Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

学び方を学ぶことを学ぶ

2,714 views

Published on

2012/10/21(日)に開催された「ゲーム・開発・UXD 情報交換会」での発表用スライドです。「学び方を学ぶ」というイベントの内容、および DevLOVE でこのようなことをやっていますよ~ということをお伝えするのが目的で作成したものです。ちなみにタイムリミットは10分でしたが、15分かかりました。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

学び方を学ぶことを学ぶ

  1. 1. 学び方を学ぶことを学ぶ 伊藤 宏幸 @hageyahhoo 2012/10/21(日)
  2. 2. 伊藤 宏幸 (The Hiro)E-mail : hageyahhoo@gmail.comBlog : http://d.hatena.ne.jp/hageyahhoo/ 一昨日研修を受講 最後の認定試験の受験待ちTwitter : @hageyahhooFacebook : http://www.facebook.com/hageyahhoo
  3. 3. こんなの書いてます● Agile2012 レポート@ManasLink http://www.manaslink.com/articles/4796● Agile conference2012参加報告-XP祭り用 http://www.slideshare.net/ssuser968fab/agile- conference2012xp● アジャイルの今とこれから-Agile conference2012参加報 告-技術動向編 http://www.slideshare.net/ssuser968fab/agile- conference2012●楽天テクノロジーカンファレンス2012レポート@ManasLink http://www.manaslink.com/articles/tag/rtc2012
  4. 4. DevLOVE との関わり
  5. 5. papanda さんとの出会い Agile2012 のレポートを 一緒に書かせていただいた ことがきっかけで、 DevLOVE に 混ぜてもらいました。 DevLOVE とか どうすか?
  6. 6. これまで参加したイベント イベント名 開催日Agile Meetup Tokyo 2012/09/04(火)学び方を学ぶ~オブジェクト指向の設計と実装を学ぶ~ 2012/09/12(水)SIエンジニアの自分戦略‐急がば回れ、選ぶなら近道‐ 2012/10/09(火) 正直イベントの頻度が 高すぎですw Agile Meetup Tokyo で 英語で会話しまくって みなぎっているの図
  7. 7. 今回は イベント名 開催日Agile Meetup Tokyo 2012/09/04(火)学び方を学ぶ~オブジェクト指向の設計と実装を学ぶ~ 2012/09/12(水)SIエンジニアの自分戦略‐急がば回れ、選ぶなら近道‐ 2012/10/09(火) このイベントで学んだことについて お話させていただきます
  8. 8. 学び方を学ぶとは
  9. 9. なる! 分かった気に イベントの概要● 学び方にもパターンがある! → 「学習パターン」というものがあります● パターンと言えばオブジェクト指向ですよね~● ならば、オブジェクト指向を学ぶパターンについ て考えてみましょう!
  10. 10. 【参考】パターンとは? 「パターンランゲージ」のこと 繰り返して実行することの多い 実装方法や課題解決方法など に名前をつけて、その構造や本 質などを見える化してみんなで シェアできるようにしたもの 「マーフィーの法則」が イメージに近いかも色々な「パターン」があります● デザインパターン● アナリシスパターン● 実装パターン● 組織パターンetc
  11. 11. 【参考】オブジェクト指向とは?Java とか C# とか Ruby とかのアレです 処理をするためのMap map = new HashMap() オブジェクトを生成する orMap map = new TreeMap() オブジェクトはmap.put("pink", "まどか"); 切り替えが可能map.put("blue", "さやか");map.put("red", "あんこ"); 処理をオブジェクトに任せる。 HashMap はハッシュアルゴリズムで、 TreeMap だと二分木で、 それぞれ渡されたデータを保管する。
  12. 12. 「学習パターン」とは?
  13. 13. 「学習パターン」概要慶応大学の井庭 崇さん(総合政策学部准教授)の研究室でまとめられた、学習方法に関するパターンです。井庭さんの研究室では、他にもさまざまなパターンの研究をされています。http://ilab.sfc.keio.ac.jp/index_j.html
  14. 14. 「学習パターン」の例● まずはつかる (First Steep) 何かを学ぶ際は、まずどっぷりつかろう!● プロトタイピング (Prototyping) ○ 何かモノを作ってから考えたり話したりしよう。 ○ 何もない状態で議論すると、よく空中戦になるよね…● 「まねぶ」ことから (Mimic Learning) ○ 最初は手本になる人・モノを真似て、自分のフォームを 決めよう。 ○ 自分で考えられるようになってから、オリジナリティを考 えよう。
  15. 15. オブジェクト指向で設計・実装するには?
  16. 16. オブジェクト指向で考える方法有限会社システム設計の増田 享さんから、学習パターンを元にしたオブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツについて教えていただきました。●神スライドhttp://www.slideshare.net/masuda220/ss-14263541
  17. 17. 設計を学ぶ3つのステージ1. 修行する 「オブジェクト指向エクササイズ」により、小さくつ くることを実コードで繰り返して体得する! (クラスは50行以内、メソッドは3行以内 etc)2. 一人前になる 「役割ステレオタイプ」の言葉を覚え、 会話し、実コードで実感する!3. 突き抜ける ドメイン駆動設計(DDD)を学ぼう!
  18. 18. 個人的な所感● 学習パターンはあらゆる場面に適用できる● 「コツ」と「こだわり」の違いに気付くことは大切 ○ 「コツ」(how)と「こだわり」(what/why)を混同 して話していないか? ○ 平鍋健児さんが「ライトウィング」と「レフトウィ ング」という表現で言及されている● オブジェクト指向を突き詰めれば、自然とアジャ イルになる(ならざるを得ない)
  19. 19. イベントの詳細以下に丁寧にまとめられているので是非ご覧下さい。togetter by @shinyaa31http://togetter.com/li/371959
  20. 20. How do you like DevLOVE? FIN.

×