Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 仁上幸治

4,665 views

Published on

図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 スライド

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 仁上幸治

  1. 1. ●2016.11.08(火)-図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論/スライド公開用縮約版 (130→106枚)/仁上幸治 1 ●図書館総合展フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 -図書館の未来はビジネススキルが切り開く- 【講演】 図書館員研修設計原論 ~「やりっぱなし研修」を超えるために~ 講師 仁上 幸治 (にかみ・こうじ/図書館サービス計画研究所 代表) ■主催:図書館パートナーズ ■共催:図書館サービス計画研究所(トサケン) ■2016年11月8日(火)15:30~17:00(90分:講演20分+ワークショップ70分) ■パシフィコ横浜 フォーラム第5会場 (神奈川県横浜市) ●第4分科会「図書館とユニバーサ ルデザイン」 「図書館の「顔」はこれでいいのか」 2016年11月7日(月)13:45~15:45 (講演30分+対談1時間) 静岡県コンベンションアーツセンター “グランシップ”(静岡県静岡市) 静岡県図書館大会 2 事前アンケートより 「昨年の内容で覚えているのは「 先生の亀」だけです。今年は亀以 外のことも覚えられるようにして いただけると嬉しいです」 3 カメ動画 省略! 5 6 7
  2. 2. ●2016.11.08(火)-図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論/スライド公開用縮約版 (130→106枚)/仁上幸治 2  八洲学園大学公開講座  図書館PR実践講座-味方づくり戦略入門- 来校・インターネット配信・オンデマンド視聴 2016年10月22日・11月12日・11月26日・12月 10日 土曜日13:00-14:30(90分)全4回 初回無料 講座詳細 http://www.yashima.ac.jp/univ/extension/cour se/2016/08/post-466.html 公開講座 CM動画 12 再生2,750回、いいね115名、シェア20件! 受講者増加効果は ??? CM動画 PPAP お悩み 18
  3. 3. ●2016.11.08(火)-図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論/スライド公開用縮約版 (130→106枚)/仁上幸治 3 なぜ低い? 認知度 利用率 親組織内の重要度 スタッフの労働条件 19 何のための研修? だから研修! 20 図書館員研修設計原論 -「やりっぱなし研修」を超えるために- 21 ★講演通算★ 230本目 22 【1】はじめに 【2】研修の問題点 【3】研修実績の内外アピール 【4】研修アーカイブの必要性 【5】できない理由 【6】まとめ 目次 23 【1】はじめに 24 ブランディングセミナーの経過 【1】はじめに 25 ・主催:社会福祉法人 埼玉福祉会 仁上幸治講演 図書館グッズが利用者と館員を変 える!-イメージ戦略の先進事例 - ●図書館総合展2007 26 今日から使える図書館ブラン ディングセミナー-図書館魅 力再発見計画- 仁上幸治(帝京大学総合教育センター 准教授) 渡邉 崇(広告制作ディレクター/コピー ライター/コンテンツプロデューサー) ●図書館総合展2010 トサケンセミナ ー 27
  4. 4. ●2016.11.08(火)-図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論/スライド公開用縮約版 (130→106枚)/仁上幸治 4  今日から使える図書館ブランディングセミ ナー(2)-コンセプトメイクからデザイニン グまで-  基調講演「ブランディングはアイデンティテ ィの明確化から」事例報告「Idea Storeの デザインワーク」  文献紹介「デザイニングのための即効ブッ クトーク」  ワークショップ「やってみよう!コンセプトメ イク」 ●図書館総合展2011 トサケンセミナ ー 28  今日から使える図書館ブランディングセミ ナー(3)  図書館員の自分ブランディング検定-専門 職崩壊の時代にあなたの専門職イメージ は何点?-  基調講演「図書館ブランディングの現在」  事例報告:  ワークショップ:図書館員の自分ブランディ ング検定 ●図書館総合展2012 トサケンセミナ ー 29 今日から使える図書館ブランディン グセミナー(4) 味方づくり戦略入門-PRを立て直す ための「超」実践講座- 基調講演+パネルディスカッション 「味方づくり戦略入門-PRの立て 直しは「外」の眼で-」 ●図書館総合展2014 トサケンセミナ ー 30 利用者が増える!学生が伸びる! 大学図書館のPR術&成果につな がる情報活用事例―学修・就活支 援と情報リテラシーの向上につな がる専門記事データベースの活用 ― 主催: 日経BP社 ●図書館総合展2015(1) トサケンセミ ナー 31 主催:図書館パートナーズ 共催: 図書館サービス計画研究所(トサ ケン) 図書館員のためのファシリテーショ ン実践講座─市民の図書館認知度 を格段に上げる手法─ ●図書館総合展2015(2) 32  主催:図書館パートナーズ 共催:図書館サー ビス計画研究所(トサケン)  ライブラリー・ファシリテーター体験講座-図 書館の未来はビジネススキルが切り開く-  ファシリテーター : 北村志麻 図書館パートナ ーズ代表  司会 : 小田垣宏和 図書館パートナーズ理事  講師 : 仁上幸治 図書館サービス計画研究所 代表  講演「図書館員研修設計原論」 ●図書館総合展2016 33 【2】研修の問題点 34 研修は役立っているか? 研修の成果は出ているか? 研修成果は現場に応用実践されて いるか? 研修事業は費用対効果に見合って いるか? 疑問点 35  半固定的メンバーが全国巡回?  受講するべき人が受講していな?  研修成果が現場に還元されていない?  研修事業全体の社会的評価が向上して いない?  研修主催者が研修疲れしている?  研修の意義を組織上層部が認めていない ?  研修事業のルーティン化と惰性的反復 【2】研修の問題点 36
  5. 5. ●2016.11.08(火)-図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論/スライド公開用縮約版 (130→106枚)/仁上幸治 5 「やりっぱなし研修」 37 【3】研修実績の内外アピール 38 正当な認知と評価 図書館員の研修努力 図書館業界の人材養成 コミュニティ内評価と社会的評価 業界団体の権威 労働条件 【3】研修実績の内外アピール 39 気になるポイント 外へアピールする気 あるの? 40 秋田県 41 42 43 千葉県 44 45
  6. 6. ●2016.11.08(火)-図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論/スライド公開用縮約版 (130→106枚)/仁上幸治 6 46 47 48 部外者非公開 (泣) 49 【4】研修アーカイブの必要性 50 アーカイブ archive 51 赤いブー 52 目的 資料共有 職場での報告に活用 応用実践に活用 実践成果の保存と利用 長期的保存 研修実績の内外アピール 【4】研修アーカイブの必要性 53 配付資料 スライド 参加者アンケート結果 写真 報告書 広報記事等 対象資料 54
  7. 7. ●2016.11.08(火)-図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論/スライド公開用縮約版 (130→106枚)/仁上幸治 7 研修記録をアーカイブ公開し ている研修の事例 55 愛知県 56 57 58 59 60 61 62 63
  8. 8. ●2016.11.08(火)-図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論/スライド公開用縮約版 (130→106枚)/仁上幸治 8 兵庫県 64 65 66 67 非保存・非公開という悪弊 68  参加者  参加者所属機関  主催者スタッフ  主催機関スタッフ・管理者  都道府県庁・自治体スタッフ  関係省庁スタッフ  他自治体スタッフ  類縁機関  図書館学界・研究者 アピール対象者 69 【5】できない理由 70 言い訳 忙しい 優先順位が低い 担当者能力不足 サーバー更新 【5】できない理由 71 注目の研修 72
  9. 9. ●2016.11.08(火)-図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論/スライド公開用縮約版 (130→106枚)/仁上幸治 9 73  ・2015.11.27-HALU北海道大学図書館職員 研修「授業支援の「本丸」攻めに向けて-リザ ーブ図書制度の本格実施を-」北海道大学 図書館(北海道札幌市)(テーマ「これからの 授業支援の話をしよう」)[案内] [報告] [参加 者アンケート結果]  ・2016.09.17(土)-MULU(みちのく図書館員 連合)茶話会「アクティブ・ラーニングの鍵はリ ザーブ図書制度にあり-図書館による授業= 学習支援の「本丸」を攻める-」東北大学附 属図書館 グローバル学習室 ●大学の教育支援・学習支援 74 想像していたレベルを超えたまさに 徹底的な授業支援でした。 確かにリザーブ図書制度は授業支 援の本丸だと思いました。 「関係再構築」という言葉が心に残 りました。 参加者の感想 75 【6】まとめ 76 77 原因 アピールする気がない 無理する気がない 工夫する意識がない 【6】まとめ 78 図書館員研修設計原論 -「やりっぱなし研修」を超えるために- 今日のテーマ 79 役立たない研修 即効役立つ研修 研修問題 80 図書館員研修設計論の研修が必 要 専門家との協働型で 実務直結型で 担当者必修に とりあえずの結論 81
  10. 10. ●2016.11.08(火)-図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論/スライド公開用縮約版 (130→106枚)/仁上幸治 10 82 (1)プランナー (2)コーディネータ (3)プロデューサー (4)インストラクター (5)クリエーター (6)ファシリテーター など (『図書館員のためのPR実践講座』 p.23) これからの図書館専門職イメージ 83 ■1.参考文献 ■2.講師紹介 配付資料付録 84 大事な補足 トサケン 86 87 ●デザイン力向上ワークショップ 2016.08.04(木)-06(土)[二泊三 日]-図書館サービス計画研究所 主催「図書館デザイニングフェス タ」山中湖情報創造館(山梨県) ★14名参加、大盛会終了。来年 度企画進行中! 88 89 参加者の感想 ものすごかった! 数々の学びがあ り、しかもそれは全て体験型なの で、自分の血肉となった。こんな研 修があるだろうか? 本当に、この 体験は私を変えたと思う。そして、 自分でもこういうのやってみたい、 と思ってしまった。(北村志麻) 90
  11. 11. ●2016.11.08(火)-図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論/スライド公開用縮約版 (130→106枚)/仁上幸治 11 来年、全国で誘致合戦?! 長野県:軽井沢・上田 富山県:富山市・宇奈月温泉 その他 91 オンデマンド講座 10/22、11/12~ 92 ライブラリー・ファシ リテーター講座 11/8 94 95 96 ライブラリーオブザイヤー LoY 11/9 97 LoY 2016 ライブラリーオブザイヤー 2015 中止宣言 2016 復活 選考委員一新(山崎・岡本以外) 仁上委員に 98 99
  12. 12. ●2016.11.08(火)-図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論/スライド公開用縮約版 (130→106枚)/仁上幸治 12 仁上新刊のご案内 100 101 著者サイン会 定価1620円(税込) のところ 著者割引原価1300円(税込) 直筆ワカメのイラスト入り! 102 仁上幸治著『図書館員のためのPR実 践講座―味方づくり戦略入門―』樹村 房(2014年10月30日刊行) 3部作シリーズ順次刊行予定 [出版社 新刊情報] ★樹村房ブースにて絶賛販売中。 ★このフォーラムの直後、中央休憩コ ーナーにて著者サイン会。 *講師新刊サイン会のご案内 103 ★トサケン10周年&図書館パートナ ーズ1周年記念パーティー&交流会 18:30から ビストロ・ワイン酒場 Licht リヒト このあと、交流会 104 参加者アンケート おみやげ 直輸入「ALA」しおり アンケート回答と引き換え(^^)/ 105 主催者・参加者のみなさま ありがとうございました。 m(__)m 106

×