Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

IT勉強会(BPStudy) 100回続けて来て学んだこと・ノウハウ

2,413 views

Published on

12月1日に、開催された東京コミュニティマネージャーミートアップ( http://www.meetup.com/ja/TokyoCMMeetup/events/226745242/?eventId=226745242 ) で発表した資料です。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

IT勉強会(BPStudy) 100回続けて来て学んだこと・ノウハウ

  1. 1. IT勉強会(BPStudy)
 100回続けて来て
 学んだこと・ノウハウ 株式会社ビープラウド 佐藤治夫 2015/12/1 @Wantedly 様 東京コミュニティマネージャーMeetup
  2. 2. IT勉強会 発表時ユニフォーム正装化へ ©PyCon JP 2015
  3. 3. アジェンダ ・自己紹介、BPStudyとは ! ・やっていてよかったこと ! ・開催ノウハウ(のようなもの) ! ・まとめ
  4. 4. 自己紹介 • 名前 佐藤治夫(Sato Haruo) • 株式会社ビープラウド代表取締役社長
 (2006年5月∼) • Twitter http://twitter.com/haru860 • BPStudy主催(2007年9月∼) • connpass.com 企画、開発、運営
  5. 5. 自己紹介 • Python Professinal Programming
 2nd Edition(2015年2月)
 会社メンバーで共著 • Py Con JP 2015 Keynote Speakerとして登壇
 (2015年10月) ©PyCon JP 2015
  6. 6. BPStudy(http://bpstudy.connpass.com )とは ・2007年9月から毎月1回開催しているIT系勉強会 → 2015年12月の開催で100回目(11/30で99回目) ! ・テーマ:ITに関係すればなんでもOK ! ・名前の由来:Be Proud Study ! ・毎回、2∼3名をお招きし、発表していただく形式 ・開催場所:会社会議室→EBISU303→代々木会議室
  7. 7. テーマ例 ・日経電子版 開発内製化への取り組み ! ・Why and How design UI(グッドパッチ) ! ・WEBサービス・アプリを成功に導くエンジニア
   のための法律知識と怖い話(GVA法律事務所) ! ・エンジニアのためのお金の話(マネーフォワード) ! ・じっくりと把握する iOS8 / iPhone6 最前線
  8. 8. テーマ(野球の場合) BPStudy →「Baseball Play Study」に名前が変わる ! ・TimeLineでネガポジ分析 ! ・数字から読む好不調の波 ! ・Python "プロ野球" プログラミング ! ・2014 NPB たらいまわされランキング十傑
  9. 9. IT業界の特徴 会社 会社 会社 横のつながり コミュニティ 横のつながりが活発 効果 ・人から刺激を受けられる  (ソーシャルプレッシャー) ・世の中を知ることができる ・集まれる場がある ・業界が健全化/浄化される 東京だけでも常時 
 大小100∼150のIT勉強会 が開催されている
  10. 10. IT業界のコミュニティ分類 企業主催 特定
 ジャンル フリー ジャンル 草の根 Go Conference DevLove hbstudy qpstudy Py Con asakusa.rb 【一番数が多い】 AWS UG BPStudy 【数が少ない】
  11. 11. BPStudy開催のきっかけ • エンジニア同士の飲み会
 知人を介して知り合う
 →技術の話で盛り上がる→楽しい • 会社移転(2007年8月)
 →貸会議室があるビル
 (アイオス広尾ビル)に移転

  12. 12. やっていて 良かったとおもうこと
  13. 13. 「場」をつくれたこと BPStudyがもしなかったら…  「自分でやってることを話したいんだけど、    どこで話せばよいのか?」 !  →なかなかそのような場は無い   ※フリージャンルの勉強会で、    ある程度人が集まるIT勉強会は少ない ! → 個人が自分の経験や成果を発表できる場   → 個人が輝く場
  14. 14. 個人的によかったこと 昔の知人との再会 !  BPStudyがなかったら…   現状を知るのに   → 会う約束が必要だったり、メッセージ送ったりが必要 ! BPStudyがあれば… → ふらっと来てくれて再会し、会話ができる
  15. 15. 開催ノウハウ
 (のようなもの)
  16. 16. 開催ペース・規模 ・開催ペース:一定ペース。毎月1回  → マラソンと同じ(一定ペースが一番長く速く走れる) ! ・開催規模:一定規模。最大でも50人を守る !  → 1回大きくすると小さくするのに抵抗が生まれる   → 大きな開催ができるテーマがみつからない    → 段々と開催期間が空く     → 終了
  17. 17. 開催の心意気 とりあえず、続けよう ! ↓ ! 続けた結果「何かよいことがあるかもしれない」程度 (特に何かの効果を狙っているわけではない)
  18. 18. 受付はお得 ・来た人にお礼が言える ! ・顔とIDが一致する ! ・来た人とついでに話ができる   「あの件、どうなりました?」とか
  19. 19. テーマ決め・ネタの蓄積 発表候補者一覧を作成 ↓ ・カンファレンスの登壇者 ・書籍・雑誌記事の執筆者 ・Web記事 ↓ 知り合いではない人は、Twitterでフォロー ↓ のちのち依頼 → 一覧があることで継続開催について、気が楽になった
  20. 20. まとめ ・やっててよかったこと  ・場をつくれたこと  ・(個人的に)昔の知人との再会 ! ・開催ペース・規模 → 一定(月1回、最大50人) ! ・開催の心意気→ 続けていれば何か良いことあるかも程度 ! ・受付はお得 ! ・テーマを貯蓄しておくと、継続開催において気が楽
  21. 21. ご清聴ありがとう ございました!

×