Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20170719 wintechq azure_stack

158 views

Published on

福岡のコミュニティ Win.tech.q でのAzure Stack セッションスライド

Published in: Technology
  • Be the first to comment

20170719 wintechq azure_stack

  1. 1. これが噂の Azure Stack だ!
  2. 2. IT業界 独立系業務パッケージベンダー 9年 (最初はオフコンの修理屋) MS 歴:パートナー様担当 SE 4年 エバンジェリスト 11年半 (年間 100 ~ 150 セッションほど) パートナー様担当 テクニカルセールス 半年+α (30セッションペース) 担当製品とサービスとソリューション • Windows as a Service (Windows 10) • Modern Workstyle、 Productivity、少しセキュリティや認証、Active Directory • Windows Server + System Center (VMM, OR 中心に)+ Azure Pack - Azure Stack • 仮想化 → 自動化 → Private Cloud (Hosted 含む) → Public Cloud (Hybrid) • VDI、SDN、SDS、少し HPC、軽く DevOps、軽くOCP系ハードウェア • データセンターアーキテクチャー(ソフトウェア)、ITサービス化、時々戦略・戦術 セミナー企画・登壇・運営、案件支援、 Community 活動、パートナー様(技術、ビジネス)支援 書籍(記事)執筆など ハイブリッド/プライベートクラウド市場では古い人
  3. 3. Azure Stack ホスト デモ用 PC RDP アプリ展開 デモマシン 3
  4. 4. 4
  5. 5. Microsoft Azure パブリッククラウド Microsoft Azure Stack プライベートクラウド
  6. 6. 6
  7. 7. みんなで集まって情報共有する 仕組みを作るしかない。。。
  8. 8. 8
  9. 9. 9
  10. 10. Azure Stack は どこに 何を もたらすのか 1 2 2‘従来通りの IT • 専用インフラ+密結合システム • プロセスや構成はアプリ毎 • インフラ/運用/開発が完全に分断 • 物理/仮想マシン依存の自社独自運用 クラウド モデル 新しく変わった世界 Microsoft Azure Stack ハードウェアの 運用が楽になる HCI の台頭
  11. 11. 13
  12. 12. • キッティング済みアプライアンス • 開発環境との高い親和性 (DevOps) • 常に進化する基盤 (Azure First) • ライフサイクルを意識したシステム • Dell EMC • HPE • Lenovo ---- • Cisco Systems ---- • Huawei 14
  13. 13. ① サーバーノード ② スケールユニット (SU) ※ SU 内 のノードは同一構成 ※ GA 時 4~12ノード ※ GA 後 16ノードまで拡張可能 ③ クラウド エンドポイント ④ リージョン ※ GA時 1リージョン、1 SU ※ GA後 複数 SU で構成可能 ※ GA後 複数リージョン構成も可能 3 Tokyo Osaka Fukuoka S U 1 S U 4 4 2 15 1
  14. 14. • マルチテナント化が可能 • Azure サービスとの連携 • Marketplace Syndication 可能 • 認証 • Azure Active Directory • ADFS (フェデレーション) • 課金 • 従量課金モデル • コアライセンスモデル • 制限された環境で利用する場合 • 認証は ADFS のみ • 課金はコアライセンスモデルのみ 16
  15. 15. 17
  16. 16. Provider Resource Usage API Tenant Resource Usage API Azure Billing API 18
  17. 17. Jan ‘16 Sept ‘16 March’17 July’17 Technical Preview (POC 用) 一般公開 一般公開一般公開 TP2 TP3TP1 Azure Stack 統合システム (本番稼働用) 限定提供 GA限定提供 19 Azure Stack Development Kit (POC 用) 一般提供
  18. 18. 20
  19. 19. 21 仮想マシン | 仮想ネットワーク | ストレージ (Blob, Table, Queue) 仮想マシン スケールセット Docker コンテナー Extension IaaS SQL Server | MySQL (オンプレミス アーキテクチャー) Web Apps Azure Service FabricPaaS Mobile Apps API Apps Key Vault Azure Container Service テンプレート:Cloud Foundry, Block Chain ・・・ Post GA GA 後 GA 後 Functions
  20. 20. 22 ※ すべて階層化ストレージで処理 ※ すべて同一物理上で動作可能
  21. 21. 23 Extension Deployment Request Extension Manager Check VM extension repository Guest Metadata Server Sample Azure Stack VM Extensions: Sample Azure Stack VM Images: RedHat Server 6.7 and above Windows Server 2012 R2 VMAccessAgent VMAccessForLinux DockerExtension Desired State Configuration (DSC) CustomScriptExtension (Windows) CustomScriptExtension (Linux) BGInfo
  22. 22. Mobile Apps API AppsWeb Apps Azure Functions App Service on Azure Stack 開発者に最高の 経験を提供 • 複数言語とフレームワーク • DevOps を上位レイヤーで実現 • 開発者へのセルフサービス提供 フルマネージドな PaaS • オートスケール • フレームワークへのパッチ運用 • ロードバランス エンタープライズ 対応 Azure Container Service Azure Service Fabric 各種テンプレート ・Cloud Foundry ・Blockchain ※ Worker Role は 2000 台まで拡張可能
  23. 23. 独自システムの手動登録も 可能 (Syndication 経由なし) この連携にご注目! 25
  24. 24. --- オンプレミス AI with Python --- ハイブリッド IoT 基盤構築 ※ Azure Stack Marketplace からの迅速な展開 ※ IoT Edge on Container Service で容易に展開 26
  25. 25. 27
  26. 26. Azure IoT Edge IoT Hub Devices Local Storage Azure Machine Learning (Container) Functions RuntimeContainer Management Device Twin Device Twin Azure Stream Analytics (Container) Azure Functions (Container) Cognitive Services (Container) Custom Code (Container) Module Twin Module Twin Module Twin Module Twin Module Twin Module Twin Module Twin Module Twin Module Twin Module Twin
  27. 27. 29
  28. 28. 30 記憶域スペース ダイレクト (S2D) クラスター (ローリング アップデート) 記憶域プール Hyper-V (VHDブート) Hyper-V (VHDブート) Hyper-V (VHDブート) Hyper-V (VHDブート) RDMA • 階層化ストレージ対応 S2D によるプール化 SSD + HDD の階層化 仮想ディスク (3way Mirror) ReFS (Cluster Shared Volumes) Scale-out File Server Azure 互換ストレージサービス
  29. 29. Infrastructure services Virtualized services Administrator Storage Network Fabric Storage Cloud Admin Service Resource Provider Cluster Tenant-facing storage cloud services Table Service Queue Service Storage Account Service Scale-Out File Server (SOFS) with Storage Spaces Direct (S2D) . . . . . Blob back-endBlob back-end Blob Service Application clients using Azure Account, Blob ,Table, Queue APIs, Microsoft Azure Storage Explorer & Tooling Data Services Cluster Microsoft Azure Stack Portal, Azure Storage cmdlets, Azure Stack cmdlets, Azure CLI, Client SDK Utility Services Storage Controller JEA Storage Controller JEA Storage Controller Service Service Fabric Service Fabric 31
  30. 30. Azure Resource Manager 管理者ポータル テンプレート、PowerShell、CLI、SDK など Partition Request Broker テナントポータル Fabric RP Storage RP Compute RP Network RP Health RP Update RP ストレージ コンピュート ネットワーク Storage Controller Compute Controller Network Controller Infra Roll Controller Health Controller ノード 管理 インフラストラクチャ層 32
  31. 31. 33
  32. 32. 34 Web Server 1 Web Server 3 Network Controller Web Server 2 SLB外部の マシン MAS-SLB01 MAS-NC01 仮想マシン の可用性 >サービス の可用性
  33. 33. 35
  34. 34. Service Fabric システムが稼働する仮想マシンへアクセス ・Enter-PSSession –VMName xx ・AzureStackAzureStackAdmin でログオン ローカルで稼働中の Service Fabric にアクセスし操作 • Connect-ServiceFabricCluster • Get-ServiceFabricApplication • Get-ServiceFabricService • Get-Command *ServiceFabric* 36
  35. 35. 37
  36. 36. Edge and disconnected applications Cloud applications to meet varied regulations Cloud application model on-premises Customers
  37. 37. まとめ Azure Stack Documentation https://docs.microsoft.com/en-us/azure/azure-stack/ (Microsoft Azure Document 配下)
  38. 38. “慣れ親しんだ“大量の仕事に 時間を割き続ける??? そんな生活から脱却可能! 前向きに取り組みましょう!
  39. 39. ハイブリッドクラウド の課題 Azure & Azure Stack バラバラなツール ツールを統一 バラバラなスキル スキルも統一 バラバラなコードとアプリと展開 シングルコード マルチデプロイ バラバラな運用と個別最適 シンプルな運用と均一なプロセス バラバラに進化 Azure ファーストで進化 ベンダー毎のバラバラな管理 ベンダーとの連携も均一化 トータルコスト 大 トータルコスト 小 42
  40. 40. • 各社の H/W は大量に売れている(売れる) もので構成 • Azure Stack 用の H/W は存在しない • 各社の独自性とAzure Stackとしての共通項の整理は容易 • CPU の世代交代時期やストレージの進化にも注目 43 ハイブリッドクラウドとして進化する Azure & Azure Stack 是非ビジネスにご活用ください。

×