Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

PyCon JP 2015 keynote

16,463 views

Published on

2015年10月11日のPyConJP 2015のkeynoteです

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

PyCon JP 2015 keynote

  1. 1. Possibilities of Python 〜エンジニア・コミュニティ で組織は動き出す 株式会社ビープラウド 佐藤治夫 PyCon JP 2015 Keynote 2015/10/11
  2. 2. Question Do you like Python ?
  3. 3. 自己紹介 • 佐藤治夫(Sato Haruo) • Be Proud Inc. CEO 2006年5月設立 • Webの受託開発がメイン事業 • connpass 企画・開発・運営 • Pythonでの開発実績:70 プロジェクト以上 (2008/4〜) • Python Professional Programming 第1版 2012年3月、第2版 2015年2月 上梓
  4. 4. PyConJP(APAC) と私 <個人> 2011年「Pythonで働くということ」 パネルディスカッション登壇 2012年 一般枠参加 2013年 - 2015年 Patron枠 で参加
  5. 5. PyCon JP 2014 ©PyCon
  6. 6. Theme 未来の会社(Future Compamy) 1.組織(Organization) 2. エンジニア(Engineer) 3.組織とエンジニア(Organization and Engineer) Pythonを会社のメイン言語に採用(2008年4月) ↓ 会社が大きく変化 ↓ 変化の中で見えて来たもの エンジニアが活躍する未来の会社はどうあるべきか
  7. 7. そもそも私が会社をつくった理由 2006年当時 ・当時の私 = プログラマ / フリーランス ・世の中 ・企画/営業の人が組織で上 ・エンジニアの給料は低かった エンジニアが活躍し、幸せになれる会社 はどのような会社であろうか? ↓ 「これからの時代の会社」を自分がつくろう
  8. 8. Pythonの採用 2006年5月〜2008年3月 主に Java、perlで開発 ↓ 2008年3月、会社のメイン言語をPythonに決定 ・会社のメンバー4人(役員含む) ・Pythonによる開発実績は0件
  9. 9. Pythonを採用した理由 「これからの時代の会社」を つくっていくエンジニアを採用したい ↓ Java、PHPのエンジニアは大手会社との争いになる → 資金量でかなわない ↓ Pythonは個人で使っている人は多いが、仕事で使っている 人は当時少なかった ↓ Pythonで仕事ができるようにすれば、大手会社と競争にな らず、良いエンジニアが来てくれるのではないか
  10. 10. 目をつけたのは技術よりも人 ・仕事で使う機会が少ないのに自ら学ぶ技術への意欲 ・複数言語を知っていてバランス感覚が良い ・自ら技術を選択する主体性
  11. 11. Pythonを採用した結果 2008年4月、Pythonを採用することをひっそりとTwitterで宣言 ↓ 2008年6月、Pythonコミュニティ(Python温泉)から1人目の エンジニアが紹介される ↓ 2008年 2人入社 ↓ 2009年 10人入社 … その後も次々と入社 リーマンショック後にも関わらず 開発案件が増加した
  12. 12. Pythonの採用による会社方針の変化 選択と集中 PHP、Ruby、Javaなどの仕事は請けない方針 ↓ 信頼の輪を広げて行く パートナーとして任せてもらえる顧客との信頼づくり → 信頼される仕事をする → パートナーとして任せてもらえる顧客を紹介で広げて行く ※良い顧客は良い顧客とつながっている → 70件以上のPython開発実績につながっていった (営業マン0人)
  13. 13. Pythonの採用により どのような人たちが集まってきたか?
  14. 14. 変わったひとたち (Strange People) ひとことでいうと….
  15. 15. 変わったひとたちが集まって来た 休みやプライベートの時間を使って Pythonの勉強をしたり、集まってプログラミングに いそしむ変わったひとたち… 愛すべき変わりもの(Geek、Nerd) 10月の3連休にプログラマ同士で集まって 「ウェーイ」とはしゃいでるひとたち…
  16. 16. Q. 個性が強いエンジニアをどう束ねるの? 度々、質問されること
  17. 17. Answer 束ねない(制御不能のため) → 彼らの声に耳を傾け、 彼らが望むように経営にしよう ↑ 会社が変化していった
  18. 18. 会社に起こった変化
  19. 19. 会社の変化その1 Pythonを好きな人たちが集まった ↓ 会社自体がPython Communityになった Python PyCon FrameworkLibrary Tool BP
  20. 20. 会社がPython Communityになった効果 ・同じことに共感し、感動できる → 最新の情報が集まりやすい ・ベースの価値観が一致している (影響)読みやすさ, シンプル , Zen of Python → 合意の形成、意思決定の迅速化 ・Document を積極的に書こうという人が多い (影響)Python標準ドキュメントの充実、Sphinx →暗黙値の共有化、形式知化の促進
  21. 21. 集まったひとたち ・オープンソース を使い、恩恵をうけている ・オープンソース・コミュニティ に参加している ・オープンソースの Contributor として活動してい る ↓ 会社も自然とオープンソース・コミュニティ型の 会社運営に変わって行った 会社の変化その2
  22. 22. 変化の中で見えてきたもの
  23. 23. これからの時代の会社とは? 工業社会 (Industrial society) 知識社会 (Knowledge society) エンジニア(Engineer) (Knowledge Worker) ? 肉体労働者 (Blue Worker) エンジニア(ナレッジワーカー) が伸び伸びと創造性を発揮し 価値を創り出せる会社 模索中 <現代社会> (Modern society) エンジニア コミュニティ
  24. 24. エンジニア・コミュニティ(Engineer Community) Software Document Connection of people etc… Python PyCon Framework Library Tool Meetup 価値 (Value) Engineer ↑ エンジニアが中心となり自発的に参加し、 さまざまな価値を生み出しているコミュニティのこと。 ここでは、主にオープンソースを中心としたコミュニティを指す 。
  25. 25. ・組織(Organization) ・エンジニア(Engineer) ・組織とエンジニア(Organization and Engineer) 知識社会の会社(これからの時代の会社) = エンジニア(ナレッジワーカー)が伸び伸びと 創造性を発揮し価値を創り出せる会社 → エンジニア・コミュニティにヒントがある
  26. 26. ・会社 = コミュニティである ・オープンソース・コミュニティ型運営から学ぼう 組織運営
  27. 27. 同じことに共感し、感動することができる ↓ 暗黙値が共有され、組織内の学習や情報共有につながる ↓ 切磋琢磨の結果、会社が知識レベルがアップし、事業に活かせる ↓ ブランド化 会社 = コミュニティである → ジャンルは、事業に関係するものが効果的 ・雑談の積極的奨励 ・場作り(社内勉強会) コミュニティ = 同じことに興味をもった人たちの集まり
  28. 28. 1983年 GNU Project 1990年代後半 Open Source Movement ↓ インターネットの発展 ↓ 多くのエンジニア がOpen Source Project に参加 ↓ Open Source Project の コミュニティ化 ↓ 組織運営・コミュニティ運営ノウハウを培う (エンジニア が創意工夫して培って来たノウハウ) → エンジニアが活躍する、知識社会の会社にも有用 組織 オープンソース・コミュニティ型運営から学ぼう
  29. 29. ・フラットな組織(Flat Organization) ・コミュニティ評議会(Communtiy Council) ・コミュニケーション(Commnucation) 組織 オープンソース・コミュニティ型運営から学ぼう
  30. 30. フラットな組織 階層型か、フラット型か?
  31. 31. 階層型組織 ・組織を管理しやすい ・官僚制 → 管理のためのルールがつくられる ・情報が階層間で滞りやすい → 意思決定のスピードが落ちる ・どうしても出世に目が行く → 社内に目が向き、社外に対する意識が薄れがち メリット 管理しやすいので、うまく回れば、上のひとは楽 デメリット 内発的動機、自尊心、好奇心が失われ、創造性が失われる
  32. 32. フラット型組織(Flat Organization) ・目的ごとにチームをつくり、役割を決める ・管理のためのルールは最低限 仕事をスムーズにするためのルール ・情報が行き渡りやすい ・出世を気にしなくて良い メリット 価値を創り出すことに集中できる デメリット 組織の管理が難しい
  33. 33. フラットな組織への取り組み(役職無し) ・社長含む役員2人以外は役職無し ・名刺には好きな肩書きを記載 ←肩書き
  34. 34. フラット型組織で大丈夫か? ・セルフマネジメントと信頼関係を重視 ・管理する/管理されるの関係をつくらない 組織にかかるコストを削減できる ・管理するコスト ・管理されるコスト ・コミュニケーションコスト → 本来やるべき「価値を創り出す」ことに集中できる
  35. 35. 会社の経営 = コミュニティの運営 経営者 = コミュニティ・リーダー(=役割) 経営者は偉い人ではない ↓ 権力ではなく役割である ↓ リーダーにとって重要なこと 権力ではなく、良い人格をもつこと
  36. 36. ・フラットな組織(Flat Organization) ・コミュニティ評議会(Community Council) ・コミュニケーション(Communication) 組織 オープンソース・コミュニティ型運営から学ぼう
  37. 37. コミュニティ評議会(Community Council ) ・コミュニティ全体を運営する役割を持つグループ ・課題がある場合に、評議会に提出される ・課題について評議会で議論し、方針を決定する 「Art of Community」 Jono Bacon 著 / 渋川よしき 訳 よ り
  38. 38. 「BP カイゼン」プロジェクト ・会社を改善することを目的 ・月2回、1時間のミーティングを開催 ・社内誰でも参加できる ・redmineで課題管理。 課題がある場合、チケットを作成する ・議事録は全社員に公開、オープンなプロセスで決定 Be Proud の取り組み
  39. 39. 「BP カイゼン」から生まれた制度 BPRD2.0 (BeProud Remote Day) ・週5日間、いつでもリモート勤務可能 ・制度を維持できるように、自分たちで制度を育てている (例) ・アンケートを取り、問題点を改善する ・Slackやbot などのツールを活用し、 皆が気持ちよく仕事ができるような仕掛けづくり
  40. 40. コミュニティ評議会を会社に置くメリット ・自分たちで良い制度を提案し、育てていくことができる → 当事者意識、参加意識が生まれる ・決定プロセスがすべてオープンなので風通しがよい → 公正感が生まれる
  41. 41. ・フラットな組織(Flat Organization) ・コミュニティ評議会(Community Council) ・コミュニケーション(Communication) 組織運営 オープンソースコミュニティ型運営から学ぼう
  42. 42. オープンソース・コミュニティ のコミュニケーション手段 ・ML ・Issue Tracking System(ITS) ・チャット(Chat) ・ビデオ通話(Video Call) ・オフラインミーティング(Offline Meeting) 時間、リソース、場所などの制約が多い ・自然にさまざまな手段を使う ・隙間時間で、成果を出している
  43. 43. Remote work for communication 導入しているコミュニケーションツール 時間、リソース、場所などの制約が多いのは会社も同じ ↓ リモートワークの体制づくりにより制約を超える ・時間 → 通勤時間の削減→時間を捻出する ・場所/リソース → 家庭事情などで会社に来れない人も仕事ができる etc….
  44. 44. Q. リモートワークは チームでのクリエイティブな 仕事に向かないのでは?
  45. 45. リモートワークでは段取りが重要 つくるプロセスアイデアを生み出すプロセス 必ずしも全ての時間、顔をあわせて仕事をする必要はない チームで一緒に仕事 個別に仕事 「アイデアを生み出すプロセス」と「つくるプロセス」 を区別する
  46. 46. エンジニア・コミュニティ型組織運営 のまとめ 会社はコミュニティである ・共感による社内知識共有→会社がレベルアップ ・価値観の一致による意思決定の迅速化 オープンソース・コミュニティ型運営から学ぼう ・フラットな組織により価値・目的に集中できる ・オープンな運営による当事者意識、参加意識、公正感の醸成 ・コミュニケーション手段の効率化により、 時間、リソース、場所の制約を超える
  47. 47. ・組織(Organization) ・エンジニア(Engineer) ← Next ・組織とエンジニア(Organization and Engineer) 知識社会の会社(未来の会社) = エンジニア(ナレッジワーカー)が伸び伸びと 創造性を発揮し価値を創り出せる会社 → エンジニア・コミュニティにヒントがある
  48. 48. 創造的なエンジニアになろう Organization Contribution Engineer <創造的> Value idea 創造的なエンジニア = 主体的に価値を創り出そうとするエンジニアのこと
  49. 49. Open Source Contributor Community 自発的に参加Engineer 価値に目を向け、アイデアを持っている ・どのようなソフトウェアが世界に役立つのか? ・どのような機能が便利なのか? Value ・社会にもたらされる価値に目を向けている ・アイデアを持っている ・自発的に参加している
  50. 50. ・不安を乗り越え、主体的になる ・技術に感動する習慣をもつ ・価値を創り出すプロセスを学ぶ 創造的なエンジニアになる方法
  51. 51. 創造的なエンジニアになる方法 ・不安を乗り越え、主体的になる ・技術に感動する習慣をもつ ・価値を創り出すプロセスを学ぶ
  52. 52. 創造性を失わせる最大の敵 ・不安 “できなかったらどうしよう” ・恐怖 “できなかったらクビになる” 自分の外のことに怯え、主体性を失い、ディフェンシブな思考になる ↓ 創造性を失う
  53. 53. 創造的なエンジニアになるために 不安を乗り越える方法 その1. 技術を身につける その2. 今を生きる
  54. 54. その1:技術を身につける 技術を身につける ↓ 自信がつき、心が安定し、不安が少なくなる 創造的なエンジニアになるために 不安を乗り越える方法
  55. 55. その2:今を生きる 完成した プログラム プログラミング 不安 恐怖 <欲しい結果> 不安・恐怖をもとに頑張る(外発的動機) ↓ 集中できず、結果がでない 「できなかったらどうしよう」 納期、品質、満足度 etc… 創造的なエンジニアになるために 不安を乗り越える方法
  56. 56. 完成した プログラム 打ち込む/ 楽しむ 一旦忘れる (頭の片隅に置く程度にする) プログラミングそのものを楽しむ(内発的動機) ↓ 集中できて、結果につながる(フロー状態) プログラミング <欲しい結果> 創造的なエンジニアになるために 不安を乗り越える方法 その2:今を生きる
  57. 57. ・不安を乗り越え、主体的になる ・技術に感動する習慣をもつ ・価値を創り出すプロセスを学ぶ 創造的なエンジニアになる方法
  58. 58. 技術に感動する習慣をもつ (エンジニアを始めた当初) 「おー、動いた!」 「この技術は便利だ!」 ↓(経験を積んでくると) 「動いて当たり前」 「その技術は想定の範囲内。目新しくない」
  59. 59. 感動すると創造的になれる 感動が少ない人は好奇心が薄れ、記憶も弱まる 。→ 結果、退化していく 感動 好奇心 探求心 創造 記憶 アイデア 「感動する脳」 茂木 健一郎 著 より 子供のような好奇心、あるいは冒険心があって初めて、 新しいものを生み出す力が生まれてくるのです。 ジェフ・ベゾス(amazon.com創業者)
  60. 60. ・不安を乗り越え、主体的になる ・技術に感動する ・価値を創り出すプロセスを学ぶ 創造的なエンジニアになる方法
  61. 61. 価値を創り出すプロセスを学ぶ ・要求開発 ・U理論 ・リーンスタートアップ etc… 価値を創り出すプロセス・考え方、イノベーション について体系的に学ぶ ↓ 創造的視点が生まれる ↓ アイデアが生まれる
  62. 62. ・組織(Organization) ・エンジニア(Engineer) ・組織とエンジニア (Organization and Engineer) ← Next 知識社会の会社(未来の会社) = エンジニア(ナレッジワーカー)が伸び伸びと 創造性を発揮し価値を創り出せる会社 → エンジニア・コミュニティにヒントがある
  63. 63. Open Source のContributorのように仕事をしよう 会社 貢献 自分の強み(興味)を活かして 役割を探し、貢献する 会社 仕事 労働 契約で決められたことをする 役割 役割 役割 役割
  64. 64. 役割に対して報酬を支払う 会社 貢献 報酬 果たした役割 に対して報酬を支払う 重要:役職に対して支払うのではない
  65. 65. シナジーで社会に価値を生み出す 会社 貢献 役割 役割 役割 役割 強み ・自発的に参加したくなる組織づくり ・組織の目的 ・組織運営 価値 創造エンジニア <創造的> アイデア <価値創造インフラ> Synergy
  66. 66. まとめ 組織運営 ・会社=コミュニティである ・オープンソース・コミュニティ型運営から学ぼう エンジニア ・創造的なエンジニアになろう エンジニアと組織の関係 ・オープンソース・コントリビューターのように仕事をしよう ・エンジニアと会社はシナジーで価値を生み出す 知識社会の会社 =「エンジニア・コミュニティ」 → エンジニア(ナレッジワーカー)が活躍する会社
  67. 67. Python PyCon Framework Library Tool Meetup Possibilities of Python Value 「Pythonが好き」という気持ちのもとに つながったPython Communityが生みだしていく価値 = Possibitities of Python Software Document Connection of people etc… →これからの会社のありかたのヒントに
  68. 68. Thank you for listening! PyCon JP 2015 Keynote Last Message Possibility of Python 技術に感動しよう! ご清聴ありがとうございました

×