Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
熊本大学 中野 裕司
所属・専任: 総合情報統括センター, 教授システム学専攻
兼任・兼担: 教授システム学研究センター(RCiS), eラーニング推進室,
情報電気電子工学専攻, 大学情報分析室,
大学教育統括管理運営機構
日本教育工学会 2...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 2 / 27
あらまし
基盤として、SPA + Web API + 標準化
SPA (Single Page Application), RESTful Web...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 3 / 27
基盤として SPA (Single Page Application)
& RESTful Web API (JSON / JSONP) & 標準...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 4 / 27
IMS Enterprizeによる
学籍情報、履修情報の共有
●
大学ポータルを中心としたサービスとシステム間連携の必要性
●
統合ID(熊大ID...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 5 / 27
大学ポータルを中心としたサービスと
システム間連携の必要性
大学ポータル:
学生、教職員等のキャンパスライフをサポートする各種サービスへの入口
S...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 6 / 27
統合ID(熊大ID)とシングルサインオンの
主な流れ
学務情報システム
(SIS)
全学LDAP
グループ管理
Grouper
ID管理システム
...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 7 / 27
webAPIwebAPI
webAPI
webAPI
xAPI
Caliper
webAPI
科目情報&学生の基本・履修情報等の
共有の主な流れ
...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 8 / 27
IMS Enterprise (後にLISへ移行)
https://www.imsglobal.org/enterprise/
科目情報、受講情報...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 9 / 27
IMS Enterprise の例
(学生、教職員の基本情報 1/2)
person.xml (17,547名登録, 約11MB)
<?xml v...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 10 / 27
IMS Enterprise の例
(学生、教職員の基本情報 2/2)
<extension>
<customcolumns xmlns="ht...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 11 / 27
IMS Enterprise の例
(科目情報 1/3)
section.xml (149,516科目, のべ1,811,201名, 約481M...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 12 / 27
IMS Enterprise の例
(科目情報 2/3)
<relationship relation="1">
<sourcedid>
<so...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 13 / 27
IMS Enterprise の例
(科目情報 3/3)
<member>
<sourcedid>
<source>kuLdap</source...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 14 / 27
IMS Learning Information Services
(LIS)とOneRosterによる
動的連携への発展の期待
●
Learn...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 15 / 27
Learning Information Services (LIS)
https://www.imsglobal.org/lis/lisv2p...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 16 / 27
OneRoster (1/2)
https://www.imsglobal.org/activity/onerosterlis
Learning...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 17 / 27
OneRoster (2/2)
https://www.imsglobal.org/oneroster-rfp-guidance-chec
kl...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 18 / 27
OneRosterのデータ定義の例
(組織, JSON)
IMS OneRoster™ Specification Version 1.0 Fi...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 19 / 27
OneRosterのデータ定義の例
(年度・学期(academicSession), JSON)
IMS OneRoster™ Specific...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 20 / 27
OneRosterのデータ定義の例
(科目 (course), JSON)
IMS OneRoster™ Specification Versi...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 21 / 27
OneRosterのデータ定義の例
(クラス (class), JSON)
IMS OneRoster™ Specification Versi...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 22 / 27
OneRosterのデータ定義の例
(ユーザ(user 学生・教員等), JSON)
IMS OneRoster™ Specification ...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 23 / 27
OneRosterのデータ定義の例
(評価項目? (Line Item), JSON)
IMS OneRoster™ Specification...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 24 / 27
OneRosterのデータ定義の例
(成績 (Result), JSON)
IMS OneRoster™ Specification Versi...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 25 / 27
RESTインターフェース (抜粋)
https://hostname/learningdata/v1/*[?+]
IMS OneRoster™ ...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 26 / 27
Enterprise → OneRoster
で何が変わった?
Enterprise
キーポイント
標準規格であること。
WebAPI (RES...
JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 27 / 27
あらまし
基盤として、SPA + Web API + 標準化
SPA (Single Page Application), RESTful We...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Jset201703open

105 views

Published on

2016年度JSET産学協同セミナー資料(2017年3月25日)
IMS OneRoster
熊本大学教授システム学研究センター
中野裕司教授

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Jset201703open

  1. 1. 熊本大学 中野 裕司 所属・専任: 総合情報統括センター, 教授システム学専攻 兼任・兼担: 教授システム学研究センター(RCiS), eラーニング推進室, 情報電気電子工学専攻, 大学情報分析室, 大学教育統括管理運営機構 日本教育工学会 2016年度産学協同セミナー 2017年3月25日(土) 13:30~17:30 @内田洋行新川オフィス 教育ビックデータ・学習資源の共有の実現に向けて 教育工学の立場から国際標準規格の必要性を考える IMS OneRoster
  2. 2. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 2 / 27 あらまし 基盤として、SPA + Web API + 標準化 SPA (Single Page Application), RESTful Web API (JSON / JSONP) MS Enterpriseによる学籍情報、履修情報の共有 大学ポータルを中心としたサービスとシステム間連携の必要性 統合IDとSSO、科目情報&学生の基本・履修情報等の共有の主な流れ IMS Enterpriseの例(学生、教職員の基本情報, 科目情報) IMS LISとOneRosterによる動的連携への発展の期待 Learning Information Services (LIS) OneRoster データ定義の例 (組織、年度・学期、科目、クラス、ユーザ、成績等) RESTインターフェース (抜粋) Enterprise → OneRosterで何が変わった?
  3. 3. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 3 / 27 基盤として SPA (Single Page Application) & RESTful Web API (JSON / JSONP) & 標準化 SPA (Single Page Application) SPAは、デスクトップアプリのように動作するWebアプリまたはWebサイトのこと。 最初にJavaScript, CSSも含めて全て必要なコードはロード済み。 (複数ページかあるように見えても、自分で書き換えたりしている) 必要なリソースは、その都度、動的にロードする (Ajax, Web API)。 サーバ側でその都度ページを作らない → サーバ側の変更なしに修正等可能な場合も(HTML, CSS, JavaScriptのみ) クライアントの変更 (WebAPI), WebAPIで新しいツールの開発が容易(元) RESTful Web API (JSON (LD) / JSONP) サーバとブラウザとのデータのやり取りのスタイル(Webサービスの一種)。 標準規格ではないが、スタイルが定義されている。 JSONPの場合、ブラウザからクロスドメインなアクセス可。 マッシュアップ有利 将来、標準化に対応しやすい(と思う) 標準化 データ互換の確保 (学習ログetc.) システム間連携(同じ標準に対応したシステム間)
  4. 4. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 4 / 27 IMS Enterprizeによる 学籍情報、履修情報の共有 ● 大学ポータルを中心としたサービスとシステム間連携の必要性 ● 統合ID(熊大ID)とシングルサインオンの主な流れ ● 科目情報&学生の基本・履修情報等の共有の主な流れ ● IMS Enterprise ○ IMS Enterprise の例(学生、教職員の基本情報) ○ IMS Enterprise の例(科目情報)
  5. 5. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 5 / 27 大学ポータルを中心としたサービスと システム間連携の必要性 大学ポータル: 学生、教職員等のキャンパスライフをサポートする各種サービスへの入口 SSOで認証され、個人に特化した機能やユーザ毎カスタマイズを提供 各種サービスの連携が必要 (例: 学籍,履修情報@LMS,学務システム) 卒業生を巻き込んだ、戦略的な活用も (Kats編 2010) サービスの分散化 単一データソースによる連携が必要 分散したログの集約が必要
  6. 6. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 6 / 27 統合ID(熊大ID)とシングルサインオンの 主な流れ 学務情報システム (SIS) 全学LDAP グループ管理 Grouper ID管理システム (名寄せ) データ連携サーバ 職員録 システム 人事DB CAS ゲートウェイ Shibboleth IDP (AXIOLE) CASサーバ (熊大ID) CASサーバ (学生・職員番号) 学認 旧サービス旧サービス旧サービス旧サービス 旧サービス旧サービス旧サービス新サービス 永井,杉谷,河津,中野, 学認対応認証基盤と ユーザID体系移行用CASゲートウェイの構築, 第11回CLE研究会, Vol.2013-CLE-11 No.20 (2013)  ポータル  Moodle  時間割  Mahara  安否他約20システム  SOSEKI (SIS)  シラバス  eポートフォリオ (学習成果可視化)
  7. 7. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 7 / 27 webAPIwebAPI webAPI webAPI xAPI Caliper webAPI 科目情報&学生の基本・履修情報等の 共有の主な流れ 学務情報システム (SIS) 中間サーバ 時間割 (大学ポータル) LMS (WebCT) LMS (Moodle) シラバス eポートフォリオ (学習成果可視化) SQL IMS Enterprise IMS Enterprise CSV CSV CSV, SQL file system, スクリプト inline frame (パラメータ渡) 2004 ~2013 2012~ 安否確認 システム SQL 逐次分析・共有 R (rstudio) SQL SQL 標準化をどう取り 入れるか? ● 中長期的メリット ● コスト
  8. 8. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 8 / 27 IMS Enterprise (後にLISへ移行) https://www.imsglobal.org/enterprise/ 科目情報、受講情報等を共有するための標準仕様 2004年ごろ知ったこと: Web CT等のLMSは米では、科目や受講者の情報を学 務情報システム(SIS)とこの仕様で簡単に連携できるらしい 各種SIS(海外), WebCT, BlackBoard, Moodle, Sakai, Canvas 等が対応 サポートする相互運用性 Personal Profile Data Maintenance (学生のプロフィール) Group Management (科目、スケジュール等) Enrollment Management (科目等グループへの登録者) Final Result Processing (最終成績) OneRoster & LIS (Learning Information Services) へ発展? https://www.imsglobal.org/activity/onerosterlis まだ具体例は少ないが、動的かつ
  9. 9. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 9 / 27 IMS Enterprise の例 (学生、教職員の基本情報 1/2) person.xml (17,547名登録, 約11MB) <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <enterprise> <properties> <datasource>WebCT</datasource> <datetime>2016-05-22T02:41:48JST</datetime> </properties> <person> <sourcedid> <source>kuLdap</source> <id>16XtXXXX</id> </sourcedid> <userid>16XtXXXX</userid> <name> <fn>熊大 太郎</fn> <n> <family>太郎</family> <given>熊大</given> </n> </name> <email>XXXX@XX.kumamoto-u.ac.jp</email> 1人目の登録開始 ユーザID 氏名 電子メール 中野, 喜多, 杉谷, 松葉, 右田, 武藏, 入口, 太田, 平, 辻, 島本, 木田, 宇佐川, 「WebCT、学務情報シ ステムSOSEKI、教育用PCシステムのデータ同期」, 第2回WebCT研究会予稿集, pp.3-8 (2004-9) http://www.cc.kumamoto-u.ac.jp/sites/static/arcmit04/nakano.pdf
  10. 10. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 10 / 27 IMS Enterprise の例 (学生、教職員の基本情報 2/2) <extension> <customcolumns xmlns="http://www.webct.com/IMS"> <column name="no">2016-tX-XXX</column> <column name="role">0</column> <column name="fulltime">0</column> <column name="gakunen">1</column> <column name="department">工学部情報電気電子工学科</column> </customcolumns> </extension> </person> <person> ..... ..... ..... </person> </enterprise> 拡張項目 1人目の登録終了 2人目の登録開始
  11. 11. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 11 / 27 IMS Enterprise の例 (科目情報 1/3) section.xml (149,516科目, のべ1,811,201名, 約481MB, 8年度分) <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <enterprise> <properties> <datasource>WebCT</datasource> <datetime>2015-10-09T02:35:44JST</datetime> </properties> ..... <group> <sourcedid> <source>WebCT</source> <id>2016-58-XXXXX</id> </sourcedid> <grouptype> <scheme>LEARNING_CONTEXT_V1</scheme> <typevalue level="90"/> </grouptype> <description> <short>情報基礎A</short> <long>情報基礎A 2016前期 教養教育</long> </description> 1科目目の登録開始 科目ID 科目名
  12. 12. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 12 / 27 IMS Enterprise の例 (科目情報 2/3) <relationship relation="1"> <sourcedid> <source>WebCT</source> <id>2016-58-0000a</id> </sourcedid> <label/> </relationship> <relationship relation="1"> <sourcedid> <source>WebCT</source> <id>2016-00-0000a</id> </sourcedid> <label>Term</label> </relationship> </group> <membership> <sourcedid> <source>WebCT</source> <id>2016-58-XXXXX</id> </sourcedid> 学部コード 年度・学期コード 1科目目の登録終了 メンバーの登録開始 科目ID
  13. 13. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 13 / 27 IMS Enterprise の例 (科目情報 3/3) <member> <sourcedid> <source>kuLdap</source> <id>YYYYYYYY</id> </sourcedid> <idtype>1</idtype> <role roletype="03"> <status>1</status> </role> </member> ..... <member> <sourcedid> <source>kuLdap</source> <id>16AtAAAAA</id> </sourcedid> <idtype>1</idtype> <role roletype="01"> <status>1</status> </role> </member> ..... </membership> <group> ..... </enterprise> メンバーの登録開始 1人目のメンバー 2人目のメンバー ユーザID 教員として ユーザID 学生として
  14. 14. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 14 / 27 IMS Learning Information Services (LIS)とOneRosterによる 動的連携への発展の期待 ● Learning Information Services (LIS) ● OneRoster
  15. 15. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 15 / 27 Learning Information Services (LIS) https://www.imsglobal.org/lis/lisv2p0p1/LISSpecPrimerv2p0p1.html https://www.imsglobal.org/lis/lisv2p0p1/LISSpecPrimerv2p0p1.html より引用 学修の文脈で、人々、グルー プ、メンバー、科目、成績につ いての情報交換を管理 LIS規格 v2.0は、Enterprise Services規格 v1.0を置き換 える Web Services基盤を利用 最新版 Date Issued: 30 September 2013 Latest version: http://www.imsglobal.org/lis/ ↓↓↓ (LINK) ↓↓↓ OneRoster and Learning Information Services https://www.imsglobal.org/activity/ onerosterlis
  16. 16. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 16 / 27 OneRoster (1/2) https://www.imsglobal.org/activity/onerosterlis Learning Information Services (LIS) のサブセット DLP、SIS、Learning Tool、Hosted Contentsを繋ぐ重要な役割。 https://www.imsglobal.org/activity/onerosterlis より引用 Roster 【名】名簿
  17. 17. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 17 / 27 OneRoster (2/2) https://www.imsglobal.org/oneroster-rfp-guidance-chec klist Restful APIであるOne Roster Services か CSV で、SISとDLPや他の ツールとデータ共有。 https://www.imsglobal.org/oneroster-rfp-guidance-checklist より引用
  18. 18. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 18 / 27 OneRosterのデータ定義の例 (組織, JSON) IMS OneRoster™ Specification Version 1.0 Final (https://www.imsglobal.org/lis/imsonerosterv1p0/imsOneRoster-v1p0.html) より 組織 { “org”: { “sourcedId” : “<sourcedId>” “status” : “active | inactive | tobedeleted” “dateLastModified” : “<最終変更日>” “name” : “<組織名>” “type” : “school | local | state | national” “identifier” : “<組織の名称>” “metadata” : { “ncesId”: “0808120938” } “parent” : { “href” : “<親組織のURI>” “sourcedId” : “<親組織のsourcedid>” “type” : “org” }, “children” : [ { “href” : “<子組織のURI>” “sourcedId” : “<子組織のsourcedid>” “type” : “org” }, … { “href” : “<子組織のURI>” “sourcedId” : “<子組織のsourcedid>” “type” : “org” }, ] }
  19. 19. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 19 / 27 OneRosterのデータ定義の例 (年度・学期(academicSession), JSON) IMS OneRoster™ Specification Version 1.0 Final (https://www.imsglobal.org/lis/imsonerosterv1p0/imsOneRoster-v1p0.html) より 年度・学期 { “academicSession”: { “sourcedId” : “年度・学期(term)の sourcedid>” “status” : “active | inactive | tobedeleted” “dateLastModified” : “<最終変更日>” “title” : “<学期名>” “startDate” : “<年度・学期の開始日>” “endDate” : “<年度・学期の終了日>” “type” : “term” “parent” : { “href” : “<親年度・学期のURI>” “sourcedId” : “<親年度・学期のsourcedId>” “type” : “academicSession” } “children” : [{ “href” : “<1番目の子年度・学期のURI>” “sourcedId” : “<1番目の子〃のsourcedId>” “type” : “academicSession” }, {2番目の子年度・学期}, {…} ] }
  20. 20. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 20 / 27 OneRosterのデータ定義の例 (科目 (course), JSON) IMS OneRoster™ Specification Version 1.0 Final (https://www.imsglobal.org/lis/imsonerosterv1p0/imsOneRoster-v1p0.html) より 科目 (course) { “course” : { “sourcedId”: “<sourcedId>” “status” : “active | inactive | tobedeleted” “dateLastModified” : “<最終更新日>” “metadata” : { “duration” : “<時間数>” } “title” : “<科目名>” “schoolYear” : { “href”: “<科目の所属年度のURI>” “sourcedId”: “<科目の所属年度の sourcedId>” “type” : “academicSession” } “courseCode” : “<科目コード>” “grade” : “<対象学年>” “subjects” : [“1番目の学科?”,”2番目の学 科?”.. ] // 例: [“chemistry”, “physics”] // [“music”, “drama, “poetry”] “org” : { “href”: “<所属組織>” “sourcedId”: “<所属組織のsourcedId>” “type” : “org” } } }
  21. 21. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 21 / 27 OneRosterのデータ定義の例 (クラス (class), JSON) IMS OneRoster™ Specification Version 1.0 Final (https://www.imsglobal.org/lis/imsonerosterv1p0/imsOneRoster-v1p0.html) より クラス (科目が複数クラスに分 かれている場合) { “class” : { “sourcedId”: “<クラスのsourcedId>” “status” : “active | inactive | tobedeleted” “dateLastModified” : “<最終変更日>” “title” : “<クラス名>” “classCode” : “<クラスコード(組番号)>” “classType” : “homeroom | scheduled” “location” : “<場所”> “grade” : “<学年>” “subjects” : [<“1番目の学科”,”2番目”..>] “course” : { “href”: “<科目のURI>” “sourcedId”: “<科目のsourcedId>” “type” : “course” } “school” : { “href”: “<学部のURI>” “sourcedId”: “<学部のsourcedId>” “type” : “org” } “terms” : [{ “href”: “<1番目の学期のURI>” “sourcedId”: “<1番目の学期のsourcedId>” “type” : “academicSession” },{2番目の学期},.. ] } }
  22. 22. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 22 / 27 OneRosterのデータ定義の例 (ユーザ(user 学生・教員等), JSON) IMS OneRoster™ Specification Version 1.0 Final (https://www.imsglobal.org/lis/imsonerosterv1p0/imsOneRoster-v1p0.html) より ユーザ(学生・教員等) { “user” : { “sourcedId” : “<sourcedid>” “status” : “active | inactive | tobedeleted” “dateLastModified” : “<最終更新日>” “username” : “<ユーザ名>” “userId” : “<ユーザID>” // active directory / lti user id / some other id “givenName” : “<名>” “familyName : “<姓>” “role” : “teacher | student | parent | guardian | relative | aide | administrator” “identifier” : “<学生番号、職員番号等>” “email” : “<電子メール>” “sms” : “<SMS>” “phone” : “<電話番号>” “agents” : [ { “href” : “1番目の関係者 (親等)のURI” “sourcedId” : “〃sourcedid” “type” : “user” }, {2番目の..} ...] “demographics” : { “href” :”<人的特徴(demographics data)の URI>” // birthdate, sex, asian, .. “sourcedId” :”<上記のsourcedid>” “type” : “demographics” } “orgs” : [{ “href”: “<1番目の所属組織>” “sourcedId”: “<〃のsourcedId>” “type” : “org” }, {2番目の所属組織}, … ] } }
  23. 23. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 23 / 27 OneRosterのデータ定義の例 (評価項目? (Line Item), JSON) IMS OneRoster™ Specification Version 1.0 Final (https://www.imsglobal.org/lis/imsonerosterv1p0/imsOneRoster-v1p0.html) より 評価項目?のカテゴリ (Line Item Categories) { “category” : { “sourcedId” : “<カテゴリのsourcedId>” “status” : “active | inactive | tobedeleted” “dateLastModified” : “<最終更新日>” “title” : “<カテゴリ名>” } } 評価項目? (Line Item) { “lineitem” : { “sourcedId” : “<sourcedId>” “status” : “active | inactive | tobedeleted” “dateLastModified” : “<最終更新日>” “title” : “<名>” “description” : “<に関する説明>” “assignDate” : “<登録日>” “dueDate” : “<締切日>” “category” : { “href” : “<カテゴリのURI>” “sourcedId” : “<〃のsourcedId>” “type” : “category” } “class” : { “href” : “<クラスのURI>” “sourcedId” : “<クラスのsourcedId>” “type” : “class” } “gradingPeriod” : { “href” : “<評価期間>” “sourcedId” : “<〃のsourcedid>” “type” : “academicSession” } “resultValue” : { “min” : “<評価値の最小値(実数)>” “max”: “<評価値の最大値(実数)>” } } }
  24. 24. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 24 / 27 OneRosterのデータ定義の例 (成績 (Result), JSON) IMS OneRoster™ Specification Version 1.0 Final (https://www.imsglobal.org/lis/imsonerosterv1p0/imsOneRoster-v1p0.html) より 成績 (Result) { “result” : { “sourcedId” : “<sourcedid>” “status” : “active | inactive | tobedeleted” “dateLastModified” : “<最終更新日>” “lineitem” : { “href” : “<評価項目?(lineitem)のURI>” “sourcedId” : “<〃のsourcedId>” “type” : “lineitem” } “student” : { “href” : “学生のURI” “sourcedId” : “<〃のsourcedId>” “type” : “user” } “score” : “<成績スコア>” “resultstatus” : “not submitted | submitted | partially graded | fully graded | exempt” “date” : “<最終更新日>” “comment” : “<コメント>” } }
  25. 25. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 25 / 27 RESTインターフェース (抜粋) https://hostname/learningdata/v1/*[?+] IMS OneRoster™ Specification Version 1.0 Final (https://www.imsglobal.org/lis/imsonerosterv1p0/imsOneRoster-v1p0.html) より Service Call Endpoint(*) Endpoint GET(read) getOrgs /orgs 全組織を返す getOrg /orgs/{id} (source) idで指 定された組織 getCourse /courses/{id} idで指定された 科目情報 getUser /users/{id} idで指定された ユーザ情報 getStudents /students 全学生情報 getStudentsFor ClassInSchool /schools/ {id}/classes/ {id}/students 指定学部の指 定クラスの全学 生 getClassesForC ourse /courses/ {id}/classes 指定されたコー スの全クラス getResultsForCl ass /classes/ {class_id}/results 指定されたクラ スの全成績 getResultsForLi neItemForClass /classes/ {class_id}/lineite ms/{li_id}/results 指定クラスの指 定評価項目の 全学生の成績 getResultsForSt udentsForClass /classes/ {id}/students/ {id}/results 指定クラスの指 定学生の全成 績 パラメータ (+) 説明 (規定値limit=100&offset=0) limit=10 limit=10&offset=10 Pagination 最初の10データ 次の10データ sort=familyName&orderBy=asc sort=score&orderBy=desc Sorting 姓の昇順 成績のよい順 givenName=’Yuji’ (givenName=%3D%27Yuji%27) dateLastModified>’2015-01-01’ (.ed%3E%272015%3D01-01%27) Filtering 名がYuji (encoded) 更新日が..より後 (encoded) fields=givenName,familyName Field Selection 姓名のみ セキュリティ SSL OAuth1.0 IMS LTI同様、2-legged oAuth authorization
  26. 26. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 26 / 27 Enterprise → OneRoster で何が変わった? Enterprise キーポイント 標準規格であること。 WebAPI (REST) 化と認証連携で、 ファイルを介さず 必要なデータのみ マッシュアップ 可能になった。 実装コストとの兼ね合いか SIS LMS ● 夜間バッチ ● 全データ同期 ● 巨大XMLファイル経由 SIS1 LT1 ● リアルタイム ● 必要なデータのみ同期 ● ファイル必要なし LT2 ● リアルタイム ● データ持たず、その都度取得 LT3SIS2 LT4 ● リアルタイム ● マッシュアップ ● LTI, Caliper等連携 One Roster
  27. 27. JSET 2016年度産学協同セミナー 2017-03-25@内田洋行新川オフィス 27 / 27 あらまし 基盤として、SPA + Web API + 標準化 SPA (Single Page Application), RESTful Web API (JSON / JSONP) IMS Enterpriseによる学籍情報、履修情報の共有 大学ポータルを中心としたサービスとシステム間連携の必要性 統合IDとSSO、科目情報&学生の基本・履修情報等の共有の主な流れ IMS Enterpriseの例(学生、教職員の基本情報, 科目情報) IMS LISとOneRosterによる動的連携への発展の期待 Learning Information Services (LIS) OneRoster データ定義の例 (組織、年度・学期、科目、クラス、ユーザ、成績等) RESTインターフェース (抜粋) Enterprise → OneRosterで何が変わった?

×