Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

匠メソッドを導入したらサイトのアクセスが8倍になった話

977 views

Published on

2016年9月14日の匠の夏祭り( http://it-takumi.connpass.com/event/34933/ ) の発表資料です。

Published in: Software
  • Be the first to comment

匠メソッドを導入したらサイトのアクセスが8倍になった話

  1. 1. 匠メソッドを導入したら サイトのアクセスが8倍になった話 〜 connpassの事例・その他 株式会社ビープラウド 佐藤治夫 2016/9/14 @匠の夏祭り
  2. 2. 自己紹介 • 名前 佐藤治夫(Sato Haruo) • 株式会社ビープラウド代表取締役社長 • Twitter http://twitter.com/haru860 • PyCon JP 2015 Keynote スピーチを担当
  3. 3. 2011年までに自社製品開発(4製品) ↓ 2012年4月、匠ビジネスプレイス萩本さんと出会う(BPStudy) ↓ 2013年1月〜匠道場に参加。 (2013年1月〜2016年8月まで44回中、43回参加) ↓ 2014年1月、匠メソッド実践投入 (connpass企画・開発) 要求開発(匠メソッド)との関わり
  4. 4. 匠メソッド導入以前
  5. 5. 実装する機能について意見を出しあう(ブレスト) ↓ どの機能を実装するかを議論する ↓ なかなか結論がでない(時間が過ぎていく) ↓ 妥協して決定プロセスへ ↓ 合意感、納得感が無いまま開発へ突入 ↓ 効果が出ない(=価値が生み出せていない) 匠メソッド以前の大変さ =消耗するような大変さ
  6. 6. 匠メソッドも1年学んだし 、実践投入しよう! 5〜6人月くらいの中規模開発で実践
  7. 7. 機能を一覧化(チケット化) 19個の解決策 → 全部を開発していたらリリースできない ! →優先順位をつけ、ミニマムでリリースしたい
  8. 8. 優先順位付けをどのようにするか? 解決したい課題 実現したい価値 <機能> 対象ユーザー タイミング 効果 企業戦略 コスト 市場 ビジョン
  9. 9. ここから 匠メソッドを導入
  10. 10. 価値分析モデル ①誰に、どのような価値があるのか? ステークホルダー 価値 目的 ②ステークホルダーの価値につながる プロジェクトの目的を抽出
  11. 11. 要求分析ツリー(完成)
  12. 12. 導入した成果 かかった時間:約1日 ・午前中:価値分析モデル(2時間) ・午後:要求分析ツリー(4時間) 成果 ・19個のIT要求→ 7個のIT要求 ・メンバーの納得感→高かった 議論が迷走したり、行ったり来たりしなかった 今までは議論に疲弊することがあったが、そのようなことはなかった
  13. 13. connpassでの企画・戦略 必要充分でミニマムなリリース
  14. 14. connpassでの企画・戦略 1次リリース後に明らかになった課題を 1次リリース時の要求分析ツリーに追加 1次リリースの要求分析ツリーをもとに2次開発を検討
  15. 15. ビジョン・コンセプト・キャッチコピーを再定義 (2016年) 運営していくうちにサイトが変化→あらためて再定義 サイトのTopページに反映 価値デザインモデル
  16. 16. 再定義したビジョン・コンセプトを元に 今するべき施策を検討(2016年) <現在進行中>
  17. 17. 匠メソッド導入後
  18. 18. 消耗する議論から建設的な議論に 枝葉のレベルだと議論が収集しない Aさんの アイデア Bさんの アイデア 取捨選択の議論がしやすい (そもそもの価値に近い) プロジェクトの目的A プロジェクトの目的B <個人の価値観> <Projectの価値観>
  19. 19. 「要求の爆発」の恐怖からの解放 赤色のIT要求 =要求分析ツリーをつくってから アイデアとして出たIT要求 (通常) 優先度を決める段階の新しいアイデア → 議論を収束させたいので敬遠されがち (要求の爆発への恐怖) (要求分析ツリーによる方法) 「ツリーに葉を足すだけ」 ↓ 精神的負担が軽く、新しいアイデアに対し ても、前向きに議論できる
  20. 20. 匠メソッド導入以前 ・消耗するような大変さ ・時間の期限で妥協して決定 ↓ 匠メソッド導入後 ・建設的な大変さ=アイデアを捻り出した感覚(心地よい疲れ) ・納得感、合意感がチームにある ・地図があるので、安心して前に進める感覚 ・途中で立ち戻ることができるプロジェクトの安定感
  21. 21. 匠メソッドによるサイト企画後、アクセス(PV)が8倍に! 匠メソッドによるサービス企画 (2年5か月) 横ばい期間(2年6か月) 8倍に!
  22. 22. connpass 以外の事例
  23. 23. 事例その2 PyCon JP 2016(2016年9月21日開催) → 2016年1〜2月で企画を支援(2H☓4回)
  24. 24. PyCon JP 2016(2016年9月21日〜)の企画支援 価値デザインモデルのキャッチコピーをサイトのキャッチコピーに反映
  25. 25. 事例その3 あるECサイトの事例(2016年2月)
  26. 26. 事例その3 あるECサイトの事例(2016年2月) 「サイトづくりをそろそろやろうかと(漠然としたアイデアだけある)」 ↓ 要求開発やってみませんか! ↓ 2時間☓6回の要求開発セッション ↓ お客様「ここまでやったんだからやらないと!」 ↓ 価値が見える化したからやりたいという気持ちになったのでは <現在開発進行中>
  27. 27. 事例その4 ある医院のシステム事例
  28. 28. 事例その4 ある医院のシステム事例 医院長「5年間、議論して来たけど、カタチにならなくて」 ↓ 要求開発やりましょう!(2016年6月) ↓ 2時間☓5回の要求開発セッション ↓ 「ようやく前に進める!」 ↓ 2016年7〜8月要件定義・基本設計後 ↓ 2016年9月、実装開始 <現在開発進行中>
  29. 29. 事例その5 弊社 自社製品 <現在開発進行中>
  30. 30. 価値レビューの実施 製品が実現したい価値 開発を続けると どうしても視点が下がってくる 製品のビジョン・コンセプト IT 要求 現状と実現したいことの差分を見る 戦略 要求 業務 要求 実現したいこと 価値をひとつひとつ読み、 製品が価値実現できるか、確認する
  31. 31. 創って、作って、売る!(受託開発、製品開発も同じ) 要求開発 システム開発 マーケティング デジタルマーケティング アライアンス、営業 etc… 創って 作って 売る アイデアをカタチに 価値を社会に届ける このプロセスを導いていく=リーダーとしてのミッションの1つ そのための、テクノロジーが匠メソッド
  32. 32. まとめ ・つくったモデルは、 みんなのアイデアをカタチにした成功への地図になる ・受託開発にもサービス/製品開発にも使える ・自分にとって匠メソッドとは リーダーシップのためのテクノロジー

×