Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

ServerlessとMicroserviceの難しさに立ち向かう

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 26 Ad
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to ServerlessとMicroserviceの難しさに立ち向かう (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

Advertisement

ServerlessとMicroserviceの難しさに立ち向かう

  1. 1. 数千イベント/sを Serverless x Microserviceで捌く JAWS FESTA 2018 OSAKA MOTEX株式会社 小西 宏樹
  2. 2. はじめに Tweetしてください!!!!
  3. 3. 本日お話しすること • MOTEX紹介 • アーキテクチャパターンの紹介 • Microserviceの粒度について • Microserviceと組織体制について • まとめ
  4. 4. サーバーレスって気にする事 かなり多い
  5. 5. マイクロサービスって難しい
  6. 6. 現場としてどう乗り越えるか 数千イベント/sを Serverless x Microserviceで捌く MOTEX株式会社 小西 宏樹
  7. 7. 本日お話しすること • 自己紹介 • サーバーレスとは • サーバーレスの気にすべきポイント • マイクロサービスとは • マイクロサービスの難しさに立ち向かう • まとめ
  8. 8. こんにちは〜 • Hiroki Konishi(@hiroki_k8) • MOTEX Inc. • Developer, Tech Lead • Scala, DDD, AWS • Jaws-ug Osaka staff @hiroki_k8 こにし ひろき hirokikonishi
  9. 9. サーバーレスとは
  10. 10. サーバーレスとは-理想像 • 開発現場 - サーバーについて考えなくて良い - 簡単 - どこまでもスケールアウトできる - 可用性・耐障害性意識したくない - コスト安い
  11. 11. どれだけのメモリ・ CPUが必要か どこで リトライ組むか 同時実行数の 管理どうするか Functionレベルの 処理か 複数Functionを どう管理するか 1イベント 何秒で捌くか
  12. 12. サーバーレスとは-現実 • まだまだサーバーのこと気にしないといけない • 単体なら簡単だが、連ねると難しい • 各種制限を意識して、事前に申請 • 失敗を前提に冪等性を担保する • 使い方間違えると逆にコスト高い
  13. 13. サーバーレスの 気にすべきポイント
  14. 14. ポイント-Functionとして適切か •アプリケーション •バッチ •常に稼働 •基本 •アプリケーション •高可用性 •ミニバッチ的な •s単位の処理 •イベントドリブン •基本 •ms単位の処理 •イベントドリブン
  15. 15. ポイント-Functionの粒度 OR
  16. 16. ポイント-Functionの管理 ・集約ごとに管理 ・大きくなったら分割
  17. 17. マイクロサービスとは
  18. 18. マイクロサービスとは-理想像 • 開発現場 - 実行時の影響範囲を限定しやすい - 運用範囲が限定できる - システムが巨大でもサービス単位で管理しやすい - 好きなタイミングでリリースできる - なんかかっこいい
  19. 19. サービス分割の 単位は? チーム体制は? イベントの リトライは? システムとしての 運用は? 全サービス共通で 必要なことは? システム全体の テストは?
  20. 20. マイクロサービスとは-現実 • 0 -> 1作るのつらい!!!!!!!!! • 基盤部分(ログ・認証)固めないとつらい!!!!!! • サービスの切り方は1発で綺麗になんてできない!!!育 てる!!! • ユーザーストーリーに沿う運用を!!! • メリットは十二分にある!!!!!!!
  21. 21. マイクロサービスの 難しさに立ち向かう
  22. 22. マイクロサービスの切り方 ドメイン (業務) ライフ サイクル ビジネス 観点 運用的 観点 技術的 制約 ・育てる!!! ・いつ発生する/変更される (誰が/なぜ/要件/プロセス) ・ユーザーストーリーをベースと考える ・ログ・認証・追跡 ・素早く変更したい ・落としたくない
  23. 23. マイクロサービスと組織体制 責任を持つ • 共同所有しない • 基盤チーム コンウェイの法則 • 会社として取組む DevOps • 運用チーム❌ • 改善する
  24. 24. マイクロサービスと共通認識 マイクロサービスアーキテクチャとは? ドメインとは?コンテキストとは? アーキテクチャの理想は?
  25. 25. アンケートにご協力お願いいたします
  26. 26. MOTEX は 仲間を募集しています!! https://www.motex.co.jp/recruit/

Editor's Notes

  • 本日お話しする内容は、以下のような構成を考えていたのですが、
    資料作っている内に、似たような発表あるなーとか、資料見たらわかるなーとか
    で、この発表を聞いて頂いた方に、どうなって欲しいのか。ということを考えたときに、
    一番は、ここを選んで良かった!となって欲しいですし、
    僕も、いろんな経験・知見を持った方と情報交換・議論をして、さらなるInputを得たいなーと。
    ですので、その初めの一歩になればいいなーと考えました。
    ので、本日お話しすることは、
  • 数千イベント/sをServerless x Microserviceで捌こうとするシステムを前提に、
    より良いコストパフォーマンスを出すには。であったり、
    こう考えながら、サービス分割考えてはどうかーとか、
    コードレベルで必要だなーと思うことであったり、
    組織体制をこうすれば、より開発しやすいのではーであったりと、最近考えたこと。”なぜ”の部分についてお話しできればと思います。
  • 最初に企業の紹介をさせていただいて、
    “なぜ”の部分についてお話ししようと思います。

×