Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

V8 Iginition Interpreter

498 views

Published on

V8のIgnitionインタープリタについてです。

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

V8 Iginition Interpreter

  1. 1. V8IgnitionInterpreter
  2. 2. 名前: @brn (青野健利) 職業: フロントエンドエンジニア・ネイティブエンジニア 会社: Cyberagent アドテクスタジオ RightSegment・AI Messenger ブログ: http://abcdef.gets.b6n.ch/
  3. 3. WhatisIgnition? V8には今までインタープリタがなかった。 ソースコードから即full-codegenでアセンブラを生成、実行していた。 しかし、full-codegenは最適化されていない、型情報を持ったアセンブラを 大量に吐き出すため、コードサイズが大きくなってしまう。 そのため、V8は関数単位でlazy compileを行っていたのだが、 これが原因でStartupTimeが大きくなってしまうことがあった。 特に内部関数は全て再パースが必要なため、パースにかかる時間も増大した。
  4. 4. WhatisIgnition? Ignitionはレジスタベースのバイトコードインタープリタ。 full-codegenが引き起こしていた問題を解決する為に実装された。 •  コードサイズの低減(50%) •  full-codegenと比較してもわずかなパフォーマンスの劣化 •  devtoolの完全なサポート •  full-codegenの完全な置き換え(将来的に) •  TurboFanのフロントエンドとして、jsの再パースをせずにdeoptimizationを行う
  5. 5. V8sofar… Javascript Ast FullCodegen Crankshaft Architecture(x86, Mips, Arm etc…)
  6. 6. V8sofar… Javascript Ast Ignition TurboFan Architecture(x86, Mips, Arm etc…) *CodeAssembler
  7. 7. Ignition overview Bytecode generation バイトコードの生成はBytecodeGeneratorによって行われる BytecodeGeneratorはAstVisitorを実装しており、各Astを巡回して、ByteCodeを生成していく。 バイトコードはBytecodeArrayBuilderによって配列として生成される。 バイトコードの生成が完了すると、 各アーキテクチャのGenerate_InterpreterEntryTrampolineが呼び出され、 インタープリタの開始コードが生成される。 Bytecode execution バイトコードの実行は、InterpreterEntryTrampolineから各BytecodeHandlerが呼び出されて行われる。 各BytecodeHandler内では、新たに追加されたCodeStubAssemblerが、 アーキテクチャ独立のアセンブラコードを生成し、それをTurboFan経由で各アーキテクチャの コードに変換、実行結果をaccumulatorに格納していく。 このバイトコードの実行時にプロファイリング用コードも出力しておく。
  8. 8. Ignition overview Javascript Ast Ignition MachineCode InterpreterEntryTrampoline BytecodeArray BytecodeHandler Bytecode Generate 呼び出し Browser 呼び出し
  9. 9. Ignition execution BytecodeArray Bytecodes dispatch dispatch … BytecodeHandler CodeStubAssembler AccessorAssembler RawMachineAssembler MachineOperatorBuilder CodeAssembler BytecodeHandler CodeStubAssembler AccessorAssembler RawMachineAssembler MachineOperatorBuilder CodeAssembler
  10. 10. Ignition Bytecode [generating bytecode for function: ] Parameter count 1 Frame size 32 0x75a3212fece @ 0 : 09 00 LdaConstant [0] 0x75a3212fed0 @ 2 : 1f f9 Star r1 0x75a3212fed2 @ 4 : 02 LdaZero 0x75a3212fed3 @ 5 : 1f f8 Star r2 0x75a3212fed5 @ 7 : 20 fe f7 Mov <closure>, r3 0x75a3212fed8 @ 10 : 55 aa 01 f9 03 CallRuntime [DeclareGlobalsForInterpreter], r1-r3 0 E> 0x75a3212fedd @ 15 : 92 StackCheck 39 S> 0x75a3212fede @ 16 : 0a 01 02 LdaGlobal [1], [2] 0x75a3212fee1 @ 19 : 1f f9 Star r1 0x75a3212fee3 @ 21 : 03 01 LdaSmi [1] 0x75a3212fee5 @ 23 : 1f f8 Star r2 0x75a3212fee7 @ 25 : 03 01 LdaSmi [1] 0x75a3212fee9 @ 27 : 1f f7 Star r3 39 E> 0x75a3212feeb @ 29 : 52 f9 f8 f7 05 CallUndefinedReceiver2 r1, r2, r3, [5] 0x75a3212fef0 @ 34 : 1f fa Star r0 49 S> 0x75a3212fef2 @ 36 : 96 Return Constant pool (size = 2) 0x75a3212fe79: [FixedArray] - map = 0x180f21302309 <Map(FAST_HOLEY_ELEMENTS)> - length: 2 0: 0x75a3212fd71 <FixedArray[4]> 1: 0x344fee497319 <String[3]: add> [generating bytecode for function: add] Parameter count 3 Frame size 0 12 E> 0x75a32130196 @ 0 : 92 StackCheck 23 S> 0x75a32130197 @ 1 : 1e 02 Ldar a1 32 E> 0x75a32130199 @ 3 : 2c 03 02 Add a0, [2] 37 S> 0x75a3213019c @ 6 : 96 Return
  11. 11. TurboFan optimization Code optimization Ignitionによって生成されたバイトコードはTurboFanアーキテクチャを利用して最適化される。 BytecodeGraphBuilderによってTurboFanはグラフ指向のIRを生成し、コードの最適化を行う。 最適化自体はループ・Closureの生成等でランタイム呼び出しによって実行される。 Code deoptimization TurboFanが脱最適化を行う際は、TurboFanによって生成された、TranslatedStateオブジェクトから、 インタープリタのスタックフレームを再生成し、NotifyDeoptimizedランタイム を呼び出して、再度インタープリタに入る。
  12. 12. TurboFan optimization overview Javascript Ast Ignition *CodeAssembler Architecture(x64, Mips, Arm, etc…) TurboFan 最適化 脱最適化
  13. 13. TurboFan optimization detail ... OptimizePhase PeelingLoop etc... LoadElimination SimplifiedLoweringPhase IR Graph IR Node Operator etc... IR Node Operator 1. Optimize Graph nodes Generate Arch OP Code InstructionSelector InstructionSelectorX64 InstructionSelectorX87 InstructionSelectorMips InstructionSelectorArm etc... 2. Generate new instruction CodeGenerator OptimizedCode 3. Generate Machine Code
  14. 14. TurboFan Inlining Caching (IC) これまでのICの問題点 プロパティアクセスのたびに、Map(hidden class)の存在チェックと、Mapからの値のロード を行うコードを生成しており、オブジェクトの情報もオブジェクト自身にエンコーディング されて持っていたため、メモリを圧迫していた。 また、ファストパスかキャッシュミスヒットのいずれかの状態しかなかったため、 キャッシュミスヒットの速度低下も問題であった。 新たなIC FeedbackVectorというコード・オブジェクトの情報に責務を持つクラスを新たに設け、 ICのオーバーヘッドを大きく減らした。 このFeedbackVectorを利用することで、以前のICではLoadIC_MissかFoundの二通りだったが、 TurboFanのICでは、fast・noninlined・missの三通りになり、LoadIC_Missのケースを減らしている。
  15. 15. まとめ TurboFanのところは結構怪しい… V8のコード追うのホントにしんどい 参考 https://github.com/v8/v8 https://v8project.blogspot.jp/2016/08/firing-up-ignition-interpreter.html https://docs.google.com/document/d/11T2CRex9hXxoJwbYqVQ32yIPMh0uouUZLdyrtmMoL44/edit# http://benediktmeurer.de/2017/03/01/v8-behind-the-scenes-february-edition/

×