Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20191018ajile hiyoko

620 views

Published on

2019/10/18 渋谷ピクスタで行われた「アジャイルひよこクラブ」でのLT資料です。

Published in: Software
  • Be the first to comment

20191018ajile hiyoko

  1. 1. アジャイルひよこクラブ 何が大事?「マインドセット」だ! @渋谷 ピクスタ マインドセット地獄絵図
  2. 2. <出没コミュニティ> Salesforceユーザーグループ ★★★★☆ RPAコミュニティ ★★★ GYOMU hack Guild ★★ アジャイルひよこクラブ ★★ アジャイル・DevOps勉強会 ★★ TokyoAjileCommunity LycheeRedmineユーザー会 ★ Gaiax Technical Meetups(Teck系) ★★★ EXIN 有資格者の会 (運用~VeriSM) ★ フクイ メーカー系HW保守会社の情シス JAWS JBUG (プロジェクト管理)★ IotLT PRLT(広報系) BBMG(マーケ系) さわやか meet up ★★ ssmjp (運用系) 自己紹介 ★は LT・登壇
  3. 3. 組織にアジャイル導入を企んでいる人 残業してるようじゃ アジャイルは失敗 戦略スタッフサービス株式会社 三井 伸行さん <動機> 4年位前に何の気なしに行ったアジャイルの勉強会で・・・・ アジャイルやったら 残業なくなる!? 単純 HR的な目的でアジャイル目指しています
  4. 4. 企業内システムでアジャイル? あんまりアジャイルの イメージはないけど アジャイルじゃなきゃ できない領域が増えて います。 主戦場は経理とかのSoRの領域
  5. 5. 今日のテーマは「マインドセット」 これちゃんとやらないでプラクティスだけ導入して アジャイルにチャレンジ!! 玉砕!! ありがち ですね
  6. 6. もちろん自分も!! 何度も やらかして おります
  7. 7. 今回の地獄絵図になった領域 これです
  8. 8. これのチームがこうなっていました いちおうアジャイル的な営みに仕込んだはずなのに・・・・・・・
  9. 9. だから再度アジャイル的にしようと画策 ・ビジネスとITが対話する ・現実的なプライオリティ判断 ・現場フィードバック重視 ・小さな単位で開発 ・一部でも出来たらリリース ・月一回は意地でもリリース ・ ・ ・
  10. 10. ここから4つの敵 ビジネスサイド 経営層 情シス エンジニア
  11. 11. 敵その1:ビジネスサイド 本当はITプロジェクトの目的は ビジネスの改善 ・・・・・なのになぜか システムの完成が目的になる しかも今までのW/Fが染みついているので・・・・
  12. 12. 「せっかくだから」 この精神が最も敵!! せっかくだから この機能も追加してくれー!! めったにシステム改定をしないウォーターフォール時代の苦い記憶
  13. 13. とにかくあらゆることを盛り込もうとする 要求はどんどん 膨らむ 全体像は わからない 目的が 作ることに変化 どんどん 使いにくくなる めったにない事にも 対応できるように! 積年の要求事項を いまここで!! 結果、開発は遅延してゆく 報告内容は遅れの対応策 すごく開発要件は むずかしくなる
  14. 14. 説得のカギは とにかくビジネス視点で話し合う 開発工数の話はしない 結果が見えないことを強調 決め台詞は 「最初から答えがわかるんだったら さっさと会社辞めてコンサルやれば 年収3000万は確実だよ!紹介しようか?」
  15. 15. 敵その2:経営層 厳しいこと言うけど 実は中身なんか どうでもよかったりする
  16. 16. PJを「開発PJ」にしない!! システム開発の 状況は・・・・ 今月は2機能リリース 利用状況と効果の 状況は・・・ なんでもいいから「リリース」として報告してしまえばご機嫌
  17. 17. 経営層の関心を開発から離す 今月はこれをリリース!! 今月はこれをリリース!! 今月はこれ!!
  18. 18. これでビジネスサイド・経営層はいける ※注意 かなり主観 必ずではないと 思います あとは 定着化と ビジネスの 効果だな!!
  19. 19. 敵その3:情シス 要求されたものをそのとおり 作ればいい! 責任は開発委託先 開発は完成委託が常識!
  20. 20. 存在意義なし
  21. 21. これの説得方法 ・どうせ要件定義はちゃんとできないよね ・ツールの特徴を生かすには試行錯誤が必要 ・開発費高くなるよ! 要求した機能のうち6割以上は使われないという話 実感としても3割の機能は使われない
  22. 22. しかし背後に意外な敵
  23. 23. 第4の敵:エンジニア
  24. 24. いわれたものをちゃんと作る いままで体験した 「完全」プレッシャーから 逃れられない とにかく 要求通り作るのが仕事
  25. 25. ちゃんとしたものをつくりたい つくるんだったら てもどりがないように しっかりとしたものを 作ろう 何回も 直すのではなく 一回で ちゃんとしたものを 作ろう
  26. 26. そして黙って自らデスマーチに戻ります
  27. 27. 本当の無駄はどこに?? 追加で作り直す無駄と 全く使われない無駄 ・・・どっちが無駄 発注側にしか言えない言葉 情シスの人が重要
  28. 28. 「仕様書」主義からの脱却 まずは 「使わせてみてから」 BIは試行錯誤が基本 企画スタッフではなく本当の 現場からフィードバックを もらおうよ!
  29. 29. とりあえず・・・ ちゃんと 立ち直ったかは 別ですが デスマーチは 回避し続けています
  30. 30. 社内システムのほうがアジャイル向き だって たいていのことは てへぺろ ですむでしょ さいごに

×