Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

要求開発 with You

1,267 views

Published on

2015/08/07 に開催された匠の夏祭り( http://it-takumi.connpass.com/event/17709/ ) の発表資料です。

Published in: Engineering

要求開発 with You

  1. 1. 要求開発 with You 要求開発(匠メソッド)・モデリングで未来を創造する 株式会社ビープラウド 佐藤治夫 匠の夏祭り
 2015/8/7
  2. 2. 自己紹介 • 名前 佐藤治夫(Sato Haruo) • 株式会社ビープラウド代表取締役社長
 (2006年5月設立)
  3. 3. ! →自社内開発(2009∼現在)  体制:エンジニア40人程度
 Web開発 python
 BPStudy BPRD
 (BePROUD Remote Day) ! python開発での
 実践ノウハウを他社に提供 ! Web系をテーマとした勉強会
 2007年9月∼毎月1回開催 週に5日、リモートで仕事 ビープラウドの取り組み
  4. 4. ・匠道場 → 2013年1月∼2015年7月までほぼ毎月30回参加 (1回欠席のみ) ・匠塾 → 2015年7月∼1回参加 
 ・匠NET → 2013年11月∼2015年7月まで21回全参加 要求開発(匠メソッド)の集まりへの参加
  5. 5. アジェンダ • 匠メソッドを学び始めたきっかけ • 匠メソッド導入事例 • 要求開発がうまく行く場合、うまく行 かない場合
  6. 6. 要求開発(匠メソッド) ! を学び始めたきっかけ
  7. 7. 2011年8月
 初の自社サービス liblarリリース 本を友達と共有、すばらしい本に出会うためのサービス
  8. 8. liblar 2011年8月liblarリリース → 1日で5000人が会員登録 → 日経新聞にもリリース記事が載り → その後…. →長続きしなかった….
  9. 9. 「とりあえずつくる。動くものをリリースしてユーザーの反 応をみながら改善していけばいい!」 一次開発だけで ・エンジニア2名×4か月 ・デザイナー1名×4か月 ・企画担当者1名×4か月 → 16人(1000∼1500万) とはいうものの….
  10. 10. 「なんとなくよさそう」で始めてしまっていいのか!? 「まずはつくってみよう」でいいのか!? 新製品・サービスを創り出す  考え方・手法を学ぼう! 
 → 要求開発(匠メソッド)
  11. 11. connpassへの導入 要求開発(匠メソッド)がもたらした効果
  12. 12. 2014年1月当時のconnpassの問題 他サイトと比較して ・小さなイベントが多い(個人開催) ・年末、年始に極端に利用率が減る (アイデア)コミュニティ向け機能(グループ機能) 複数人で開催し、定期的に開催されるような
 ユーザーグループなどに使ってもらいたい
  13. 13. 機能を一覧化(チケット化) 19個の解決策 → 全部を開発していたらリリースできない!
 →優先順位をつけ、ミニマムでリリースしたい
  14. 14. 優先順位付けをどのようにするか? 解決したい課題
 実現したい価値 <機能> 対象ユーザー タイミング 効果 企業戦略 コスト 市場 ビジョン
  15. 15. 匠メソッドを導入
  16. 16. 価値分析モデル ①誰に、どのような価値があるのか? ステークホルダー 価値 目的 ②ステークホルダーの価値につながる
  プロジェクトの目的を抽出
  17. 17. 要求分析ツリー(完成)
  18. 18. 導入した成果 かかった時間:約1日
 ・午前中:価値分析モデル(2時間) ・午後:要求分析ツリー(4時間)
 成果
 ・19個のIT要求→ 7個のIT要求
 ・メンバーの納得感→高かった
 議論が迷走したり、行ったり来たりしなかった
  今までは議論に疲弊することがあったが、そのようなことはなかった
  19. 19. connpassでの企画・戦略 必要充分でミニマムなリリース
  20. 20. connpassでの企画・戦略 1次リリース後に明らかになった課題を 1次リリース時の要求分析ツリーに追加 1次リリースの要求分析ツリーをもとに2次開発を検討
  21. 21. もたらした効果
  22. 22. 建設的な議論が可能に 枝葉のレベルだと議論が収集しない Aさんの
 アイデア Bさんの
 アイデア 取捨選択の議論がしやすい (そもそもの価値に近い) プロジェクトの目的A プロジェクトの目的B <個人の価値観> <Projectの価値観>
  23. 23. 「要求の爆発」の恐怖からの解放 赤色のIT要求
 =要求分析ツリーをつくってから
 アイデアとして出たIT要求 (通常)
 優先度を決める段階の新しいアイデア
 → 議論を収束させたいので敬遠されがち (要求の爆発への恐怖) (要求分析ツリーによる方法)
 「ツリーに葉を足すだけ」
 ↓
 精神的負担が軽く、新しいアイデアに対し ても、前向きに議論できる
  24. 24. このように価値創造効果の高い 匠メソッドに日々取り組んでいるが…
  25. 25. クリエイティブな結果が出る時と出ない時がある 要求開発
 (匠メソッド) 納得感無し 納得感有り
  26. 26. 違いはどこから出てくるのか?
  27. 27. 出会ったのが「U理論」 革新的なイノベーションを生み出している各業界のリー ダー150人にインタビューし、その思考・行動を体系化 MITのC.オットー・シャーマー博士
  28. 28. 収穫種 畑 農業の収穫 入力 出力 プロセス
  29. 29. 価値:製品・サービス (収穫) 人
 (種) 製品・サービスにたとえると 入力 出力 プロセス 組織・チーム(畑) 思考・対話 匠メソッドも同じ!
  30. 30. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) ③感じ取る(Sensing) ④プレゼンシング ⑤結晶化 ⑥プロトタイピング ⑦実践(Performing) U理論の「創造」のプロセス
  31. 31. U理論に従って、 匠メソッドのプロセスについて説明し、 要求開発がうまくいくときと いかないときを、説明します。 要求開発 with U
  32. 32. 要求開発がうまくいく場合
  33. 33. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) ⑦実践(Performing) ③感じ取る(Sensing) ④プレゼンシング ⑤結晶化 ⑥プロトタイピング Uのカタチを描くように深い思考ができたとき
  34. 34. 要求開発がうまくいかない場合 ・決めつけ ・諦めの心 ・恐れ・不安 ・過去・現実を手放す覚悟がない ・ビジョンを見いだせない ・拙速なプロトタイプ
  35. 35. 順を追って説明します
  36. 36. ①ダウンローディング ⑦実践(Performing) ・過去の経験から評価・判断する考え(決めつけ) 「それはわかっている」 「またいつもの話か」 「これは結局こうなる」 創造がうまくいかない思考 何も生み出さない(収穫無し)
  37. 37. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) 現状をひたすら観察する ②観る(Seeing)
  38. 38. 匠メソッド:ステークホルダーモデル 現状を観察する。関係・問題点を洗い出す(AsIs)
  39. 39. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) ⑦実践(Performing) 「自分には無理だ」 「うちの会社にはできない」 創造がうまくいかないケース(諦めの心)
  40. 40. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) 視座の転換(Redirection) ③感じ取る(Sensing) ③感じ取る(Sensing)
  41. 41. ステークホルダーの立場に立ち、嬉しい気持ちをイメー ジし、未来の価値を描く(ToBe) 匠メソッド:価値分析モデル
  42. 42. 思考する ↓ 言葉にする ↓ 行動する 創造の3つのプロセス 思考は何から 生まれるか?
  43. 43. 視点が変われば、結果が変わる 視点→思考→言葉→行動→結果 (入力) (出力)(創造のプロセス)
  44. 44. 自分 ステークホルダー 価値分析モデル:視点を変える 視点が変わる (redirection) 自分も
 生態系の一部 視点→思考→言葉→行動→結果
  45. 45. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) ⑦実践(Performing) 視点の転換(Redirection) ③感じ取る(Sensing) 価値分析モデルで価値を「感じ取る」
  46. 46. 創造がうまくいかない思考 ・ステークホルダーの具体的な価値を充分に感じ取れない  (視点を変えきれていない)
  47. 47. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) ⑦実践(Performing) 恐れ・不安の声 ③感じ取る(Sensing) 「良いのはわかるが、
 失敗したら困る」 創造がうまくいかない思考 経済的保障、立場を失う、 笑される
  48. 48. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) ⑦実践(Performing) ③感じ取る(Sensing) ④プレゼンシング ④プレゼンシング
  49. 49. プレゼンシング ②手放す(Letting Go) ③迎え入れる(Letting Come) ①源(ソース)とつながる !  ・自分達は何者なのか(Self) 存在意義
  ・自分達の成すべきことは何か(Work) 使命 ④委ねる
  50. 50. プレゼンシング ①源(ソース)とつながる
  51. 51. 匠メソッド:価値デザインモデル ・自分達は何者なのか(Self)
 ・自分達の成すべきことは何か(Work) ビジョン コンセプト デザイン ストーリー意味 キャッチ コピー
  52. 52. 価値デザインモデルで  自分たちの一番深いところにまでたどり着く ・自分達は何者なのか(Self)
 ・自分達の成すべきことは何か(Work) 「答えは自分たちの中にある」 ・強み ・やって来た事
  53. 53. 創造がうまくいかないケース ・自分たちのビジョンと関係ないことをやろうとする ! ・外部から「うまい方法」を持ってくる ! ・ビジョンが感覚とマッチしないが、あきらめてしまう
  54. 54. プレゼンシング(創造の瞬間) ②手放す(Letting Go) ③迎え入れる(Letting Come) ④委ねる
  55. 55. 未来 エゴ 操作しようとする 創造がうまくいかない思考 緊張 (新しい発想が湧かない時) (委ねられていない)
  56. 56. 新しい発想が湧くとき 未来 ToBe リラックス (委ねる) 出現する <覚悟> ・過去を手放し(Letting Go) ・未来を受け入れる(Letting Come) 過去を手放す(Letting Go)、 未来を受け入れる(Letting Come)、委ねる
  57. 57. 未来 緊張・不安 サバイバルモードと創造モード ベータ波 アルファ波 シータ波 デルタ波 リラックス 催眠(うたた寝) 睡眠 サバイバル モード 体を守る 環境を守る 創造モード 発想・ひらめき 「あなたという習慣を断つ」より コントロールする 委ねる
  58. 58. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) ③感じ取る(Sensing) ④プレゼンシング ビジョンと意図を具体化する ⑤結晶化 結晶化
  59. 59. 結晶化:要求分析ツリー
  60. 60. 価値・ビジョン・コンセプト、目 的、解決策が結ばれて行く
 →要求として結晶化されていく 結晶化(要求分析ツリー) 価値 目的 ビジョン コンセプト IT要求業務要求戦略要求
  61. 61. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) ⑦実践(Performing) ③感じ取る(Sensing) ④プレゼンシング 頭、心、手を統合する ⑤結晶化 ⑥プロトタイピング プロトタイピング
  62. 62. プロトタイピング あるお客様の悩み デザイナーにイメージを伝えて、 プロトタイプをつくってもらうんだけどイメージとずれていて やり直してもらうことが多くて。。。
 プロトタイプとはいえ、コストもそれなりにかかるし、 何度もやり直していると、どんどん時間とコストが….
  63. 63. プロトタイピング プロトタイプ プロトタイプアイデア 的を外し、プロトタイプがやり直しになることも アイデアに一貫性があり、的に近いプロトタイプになる可能性が高い アイデアの洗練 思考、言葉 行動 <要求開発によるプロトタイピング>
  64. 64. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) ⑦実践(Performing) ③感じ取る(Sensing) ④プレゼンシング インフラに組み込む ⑤結晶化 ⑥プロトタイピング プロジェクト開始(PDCA)Perfoming
  65. 65. 要求開発がうまく進み、結果が出るとき
  66. 66. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) ⑦実践(Performing) ③感じ取る(Sensing) ④プレゼンシング インフラに組み込む ⑤結晶化 ⑥プロトタイピング 自分達は何者なのか(Self)
 自分達の成すべきことは何か(Work) Uのカタチを描くように深い思考ができたとき 頭と手と心を統合する
  67. 67. 要求開発がうまく進まないとき
  68. 68. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) ⑦実践(Performing) 恐れの声③感じ取る(Sensing) 障害を超えられず浅い思考になってしまう 諦めの心 ・経験で評価・判断 エゴ 緊張 過去・現実を手放せない ビジョン・存在を見いだせない ビジョンにつながらないことをする 拙速なプロト タイプ
  69. 69. 要求開発(匠メソッド)と U理論を組み合わせて考えるメリット
  70. 70. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) ⑦実践(Performing) 恐れの声③感じ取る(Sensing) 否定的な状況が現れても、段階が把握でき対策を打てる 諦めの心 経験で評価・判断 エゴ 緊張 覚悟ができていない 存在・使命(Self,Work)の未認識 ビジョンにつながらないことをする 拙速なプロト タイプ アイデアが生 まれない
  71. 71. 新しい時代の3つのリーダーシップ
  72. 72. 入力 (収穫) 要求開発
 (匠メソッド) チームという畑を耕し、価値を生み出す 価値 製品・サービス システム (種) (畑)
  73. 73. ①ダウンローディング ②観る(Seeing) ⑦実践(Performing) ③感じ取る(Sensing) ④プレゼンシング ⑤結晶化 ⑥プロトタイピング 自分達は何者なのか(Self)
 自分達の成すべきことは何か(Work) チームの意識の変化を「創造」へと「導く」
  74. 74. モデリングによる空白のキャンバスのリーダーシップ モデリング 未来 アイデア 空白のキャンバスに ! 共に未来を描いていく
  75. 75. まとめ ・諦め、不安、恐れを乗り越える ! ・過去を手放し、未来を迎え入れる覚悟をもつ ! ・答えは自分たちの中にあることを認識し、粘る ! ・チームの意識の変化を創造へと導くリーダーシップ 未来を創造していくには
  76. 76. 要求開発・モデリングで、 未来を「創造」しましょう! 要求開発 with U

×