカメラアイ、聴覚優位型はオウム返し等)。 • 特効薬はない。
  7. 7. 神経発達症の種類③知的障害 • さまざまな神経伝達物質の欠乏により、日常会話や最低限の生 活に支障が出る障害。 • 特効薬はない。
  8. 8. 神経発達症の種類④限局性学習症 • 脳の一部の神経伝達物質の分泌に異常があり、限られた分野に だけ困難を示す • 時計が読めない、文字が歪んで見える等 • 外傷で起きる似たような症状に高次脳機能障害がある
  9. 9. 神経発達症と併存しやすい病気 • 心疾患、腎血管性高血圧…ウィリアムズ症候群 • 内分泌疾患…プラダー・ウィリ症候群
  10. 10. 神経発達症の二次障害 • 神経伝達物質の不足により、体内の恒常性(クロストーク)に影 響が出て外部環境に適応できにくい(&疲れやすい)→自律神経 失調症、副腎疲労症候群 • セロトニンやメラトニン、ヒスタミンなどの分泌に異常があり 睡眠に支障が起きる→睡眠障害 • 腸内の神経伝達物質の異常により便秘や下痢を起こしやすい→ 過敏性腸症候群 • 周囲の定型発達者からのいじめ等により発症する→うつ病、 パーソナリティ障害、解離性障害

×