Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
BPStudy#88 
connpassにおける 
戦略の決定 
2014/12/15 
株式会社ビープラウド 
佐藤治夫
自己紹介 
• 株式会社ビープラウド 代表取締役社長 
• Twitter: @haru860 
• BPStudy主催(2007年9月~) 
88回連続参加、懇親会88回参加(予定)
テーマ 
何をやるか? 
をどのように決めるか 
どうしたら 
「納得感」のある合意形成ができるか?
ステップ0 問題の発見(ブレスト・議論) 
解決したい課題 
現状実現したい価値 
問題の発見
ステップ1 解決策のブレスト 
解決したい課題 
実現したい価値 
機能案と、ふわっとしたテーマ
片っ端から開発していけば良いわけではない! 
機能案
戦略の検討が必要 
解決したい課題 
実現したい価値 
戦略 = 何をどのような順番でやっていくか? 
<解決策> 
対象ユーザー 
タイミング 
効果 
企業戦略 
市場コスト 
ビジョン
何をやるか? 
をどのように決めるか 
どうしたら 
「納得感」のある合意形成ができるか?
要求の優先順位のつけかた(参考情報) 
「成功する要求仕様、失敗する要求仕様」 
第3章 要求のトリアージ に紹介されていた手法 
100ドルテスト 
各自が100ドルずつ持っていると想像してもらい、 
その100ドルを要求候補にステークホルダ...
よくあるチーム 
考える 
意思決定者 
(企画担当者) 
つくるもの 
エンジニアデザイナーエンジニア 
<考える人> 
<つくる人> 
・上意下達の組織 
(企画者が上で、エンジニア/デザイナが下?) 
→ これで納得感のある開発ができるか...
connpassで実践している方法
要求開発(匠メソッド)での戦略の決定 
0. 問題の発見(ブレスト・議論) 
1. 解決策のブレスト 
2-1. 価値の検証と目的 
2-2. 要求分析ツリー作成 
2-3. 要求の優先順位づけ
ステップ2-1. 価値の検証と目的の抽出 
①ステークホルダーの洗い出し 
「ステークホルダーを見落とすことは要求を見落とすこと」 
②価値の検証 価値価値価値 
→誰に対してどのような価値があるか? 目的目的目的 
③プロジェクトの目的を抽出...
ステップ2-1. 価値関連図 
コミュニティのページをつ 
くるページを省けて嬉しいメンバー管理が楽にできる 
コミュニティ運営の手間削減 
価値 
目的
ステップ2-2. フルセットの要求分析ツリー作成 
問題・課題戦略要求業務要求IT要求 
プロジェクト 
の目的
ステップ2-3. 要求の優先順位づけ 
質問:1stリリースで、必須の要求はどれか? 
①戦略要求に色づけ②必要な 
業務要求に色づけ 
③IT要求に色づけ
要求分析ツリー全体(最終形)
導入した結果と成果 
かかった時間:約1日 
・午前中:価値分析モデル(2時間) 
・午後:要求分析ツリー(4時間) 
成果 
・19個のIT要求→ 7個のIT要求 
・メンバーの納得感→高かった 
議論が迷走したり、行ったり来たりしなかった
建設的な議論が可能に 
枝葉のレベルだと議論が収集しない 
(具体的、そもそも論で話しにくい) 
Aさんの 
アイデア 
Bさんの 
アイデア 
取捨選択の議論がしやすい 
(そもそもの価値に近い) 
プロジェクトの目的A 
プロジェクトの目的...
「要求の爆発」の恐怖からの解放 
赤色のIT要求 
=要求分析ツリーをつくってから 
アイデアとして出たIT要求 
(通常) 
優先度を決める段階で、さらに新しいアイデアを出す 
→ 議論を収束させていきたい段階では敬遠されがち 
=議論が終わ...
connpassでの企画・戦略(抽選機能) 
必要充分でミニマムなリリース
connpassでの企画・戦略(グループ機能フェーズ2) 
1次リリースの要求分析ツリーをもとに2次開発を検討 
1次リリース後に明らかになった課題を 
1次リリース時の要求分析ツリーに追加
戦略における「攻め」と「守り」 
<攻めの戦略要求> 
戦略要求レベルで 
取捨選択する 
<守りの戦略要求> 
ユーザー向けの大きな機能開発 etc 
小改善、運用向け改善 etc 
・「前回のフェーズは攻めて効果が出たから、引き続き攻める」...
connpassの企画・開発・運営 
を通してやりたいこと
よくあるチーム 
考える 
意思決定者 
(企画担当者) 
つくるもの 
エンジニアデザイナーエンジニア 
<考える人> 
<つくる人> 
・上意下達の組織 
(企画者が上で、エンジニア/デザイナが下?)
これからの組織 
つくるもの 
納得感 
エンジニアデザイナーエンジニア 
リーダー 
考える 
<考えてつくる人> 
メンバーが考えるよう 
導き、まとめ、力を引き出す 
・個の力を合わせる製品開発 
・フラットな組織
ご清聴ありがとうございました! 
! 
2014.12.15 @BPStudy#88
You’ve finished this document.
Download and read it offline.
Upcoming SlideShare
connpass特徴と開発の流れ
Next
Upcoming SlideShare
connpass特徴と開発の流れ
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

Share

BPStudy#88 connpassにおける戦略決定

Download to read offline

2014年12月15日のBPStudy発表資料。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

BPStudy#88 connpassにおける戦略決定

  1. 1. BPStudy#88 connpassにおける 戦略の決定 2014/12/15 株式会社ビープラウド 佐藤治夫
  2. 2. 自己紹介 • 株式会社ビープラウド 代表取締役社長 • Twitter: @haru860 • BPStudy主催(2007年9月~) 88回連続参加、懇親会88回参加(予定)
  3. 3. テーマ 何をやるか? をどのように決めるか どうしたら 「納得感」のある合意形成ができるか?
  4. 4. ステップ0 問題の発見(ブレスト・議論) 解決したい課題 現状実現したい価値 問題の発見
  5. 5. ステップ1 解決策のブレスト 解決したい課題 実現したい価値 機能案と、ふわっとしたテーマ
  6. 6. 片っ端から開発していけば良いわけではない! 機能案
  7. 7. 戦略の検討が必要 解決したい課題 実現したい価値 戦略 = 何をどのような順番でやっていくか? <解決策> 対象ユーザー タイミング 効果 企業戦略 市場コスト ビジョン
  8. 8. 何をやるか? をどのように決めるか どうしたら 「納得感」のある合意形成ができるか?
  9. 9. 要求の優先順位のつけかた(参考情報) 「成功する要求仕様、失敗する要求仕様」 第3章 要求のトリアージ に紹介されていた手法 100ドルテスト 各自が100ドルずつ持っていると想像してもらい、 その100ドルを要求候補にステークホルダーが分配 イエス・ノー投票 要求を一つひとつ挙げていき、要求に関心がある場合は、ステー クホルダーに挙手してもらい、優先度を決める。 5段階プライオリティ方式 ステークホルダーに要求ごとに5段階で投票してもらう。要求を次回のリリースに含めることに賛成な らプラス1~2票。どちらでもよいなら0票。反対ならマイナス1~2票を投票する。 納得感ある?
  10. 10. よくあるチーム 考える 意思決定者 (企画担当者) つくるもの エンジニアデザイナーエンジニア <考える人> <つくる人> ・上意下達の組織 (企画者が上で、エンジニア/デザイナが下?) → これで納得感のある開発ができるか?
  11. 11. connpassで実践している方法
  12. 12. 要求開発(匠メソッド)での戦略の決定 0. 問題の発見(ブレスト・議論) 1. 解決策のブレスト 2-1. 価値の検証と目的 2-2. 要求分析ツリー作成 2-3. 要求の優先順位づけ
  13. 13. ステップ2-1. 価値の検証と目的の抽出 ①ステークホルダーの洗い出し 「ステークホルダーを見落とすことは要求を見落とすこと」 ②価値の検証 価値価値価値 →誰に対してどのような価値があるか? 目的目的目的 ③プロジェクトの目的を抽出 →価値を実現するためのプロジェクトの目的を抽出する 解決したい課題 実現したい価値 解決策(案) 検証
  14. 14. ステップ2-1. 価値関連図 コミュニティのページをつ くるページを省けて嬉しいメンバー管理が楽にできる コミュニティ運営の手間削減 価値 目的
  15. 15. ステップ2-2. フルセットの要求分析ツリー作成 問題・課題戦略要求業務要求IT要求 プロジェクト の目的
  16. 16. ステップ2-3. 要求の優先順位づけ 質問:1stリリースで、必須の要求はどれか? ①戦略要求に色づけ②必要な 業務要求に色づけ ③IT要求に色づけ
  17. 17. 要求分析ツリー全体(最終形)
  18. 18. 導入した結果と成果 かかった時間:約1日 ・午前中:価値分析モデル(2時間) ・午後:要求分析ツリー(4時間) 成果 ・19個のIT要求→ 7個のIT要求 ・メンバーの納得感→高かった 議論が迷走したり、行ったり来たりしなかった
  19. 19. 建設的な議論が可能に 枝葉のレベルだと議論が収集しない (具体的、そもそも論で話しにくい) Aさんの アイデア Bさんの アイデア 取捨選択の議論がしやすい (そもそもの価値に近い) プロジェクトの目的A プロジェクトの目的B <個人の価値観> <Projectの価値観>
  20. 20. 「要求の爆発」の恐怖からの解放 赤色のIT要求 =要求分析ツリーをつくってから アイデアとして出たIT要求 (通常) 優先度を決める段階で、さらに新しいアイデアを出す → 議論を収束させていきたい段階では敬遠されがち =議論が終わらない(要求の爆発への恐怖) (要求分析ツリーによる方法) 「ツリーに葉を足すだけ」というのが目に見えるの で、精神的負担が軽く、新しいアイデアに対しても、 前向きに議論できる
  21. 21. connpassでの企画・戦略(抽選機能) 必要充分でミニマムなリリース
  22. 22. connpassでの企画・戦略(グループ機能フェーズ2) 1次リリースの要求分析ツリーをもとに2次開発を検討 1次リリース後に明らかになった課題を 1次リリース時の要求分析ツリーに追加
  23. 23. 戦略における「攻め」と「守り」 <攻めの戦略要求> 戦略要求レベルで 取捨選択する <守りの戦略要求> ユーザー向けの大きな機能開発 etc 小改善、運用向け改善 etc ・「前回のフェーズは攻めて効果が出たから、引き続き攻める」 ・「前回は攻めて一定の効果が出たから、今回は守りを固める」
  24. 24. connpassの企画・開発・運営 を通してやりたいこと
  25. 25. よくあるチーム 考える 意思決定者 (企画担当者) つくるもの エンジニアデザイナーエンジニア <考える人> <つくる人> ・上意下達の組織 (企画者が上で、エンジニア/デザイナが下?)
  26. 26. これからの組織 つくるもの 納得感 エンジニアデザイナーエンジニア リーダー 考える <考えてつくる人> メンバーが考えるよう 導き、まとめ、力を引き出す ・個の力を合わせる製品開発 ・フラットな組織
  27. 27. ご清聴ありがとうございました! ! 2014.12.15 @BPStudy#88
  • satoshioikawa

    May. 30, 2017
  • iwashi0830

    Feb. 17, 2017
  • YasunobuIgarashi

    Dec. 31, 2016
  • shinnosukeobuchi

    Oct. 14, 2015
  • ssuser7f7281

    Dec. 28, 2014
  • youtomita

    Dec. 17, 2014
  • nyampire

    Dec. 17, 2014
  • tatzuro1

    Dec. 16, 2014
  • knzm

    Dec. 16, 2014

2014年12月15日のBPStudy発表資料。

Views

Total views

3,149

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

1,093

Actions

Downloads

16

Shares

0

Comments

0

Likes

9

×