Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

海外から登壇依頼を受ける方法

1,775 views

Published on

XP祭り2016(http://xpjug.com/xp2016/)で発表した、DevOpsSummit 2016へ登壇した件のLTです。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

海外から登壇依頼を受ける方法

  1. 1. 2016年9月24日 伊藤 宏幸 海外から 登壇依頼を 受ける方法 2016年9月24日
  2. 2. 自己紹介 2 伊藤 宏幸 (The Hiro) @hageyahhoo  アジャイルコーチ  自動化コーチ
  3. 3. 2016年3月21日 (春分の日)
  4. 4. 台湾からの1通のメール 4 キーノートお願いできませんか〜♪ \_ ________________/ V (ヽ /⌒ ̄二⊃ / \ ∧_∧ / /( (/^\ \ _ (´Д` ( __\ \_ ̄⌒ \ \\\ヽ  ̄ ̄| / ̄\ \ヽ ヽヽ ___/ / \)ヽ ヽ ヽ ( _ ) \))~ \ ヽ ̄ ̄\ ヽ \ ヽ \ ヽ ヽ ) \ \ ヽ ( \ ヽ `し. \ \ ヽ ) ヽ ( `し < iThomeの偉い方
  5. 5. DevOps Summit 2016への誘い 5 http://devopssummit.ithome.com.tw/
  6. 6. そんなわけで台北にやって来たのだ 6
  7. 7. そんなわけで台北にやって来たのだ 7
  8. 8. DevOps Summit について
  9. 9. 9 概要 国際カンファレンス 年1回(2015-) 期間 :7/5-6 参加者:約350名 主催 :iThome (新聞社)
  10. 10. 10 会場内の様子
  11. 11. 向き合うべき現実 11
  12. 12. 登壇内容
  13. 13. キーノートスピーチ(7/6) 13 • プレゼン資料 • 個人ブログレポート • Tech Blog • インタビュー記事 Change Agentとして、 テスト自動化/CIを使った組織改革を DevOpsの文脈で説明。
  14. 14. 締めのパネルディスカッション(7/6) 14 • 行って即オファーが来るという恐怖に打ち 勝つ強い心 • 急に依頼されても笑顔で受託する勇気 • トラブルはエンジニアの本懐だとして解決 する心意気 • やりきる力
  15. 15. 全体的な セッションの傾向
  16. 16. 日本と同レベルの議論 16 • Dockerはもはや当たり前に。 • 発表者のほとんどがデモで使用。 • ChatOpsやKubernetesなど、「オペレーション」を 簡単に実施できるものがトレンドになりつつある。 • Kubernetesのように、設定を常時GUIで表示して おくツールも便利に思える。 • Test Kitchenとserverspecへの関心が極めて高 い。 • IaCのテストの時代クルー!?
  17. 17. 結論
  18. 18. そもそもなぜオファーが来たのか? 18 -> Slideshare
  19. 19. 発信の重要性 19 海外とコネクションを 確立したいならば、 スライドなりプログラムなり、 積極的に英語で情報を 公開しておきましょう。 きちんと拾ってくれる人がいます。
  20. 20. こういうものも手に入ります 20
  21. 21. メディアにも載ります 21
  22. 22. 22 BEST IN THE WORLD

×