Shangri-La API を使ったアプリ作成

1,280 views

Published on

2016年05月04日(水) ShangirLa Meetup 第4回 で発表したShangriLa APIを使ったAndroidアプリの制作過程の発表資料になります。

■MPAndroidChart
https://github.com/PhilJay/MPAndroidChart

■Volley
https://android.googlesource.com/platform/frameworks/volley/

■Activeandroid
http://www.activeandroid.com/

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,280
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
993
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Shangri-La API を使ったアプリ作成

  1. 1. Shangri-La API を使ったアプリ作成
  2. 2. 進捗状況 <やったこと> ・Shangri-La API から今期アニメ情報、ツイッターフォロワー数を取得 ・選択したアニメタイトルのフォロワー数を時間軸にグラフ表示 <これから頑張る> ・過去のアニメ情報もページ切り替えで表示 ・SQLiteへの保存 ・グラフに複数タイトルを同時描画(最大3つくらい?)
  3. 3. デモ
  4. 4. 構成 ListView Android標準フレームワーク MPAndroidChart
  5. 5. MPAndroidChartとは 線グラフ以外にも円グラフや棒グラフなど描画できるライブラリです。 ピッチインによるグラフの拡大・縮小、描画領域のスクロール。 データを後から追加、再描画が可能。
  6. 6. ネットワークライブラリVOLLEY VOLLEYとは… Android用に作られたネットワークライブラリ。 JSON,XMLなどのデータ取得、画像などのキャッシュ、複数アクセスによる並 列処理サポート。 リクエストキューを持っており、JSON用のリクエストオブジェクトを作成 追加を実装するのみで通信が可能。
  7. 7. リクエストキューを管理するオブジェクトは 一つに維持したい為、シングルトンで
  8. 8. 今後の実装と使用するライブラリ ・SQLiteへのデータ保存 ActiveAndroid : ActiveRecordスタイルでSQLiteを操作できるライブラリ アノテーションを使ってテーブルやカラムを定義
  9. 9. ご清聴ありがとうございました!!

×