Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

SORACOM UG Explorer 2018 | 1. IoT 企画フェーズセッション | IoTやりまっか?

1,965 views

Published on

SORACOM UG Explorer 2018
1. IoT 企画フェーズセッション
② IoTやりまっか?

Published in: Technology
  • Be the first to comment

SORACOM UG Explorer 2018 | 1. IoT 企画フェーズセッション | IoTやりまっか?

  1. 1. SORACOM UG Explorer 2018 1. IoT 企画フェーズセッション セッションタイトル:IoTやりまっか?
  2. 2. IoTやりまっか 株式会社トーア紡コーポレーション IT推進部 部長 中井邦義 IoTへの巻き込まれ方について、経緯とその結果。
  3. 3. Who am I ? 中井 邦義 (なかい くによし) 1964年11月 和歌山県紀の川市生まれ大阪府和泉市在住 (株)トーア紡コーポレーション IT推進部部長 トーア紡IT部門一筋 34年目に突入 トーア紡グループのITアーキテクト ・ホストコンピュータメーカーSE ・システム開発会社PM なども経験 基幹システムをビッグバンでERPにしインフラ化に 成功。現在はモード2を攻めている。
  4. 4. 1922年設立(96年目) 繊維メーカー ・衣料 ・インテリア産業資材 ・アプライアンス ・ファインケミカル ・不動産賃貸 などの事業を多角化経営 している 年商 190億 従業員500名弱 IT推進部 4名
  5. 5. IoTでできていること
  6. 6. https://soracom.jp/case_studies/toabo/
  7. 7. インテリア産業資材事業 トーア紡マテリアル四日市工場 (三重県四日市市)ファインケミカル事業 大阪新薬 (山口県小野田市) ・薬品製造反応窯温度監視 ・薬品乾燥装置の温度監視 ・曝気槽モーターの稼働確認 ・工場全体の電力デマンド管理 ・見守りカメラ ・一部の製造設備の稼働情報取得 IoTの稼働状況
  8. 8. 始まりは「やってみたい」 という気持ち IoT
  9. 9. IoT化への阻害要因 ・会社の理解 ・工場への情報収集用機材の設営、特に場内の通信回線 ・クラウドへセキュアな送信経路の確保 ・クラウド上での「見える化」システム構築 ・現場の抵抗 ・費用の問題 あかんなあ
  10. 10. 出会いが変えた 日経BP クラウド2016東京・大阪報告書より 2016 3.17
  11. 11. https://iot.kyoto/usecase/2017/01/16/2392/
  12. 12. これがIoT!?
  13. 13. 求めていたものがここにあった! これやったらできるんちゃう
  14. 14. PLC+SORACOM+クラウドサービス(見える化及び通知) デバイス:PLC PLCがあればすぐできる 回線: SORACOM3G 見える化: クラウドサービス IoT.kyoto
  15. 15. でも高いんちゃいますの
  16. 16. え?!修繕費でいけそう https://iot.kyoto/iot-starter-pack/
  17. 17. IoT化への阻害要因 ・会社の理解 ・工場への情報収集用機材の設営、特に場内の通信回線 ・クラウドへセキュアな送信経路の確保 ・クラウド上での「見える化」システム構築 ・現場の抵抗 ・費用の問題 いける!!
  18. 18. 「IoTやりまっか」
  19. 19. 提案~完成までの流れ • 3月2016年3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 初期提案 稼働中
  20. 20. 現場に行って考える
  21. 21. ・その場所で観察する ・何が効くかを考える ・御用聞きはしない
  22. 22. 四日市工場はPLCでいろいろ制御していた PLCで情報を 収集している!
  23. 23. 最長30分で対処が必用 ・この場所にいないと状況がわから ない ・異常に気付いてから管理者への依 頼をするため対応が遅れてしまう。 実は電力デマンドの監視もPLCでやっていた デマンド管理システムをPLCに導入し EMSもしているが・・・ 監視の場所と情報 伝達と実施のスピ ードが問題
  24. 24. 契約電力への取組 ・契約電力を超過するとその月の支払時に超過料金が発生するうえに 次年度の契約電力量単価の見積もりに超過の値が使われて 年間の電気料金が高くなってしまう ・契約電力量低減のため省エネ機器への転換をし、デマンド予測による 警報類の充実を図り、最大デマンドの監視強化をしてきた結果 目標達成に近づいてきたがもう限界ではないか・・・ 監視もこれ以上だとキツイ。(現場) デマンド管理にIoTを利用し電力削減に寄与できないか? 場所と情報伝達~ 実施のスピードを 解決できれば
  25. 25. 提案~完成までの流れ • 3月2016年3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 初期提案 調査 ・データ抽出~見える化のしくみ ・四日市工場PLCの理解(取得情報など) ・ターゲット情報の選定 ・コストや効果 具体的提案 現地で
  26. 26. デマンド監視システム提案 四日市工場の既設PLC+CC リンクネットワークで収集 されているデータをIoT により見える化し消費電力 の最適化につなげる。
  27. 27. 見える化を実現 ・スマホでいつでもどこでもリア ルタイムのデマンドグラフを確 認できる。 目標値を超過した場合には警 告メールが届く。 2016年8月度デマンド管理目 標クリア!!
  28. 28. 四日市工場デマンド監視システムの仕組み PLCデータIP 変換ユニット https://soracom.jp/services/funnel/
  29. 29. IoT化への阻害要因 ・会社の理解 ・工場への情報収集用機材の設営、特に場内の通信回線 ・クラウドへセキュアな送信経路の確保 ・クラウド上での「見える化」システム構築 ・現場の抵抗 ・費用の問題 おー PoC成功!
  30. 30. 速さが人を動かした(想定外)
  31. 31. 提案~完成までの流れ • 3月2016年3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 初期提案 調査 ・データ抽出~見える化のしくみ ・四日市工場PLCの理解(取得情報など) ・ターゲット情報の選定 ・コストや効果 具体的提案 実装作業 稼働中 2週間!! 超速PoC
  32. 32. 現場が主体的にカスタマイズを要請(想定外)
  33. 33. 想定外2:横展開が始まる
  34. 34. 大阪新薬ファインケミカル製造工場全体の 運用状況遠隔監視
  35. 35. IoT化への阻害要因 ・会社の理解 ・工場への情報収集用機材の設営、特に場内の通信回線 ・クラウドへセキュアな送信経路の確保 ・クラウド上での「見える化」システム構築 ・現場の抵抗 ・費用の問題 クリア!
  36. 36. 反応窯や乾燥機の温度監視及び周辺機器の稼働監視
  37. 37. 常時監視必要な反応釜内の温度を遠隔監視化する 現状は監視部屋で監視してるた め担当者は拘束されてしまう。 一人作業となった場合などリス クもある。
  38. 38. 排水 PHを遠隔監視し監視精度を向上させる(保留中) 現在のphカウンターから信号線の出力が可能なため配線をUMsQuestの子機に接続し 無線で送信する
  39. 39. 死活監視(曝気槽ポンプ)(2018/2/20 設置) 設備の電流を利用して遠隔で死活監視を行う モーターが止まってしまう場合とプーリーのベルトが切れている場合が異常であり これを検知できるようにする事。(現地に行って物を見るまで分からなかった) 無線で送信
  40. 40. 曝気槽ポンプの死活監視
  41. 41. まとめ
  42. 42. 現場を知る 現場に身を置いて何が要るか知る すぐに使えるデータを把握 設置場所のあたりをつけておく
  43. 43. FAとは戦わない FAはそのままで データをもらいに行くようにする
  44. 44. できるだけシステムを作らない あるものを利用する
  45. 45. ターゲットをシンプルにする 最初から全部をやろうとせず 一点に集中する
  46. 46. 超速PoCをやる 速攻で必要最低限なコストで 機材はそのまま使えるものを選び 本番運用にすぐ移行できるように
  47. 47. 今現場で出来ている事でも IoTにすると ・参加する人 ・検知するタイミング ・反応するモノ(者・モノ) を変えることができる。
  48. 48. 以上
  49. 49. http://www.toabo.co.jp/ http://lifefibre.com/ https://jp.onuofficial.com/

×