SlideShare a Scribd company logo
Oracle Cloud Infrastructure
IaaS ( Infrastructure as a Service)
HPC&AI向けOCI概要のご紹介
日本オラクル株式会社
クラウド営業統括 松山 慎
Safe harbor statement
The following is intended to outline our general product direction. It is intended for
information purposes only, and may not be incorporated into any contract. It is not a
commitment to deliver any material, code, or functionality, and should not be relied
upon in making purchasing decisions. The development, release, timing, and pricing
of any features or functionality described for Oracle’s products may change and
remains at the sole discretion of Oracle Corporation.
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
2
Oracle Cloud Infrastructure (OCI) 概要
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
3
2023年8月現在:45リージョン提供中、さらに7リージョン計画
Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
4 https://www.oracle.com/cloud/cloud-regions/
SAN JOSE
PHOENIX
CHICAGO
ASHBURN
TORONTO
MONTREAL
SANTIAGO
VINHEDO
SAO PAULO
NEWPORT
AMSTERDAM
FRANKFURT
ZURICH
LONDON STOCKHOLM
MILAN
PARIS
JEDDAH
JERUSALEM
DUBAI
MUMBAI
HYDERABAD
SINGAPORE
CHUNCHEON
SEOUL TOKYO
OSAKA
JOHANNESBURG
SYDNEY
MELBOURNE
35 Commercial
7 Commercial Planned
8 Government
12 Microsoft Azure Interconnect
SAUDI 2
ABU DHABI
ISRAEL 2
MADRID MARSEILLE
CHILE 2
COLOMBIA
QUERETARO
2 Sovereign
MEXICO 2
SERBIA
SAUDI 3
SINGAPORE 2
CANBERRA
デュアル・リージョン:基本的にすべての
国/地域で2つ以上のリージョンを提供し、
お客様の業務継続要件に対応していく
(日本の場合は東京-大阪)
各リージョンはOracle Backboneで接続
サステナビリティ:2025年までに、全リー
ジョンで100%再生可能エネルギーを使用
することを表明 (南米/欧州は達成済み)
Oracle Cloud Infrastructure (OCI)
パブリック・クラウド アーキテクチャ: Generation 1 → Generation 2
5
第一世代型パブリック・クラウド
• スケールアウト型の新規アプリケーションの構築に最適
化 (弾力性、柔軟性、従量課金)
• サービス毎に最適化されたアーキテクチャ
• 従来型アプリケーションは再構築やアーキテクチャの変
更が必要
• 2010年代の技術で構築されている
• パフォーマンス、セキュリティ、移行オプションは後付け
第二世代型パブリック・クラウド
• 全てのサービスをアップグレード可能な同一インフラ
アーキテクチャ上に構築
• クラウド・ネイティブの新規アプリケーションの構築だけ
でなく、スケールアップ型のワークロードでもクラウドのメ
リットを享受
• パフォーマンス、セキュリティ、可用性はデフォルト
• 分散クラウド、マルチ・クラウド対応可能なサービスモデ
ル
Generation 2
2006
2008
2010
2014 2016
2021
2019
2018
2011
2016
2014
2019
Tokyo
Tokyo/Osaka
Tokyo
Osaka (Local) Osaka
2020
Osaka
Tokyo
Osaka
ハイパースケーラー各社の
日本市場でのリージョン展開年表 Generation 1
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
Oracle Cloud Infrastructure の日本国内展開
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
6
リージョン 大阪 ( Japan Central ) 東京 ( Japan East )
開業年 2020年2月 2019年5月
SINETクラウド接続(*) 2020年7月 2019年10月
(*) SINET接続/FastConnect仮想回線
経由の通信は上り/下りとも
無制限に転送データ量課金無し
国内規格準拠や契約形態など
政府のクラウド施策対応 ISMAP登録済み、ガバメントクラウド対象クラウドサービス
準拠法 日本国の実体法と手続法を適用
裁判管轄 東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする
決済方式 契約地の現地通貨(日本円) および請求書ベースの支払い
-ご利用リージョンが海外であっても適用されます。-
単価 ワールドワイドで同一の単価 (月10TB超のインターネットアウトバウンドデータ量を除く)
円建て単価契約 (為替リスクをオラクルが持ちます)
OCI サービス全体像
Compute Storage Networking Oracle
Databases
Open Source
Databases
OperatingSystems,
Native VMware
Developer
Services
Containersand
Functions
Integration Big Dataand
DataLake
MachineLearning
and AI
Analyticsand BI
Security | Observability | Compliance | Messaging | Governance
Oracle Applications
Industry | ERP | EPM | SCM | HCM | ACX
Custom Applications
Polyglot | Traditional | Cloud Native
ISV Applications
Hundreds to choose from
OCI’s Distributed Cloud
Public Cloud | Hybrid Cloud: Cloud@Customer | Dedicated Cloud | Multicloud: Azure, AWS
7 Oracle CloudWorld Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
Infrastructure, platform, and SaaS in one flat-network
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
8
Oracle Cloud Infrastructure アーキテクチャ全体像
リージョン
(東京、ロンドンなど)
FD1 FD2 FD3
物理ネットワーク
(フラット・ネットワーク)
仮想クラウド・ネットワーク
サービス
(コンピュート、ストレージなど全てのサービス資源)
• ベアメタルサーバと
フラットネットワー
クを基調としたアー
キテクチャで、オン
プレミス同等の機
能・性能・再現性を
提供可能。
• Oracle Cloud の IaaS
は各種最新技術を低
価格で提供。
• ストレージサービス
は常時AES-256で暗
号化。
第二世代 クラウド・アーキテクチャ
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
9
• オーバー・サブスクリプションによる輻輳を起因とす
る、Noisy Neighborの問題を解消
• リージョン全体で任意の2つのサーバー間は
最大2ホップで通信可能な低遅延構成
• 各ベアメタル・サーバーは、少なくとも25Gbpsの接
続性を持つ(通常はそれ以上)
• 返戻規定付きのネットワークのパフォーマンスSLA
(99.9%の確率で90%以上)
低遅延・ノンブロッキングCLOSネットワーク
Control
Plane
Control
Plane
Bare
Metal
Host
Bare
Metal
Host
HPC Job
HPC Job
HPC Job
HPC Job
Separate Control Plane
& Network Virtualization
Bare Metal Host + OS,
Local 52TB NVME
Free Hypervisor
VM
DB
Cloud
Paa
S
VM
DB
Cloud
PaaS
Separate Control Plane
& Network Virtualization
Bare Metal Host + OS,
Local 52TB NVME
Managed Kubernetes
VM
DB
Cloud
Paa
S
Container Container Container
• ホスト上では軽量なハイパーバイザーまた
はKubernetesのみで、残りのキャパシティは
ユーザー・コードで利用できる
• Root-of-Trustチップがユーザー・データ用
ネットワークとは完全分離したコントロール
用ネットワークに接続し、ファームウェアのワ
イプ等の管理を行う
• Off-box仮想化ハードウェアは、ホストとは
別の非インテルCPUの独立したデバイスで
ネットワーク仮想化を実行
• オラクルの管理者はユーザー・データを参
照できず、ユーザーはネットワーク仮想化
レイヤにアクセスができない
• VMと強力なベアメタル・ホストを選択して
展開可能
ベアメタル・コンピュート、Off-box仮想化ハードウェア、
Root-of-Trustチップ
圧倒的なコストパフォーマンス
Computeだけでなく、基盤となるストレージやネットワークも低コスト
Oracle の強み Oracle 他社クラウド
Compute  同一リソースを低価格
で提供
 CPU/メモリを柔軟に選
択可能 (フレキシブル・
シェイプ)
¥35.52/時
Compute
(VM.Standard.E4;
16vCPU, 64GB, Linux)
¥107.52/時
仮想マシン
(16vCPU, 64GB, Linux)
Storage  他社標準ストレージ価
格で、高性能ストレー
ジを提供
 性能に対するSLAあり
¥5,100/月
Block Volume
(1TB, 25K IOPS)
¥239,040/月
ブロック・ストレージ
(1TB, 25K IOPS)
Network  AD間無償
 10TB/月まで無償
 閉域網接続時はデータ
転送無償
¥18,972/月
FastConnect
(1Gbps, 100TB)
*閉域網接続
¥517,445/月
接続サービス
(1Gbps, 100TB)
*閉域網接続
¥
67%
低価格
¥
98%
低価格
¥
96%
低価格
Compute: 同一リソースを低価格で提供、高い柔軟性 (フレキシブル・シェイプ)
Storage/Network: トランザクションやデータ転送量による料金変動を低減する料金体系
* as of March 2022, Tokyo Region
Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
10
1コアからスタート、ベアメタル、RDMA、GPUなど、高いコストパフォーマンスで幅広く提供
用途に応じてインスタンスのシェイプを選択可能
• VMもベアメタルも、同じインフラ(ネットワーク、ハードウェア、ファームウェア、API)上で提供
コンピュート: インスタンスの選択
インスタンス
の種類
シェイプ
タイプ
VMインスタンス
• 仮想マシン環境
- Standard Flexible VMs: CPU 1
コア単位、メモリ1GiB単位で自
由に組合せ可能
ベアメタルインスタンス
• 物理サーバー環境
- 性能重視アプリケーション向け
- 仮想マシンと同様に容易なデ
プロイ可能
Standard
汎用シェイプ
一般的なワークロード向け
インスタンス停止で課金停止
(他のシェイプタイプは課金停
止は終了する必要あり)
Dense I/O
NVMe SSD内蔵シェイプ
I/O性能重視ワークロード向け
GPU
GPUクラスタタイプ
AI、機械学習、
HPC
HPC/Optimized
HPCクラスタ タイプ
高帯域/低遅延RDMAネットワーク
HPCクラスタ用インスタンス
Virtual
Machine
Bare Metal
Compute
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
11
CPUの種類
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
12
OCI ストレージ・サービスのラインナップ
用途に応じたストレージを選択可能、全サービスSSDベースで構築
ローカル
NVMe
ブロック
ボリューム
コンピュートにローカル接続された
超高速ストレージ
コンピュートにリモート・アタッチ
される永続高速ストレージ
(標準で 60 IOPS/GB)
ファイル
ストレージ
オブジェクト
ストレージ
高性能
大容量
拡張性・可用性に優れたネットワー
ク・ファイル・システム(NFS) サービ
ス
大容量データの保存に適した高耐久
・低価格ストレージ
標準-少頻度-アーカイブの3層
種類 概要
-
可用性、耐久性ともに
99.99%
可用性SLA: 99.9%
耐久性: 99.999999999% (11-9)
可用性SLA: 99.9%
耐久性: 99.999999999% (11-9)
設計可用性/耐久性
Standard Tier
標準オブジェクト・ストレージ
容量価格:¥3.57/GB月
リクエスト価格: ¥0.476/10k Req月
• Always Free 10GB, 50k Requests
Infrequent Tier
頻度の低いアクセス層
容量価格: ¥1.4/GB月
読み出し価格: ¥1.4/GB月
• リストア不要で即座にアク
セス
• 最低保持期間31日
• Always Free 10GB
(容量・読み出しとも)
Archive Tier
超低価格アーカイブ層
• WORM対応可能
価格: ¥0.364/GB月
• 1PB年= ¥4,367,956-
• 要リストア操作: 最大1時間
• 最低保持期間90日
• Always Free 10GB
Object Storage Cloud Service:
ニーズに合わせた3つの階層を用意、いずれも常に暗号化(AES-256) 有効
アクセス方法: CLI、Webコンソール、Java SDK、REST API ( OCI API および Amazon S3互換API ) 、HDFSコネクタ、Storage Gateway (NFS)
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
13
Standard
Tier
Archive
Tier
Object
Storage
Infrequent
Tier
オブジェクト・ライフサイクル管理機能(下位へ移動・削除): 無償提供
• 東京リージョン、大阪リージョンとも接続回線敷設済み
• オンプレミス側SINETルータでBGPおよびIEEE802.1q(tagVLAN)の設定が必要
• 有償の仮想回線サービスであるFastConnect(1Gbps ¥29.75ポート/時~)が必要
• SINET DCとOCIリージョン間の物理回線はOracleが敷設し、別途ご契約不要、ご負担は¥0-
• FastConnect/SINET経由のPrivate Peering は上り/下りとも転送データ量課金無制限に¥0-
• 複数のテナントでSINET接続仮想回線の共用することもも可能
• [必要なお手続き]
• ご利用開始2週間前までに、NII様へSINETクラウド接続サービスご利用申請
• ご利用開始1週間前までに、オラクルへ仮想回線サービス FastConnectのOCIDをご連絡
Oracle Cloud Infrastructure の SINET接続
お問い合わせ先: sinet-oracle_jp_grp@oracle.com
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
14
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
15
日本国内リージョン料金比較
データ転送料金/専用ネットワーク接続
OCI A社
B社
(データ従量)
B社
(データ無制限)
C社
10TB 100GB 5GB - 0B
120TB/月 ¥1,570,800 ¥14,011,177 ¥10,751,194 - ¥13,002,713
200TB/月 ¥2,713,200 ¥23,038,288 ¥19,890,394 - ¥21,400,025
無制限 1GB 0B 無制限 0B
120TB/月 ¥0 ¥6,455,434 ¥8,064,000 ¥0 ¥6,612,883
200TB/月 ¥0 ¥10,759,056 ¥13,440,000 ¥0 ¥11,021,472
1Gbps ¥260,610 ¥305,340 ¥713,566 ¥14,238,594 ¥266,082
10Gbps ¥1,563,660 ¥2,051,647 ¥5,564,508 ¥134,202,840 ¥2,260,451
100Gbps ¥13,183,800 ¥22,666,500 - - ¥19,190,970
¥1,563,660 ¥8,507,081 ¥13,628,508 ¥134,202,840 ¥8,873,335
¥1,563,660 ¥12,810,703 ¥19,004,508 ¥134,202,840 ¥13,281,923
専用NW接続10Gbps、
月120TBダウンロード年額
専用NW接続10Gbps、
月200TBダウンロード年額
専用ネットワーク接続
(年額)
Iternet経由Outbound通信
(年額)
専用/閉域ネットワーク接続
Outbound通信(年額)
<日本国内リージョンの通信費用>
Internet経由Outbound通信無料データ量
専用/閉域ネットワーク接続
Outbound通信無料データ量
• 学認クラウド導入支援サービス 登録
• Oracle Cloud Infrastructure - Compute
• Oracle Cloud Infrastructure – Storage
• Oracle Content and Experience Cloud
• Oracle Cloud Infrastructure - Database Cloud Service
• 学認クラウドオンデマンド構築サービス 利用可能プロバイダ
• GakuNin RDM (研究データ管理基盤)
• 機関ストレージおよび拡張ストレージ接続可能プロバイダ
国立情報学研究所 学認クラウド関連対応
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
16
OCI 計算環境 など 各種サービス
GakuNin RDMのOCI連携イメージ
11/27/2023
Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted
17
OCI
オブジェクト
ストレージ
OCI Data Science サービス
(GakuNin RDM解析機能として連携可)
Operating System(Oracle Linux)
MLライブラリ群
etc.
Compute
CPU
Compute
GPU
...
...
コーディング
・・・
GPU GPU GPU GPU
低遅延RDMA
OCI
Open Data
GakuNin RDMの
プロジェクト内で
データコピー
To OCI 無制限無料
From OCI 毎月10TB無料
GakuNin RDM
CiNii
JAIRO Cloud
Compute Cloud Service for HPC & AI
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
18
計算時間短縮
必要な計算リソースを迅速に割当て、
計算時間を短縮
HPCクラウド利用の想定されるメリットの例
コスト削減
需要に合せリソースの追加/削除する
ことで、コストを削減
CAPEXからOPEXへの転換
将来技術の利用
最新のCPUやGPUをすぐ利用可能、1
秒単位の課金で評価等の短時間利用も
低コスト
余剰
オンプレミスリソース
需要
クラウド
リソース
Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
19
障害から素早い復旧
障害発生リソースを解放し同様構成の
再作成のみ、データは常に複数のレプ
リカを保持
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
19
計算時間
オンプレミス
クラウド
計算時間短縮
迅速なリソース導入・追加
設置場所や電源の確保/導入/設置に
掛る時間を大幅に短縮
最新のセキュリティ対策
様々な連携サービスの提供
最新のセキュリティ対策の自動適用も
しくは実装支援を提供
可視化や各種サーバレスサービスなど
様々なサービスと連携可能
Oracle Cloud Infrastructure (OCI) のHPC
Capability
ベアメタル
フラット&ノンブロッキングネットワーク / オー
バーサブスクリプションなし
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
20
 安定して高速な
計算資源
 高性能で堅牢な
ストレージ
 低コスト
HPC分野における OCI の強み
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
21
ベアメタル +
帯域/遅延が均一なRDMA
(オーバーサブスクリプションを排除し、
高い性能再現性を提供)
TCP/IPネットワーク、仮想マシンも
オーバーサブスクリプション無し
(リソースアロケーションによらず性能均一)
IO性能の高い
各種ストレージサービス
(標準Boot Volume
3kIOPS:24MB/s~
25kIOPS:480MB/s)
高いデータ年間耐久性
99.999999999%(11-9)
(Object Storage、File Storage Service)
セキュアなストレージサービス
保存データ常時暗号化
SINET含む閉域網や専用線経由
の転送データ量課金が上り下りとも
無料
(定額仮想回線費用のみで利用可能)
計算資源単価他社比較
23~55%程度安価
ストレージ単価他社比較
最大97%安価
Oracle Cloud Infrastructureを用いた
Hybrid HPC システムイメージ
Cloudbursting
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted
22
オンプレミス計算リソース
ログイン/
バッチジョブ
サーバ
ファイルサーバ
• ジョブスケジューラと
連携して必要なクラウ
ドリソースを起動/停止
• 適宜最新HWに更新
• ユーザはリ
ソースの場
所を意識し
ない
ジョブスケジューラが
自動的にジョブ分配/
データステージング
オンプレミス パブリッククラウド
Storage-offload
一定期間アクセスの
無いファイルをオフロード
プリポスト、フロントエンド、
アプリ開発等の専有利用
11/27/2023
・・・
・・・
GPU GPU GPU GPU
低遅延RDMA
低遅延RDMA
並列ファイルシステム
オブジェクトストレージ
アーカイブストレージ
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
23
最新のハードウェアを低価格で提供
AMD EPYC Genoa
汎用ワークロード
• AMD EPYC Genoa 搭載
• ベアメタル
• 192コア 2.25TiBメモリ
• ネットワーク100Gbps
• 仮想マシン: Flexible VMs
• 1コア、1GB単位で組合せ
CPU ¥4.20 /コア時間
メモリ ¥0.28 /GB時間
Intel Ice lake
HPCクラスタ
• Intel Xeon Ice lake 搭載
• ベアメタル
(¥325.44/ノード時間)
• 36コア 512GiBメモリ
• NVMe SSD 3.2 TB搭載
• RDMAネットワーク
100Gbps、低遅延
• 仮想マシン:Flexible VMs
• 1コア、1GB単位で組合せ
NVIDIA H100
高性能 GPU
H100
¥1,400 / GPU時間
• 最新のNVIDIA GPUを搭載
(¥11,200/ノード時間)
• 80GBメモリ/GPU
• 8GPU - NVLINK
• ホスト
• Xeon S-R 112コア
• 2TiBメモリ
• NVMe SSD 61.44TB搭載
• ホスト間RDMA
• 3.2Tbps、低遅延
Arm Ampere Altra
コストパフォーマンス最高
• Ampere Altra 搭載
Neoverse N1、3.0GHz
• ベアメタル
• 160コア 1TiBメモリ
• ネットワーク 50Gbps x 2
• 仮想マシン:Flexible VMs
• 1コア、1GB単位で組合せ
CPU ¥1.40 /コア時間
メモリ ¥0.21 /GB時間
CPU ¥7.33 /コア時間
メモリ ¥0.21 /GB時間
11/27/2023
Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted
24
OCI Supercluster
• Super-Spine/Spain/Leafトポロジに
よるフルバイセクションバンド幅を備える
低遅延の大規模RDMA(RoCEv2)
ネットワーク
• 最大 16,384ノードのCPUベアメタル
もしくは最大16,384基のH100 GPU
各サービスに適したプロファイルをオラクル提供イメージに適用
クラスタベアメタルノードにLinux コマンドでユーザが変更可能
HPC MPI Workloads
• 低遅延要求
• CPU/RDMA イメージに適用
• 科学技術計算
• 高頻度取引
Oracle Database RAC
Workloads
• Exadataサービスに適用
• 帯域-遅延に対する要求は
MPI WorkloadsとML
Workloadsの中間
ML Workloads
• 高スループット要求
• GPUイメージに適用
• MPIワークロードに対してジッ
ターとRTTに比較的寛容
3種のOCI Supercluster/Cluster Network輻輳制御プロファイル
11/27/2023
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted
25
ポートキュー
ECNマーク確率
ECN(Explicit Congestion Notification)
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
26
インスタンス価格比較 – 日本国内リージョン
$0.136 (円定価設定無し)
/コア/時間
EC2
c5n.metal
Skylake 72 vCPU
192GiB Memory
100Gbps Elastic Fabric Adapter (15μs)
$0.104 (¥11.69)
/コア/時間
Azure VM
HC44rs
Skylake 44コア仮想マシン
352GiB Memory
100Gbps Infiniband
• as of Apr. 2021
Amazon Microsoft
$0.0753 (¥10.542)
/コア/時間
Compute
BM.Optimized3.36
Ice lake 36物理コア ベアメタル
512GB Memory
100Gbps RoCEv2 (1.5μs)
Oracle
$4.194 (円定価設定無し)
/GPU/時
EC2
p3.16xlarge:
8GPU, 64vCPU, 488GB
$4.194 (¥469.728)
/GPU/時
Azure VM
NC24s v3:
4GPU, 24コア, 448GB
$2.95 (¥413)
/GPU/時
Compute
BM.GPU3.8:
8GPU, 52コア, 768GB
Cluster
w/RDMA
GPU/V100
BM.GPU4.8 (A100) :
8GPU, 64コア, 2TB, 1.6Tbps RDMA
$3.05 (¥427) /GPU/ 時
p4d.24xlarge(A100) :
8GPU, 96コア, 1152TB, 400Gbps
$4.09625 /GPU/ 時
A100 国内リージョン提供無し
Application
• OpenFOAM
• LS-DYNA
• STAR-CCM
• Altair HyperWorks
• NVIDIA Clara Parabricks
framework
• NAMD
• GROMACS
• ANSYS-Fluent
• MATLAB
• Mathematica
• ParaView
Parallel File System
• Lustre
• BeeGFS
• WekaIO
• Gfarmなど
Object Storage POSIXアクセス
• OCI Storage Gateway (NFS)
• RCLONE
• CunoFS
Storage Tiering
• iRODS
• クラウディアン HyperStore 階層化
• カスタムエンドポイント
• Gakunin RDM拡張ストレージ、など
経験豊富なHPCサポートSIパートナ
Job Scheduler
• Altair PBS Professional
• Altair Grid Engine
• Slurm、など
• Cloudbursting スクリプトサンプル提
供
Container
• Docker, Singularity
Cluster Management
• Xtreme-D AXXE-L
• 学認クラウドオンデマンド構築サービ
ス、など
HPC SaaS
• Altair HyperWorks Unlimited
• Rescale
• NIMBIX
HPC関連ソリューション (一部)
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
27
11/27/2023
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted
28
Oracle AI: AI Services
API呼び出しですぐアプリケーションに組み込める、学習済みAI。
11/27/2023
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted
29
Document
Understanding
テキストおよび表の抽出
Vision
イメージ内のオブジェクトの検
出および分類
Speech
音声の転送、字幕の作成、
メタデータの生成
Language
センチメント分析やキー・フ
レーズ抽出など、高度なテキ
スト分析を実行
異常検出
ビジネス・データの望ましくないイベ
ントまたは観測をリアルタイムで識
別
Forecasting
今日のトレンドから明日何が
起こるか予測
Digital Assistant
チャットボットなど、対話を通じ
た問い合わせ応答や、タスク
の実行
Hello...
AI Services
API経由で利用、アプリケーションにすぐ組み込み可能
11/27/2023
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted
30
Oracle AI: Generative AI Service
セキュアで高性能な企業向け生成AI(ジェネレーティブAI)
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted
31
セキュアで高性能な、
企業向け生成AIサービスを提供
OCI Supercluster
AI Infrastructure | NVIDIA GPU
Oracle Applications +
• お客様がデータを所有して制御。お客様のデータが完全
に分離された、セキュアな生成AIを提供します。データの
出所や系統へのアクセスも可能になる予定で、安心してビ
ジネスでお使いいただけます。
• また、お客様のデータを使用したベクターデータ基盤を用
いて専用の生成AIを作成することも可能です。
• パブリック・クラウドだけでは無く、オンプレミスのデータセン
ターでも使用できます。よりセキュアにデータを活用でき、
オンプレミスのアプリケーションで高性能な生成AIを活用で
きます。
OCI セキュリティ (顧客データの完全な分離)
生成AI
「オラクルとCohere社は、データ・セキュリティ、モデルのカ
スタマイズ、企業のビジネス価値創造を実現することに共
通の重点を置いています。両社は共に、データの安全性
とプライバシーを確保しながら、世界中の企業がAIへの
取り組みを加速させ、価値を高め、ビジネスの成功を最
大化する新しいレベルの自動化を実現できるよう支援し
ます。」
Martin Kon, President & COO, Cohere
11/27/2023
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted
32
Cohere:
高性能でカスタマイズが容易な生成AI
• Cohereは、生成AIのベンチ
マークで、非常に高いスコアを
達成。
(not included: GPT-4 from OpenAI)
• Cohere Commandモデル
は、非常に高い性能ながら、
コンパクト(52Bパラメータ vs
GPT-3 175Bパラメータ)。
そのため、カスタマイズが容易。
11/27/2023
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted
33
Oracle AI: AI Infrastructure
AIに最適な、高性能なGPU基盤
11/27/2023
Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted
34
OCI Supercluster
• Super-Spine/Spain/Leafトポロジに
よるフルバイセクションバンド幅を備える
低遅延の大規模RDMA(RoCEv2)
ネットワーク
• 最大 16,384ノードのCPUベアメタル
もしくは最大16,384基のH100 GPU
AI InfrastructureとしてOCIを選択いただいている企業様(一例)
35 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
Source: oracle.com
36 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates [Date]
マイクロソフト、Bingの対話型検索に
Oracle Cloud Infrastructureを活用
37 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates [Date]
NVIDIA、DGX Cloudの基盤に、Oracle
Cloud Infrastructureを採用
MosaicMLによるOCIとAWSとのGPU(A100)パフォーマンス比較
Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
38
「我々は、OCIがベストな基盤であることを
発見した。
精度80%付近でOCIをAWSを比較した
場合、OCIはAWSの半分の時間、半
分のコスト。
これは非常に大きい。
$200と$100の場合は気にすることはな
いかもしれないが、これが$200,000と
$100,000だと気にする必要がある。」
https://youtu.be/IAZPpUVjNJ0
11/27/2023
Copyright © , Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted
39
精度80%での時間差 精度80%でのコスト差
Oracle Cloud Lift Services
クラウド移行に向けた “フィジビリティスタディ支援”
現行システムの評価を検証し、クラウド移行の課題とロードマップを可視化
クラウド移行に向けた “実機検証 (PoC) の支援”
PoCを通じて、クラウド移行の問題やリスクに対するソリューションを検証
プロジェクト初期フェーズの “早期立ち上げ支援”
クラウドサービスを利用して、検証・開発環境の導入、立ち上げをご支援
主なサービス内容
• お客様のクラウド移行をご支援する無償サービス
• 現行システムのクラウドへの移行検討で妨げとなる課題
に直面しているお客様をご支援
サービス概要
1. クラウド移行に精通したオラクルの専任エンジニアが、
移行のご支援をいたします
2. OCIのノウハウがないお客様でも、環境を迅速に構築
し、ご利用頂くことができます
3. お客様がクラウド環境の準備に伴う初期費用や時間
を抑えることができます
4. 併せてお客様プロジェクトメンバーに対して、クラウド環
境の利用・運用するための知識を持てるよう、スキル
トランスファーのご支援をさせていただきます
お客様のベネフィット
主なワークロード
High Performance
Computing
applications on
Cloud
Oracle Database
On Cloud
VMware
on
Cloud
※その他ワークロードに関しましては、担当営業にご相談ください
クラウド移行に向けた “ケーススタディ支援”
クラウドへの移行事例を共有し、新たな観点でのクラウドメリットを可視化
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
Oracle DBを
OCI の PaaSに移行する VMware環境を
OCI の OCVS に移行する
HPC アプリケーションを
OCI の HPC環境に移行する
40
• OCI … Oracle Cloud Infrastructure
• ExaDB-D … Oracle Exadata Database Service
• OCVS … Oracle Cloud VMware Solution
HPCソリューション短期デプロイ支援
OCIマーケットプレイス & アーキテク
チャセンター、github Oracle Quick
Start
41
広帯域・低遅延でフラットなRDMA網で接続さ
れたベアメタルクラスタ、並列ファイルシステ
ム、CAE、グラフィックス・ワークステーショ
ン、高性能ストレージ、AI、ゲノム解析など、
様々なHPCソリューションを提供
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
41
研究成果システム/アプリケーションをユーザが簡単にOCIテナント上に展開
OCI オープンソース・ソフトウェア Quick Start
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
42
https://oracle-japan.github.io/ocitutorials/oss-
quickstart/
システム
A
システム
B
アプリ C
各機関Git
ユーザテナント
システム
A
システムA
OCIスタック
OCI OSS Quick Start ポータル
OCIテナントをお持ちであればTerraform等IaC作成は
無料のOracle Cloud Lift Service (OCLS) にてご支援致します。
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
43
• パブリック・クラウドと連携した「富岳」の柔
軟な利活用の支援を目的に、学術情報ネット
ワークSINET を介した
「富岳ダイレクト接続サービス」を整備
• 膨大な研究データの転送コストを気にすること
なく、「富岳」のネットワークから、Oracle
Cloud Infrastructureの高い性能のコンピュートや
ストレージ・リソースなどを予測可能なコスト
で利用可能
• 安全かつ低コストでの接続により、セキュリ
ティ、パフォーマンス、伸縮性に優れたコン
ピュートやストレージのリソースを「富岳」の
ネットワークから低コストで利用可能に
Oracle Cloudで「富岳」の高度な計算資源の
有効活用と研究成果創出を促進
富岳ダイレクト接続サービス by 理化学研究所 計算科学研究センター 様
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
44
スーパーコンピュータ「富岳]
OCI大阪リージョン
RCCS殿-Kanriテナント
Private
Subnet
Private Subnet – digital-twin
Dynamic Routing
Gateway
FastConnect
Virtual Cloud
Network
富岳ユーザA様OCIテナント
Virtual Cloud
Network
Archive Storage
RCCS殿-富岳ネットワーク
2nd ストレージ
マルチテナンシ
ピアリング
(無料)
ログイン
ノード
Object Storage
オンプレ-OCI間双方向
転送データ量完全無課金
富岳ダイレクト接続サービス
(IPアドレス付与)
Private Subnet – digital-twin
Virtual Cloud
Network
富岳ユーザB様OCIテナント
Archive Storage
Object Storage
研究背景
 CMC のスーパーコンピュータOCTOPUS は、利用者からのスカラ
型スーパーコンピュータに対する様々な計算ニーズ・需要を収容可
能であり、非常に高い利用率で利用される状況になっています。し
かし、その一方で、利用者の計算要求から計算完了までの待ち時間
が定常的に長時間になるという問題が深刻になりつつあり、利用者
からの問い合わせ・相談の声も大きくなっていた。
Why Oracle Cloud
大阪大学、日本電気共同、日本オラクル共同研究事例
~ 新型コロナウィルス感染症などに向けクラウドバースティング
を通じたベアメタル計算資源の提供~
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
45
【 研究成果のポイント】
大型計算機におけるクラウドバースティングが実現可能であることが実証
されると利用者が計算結果を得られるまでの時間の削減ができるだけでな
く、COVID-19 対策のような急な計算需要拡大への対応含め、計算機リ
ソースの問題で解決できなかった事象を解析できるようになる。
これにより、大型計算機を用いた研究分野において、学術的・教育的に大
きな成果が出ることが期待されます。
また、低コストでのスケールアウトを示すことにより、学術機関と企業と
の連携による産業利用・産学連携の加速、企業・社会課題の解決が加
速されることが期待されます。
ソリューション
 ベアメタルマシンも仮想マシンと同様にオンデマンドに必要な時に起
動し、不要な場合は停止するHPC 環境を構築することが可能
 最新のCPU、GPU、高性能なノード間通信等のHPC 関連技術がリ
リースされた際には迅速に提供さる。
 一般的にHPC用途では多くの分野でデータが大きくなる傾向がある
が専用ネットワーク接続サービスを利用することで、転送データ量が
無制限に無料
 OCI のベアメタル計算資源であれば、オンプレミスのOCTOPUS 計
算ノードと同様にユーザの計算要求を実行出来ることが確認された
 多くの計算ノードを利用する並列計算においてクラウド計算資源を利
用した場合でも高いスケーラビリティが得られる
 Oracle Cloud Infrastructure bare metal
単価表
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
46
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
47
Shape CPU
ocpu
(物理
コア数)
CPU
clock
(GHz)
メモリ
(GiB)
Storage
ネットワーク
バンド幅
ノード
時間単価
BM.HPC.E5.144
(Coming soon)
AMD EPYC
Genoa x2
144 2.4-3.7 768
3.84TB NVMe SSD
+ Block Volume
RDMA
(RoCEv2)
100Gbps x 1
¥887.04
TCP/IP
BM.Optimized3.36
Intel Xeon
Ice Lake x2
36 3.0-3.6 512
3.84TB NVMe SSD
+ Block Volume
RDMA
(RoCEv2)
100Gbps x 1
¥379.68
TCP/IP 50Gbps x 2
BM.Standard3.64
Intel Xeon
Ice Lake x2
64 2.6-3.4 1024 Block Volume 50Gbps x 2 ¥573.44
BM.Standard.E5.192
AMD EPYC
Genoa x 2
192 2.4-3.7 2304 Block Volume 100Gbps x 1 ¥1,451.52
BM.Standard.A1.160
Ampere
Altra Q80-
30 x 2
160 3.0 1024 Block Volume 50Gbps x 2 ¥439.04
BM.DenseIO.E4.128
AMD EPYC
Milan x 2
128 2.55-3.5 2048
54.4TB NVMe SSD
(6.8TB x 8) +BV
50Gbps x 2 ¥1,344.18
Oracle Cloud Infrastructure
Bare Metal Compute : 最新 CPU搭載シェイプ 価格表
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
48
GPU 搭載シェイプ 価格表
NVIDIA GPU Cloud、NVIDIA Collective Communication Library 対応
タイプ Shape GPU
GPU
Intercon
nect
ホストCPU
CPU
コア
ホスト
メモリ
(GiB)
Storage Network 時間単価
Bare
Matal
(限定販売中) H100/80GB x 8 NVLINK
Intel Xeon
Sapphire
Rapids
112 2048
NVMe SSD
16TB (4dev.)
+ Block Volume
TCP/IP: 50Gbps x1
RDMA: 200Gbps x16 ¥11,200
BM.GPU.A100-v2.8
(国内リージョン
配備未定)
A100/80GB x 8 NVLINK
AMD EPYC
Milan
2.55-3.5GHz
128 2048
NVMe SSD
27TB (4dev.)
+ Block Volume
TCP/IP: 50Gbps x1
RDMA: 100Gbps x16 ¥4,480
BM.GPU4.8 A100/40GB x 8 NVLINK
AMD EPYC
Rome
2.9-3.4GHz
64 2048
NVMe SSD
24TB (4dev.)
+ Block Volume
TCP/IP: 50Gbps x1
RDMA:100Gbps x16 ¥3,416
BM.GPU.A10.4 A10/24GB x 4 -
Intel Xeon
Ice lake
2.6-3.4GHz
64 1024
NVMe SSD
7.6TB (2dev.)
+ Block Volume
50Gbps x 2 ¥1,120
仮想
マシン
VM. GPU.A10.2 A10/24GB x 2 - 30 480 - 24Gbps x 1 ¥560
VM. GPU.A10.1 A10/24GB x 1 - 15 240 - 15Gbps x 1 ¥280
Block Volume 最大1PB
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
49
GPU製品名 H100 A100/80GB A100/40GB L40S A10
国内リージョン ×(米国西部 ロンドン) × (米国西部) ○ ○
FP64(TFLOPS) 33.45 9.746 9.746 1.431 0.9863
FP32(TFLOPS) 66.91 19.49 19.49 91.61 31.24
FP16(TFLOPS) 267.6 77.97 77.97 91.61 31.24
メモリ HBM3, 5120bit HBM2e, 5120 bit HBM2e, 5120 bit GDDR6, 384bit GDDR6, 384 bit
メモリ容量 80GB 80GB 40GB 48GB 24GB
メモリ帯域 2,039GB/s 2,039GB/s 1,555GB/s 864.0GB/s 600.2GB/s
提供済みシェイプ 8 GPU 8GPU 8GPU 1,2,4 GPU
RDMA 帯域 3.2Tbps 1.6Tbps 1.6Tbps - -
OCI GPU時間単価 ¥1,400 ¥560 ¥427 ¥280
OCI サービス提供中もしくは提供予定のNVIDIA GPU
性能値、メモリサイズ: https://www.techpowerup.com/gpu-specs/ より
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
50
CPU
クロック
(GHz)
Shape ocpu
(物理コア数)
メモリ
(GiB)
Storage
ネットワーク
バンド幅
時間単価
Intel Xeon
Platinum 8358
(Ice lake)
2.6-3.4 VM.Standard3.Flex 1-32 1-512 Block Volume
1Gbps/ocpu
MAX 32Gbps
¥5.6/ocpu
¥0.21/GB
Intel Xeon
Gold 6354
(Ice lake)
3.0-3.6 VM.Optimized3.Flex 1-18 1-256 Block Volume
4Gbps/ocpu
MAX 40Gbps
¥7.56/ocpu
¥0.21/GB
AMD EPYC
7J13 (Milan) 2.55-3.5 VM.Standard.E4.Flex 1-64 1-1024 Block Volume
1Gbps/ocpu
MAX 40Gbps
¥3.5/ocpu
¥0.21/GB
AMD EPYC
7J13 (Milan) 2.55-3.5 VM.DenseIO.E4.Flex
8 128 NVMe 6.8TiB+BV 8Gbps ¥113.1422
16 256 NVMe 13.6TiB+BV 16Gbos ¥226.2843
32 512 NVMe 27.2TiB+BV 32Gbps ¥452.5698
Ampere Altra
Q80-30 (arm) 3.0 VM.Standard.A1.Flex 1-80 1-512 Block Volume
1Gbps/ocpu
MAX 40Gbps
¥1.4/ocpu
¥0.21/GB
(4コア、24GBまで
無料)
Oracle Cloud Infrastructure
Flexible VM 仮想マシン 最新CPU搭載シェイプ 価格表
Flexible VM: CPU 1コア単位、メモリ 1CPUコアあたり1GB~64GBかつシェイプ上限の範囲で1GB単位 で増減可能
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
51
CPU
クロック
(GHz)
Shape
仮想マシン
Local Disks 時間単価
OCPU
(物理コア数)
メモリ(GiB)
AMD
EPYC 7J13
(Milan)
2.55-3.5 DVH.Standard.E4.128 合計121 合計1,936 Block Volume ¥878.08
Intel Xeon
8358
(Ice lake)
2.6-3.4 DVH.Standard3.64 合計60 合計960 Block Volume ¥573.44
Intel Xeon
6354
(Ice lake)
3.0-3.6 DVH.Optimized3.36 合計32 合計472 Block Volume ¥379.68
Intel Xeon
8167M
(Skylake)
2.0-2.4 DVH.DenseIO2.52 合計48 合計736
Block Volume +
Local NVMe
SSD
¥928.2
Oracle Cloud Infrastructure
専用仮想ホスト 最新CPU搭載シェイプ 価格表
【ご参考】コンピュート: 対応OS (Oracle提供イメージ)
オラクル提供イメージはOCI用に提供されている標準OSイメージ
https://docs.cloud.oracle.com/iaas/Content/Compute/References/images.htm
Name Version 補足
Oracle Linux
9
8
7
6
Red hatクローン
Oracle Linux Premier Support が利用可能
Oracle Autonomous Linux 7 Oracle Linux Premier Support が利用可能
Oracle Linux Cloud Developer 8 Oracle Linux Premier Support が利用可能
Ubuntu
20.04 LTS
18.04 LTS
CentOS 7, 8
Windows Server
2019
2016
2012 R2
Windows OS 従量課金 (追加料金が必要)
Compute 課金 + Windows OS課金¥11.04 OCPU/Hour
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
52
BYO Hypervisor
・BYO KVM
・BYO Hyper-V
【ご参考】持ち込みイメージの種類と利用可能OSについて
VM
BYOI
Oracle提供イメージ Supported OS *
Oracle Autonomous Linux
Oracle Linux
Oracle Linux Cloud Developer
CentOS
Ubuntu
Windows Server
ベアメタル
新規OSイメージ
持ち込みイメージ
https://docs.cloud.oracle.com/iaas/Content/Compute/References/bringyourownimage.htm
ベアメタル
CentOS 4.0, 4.8, 5.11, 6.9, 7 or later
Debian * 5.0.10, 6.0, 7, 8 or later
Flatcar Container Linux 2345.3.0 or later
FreeBSD 8, 9, 10, 11, 12 or later
openSUSE Leap 15.1
Oracle Linux 5.11, 6.x, 7.x, 8.x
RHEL * 4.5, 5.5,5.6, 5.9, 5.11, 6.5, 6.9, 7 or
later
SUSE 11, 12.1, 12.2 or later
Ubuntu 12.04, 13.04 or later
Windows Server 2012, 2012 R2, 2016, 2019
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
53
kernel 3.4以降はPVモード推奨
• GithubにベアメタルへのBYOIガイドあり
https://github.com/oracle-quickstart/oci-byo-image
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
54
サービス 価格等
Block Volume (NVMe SSD、iSCSI or 準仮想化)
• 暗号化:テナント/コンパートメント単位
• ボリューム当り50GB~32TB
• Compute Instance あたり最大 32Volumes
(最大 1PB/Instance)
• 確保容量課金
[Ultra High Performance]
¥10.71~¥32.13GB月
スループット: 720~1800 KB/s/GB、最大880~2,680 MB/s
IOPS: 90~225 IOPS/GB、最大75k~300kIOPS
* 性能要件に応じて10段階の構成が可能
[High Performance, HP boot]
¥8.33GB月
スループット: 600 KB/s/GB、最大680 MB/s
IOPS: 75 IOPS/GB、最大50kIOPS
[Balanced, boot]
¥5.95GB月
スループット: 480 KB/s/GB、最大480 MB/s
IOPS: 60 IOPS/GB、最大25kIOPS (200GBまで無料)
[Low Cost]
¥3.57GB月
スループット: 240 KB/s/GB、最大480 MB/s
IOPS: 2IOPS/GB、最大3kIOPS
File Storage (NVMe SSDベース、NFSv3サービス)
• 暗号化: ファイルシステム単位、保存データ量課金
¥42GB月
サービス当り KB~8EB
アカウント当り 100 File Systems
Object Storage
(NVMe SSDベース)
• 暗号化: バケット単位
• 保存データ量課金
Standard層
容量 ¥3.57GB月 (10GBまで無料)
リクエスト ¥0.476 /10k リクエスト月 (50k リクエスト/月無料)
Infrequent層 容量 ¥1.4GB月、読み出し ¥1.4GB月 (容量・読み出しとも10GBまで無料)
Archive層
¥0.364GB月 : 1PB年=¥4,367,956 (10GBまで無料)
(要リストア < 1時間)
Archive Storage (NVMe SSDベース)
• 暗号化: バケット単位、保存データ量課金
Oracle Cloud Infrastructure - Storage Service (常時AES-256暗号化)
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
55
サービス 価格等
Internet経由 インバウンド通信データ量 無制限に無料
Internet経由 アウトバウンド通信データ量 毎月10TBまで無料、10TB超は¥3.5/GB月
FastConnect (SINET等専用ネットワーク接続)
Private Peeringはアウトバウンドも無制限に無料
1Gbps ¥29.75ポート時:(¥260,610/ポート年)
10Gbps ¥178.5ポート時 : (¥1,563,660/ポート年)
100Gbps ¥1,505ポート時 : (¥13,183,800/ポート年)
ロードバランサ ( Flexible Load Balancer ) LB ¥1.59LB時、10Mbps超帯域¥0.014Mbps時:最大8Gbps
Oracle Cloud Infrastructure Service
Network
Oracle Cloud Infrastructure 主要情報一覧
1
2
Oracleアーキテクチャ・センター
https://docs.oracle.com/ja/solutions/
クラウド環境の検討や実装に役立つように設計されたリファレンス・アーキテクチャとソリューショ
ン・プレイブックのカタログを多数掲載。ダウンロード、カスタマイズ、およびデプロイできるコードま
たはスクリプトも含む。
リファレンス・アーキテクチャ、ソリューション・プレイブックを概説した下記ブログもご参照ください。
https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/move-workload-to-oraclecloud
3
OCIサービスアップデート
https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-oci-service-
update
毎月公開するOCIのサービス・アップデート情報をスライドで分かり易く説明。各サービスの詳
細なアップデート情報は、各サービスのドキュメントや下記「OCI活用資料集」をご覧ください。
4
5
OCIお客様活用事例
https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oracle-cloud-
platformpaasiaas
OCIを活用したお客様の事例のご紹介。データベースはもちろんのこと、アナリティックス、セキュ
リティ、システム管理、コンテンツ管理、ブロックチェーン、チャットボットなど様々なサービスのお
客様事例をご紹介します。
OCI活用資料集
https://oracle-japan.github.io/ocidocs/
OCIを使ってみたい! という方のための技術ドキュメント集。 OCIのサービス別技術資料をはじ
め、PPTスライドを中心とした公開ドキュメントや、セミナーで使用した資料をアップロードしてい
ます。
6 OCIセミナー情報
https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/column_cloud_seminar
今後開催予定のウェビナー(含むハンズオントレーニング)についてご案内します。
ほぼ毎週 2回+ハンズオンを様々なテーマで開催中!
オラクルエンジニア通信
https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/
技術資料、コラム、マニュアルなど、OCIに関するその他の情報は、「オラクルエンジニア通信」
よりお届けしています。
チュートリアル: OCI を使ってみよう
https://oracle-japan.github.io/ocitutorials/
OCIを使ってみよう! という人のためのチュートリアル集。各項ごとに画面ショットなどを交えなが
らステップ・バイ・ステップで作業を進めて、OCIの機能についてひととおり学習することができるよ
うになっています。
7
OCIドキュメント
各サービスのマニュアル。
https://docs.cloud.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/home.htm
8
Oracle Code Night
https://oracle-code-tokyo-dev.connpass.com/
オラクルのテクノロジーだけに限定しない、Developer(開発者)のDeveloper(開発
者)によるDeveloper(開発者)のための開発者向けコミュニティ Meetup セミナーのこと。
ほぼ毎週 様々なテーマで開催中!
9
Oracle Cloud Infrastructure 主要情報をまとめたポータル(以下1−9を含む)
https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/column_oci_links
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
56
日本オラクル株式会社
クラウド事業統括 公共営業本部
松山 慎 ( まつやま まこと )
E-Mail: Makoto.Matsuyama@oracle.com
電話: 080-1289-8315
お気軽にご連絡ください!
【お問い合わせ先】
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates |
57
PCCC23:日本オラクル株式会社 テーマ1「OCIのHPC基盤技術と生成AI」

More Related Content

Similar to PCCC23:日本オラクル株式会社 テーマ1「OCIのHPC基盤技術と生成AI」

Similar to PCCC23:日本オラクル株式会社 テーマ1「OCIのHPC基盤技術と生成AI」 (20)

[Modern Cloud Day Tokyo 2019] オラクルクラウド移行を完了したゲストに聞くOracle Cloudを選択する理由&次世代インフ...
[Modern Cloud Day Tokyo 2019] オラクルクラウド移行を完了したゲストに聞くOracle Cloudを選択する理由&次世代インフ...[Modern Cloud Day Tokyo 2019] オラクルクラウド移行を完了したゲストに聞くOracle Cloudを選択する理由&次世代インフ...
[Modern Cloud Day Tokyo 2019] オラクルクラウド移行を完了したゲストに聞くOracle Cloudを選択する理由&次世代インフ...
 
Oracle Database / Exadata Cloud 技術情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月9日)
Oracle Database / Exadata Cloud 技術情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月9日)Oracle Database / Exadata Cloud 技術情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月9日)
Oracle Database / Exadata Cloud 技術情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月9日)
 
【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年6月版]
【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年6月版]【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年6月版]
【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年6月版]
 
ITアーキテクトのためのOracle Cloud Platform設計・構築入門 [Oracle Cloud Days Tokyo 2016]
ITアーキテクトのためのOracle Cloud Platform設計・構築入門 [Oracle Cloud Days Tokyo 2016]ITアーキテクトのためのOracle Cloud Platform設計・構築入門 [Oracle Cloud Days Tokyo 2016]
ITアーキテクトのためのOracle Cloud Platform設計・構築入門 [Oracle Cloud Days Tokyo 2016]
 
次世代インフラ基盤登場!Oracle Cloud IaaS 最新サービス・アップデート [Oracle Cloud Days Tokyo 2016]
次世代インフラ基盤登場!Oracle Cloud IaaS 最新サービス・アップデート [Oracle Cloud Days Tokyo 2016]次世代インフラ基盤登場!Oracle Cloud IaaS 最新サービス・アップデート [Oracle Cloud Days Tokyo 2016]
次世代インフラ基盤登場!Oracle Cloud IaaS 最新サービス・アップデート [Oracle Cloud Days Tokyo 2016]
 
エンタープライズ・クラウドのシステム・デザイン・パターン [Oracle Cloud Days Tokyo 2016]
エンタープライズ・クラウドのシステム・デザイン・パターン [Oracle Cloud Days Tokyo 2016]エンタープライズ・クラウドのシステム・デザイン・パターン [Oracle Cloud Days Tokyo 2016]
エンタープライズ・クラウドのシステム・デザイン・パターン [Oracle Cloud Days Tokyo 2016]
 
PCCC21:日本オラクル株式会社 「Oracle Cloud Infrastructure for HPC&AI」
PCCC21:日本オラクル株式会社 「Oracle Cloud Infrastructure for HPC&AI」PCCC21:日本オラクル株式会社 「Oracle Cloud Infrastructure for HPC&AI」
PCCC21:日本オラクル株式会社 「Oracle Cloud Infrastructure for HPC&AI」
 
[Modern Cloud Day Tokyo 2019] オラクルコンサルが語る!事例でみていくOracle Cloud Infrastructure設...
[Modern Cloud Day Tokyo 2019] オラクルコンサルが語る!事例でみていくOracle Cloud Infrastructure設...[Modern Cloud Day Tokyo 2019] オラクルコンサルが語る!事例でみていくOracle Cloud Infrastructure設...
[Modern Cloud Day Tokyo 2019] オラクルコンサルが語る!事例でみていくOracle Cloud Infrastructure設...
 
事例から見る規模別クラウド・データベースの選び方 (Oracle Database) (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月30日)
事例から見る規模別クラウド・データベースの選び方 (Oracle Database) (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月30日)事例から見る規模別クラウド・データベースの選び方 (Oracle Database) (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月30日)
事例から見る規模別クラウド・データベースの選び方 (Oracle Database) (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月30日)
 
【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年4月版]
【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年4月版]【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年4月版]
【旧版】Oracle Exadata Cloud Service:サービス概要のご紹介 [2021年4月版]
 
[Oracle Innovation Summit Tokyo 2018] 基幹システムのクラウド化への挑戦
[Oracle Innovation Summit Tokyo 2018] 基幹システムのクラウド化への挑戦[Oracle Innovation Summit Tokyo 2018] 基幹システムのクラウド化への挑戦
[Oracle Innovation Summit Tokyo 2018] 基幹システムのクラウド化への挑戦
 
【旧版】Oracle Autonomous Database Cloud サービス紹介資料 [2020年/3月版]
【旧版】Oracle Autonomous Database Cloud サービス紹介資料 [2020年/3月版]【旧版】Oracle Autonomous Database Cloud サービス紹介資料 [2020年/3月版]
【旧版】Oracle Autonomous Database Cloud サービス紹介資料 [2020年/3月版]
 
はじめてのOracle Cloud Infrastructure (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月16日)
はじめてのOracle Cloud Infrastructure (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月16日)はじめてのOracle Cloud Infrastructure (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月16日)
はじめてのOracle Cloud Infrastructure (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月16日)
 
Oracle Cloud Infrastructure:2020年9月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年9月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2020年9月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年9月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure 最新情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年9月3日)
Oracle Cloud Infrastructure 最新情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年9月3日)Oracle Cloud Infrastructure 最新情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年9月3日)
Oracle Cloud Infrastructure 最新情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年9月3日)
 
Oracle Cloud Infrastructure:2023年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年4月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2023年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年4月度サービス・アップデート
 
オラクル・インフラストラクチャー・サービス(IaaS)最新情報(Oracle Cloud Days Tokyo 2015)
オラクル・インフラストラクチャー・サービス(IaaS)最新情報(Oracle Cloud Days Tokyo 2015)オラクル・インフラストラクチャー・サービス(IaaS)最新情報(Oracle Cloud Days Tokyo 2015)
オラクル・インフラストラクチャー・サービス(IaaS)最新情報(Oracle Cloud Days Tokyo 2015)
 
[Modern Cloud Day Tokyo 2019] Oracle Cloud Infrastructure 基本サービス入門(1) - Netwo...
[Modern Cloud Day Tokyo 2019] Oracle Cloud Infrastructure 基本サービス入門(1) - Netwo...[Modern Cloud Day Tokyo 2019] Oracle Cloud Infrastructure 基本サービス入門(1) - Netwo...
[Modern Cloud Day Tokyo 2019] Oracle Cloud Infrastructure 基本サービス入門(1) - Netwo...
 
[Oracle Innovation Summit Tokyo 2018] お客様事例から見た"あえて"Oracle Cloudを選択する理由&次世代Ia...
[Oracle Innovation Summit Tokyo 2018] お客様事例から見た"あえて"Oracle Cloudを選択する理由&次世代Ia...[Oracle Innovation Summit Tokyo 2018] お客様事例から見た"あえて"Oracle Cloudを選択する理由&次世代Ia...
[Oracle Innovation Summit Tokyo 2018] お客様事例から見た"あえて"Oracle Cloudを選択する理由&次世代Ia...
 
[Modern Cloud Day Tokyo 2019] Oracle Cloud (PaaS/IaaS)入門:事例を聞いて使ってみたくなったら ~サー...
[Modern Cloud Day Tokyo 2019] Oracle Cloud (PaaS/IaaS)入門:事例を聞いて使ってみたくなったら ~サー...[Modern Cloud Day Tokyo 2019] Oracle Cloud (PaaS/IaaS)入門:事例を聞いて使ってみたくなったら ~サー...
[Modern Cloud Day Tokyo 2019] Oracle Cloud (PaaS/IaaS)入門:事例を聞いて使ってみたくなったら ~サー...
 

More from PC Cluster Consortium

More from PC Cluster Consortium (20)

PCCC23:SCSK株式会社 テーマ1「『Azure OpenAI Service』導入支援サービス」
PCCC23:SCSK株式会社 テーマ1「『Azure OpenAI Service』導入支援サービス」PCCC23:SCSK株式会社 テーマ1「『Azure OpenAI Service』導入支援サービス」
PCCC23:SCSK株式会社 テーマ1「『Azure OpenAI Service』導入支援サービス」
 
PCCC23:日本AMD株式会社 テーマ2「AMD EPYC™ プロセッサーを用いたAIソリューション」
PCCC23:日本AMD株式会社 テーマ2「AMD EPYC™ プロセッサーを用いたAIソリューション」PCCC23:日本AMD株式会社 テーマ2「AMD EPYC™ プロセッサーを用いたAIソリューション」
PCCC23:日本AMD株式会社 テーマ2「AMD EPYC™ プロセッサーを用いたAIソリューション」
 
PCCC23:富士通株式会社 テーマ1「次世代高性能・省電力プロセッサ『FUJITSU-MONAKA』」
PCCC23:富士通株式会社 テーマ1「次世代高性能・省電力プロセッサ『FUJITSU-MONAKA』」PCCC23:富士通株式会社 テーマ1「次世代高性能・省電力プロセッサ『FUJITSU-MONAKA』」
PCCC23:富士通株式会社 テーマ1「次世代高性能・省電力プロセッサ『FUJITSU-MONAKA』」
 
PCCC23:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す『計算・データ・学習』の融合による革新的スーパーコンピューティング」
PCCC23:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す『計算・データ・学習』の融合による革新的スーパーコンピューティング」PCCC23:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す『計算・データ・学習』の融合による革新的スーパーコンピューティング」
PCCC23:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す『計算・データ・学習』の融合による革新的スーパーコンピューティング」
 
PCCC23:日本AMD株式会社 テーマ1「AMD Instinct™ アクセラレーターの概要」
PCCC23:日本AMD株式会社 テーマ1「AMD Instinct™ アクセラレーターの概要」PCCC23:日本AMD株式会社 テーマ1「AMD Instinct™ アクセラレーターの概要」
PCCC23:日本AMD株式会社 テーマ1「AMD Instinct™ アクセラレーターの概要」
 
PCCC23:富士通株式会社 テーマ3「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」
PCCC23:富士通株式会社 テーマ3「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」PCCC23:富士通株式会社 テーマ3「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」
PCCC23:富士通株式会社 テーマ3「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」
 
PCCC23:筑波大学計算科学研究センター テーマ1「スーパーコンピュータCygnus / Pegasus」
PCCC23:筑波大学計算科学研究センター テーマ1「スーパーコンピュータCygnus / Pegasus」PCCC23:筑波大学計算科学研究センター テーマ1「スーパーコンピュータCygnus / Pegasus」
PCCC23:筑波大学計算科学研究センター テーマ1「スーパーコンピュータCygnus / Pegasus」
 
PCCC23:Pacific Teck Japan テーマ1「データがデータを生む時代に即したストレージソリューション」
PCCC23:Pacific Teck Japan テーマ1「データがデータを生む時代に即したストレージソリューション」PCCC23:Pacific Teck Japan テーマ1「データがデータを生む時代に即したストレージソリューション」
PCCC23:Pacific Teck Japan テーマ1「データがデータを生む時代に即したストレージソリューション」
 
PCCC23:株式会社計算科学 テーマ1「VRシミュレーションシステム」
PCCC23:株式会社計算科学 テーマ1「VRシミュレーションシステム」PCCC23:株式会社計算科学 テーマ1「VRシミュレーションシステム」
PCCC23:株式会社計算科学 テーマ1「VRシミュレーションシステム」
 
PCCC22:株式会社アックス テーマ1「俺ASICとロボットと論理推論AI」
PCCC22:株式会社アックス テーマ1「俺ASICとロボットと論理推論AI」PCCC22:株式会社アックス テーマ1「俺ASICとロボットと論理推論AI」
PCCC22:株式会社アックス テーマ1「俺ASICとロボットと論理推論AI」
 
PCCC22:日本AMD株式会社 テーマ1「第4世代AMD EPYC™ プロセッサー (Genoa) の概要」
PCCC22:日本AMD株式会社 テーマ1「第4世代AMD EPYC™ プロセッサー (Genoa) の概要」PCCC22:日本AMD株式会社 テーマ1「第4世代AMD EPYC™ プロセッサー (Genoa) の概要」
PCCC22:日本AMD株式会社 テーマ1「第4世代AMD EPYC™ プロセッサー (Genoa) の概要」
 
PCCC22:富士通株式会社 テーマ3「量子シミュレータ」
PCCC22:富士通株式会社 テーマ3「量子シミュレータ」PCCC22:富士通株式会社 テーマ3「量子シミュレータ」
PCCC22:富士通株式会社 テーマ3「量子シミュレータ」
 
PCCC22:富士通株式会社 テーマ1「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」
PCCC22:富士通株式会社 テーマ1「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」PCCC22:富士通株式会社 テーマ1「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」
PCCC22:富士通株式会社 テーマ1「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」
 
PCCC22:日本電気株式会社 テーマ1「AI/ビッグデータ分析に最適なプラットフォーム NECのベクトルプロセッサ『SX-Aurora TSUBASA』」
PCCC22:日本電気株式会社 テーマ1「AI/ビッグデータ分析に最適なプラットフォーム NECのベクトルプロセッサ『SX-Aurora TSUBASA』」PCCC22:日本電気株式会社 テーマ1「AI/ビッグデータ分析に最適なプラットフォーム NECのベクトルプロセッサ『SX-Aurora TSUBASA』」
PCCC22:日本電気株式会社 テーマ1「AI/ビッグデータ分析に最適なプラットフォーム NECのベクトルプロセッサ『SX-Aurora TSUBASA』」
 
PCCC22:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す「計算・データ・学習」の融合による革新的スーパーコンピューティング」
PCCC22:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す「計算・データ・学習」の融合による革新的スーパーコンピューティング」PCCC22:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す「計算・データ・学習」の融合による革新的スーパーコンピューティング」
PCCC22:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す「計算・データ・学習」の融合による革新的スーパーコンピューティング」
 
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」03
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」03PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」03
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」03
 
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」01
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」01PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」01
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」01
 
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ1「HPC on Microsoft Azure」
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ1「HPC on Microsoft Azure」PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ1「HPC on Microsoft Azure」
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ1「HPC on Microsoft Azure」
 
PCCC22:インテル株式会社 テーマ3「インテル® oneAPI ツールキット 最新情報のご紹介」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ3「インテル® oneAPI ツールキット 最新情報のご紹介」PCCC22:インテル株式会社 テーマ3「インテル® oneAPI ツールキット 最新情報のご紹介」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ3「インテル® oneAPI ツールキット 最新情報のご紹介」
 
PCCC22:インテル株式会社 テーマ2「次世代インテル® Xeon™ プロセッサーを中心としたインテルのHPC-AI最新情報」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ2「次世代インテル® Xeon™ プロセッサーを中心としたインテルのHPC-AI最新情報」PCCC22:インテル株式会社 テーマ2「次世代インテル® Xeon™ プロセッサーを中心としたインテルのHPC-AI最新情報」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ2「次世代インテル® Xeon™ プロセッサーを中心としたインテルのHPC-AI最新情報」
 

Recently uploaded

2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
ssuserbefd24
 

Recently uploaded (12)

論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
 
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
 
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
 
論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes
論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes
論文紹介: Offline Q-Learning on diverse Multi-Task data both scales and generalizes
 
論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...
論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...
論文紹介: Exploiting semantic segmentation to boost reinforcement learning in vid...
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
 

PCCC23:日本オラクル株式会社 テーマ1「OCIのHPC基盤技術と生成AI」

  • 1. Oracle Cloud Infrastructure IaaS ( Infrastructure as a Service) HPC&AI向けOCI概要のご紹介 日本オラクル株式会社 クラウド営業統括 松山 慎
  • 2. Safe harbor statement The following is intended to outline our general product direction. It is intended for information purposes only, and may not be incorporated into any contract. It is not a commitment to deliver any material, code, or functionality, and should not be relied upon in making purchasing decisions. The development, release, timing, and pricing of any features or functionality described for Oracle’s products may change and remains at the sole discretion of Oracle Corporation. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 2
  • 3. Oracle Cloud Infrastructure (OCI) 概要 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 3
  • 4. 2023年8月現在:45リージョン提供中、さらに7リージョン計画 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 4 https://www.oracle.com/cloud/cloud-regions/ SAN JOSE PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO NEWPORT AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON STOCKHOLM MILAN PARIS JEDDAH JERUSALEM DUBAI MUMBAI HYDERABAD SINGAPORE CHUNCHEON SEOUL TOKYO OSAKA JOHANNESBURG SYDNEY MELBOURNE 35 Commercial 7 Commercial Planned 8 Government 12 Microsoft Azure Interconnect SAUDI 2 ABU DHABI ISRAEL 2 MADRID MARSEILLE CHILE 2 COLOMBIA QUERETARO 2 Sovereign MEXICO 2 SERBIA SAUDI 3 SINGAPORE 2 CANBERRA デュアル・リージョン:基本的にすべての 国/地域で2つ以上のリージョンを提供し、 お客様の業務継続要件に対応していく (日本の場合は東京-大阪) 各リージョンはOracle Backboneで接続 サステナビリティ:2025年までに、全リー ジョンで100%再生可能エネルギーを使用 することを表明 (南米/欧州は達成済み)
  • 5. Oracle Cloud Infrastructure (OCI) パブリック・クラウド アーキテクチャ: Generation 1 → Generation 2 5 第一世代型パブリック・クラウド • スケールアウト型の新規アプリケーションの構築に最適 化 (弾力性、柔軟性、従量課金) • サービス毎に最適化されたアーキテクチャ • 従来型アプリケーションは再構築やアーキテクチャの変 更が必要 • 2010年代の技術で構築されている • パフォーマンス、セキュリティ、移行オプションは後付け 第二世代型パブリック・クラウド • 全てのサービスをアップグレード可能な同一インフラ アーキテクチャ上に構築 • クラウド・ネイティブの新規アプリケーションの構築だけ でなく、スケールアップ型のワークロードでもクラウドのメ リットを享受 • パフォーマンス、セキュリティ、可用性はデフォルト • 分散クラウド、マルチ・クラウド対応可能なサービスモデ ル Generation 2 2006 2008 2010 2014 2016 2021 2019 2018 2011 2016 2014 2019 Tokyo Tokyo/Osaka Tokyo Osaka (Local) Osaka 2020 Osaka Tokyo Osaka ハイパースケーラー各社の 日本市場でのリージョン展開年表 Generation 1 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
  • 6. Oracle Cloud Infrastructure の日本国内展開 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 6 リージョン 大阪 ( Japan Central ) 東京 ( Japan East ) 開業年 2020年2月 2019年5月 SINETクラウド接続(*) 2020年7月 2019年10月 (*) SINET接続/FastConnect仮想回線 経由の通信は上り/下りとも 無制限に転送データ量課金無し 国内規格準拠や契約形態など 政府のクラウド施策対応 ISMAP登録済み、ガバメントクラウド対象クラウドサービス 準拠法 日本国の実体法と手続法を適用 裁判管轄 東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする 決済方式 契約地の現地通貨(日本円) および請求書ベースの支払い -ご利用リージョンが海外であっても適用されます。- 単価 ワールドワイドで同一の単価 (月10TB超のインターネットアウトバウンドデータ量を除く) 円建て単価契約 (為替リスクをオラクルが持ちます)
  • 7. OCI サービス全体像 Compute Storage Networking Oracle Databases Open Source Databases OperatingSystems, Native VMware Developer Services Containersand Functions Integration Big Dataand DataLake MachineLearning and AI Analyticsand BI Security | Observability | Compliance | Messaging | Governance Oracle Applications Industry | ERP | EPM | SCM | HCM | ACX Custom Applications Polyglot | Traditional | Cloud Native ISV Applications Hundreds to choose from OCI’s Distributed Cloud Public Cloud | Hybrid Cloud: Cloud@Customer | Dedicated Cloud | Multicloud: Azure, AWS 7 Oracle CloudWorld Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates Infrastructure, platform, and SaaS in one flat-network
  • 8. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 8 Oracle Cloud Infrastructure アーキテクチャ全体像 リージョン (東京、ロンドンなど) FD1 FD2 FD3 物理ネットワーク (フラット・ネットワーク) 仮想クラウド・ネットワーク サービス (コンピュート、ストレージなど全てのサービス資源) • ベアメタルサーバと フラットネットワー クを基調としたアー キテクチャで、オン プレミス同等の機 能・性能・再現性を 提供可能。 • Oracle Cloud の IaaS は各種最新技術を低 価格で提供。 • ストレージサービス は常時AES-256で暗 号化。
  • 9. 第二世代 クラウド・アーキテクチャ Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 9 • オーバー・サブスクリプションによる輻輳を起因とす る、Noisy Neighborの問題を解消 • リージョン全体で任意の2つのサーバー間は 最大2ホップで通信可能な低遅延構成 • 各ベアメタル・サーバーは、少なくとも25Gbpsの接 続性を持つ(通常はそれ以上) • 返戻規定付きのネットワークのパフォーマンスSLA (99.9%の確率で90%以上) 低遅延・ノンブロッキングCLOSネットワーク Control Plane Control Plane Bare Metal Host Bare Metal Host HPC Job HPC Job HPC Job HPC Job Separate Control Plane & Network Virtualization Bare Metal Host + OS, Local 52TB NVME Free Hypervisor VM DB Cloud Paa S VM DB Cloud PaaS Separate Control Plane & Network Virtualization Bare Metal Host + OS, Local 52TB NVME Managed Kubernetes VM DB Cloud Paa S Container Container Container • ホスト上では軽量なハイパーバイザーまた はKubernetesのみで、残りのキャパシティは ユーザー・コードで利用できる • Root-of-Trustチップがユーザー・データ用 ネットワークとは完全分離したコントロール 用ネットワークに接続し、ファームウェアのワ イプ等の管理を行う • Off-box仮想化ハードウェアは、ホストとは 別の非インテルCPUの独立したデバイスで ネットワーク仮想化を実行 • オラクルの管理者はユーザー・データを参 照できず、ユーザーはネットワーク仮想化 レイヤにアクセスができない • VMと強力なベアメタル・ホストを選択して 展開可能 ベアメタル・コンピュート、Off-box仮想化ハードウェア、 Root-of-Trustチップ
  • 10. 圧倒的なコストパフォーマンス Computeだけでなく、基盤となるストレージやネットワークも低コスト Oracle の強み Oracle 他社クラウド Compute  同一リソースを低価格 で提供  CPU/メモリを柔軟に選 択可能 (フレキシブル・ シェイプ) ¥35.52/時 Compute (VM.Standard.E4; 16vCPU, 64GB, Linux) ¥107.52/時 仮想マシン (16vCPU, 64GB, Linux) Storage  他社標準ストレージ価 格で、高性能ストレー ジを提供  性能に対するSLAあり ¥5,100/月 Block Volume (1TB, 25K IOPS) ¥239,040/月 ブロック・ストレージ (1TB, 25K IOPS) Network  AD間無償  10TB/月まで無償  閉域網接続時はデータ 転送無償 ¥18,972/月 FastConnect (1Gbps, 100TB) *閉域網接続 ¥517,445/月 接続サービス (1Gbps, 100TB) *閉域網接続 ¥ 67% 低価格 ¥ 98% 低価格 ¥ 96% 低価格 Compute: 同一リソースを低価格で提供、高い柔軟性 (フレキシブル・シェイプ) Storage/Network: トランザクションやデータ転送量による料金変動を低減する料金体系 * as of March 2022, Tokyo Region Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 10
  • 11. 1コアからスタート、ベアメタル、RDMA、GPUなど、高いコストパフォーマンスで幅広く提供 用途に応じてインスタンスのシェイプを選択可能 • VMもベアメタルも、同じインフラ(ネットワーク、ハードウェア、ファームウェア、API)上で提供 コンピュート: インスタンスの選択 インスタンス の種類 シェイプ タイプ VMインスタンス • 仮想マシン環境 - Standard Flexible VMs: CPU 1 コア単位、メモリ1GiB単位で自 由に組合せ可能 ベアメタルインスタンス • 物理サーバー環境 - 性能重視アプリケーション向け - 仮想マシンと同様に容易なデ プロイ可能 Standard 汎用シェイプ 一般的なワークロード向け インスタンス停止で課金停止 (他のシェイプタイプは課金停 止は終了する必要あり) Dense I/O NVMe SSD内蔵シェイプ I/O性能重視ワークロード向け GPU GPUクラスタタイプ AI、機械学習、 HPC HPC/Optimized HPCクラスタ タイプ 高帯域/低遅延RDMAネットワーク HPCクラスタ用インスタンス Virtual Machine Bare Metal Compute Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 11 CPUの種類
  • 12. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 12 OCI ストレージ・サービスのラインナップ 用途に応じたストレージを選択可能、全サービスSSDベースで構築 ローカル NVMe ブロック ボリューム コンピュートにローカル接続された 超高速ストレージ コンピュートにリモート・アタッチ される永続高速ストレージ (標準で 60 IOPS/GB) ファイル ストレージ オブジェクト ストレージ 高性能 大容量 拡張性・可用性に優れたネットワー ク・ファイル・システム(NFS) サービ ス 大容量データの保存に適した高耐久 ・低価格ストレージ 標準-少頻度-アーカイブの3層 種類 概要 - 可用性、耐久性ともに 99.99% 可用性SLA: 99.9% 耐久性: 99.999999999% (11-9) 可用性SLA: 99.9% 耐久性: 99.999999999% (11-9) 設計可用性/耐久性
  • 13. Standard Tier 標準オブジェクト・ストレージ 容量価格:¥3.57/GB月 リクエスト価格: ¥0.476/10k Req月 • Always Free 10GB, 50k Requests Infrequent Tier 頻度の低いアクセス層 容量価格: ¥1.4/GB月 読み出し価格: ¥1.4/GB月 • リストア不要で即座にアク セス • 最低保持期間31日 • Always Free 10GB (容量・読み出しとも) Archive Tier 超低価格アーカイブ層 • WORM対応可能 価格: ¥0.364/GB月 • 1PB年= ¥4,367,956- • 要リストア操作: 最大1時間 • 最低保持期間90日 • Always Free 10GB Object Storage Cloud Service: ニーズに合わせた3つの階層を用意、いずれも常に暗号化(AES-256) 有効 アクセス方法: CLI、Webコンソール、Java SDK、REST API ( OCI API および Amazon S3互換API ) 、HDFSコネクタ、Storage Gateway (NFS) Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 13 Standard Tier Archive Tier Object Storage Infrequent Tier オブジェクト・ライフサイクル管理機能(下位へ移動・削除): 無償提供
  • 14. • 東京リージョン、大阪リージョンとも接続回線敷設済み • オンプレミス側SINETルータでBGPおよびIEEE802.1q(tagVLAN)の設定が必要 • 有償の仮想回線サービスであるFastConnect(1Gbps ¥29.75ポート/時~)が必要 • SINET DCとOCIリージョン間の物理回線はOracleが敷設し、別途ご契約不要、ご負担は¥0- • FastConnect/SINET経由のPrivate Peering は上り/下りとも転送データ量課金無制限に¥0- • 複数のテナントでSINET接続仮想回線の共用することもも可能 • [必要なお手続き] • ご利用開始2週間前までに、NII様へSINETクラウド接続サービスご利用申請 • ご利用開始1週間前までに、オラクルへ仮想回線サービス FastConnectのOCIDをご連絡 Oracle Cloud Infrastructure の SINET接続 お問い合わせ先: sinet-oracle_jp_grp@oracle.com Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 14
  • 15. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 15 日本国内リージョン料金比較 データ転送料金/専用ネットワーク接続 OCI A社 B社 (データ従量) B社 (データ無制限) C社 10TB 100GB 5GB - 0B 120TB/月 ¥1,570,800 ¥14,011,177 ¥10,751,194 - ¥13,002,713 200TB/月 ¥2,713,200 ¥23,038,288 ¥19,890,394 - ¥21,400,025 無制限 1GB 0B 無制限 0B 120TB/月 ¥0 ¥6,455,434 ¥8,064,000 ¥0 ¥6,612,883 200TB/月 ¥0 ¥10,759,056 ¥13,440,000 ¥0 ¥11,021,472 1Gbps ¥260,610 ¥305,340 ¥713,566 ¥14,238,594 ¥266,082 10Gbps ¥1,563,660 ¥2,051,647 ¥5,564,508 ¥134,202,840 ¥2,260,451 100Gbps ¥13,183,800 ¥22,666,500 - - ¥19,190,970 ¥1,563,660 ¥8,507,081 ¥13,628,508 ¥134,202,840 ¥8,873,335 ¥1,563,660 ¥12,810,703 ¥19,004,508 ¥134,202,840 ¥13,281,923 専用NW接続10Gbps、 月120TBダウンロード年額 専用NW接続10Gbps、 月200TBダウンロード年額 専用ネットワーク接続 (年額) Iternet経由Outbound通信 (年額) 専用/閉域ネットワーク接続 Outbound通信(年額) <日本国内リージョンの通信費用> Internet経由Outbound通信無料データ量 専用/閉域ネットワーク接続 Outbound通信無料データ量
  • 16. • 学認クラウド導入支援サービス 登録 • Oracle Cloud Infrastructure - Compute • Oracle Cloud Infrastructure – Storage • Oracle Content and Experience Cloud • Oracle Cloud Infrastructure - Database Cloud Service • 学認クラウドオンデマンド構築サービス 利用可能プロバイダ • GakuNin RDM (研究データ管理基盤) • 機関ストレージおよび拡張ストレージ接続可能プロバイダ 国立情報学研究所 学認クラウド関連対応 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 16
  • 17. OCI 計算環境 など 各種サービス GakuNin RDMのOCI連携イメージ 11/27/2023 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted 17 OCI オブジェクト ストレージ OCI Data Science サービス (GakuNin RDM解析機能として連携可) Operating System(Oracle Linux) MLライブラリ群 etc. Compute CPU Compute GPU ... ... コーディング ・・・ GPU GPU GPU GPU 低遅延RDMA OCI Open Data GakuNin RDMの プロジェクト内で データコピー To OCI 無制限無料 From OCI 毎月10TB無料 GakuNin RDM CiNii JAIRO Cloud
  • 18. Compute Cloud Service for HPC & AI Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 18
  • 19. 計算時間短縮 必要な計算リソースを迅速に割当て、 計算時間を短縮 HPCクラウド利用の想定されるメリットの例 コスト削減 需要に合せリソースの追加/削除する ことで、コストを削減 CAPEXからOPEXへの転換 将来技術の利用 最新のCPUやGPUをすぐ利用可能、1 秒単位の課金で評価等の短時間利用も 低コスト 余剰 オンプレミスリソース 需要 クラウド リソース Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 19 障害から素早い復旧 障害発生リソースを解放し同様構成の 再作成のみ、データは常に複数のレプ リカを保持 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 19 計算時間 オンプレミス クラウド 計算時間短縮 迅速なリソース導入・追加 設置場所や電源の確保/導入/設置に 掛る時間を大幅に短縮 最新のセキュリティ対策 様々な連携サービスの提供 最新のセキュリティ対策の自動適用も しくは実装支援を提供 可視化や各種サーバレスサービスなど 様々なサービスと連携可能
  • 20. Oracle Cloud Infrastructure (OCI) のHPC Capability ベアメタル フラット&ノンブロッキングネットワーク / オー バーサブスクリプションなし Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 20
  • 21.  安定して高速な 計算資源  高性能で堅牢な ストレージ  低コスト HPC分野における OCI の強み Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 21 ベアメタル + 帯域/遅延が均一なRDMA (オーバーサブスクリプションを排除し、 高い性能再現性を提供) TCP/IPネットワーク、仮想マシンも オーバーサブスクリプション無し (リソースアロケーションによらず性能均一) IO性能の高い 各種ストレージサービス (標準Boot Volume 3kIOPS:24MB/s~ 25kIOPS:480MB/s) 高いデータ年間耐久性 99.999999999%(11-9) (Object Storage、File Storage Service) セキュアなストレージサービス 保存データ常時暗号化 SINET含む閉域網や専用線経由 の転送データ量課金が上り下りとも 無料 (定額仮想回線費用のみで利用可能) 計算資源単価他社比較 23~55%程度安価 ストレージ単価他社比較 最大97%安価
  • 22. Oracle Cloud Infrastructureを用いた Hybrid HPC システムイメージ Cloudbursting Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted 22 オンプレミス計算リソース ログイン/ バッチジョブ サーバ ファイルサーバ • ジョブスケジューラと 連携して必要なクラウ ドリソースを起動/停止 • 適宜最新HWに更新 • ユーザはリ ソースの場 所を意識し ない ジョブスケジューラが 自動的にジョブ分配/ データステージング オンプレミス パブリッククラウド Storage-offload 一定期間アクセスの 無いファイルをオフロード プリポスト、フロントエンド、 アプリ開発等の専有利用 11/27/2023 ・・・ ・・・ GPU GPU GPU GPU 低遅延RDMA 低遅延RDMA 並列ファイルシステム オブジェクトストレージ アーカイブストレージ
  • 23. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 23 最新のハードウェアを低価格で提供 AMD EPYC Genoa 汎用ワークロード • AMD EPYC Genoa 搭載 • ベアメタル • 192コア 2.25TiBメモリ • ネットワーク100Gbps • 仮想マシン: Flexible VMs • 1コア、1GB単位で組合せ CPU ¥4.20 /コア時間 メモリ ¥0.28 /GB時間 Intel Ice lake HPCクラスタ • Intel Xeon Ice lake 搭載 • ベアメタル (¥325.44/ノード時間) • 36コア 512GiBメモリ • NVMe SSD 3.2 TB搭載 • RDMAネットワーク 100Gbps、低遅延 • 仮想マシン:Flexible VMs • 1コア、1GB単位で組合せ NVIDIA H100 高性能 GPU H100 ¥1,400 / GPU時間 • 最新のNVIDIA GPUを搭載 (¥11,200/ノード時間) • 80GBメモリ/GPU • 8GPU - NVLINK • ホスト • Xeon S-R 112コア • 2TiBメモリ • NVMe SSD 61.44TB搭載 • ホスト間RDMA • 3.2Tbps、低遅延 Arm Ampere Altra コストパフォーマンス最高 • Ampere Altra 搭載 Neoverse N1、3.0GHz • ベアメタル • 160コア 1TiBメモリ • ネットワーク 50Gbps x 2 • 仮想マシン:Flexible VMs • 1コア、1GB単位で組合せ CPU ¥1.40 /コア時間 メモリ ¥0.21 /GB時間 CPU ¥7.33 /コア時間 メモリ ¥0.21 /GB時間
  • 24. 11/27/2023 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted 24 OCI Supercluster • Super-Spine/Spain/Leafトポロジに よるフルバイセクションバンド幅を備える 低遅延の大規模RDMA(RoCEv2) ネットワーク • 最大 16,384ノードのCPUベアメタル もしくは最大16,384基のH100 GPU
  • 25. 各サービスに適したプロファイルをオラクル提供イメージに適用 クラスタベアメタルノードにLinux コマンドでユーザが変更可能 HPC MPI Workloads • 低遅延要求 • CPU/RDMA イメージに適用 • 科学技術計算 • 高頻度取引 Oracle Database RAC Workloads • Exadataサービスに適用 • 帯域-遅延に対する要求は MPI WorkloadsとML Workloadsの中間 ML Workloads • 高スループット要求 • GPUイメージに適用 • MPIワークロードに対してジッ ターとRTTに比較的寛容 3種のOCI Supercluster/Cluster Network輻輳制御プロファイル 11/27/2023 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted 25 ポートキュー ECNマーク確率 ECN(Explicit Congestion Notification)
  • 26. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 26 インスタンス価格比較 – 日本国内リージョン $0.136 (円定価設定無し) /コア/時間 EC2 c5n.metal Skylake 72 vCPU 192GiB Memory 100Gbps Elastic Fabric Adapter (15μs) $0.104 (¥11.69) /コア/時間 Azure VM HC44rs Skylake 44コア仮想マシン 352GiB Memory 100Gbps Infiniband • as of Apr. 2021 Amazon Microsoft $0.0753 (¥10.542) /コア/時間 Compute BM.Optimized3.36 Ice lake 36物理コア ベアメタル 512GB Memory 100Gbps RoCEv2 (1.5μs) Oracle $4.194 (円定価設定無し) /GPU/時 EC2 p3.16xlarge: 8GPU, 64vCPU, 488GB $4.194 (¥469.728) /GPU/時 Azure VM NC24s v3: 4GPU, 24コア, 448GB $2.95 (¥413) /GPU/時 Compute BM.GPU3.8: 8GPU, 52コア, 768GB Cluster w/RDMA GPU/V100 BM.GPU4.8 (A100) : 8GPU, 64コア, 2TB, 1.6Tbps RDMA $3.05 (¥427) /GPU/ 時 p4d.24xlarge(A100) : 8GPU, 96コア, 1152TB, 400Gbps $4.09625 /GPU/ 時 A100 国内リージョン提供無し
  • 27. Application • OpenFOAM • LS-DYNA • STAR-CCM • Altair HyperWorks • NVIDIA Clara Parabricks framework • NAMD • GROMACS • ANSYS-Fluent • MATLAB • Mathematica • ParaView Parallel File System • Lustre • BeeGFS • WekaIO • Gfarmなど Object Storage POSIXアクセス • OCI Storage Gateway (NFS) • RCLONE • CunoFS Storage Tiering • iRODS • クラウディアン HyperStore 階層化 • カスタムエンドポイント • Gakunin RDM拡張ストレージ、など 経験豊富なHPCサポートSIパートナ Job Scheduler • Altair PBS Professional • Altair Grid Engine • Slurm、など • Cloudbursting スクリプトサンプル提 供 Container • Docker, Singularity Cluster Management • Xtreme-D AXXE-L • 学認クラウドオンデマンド構築サービ ス、など HPC SaaS • Altair HyperWorks Unlimited • Rescale • NIMBIX HPC関連ソリューション (一部) Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 27
  • 28. 11/27/2023 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted 28 Oracle AI: AI Services API呼び出しですぐアプリケーションに組み込める、学習済みAI。
  • 29. 11/27/2023 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted 29 Document Understanding テキストおよび表の抽出 Vision イメージ内のオブジェクトの検 出および分類 Speech 音声の転送、字幕の作成、 メタデータの生成 Language センチメント分析やキー・フ レーズ抽出など、高度なテキ スト分析を実行 異常検出 ビジネス・データの望ましくないイベ ントまたは観測をリアルタイムで識 別 Forecasting 今日のトレンドから明日何が 起こるか予測 Digital Assistant チャットボットなど、対話を通じ た問い合わせ応答や、タスク の実行 Hello... AI Services API経由で利用、アプリケーションにすぐ組み込み可能
  • 30. 11/27/2023 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted 30 Oracle AI: Generative AI Service セキュアで高性能な企業向け生成AI(ジェネレーティブAI)
  • 31. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted 31 セキュアで高性能な、 企業向け生成AIサービスを提供 OCI Supercluster AI Infrastructure | NVIDIA GPU Oracle Applications + • お客様がデータを所有して制御。お客様のデータが完全 に分離された、セキュアな生成AIを提供します。データの 出所や系統へのアクセスも可能になる予定で、安心してビ ジネスでお使いいただけます。 • また、お客様のデータを使用したベクターデータ基盤を用 いて専用の生成AIを作成することも可能です。 • パブリック・クラウドだけでは無く、オンプレミスのデータセン ターでも使用できます。よりセキュアにデータを活用でき、 オンプレミスのアプリケーションで高性能な生成AIを活用で きます。 OCI セキュリティ (顧客データの完全な分離) 生成AI 「オラクルとCohere社は、データ・セキュリティ、モデルのカ スタマイズ、企業のビジネス価値創造を実現することに共 通の重点を置いています。両社は共に、データの安全性 とプライバシーを確保しながら、世界中の企業がAIへの 取り組みを加速させ、価値を高め、ビジネスの成功を最 大化する新しいレベルの自動化を実現できるよう支援し ます。」 Martin Kon, President & COO, Cohere
  • 32. 11/27/2023 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted 32 Cohere: 高性能でカスタマイズが容易な生成AI • Cohereは、生成AIのベンチ マークで、非常に高いスコアを 達成。 (not included: GPT-4 from OpenAI) • Cohere Commandモデル は、非常に高い性能ながら、 コンパクト(52Bパラメータ vs GPT-3 175Bパラメータ)。 そのため、カスタマイズが容易。
  • 33. 11/27/2023 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted 33 Oracle AI: AI Infrastructure AIに最適な、高性能なGPU基盤
  • 34. 11/27/2023 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted 34 OCI Supercluster • Super-Spine/Spain/Leafトポロジに よるフルバイセクションバンド幅を備える 低遅延の大規模RDMA(RoCEv2) ネットワーク • 最大 16,384ノードのCPUベアメタル もしくは最大16,384基のH100 GPU
  • 36. 36 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates [Date] マイクロソフト、Bingの対話型検索に Oracle Cloud Infrastructureを活用
  • 37. 37 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates [Date] NVIDIA、DGX Cloudの基盤に、Oracle Cloud Infrastructureを採用
  • 38. MosaicMLによるOCIとAWSとのGPU(A100)パフォーマンス比較 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 38 「我々は、OCIがベストな基盤であることを 発見した。 精度80%付近でOCIをAWSを比較した 場合、OCIはAWSの半分の時間、半 分のコスト。 これは非常に大きい。 $200と$100の場合は気にすることはな いかもしれないが、これが$200,000と $100,000だと気にする必要がある。」 https://youtu.be/IAZPpUVjNJ0
  • 39. 11/27/2023 Copyright © , Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted 39 精度80%での時間差 精度80%でのコスト差
  • 40. Oracle Cloud Lift Services クラウド移行に向けた “フィジビリティスタディ支援” 現行システムの評価を検証し、クラウド移行の課題とロードマップを可視化 クラウド移行に向けた “実機検証 (PoC) の支援” PoCを通じて、クラウド移行の問題やリスクに対するソリューションを検証 プロジェクト初期フェーズの “早期立ち上げ支援” クラウドサービスを利用して、検証・開発環境の導入、立ち上げをご支援 主なサービス内容 • お客様のクラウド移行をご支援する無償サービス • 現行システムのクラウドへの移行検討で妨げとなる課題 に直面しているお客様をご支援 サービス概要 1. クラウド移行に精通したオラクルの専任エンジニアが、 移行のご支援をいたします 2. OCIのノウハウがないお客様でも、環境を迅速に構築 し、ご利用頂くことができます 3. お客様がクラウド環境の準備に伴う初期費用や時間 を抑えることができます 4. 併せてお客様プロジェクトメンバーに対して、クラウド環 境の利用・運用するための知識を持てるよう、スキル トランスファーのご支援をさせていただきます お客様のベネフィット 主なワークロード High Performance Computing applications on Cloud Oracle Database On Cloud VMware on Cloud ※その他ワークロードに関しましては、担当営業にご相談ください クラウド移行に向けた “ケーススタディ支援” クラウドへの移行事例を共有し、新たな観点でのクラウドメリットを可視化 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | Oracle DBを OCI の PaaSに移行する VMware環境を OCI の OCVS に移行する HPC アプリケーションを OCI の HPC環境に移行する 40 • OCI … Oracle Cloud Infrastructure • ExaDB-D … Oracle Exadata Database Service • OCVS … Oracle Cloud VMware Solution
  • 41. HPCソリューション短期デプロイ支援 OCIマーケットプレイス & アーキテク チャセンター、github Oracle Quick Start 41 広帯域・低遅延でフラットなRDMA網で接続さ れたベアメタルクラスタ、並列ファイルシステ ム、CAE、グラフィックス・ワークステーショ ン、高性能ストレージ、AI、ゲノム解析など、 様々なHPCソリューションを提供 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 41
  • 42. 研究成果システム/アプリケーションをユーザが簡単にOCIテナント上に展開 OCI オープンソース・ソフトウェア Quick Start Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 42 https://oracle-japan.github.io/ocitutorials/oss- quickstart/ システム A システム B アプリ C 各機関Git ユーザテナント システム A システムA OCIスタック OCI OSS Quick Start ポータル OCIテナントをお持ちであればTerraform等IaC作成は 無料のOracle Cloud Lift Service (OCLS) にてご支援致します。
  • 43. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 43 • パブリック・クラウドと連携した「富岳」の柔 軟な利活用の支援を目的に、学術情報ネット ワークSINET を介した 「富岳ダイレクト接続サービス」を整備 • 膨大な研究データの転送コストを気にすること なく、「富岳」のネットワークから、Oracle Cloud Infrastructureの高い性能のコンピュートや ストレージ・リソースなどを予測可能なコスト で利用可能 • 安全かつ低コストでの接続により、セキュリ ティ、パフォーマンス、伸縮性に優れたコン ピュートやストレージのリソースを「富岳」の ネットワークから低コストで利用可能に Oracle Cloudで「富岳」の高度な計算資源の 有効活用と研究成果創出を促進
  • 44. 富岳ダイレクト接続サービス by 理化学研究所 計算科学研究センター 様 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 44 スーパーコンピュータ「富岳] OCI大阪リージョン RCCS殿-Kanriテナント Private Subnet Private Subnet – digital-twin Dynamic Routing Gateway FastConnect Virtual Cloud Network 富岳ユーザA様OCIテナント Virtual Cloud Network Archive Storage RCCS殿-富岳ネットワーク 2nd ストレージ マルチテナンシ ピアリング (無料) ログイン ノード Object Storage オンプレ-OCI間双方向 転送データ量完全無課金 富岳ダイレクト接続サービス (IPアドレス付与) Private Subnet – digital-twin Virtual Cloud Network 富岳ユーザB様OCIテナント Archive Storage Object Storage
  • 45. 研究背景  CMC のスーパーコンピュータOCTOPUS は、利用者からのスカラ 型スーパーコンピュータに対する様々な計算ニーズ・需要を収容可 能であり、非常に高い利用率で利用される状況になっています。し かし、その一方で、利用者の計算要求から計算完了までの待ち時間 が定常的に長時間になるという問題が深刻になりつつあり、利用者 からの問い合わせ・相談の声も大きくなっていた。 Why Oracle Cloud 大阪大学、日本電気共同、日本オラクル共同研究事例 ~ 新型コロナウィルス感染症などに向けクラウドバースティング を通じたベアメタル計算資源の提供~ Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 45 【 研究成果のポイント】 大型計算機におけるクラウドバースティングが実現可能であることが実証 されると利用者が計算結果を得られるまでの時間の削減ができるだけでな く、COVID-19 対策のような急な計算需要拡大への対応含め、計算機リ ソースの問題で解決できなかった事象を解析できるようになる。 これにより、大型計算機を用いた研究分野において、学術的・教育的に大 きな成果が出ることが期待されます。 また、低コストでのスケールアウトを示すことにより、学術機関と企業と の連携による産業利用・産学連携の加速、企業・社会課題の解決が加 速されることが期待されます。 ソリューション  ベアメタルマシンも仮想マシンと同様にオンデマンドに必要な時に起 動し、不要な場合は停止するHPC 環境を構築することが可能  最新のCPU、GPU、高性能なノード間通信等のHPC 関連技術がリ リースされた際には迅速に提供さる。  一般的にHPC用途では多くの分野でデータが大きくなる傾向がある が専用ネットワーク接続サービスを利用することで、転送データ量が 無制限に無料  OCI のベアメタル計算資源であれば、オンプレミスのOCTOPUS 計 算ノードと同様にユーザの計算要求を実行出来ることが確認された  多くの計算ノードを利用する並列計算においてクラウド計算資源を利 用した場合でも高いスケーラビリティが得られる  Oracle Cloud Infrastructure bare metal
  • 46. 単価表 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 46
  • 47. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 47 Shape CPU ocpu (物理 コア数) CPU clock (GHz) メモリ (GiB) Storage ネットワーク バンド幅 ノード 時間単価 BM.HPC.E5.144 (Coming soon) AMD EPYC Genoa x2 144 2.4-3.7 768 3.84TB NVMe SSD + Block Volume RDMA (RoCEv2) 100Gbps x 1 ¥887.04 TCP/IP BM.Optimized3.36 Intel Xeon Ice Lake x2 36 3.0-3.6 512 3.84TB NVMe SSD + Block Volume RDMA (RoCEv2) 100Gbps x 1 ¥379.68 TCP/IP 50Gbps x 2 BM.Standard3.64 Intel Xeon Ice Lake x2 64 2.6-3.4 1024 Block Volume 50Gbps x 2 ¥573.44 BM.Standard.E5.192 AMD EPYC Genoa x 2 192 2.4-3.7 2304 Block Volume 100Gbps x 1 ¥1,451.52 BM.Standard.A1.160 Ampere Altra Q80- 30 x 2 160 3.0 1024 Block Volume 50Gbps x 2 ¥439.04 BM.DenseIO.E4.128 AMD EPYC Milan x 2 128 2.55-3.5 2048 54.4TB NVMe SSD (6.8TB x 8) +BV 50Gbps x 2 ¥1,344.18 Oracle Cloud Infrastructure Bare Metal Compute : 最新 CPU搭載シェイプ 価格表
  • 48. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 48 GPU 搭載シェイプ 価格表 NVIDIA GPU Cloud、NVIDIA Collective Communication Library 対応 タイプ Shape GPU GPU Intercon nect ホストCPU CPU コア ホスト メモリ (GiB) Storage Network 時間単価 Bare Matal (限定販売中) H100/80GB x 8 NVLINK Intel Xeon Sapphire Rapids 112 2048 NVMe SSD 16TB (4dev.) + Block Volume TCP/IP: 50Gbps x1 RDMA: 200Gbps x16 ¥11,200 BM.GPU.A100-v2.8 (国内リージョン 配備未定) A100/80GB x 8 NVLINK AMD EPYC Milan 2.55-3.5GHz 128 2048 NVMe SSD 27TB (4dev.) + Block Volume TCP/IP: 50Gbps x1 RDMA: 100Gbps x16 ¥4,480 BM.GPU4.8 A100/40GB x 8 NVLINK AMD EPYC Rome 2.9-3.4GHz 64 2048 NVMe SSD 24TB (4dev.) + Block Volume TCP/IP: 50Gbps x1 RDMA:100Gbps x16 ¥3,416 BM.GPU.A10.4 A10/24GB x 4 - Intel Xeon Ice lake 2.6-3.4GHz 64 1024 NVMe SSD 7.6TB (2dev.) + Block Volume 50Gbps x 2 ¥1,120 仮想 マシン VM. GPU.A10.2 A10/24GB x 2 - 30 480 - 24Gbps x 1 ¥560 VM. GPU.A10.1 A10/24GB x 1 - 15 240 - 15Gbps x 1 ¥280 Block Volume 最大1PB
  • 49. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 49 GPU製品名 H100 A100/80GB A100/40GB L40S A10 国内リージョン ×(米国西部 ロンドン) × (米国西部) ○ ○ FP64(TFLOPS) 33.45 9.746 9.746 1.431 0.9863 FP32(TFLOPS) 66.91 19.49 19.49 91.61 31.24 FP16(TFLOPS) 267.6 77.97 77.97 91.61 31.24 メモリ HBM3, 5120bit HBM2e, 5120 bit HBM2e, 5120 bit GDDR6, 384bit GDDR6, 384 bit メモリ容量 80GB 80GB 40GB 48GB 24GB メモリ帯域 2,039GB/s 2,039GB/s 1,555GB/s 864.0GB/s 600.2GB/s 提供済みシェイプ 8 GPU 8GPU 8GPU 1,2,4 GPU RDMA 帯域 3.2Tbps 1.6Tbps 1.6Tbps - - OCI GPU時間単価 ¥1,400 ¥560 ¥427 ¥280 OCI サービス提供中もしくは提供予定のNVIDIA GPU 性能値、メモリサイズ: https://www.techpowerup.com/gpu-specs/ より
  • 50. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 50 CPU クロック (GHz) Shape ocpu (物理コア数) メモリ (GiB) Storage ネットワーク バンド幅 時間単価 Intel Xeon Platinum 8358 (Ice lake) 2.6-3.4 VM.Standard3.Flex 1-32 1-512 Block Volume 1Gbps/ocpu MAX 32Gbps ¥5.6/ocpu ¥0.21/GB Intel Xeon Gold 6354 (Ice lake) 3.0-3.6 VM.Optimized3.Flex 1-18 1-256 Block Volume 4Gbps/ocpu MAX 40Gbps ¥7.56/ocpu ¥0.21/GB AMD EPYC 7J13 (Milan) 2.55-3.5 VM.Standard.E4.Flex 1-64 1-1024 Block Volume 1Gbps/ocpu MAX 40Gbps ¥3.5/ocpu ¥0.21/GB AMD EPYC 7J13 (Milan) 2.55-3.5 VM.DenseIO.E4.Flex 8 128 NVMe 6.8TiB+BV 8Gbps ¥113.1422 16 256 NVMe 13.6TiB+BV 16Gbos ¥226.2843 32 512 NVMe 27.2TiB+BV 32Gbps ¥452.5698 Ampere Altra Q80-30 (arm) 3.0 VM.Standard.A1.Flex 1-80 1-512 Block Volume 1Gbps/ocpu MAX 40Gbps ¥1.4/ocpu ¥0.21/GB (4コア、24GBまで 無料) Oracle Cloud Infrastructure Flexible VM 仮想マシン 最新CPU搭載シェイプ 価格表 Flexible VM: CPU 1コア単位、メモリ 1CPUコアあたり1GB~64GBかつシェイプ上限の範囲で1GB単位 で増減可能
  • 51. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 51 CPU クロック (GHz) Shape 仮想マシン Local Disks 時間単価 OCPU (物理コア数) メモリ(GiB) AMD EPYC 7J13 (Milan) 2.55-3.5 DVH.Standard.E4.128 合計121 合計1,936 Block Volume ¥878.08 Intel Xeon 8358 (Ice lake) 2.6-3.4 DVH.Standard3.64 合計60 合計960 Block Volume ¥573.44 Intel Xeon 6354 (Ice lake) 3.0-3.6 DVH.Optimized3.36 合計32 合計472 Block Volume ¥379.68 Intel Xeon 8167M (Skylake) 2.0-2.4 DVH.DenseIO2.52 合計48 合計736 Block Volume + Local NVMe SSD ¥928.2 Oracle Cloud Infrastructure 専用仮想ホスト 最新CPU搭載シェイプ 価格表
  • 52. 【ご参考】コンピュート: 対応OS (Oracle提供イメージ) オラクル提供イメージはOCI用に提供されている標準OSイメージ https://docs.cloud.oracle.com/iaas/Content/Compute/References/images.htm Name Version 補足 Oracle Linux 9 8 7 6 Red hatクローン Oracle Linux Premier Support が利用可能 Oracle Autonomous Linux 7 Oracle Linux Premier Support が利用可能 Oracle Linux Cloud Developer 8 Oracle Linux Premier Support が利用可能 Ubuntu 20.04 LTS 18.04 LTS CentOS 7, 8 Windows Server 2019 2016 2012 R2 Windows OS 従量課金 (追加料金が必要) Compute 課金 + Windows OS課金¥11.04 OCPU/Hour Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 52
  • 53. BYO Hypervisor ・BYO KVM ・BYO Hyper-V 【ご参考】持ち込みイメージの種類と利用可能OSについて VM BYOI Oracle提供イメージ Supported OS * Oracle Autonomous Linux Oracle Linux Oracle Linux Cloud Developer CentOS Ubuntu Windows Server ベアメタル 新規OSイメージ 持ち込みイメージ https://docs.cloud.oracle.com/iaas/Content/Compute/References/bringyourownimage.htm ベアメタル CentOS 4.0, 4.8, 5.11, 6.9, 7 or later Debian * 5.0.10, 6.0, 7, 8 or later Flatcar Container Linux 2345.3.0 or later FreeBSD 8, 9, 10, 11, 12 or later openSUSE Leap 15.1 Oracle Linux 5.11, 6.x, 7.x, 8.x RHEL * 4.5, 5.5,5.6, 5.9, 5.11, 6.5, 6.9, 7 or later SUSE 11, 12.1, 12.2 or later Ubuntu 12.04, 13.04 or later Windows Server 2012, 2012 R2, 2016, 2019 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 53 kernel 3.4以降はPVモード推奨 • GithubにベアメタルへのBYOIガイドあり https://github.com/oracle-quickstart/oci-byo-image
  • 54. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 54 サービス 価格等 Block Volume (NVMe SSD、iSCSI or 準仮想化) • 暗号化:テナント/コンパートメント単位 • ボリューム当り50GB~32TB • Compute Instance あたり最大 32Volumes (最大 1PB/Instance) • 確保容量課金 [Ultra High Performance] ¥10.71~¥32.13GB月 スループット: 720~1800 KB/s/GB、最大880~2,680 MB/s IOPS: 90~225 IOPS/GB、最大75k~300kIOPS * 性能要件に応じて10段階の構成が可能 [High Performance, HP boot] ¥8.33GB月 スループット: 600 KB/s/GB、最大680 MB/s IOPS: 75 IOPS/GB、最大50kIOPS [Balanced, boot] ¥5.95GB月 スループット: 480 KB/s/GB、最大480 MB/s IOPS: 60 IOPS/GB、最大25kIOPS (200GBまで無料) [Low Cost] ¥3.57GB月 スループット: 240 KB/s/GB、最大480 MB/s IOPS: 2IOPS/GB、最大3kIOPS File Storage (NVMe SSDベース、NFSv3サービス) • 暗号化: ファイルシステム単位、保存データ量課金 ¥42GB月 サービス当り KB~8EB アカウント当り 100 File Systems Object Storage (NVMe SSDベース) • 暗号化: バケット単位 • 保存データ量課金 Standard層 容量 ¥3.57GB月 (10GBまで無料) リクエスト ¥0.476 /10k リクエスト月 (50k リクエスト/月無料) Infrequent層 容量 ¥1.4GB月、読み出し ¥1.4GB月 (容量・読み出しとも10GBまで無料) Archive層 ¥0.364GB月 : 1PB年=¥4,367,956 (10GBまで無料) (要リストア < 1時間) Archive Storage (NVMe SSDベース) • 暗号化: バケット単位、保存データ量課金 Oracle Cloud Infrastructure - Storage Service (常時AES-256暗号化)
  • 55. Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 55 サービス 価格等 Internet経由 インバウンド通信データ量 無制限に無料 Internet経由 アウトバウンド通信データ量 毎月10TBまで無料、10TB超は¥3.5/GB月 FastConnect (SINET等専用ネットワーク接続) Private Peeringはアウトバウンドも無制限に無料 1Gbps ¥29.75ポート時:(¥260,610/ポート年) 10Gbps ¥178.5ポート時 : (¥1,563,660/ポート年) 100Gbps ¥1,505ポート時 : (¥13,183,800/ポート年) ロードバランサ ( Flexible Load Balancer ) LB ¥1.59LB時、10Mbps超帯域¥0.014Mbps時:最大8Gbps Oracle Cloud Infrastructure Service Network
  • 56. Oracle Cloud Infrastructure 主要情報一覧 1 2 Oracleアーキテクチャ・センター https://docs.oracle.com/ja/solutions/ クラウド環境の検討や実装に役立つように設計されたリファレンス・アーキテクチャとソリューショ ン・プレイブックのカタログを多数掲載。ダウンロード、カスタマイズ、およびデプロイできるコードま たはスクリプトも含む。 リファレンス・アーキテクチャ、ソリューション・プレイブックを概説した下記ブログもご参照ください。 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/move-workload-to-oraclecloud 3 OCIサービスアップデート https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-oci-service- update 毎月公開するOCIのサービス・アップデート情報をスライドで分かり易く説明。各サービスの詳 細なアップデート情報は、各サービスのドキュメントや下記「OCI活用資料集」をご覧ください。 4 5 OCIお客様活用事例 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oracle-cloud- platformpaasiaas OCIを活用したお客様の事例のご紹介。データベースはもちろんのこと、アナリティックス、セキュ リティ、システム管理、コンテンツ管理、ブロックチェーン、チャットボットなど様々なサービスのお 客様事例をご紹介します。 OCI活用資料集 https://oracle-japan.github.io/ocidocs/ OCIを使ってみたい! という方のための技術ドキュメント集。 OCIのサービス別技術資料をはじ め、PPTスライドを中心とした公開ドキュメントや、セミナーで使用した資料をアップロードしてい ます。 6 OCIセミナー情報 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/column_cloud_seminar 今後開催予定のウェビナー(含むハンズオントレーニング)についてご案内します。 ほぼ毎週 2回+ハンズオンを様々なテーマで開催中! オラクルエンジニア通信 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ 技術資料、コラム、マニュアルなど、OCIに関するその他の情報は、「オラクルエンジニア通信」 よりお届けしています。 チュートリアル: OCI を使ってみよう https://oracle-japan.github.io/ocitutorials/ OCIを使ってみよう! という人のためのチュートリアル集。各項ごとに画面ショットなどを交えなが らステップ・バイ・ステップで作業を進めて、OCIの機能についてひととおり学習することができるよ うになっています。 7 OCIドキュメント 各サービスのマニュアル。 https://docs.cloud.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/home.htm 8 Oracle Code Night https://oracle-code-tokyo-dev.connpass.com/ オラクルのテクノロジーだけに限定しない、Developer(開発者)のDeveloper(開発 者)によるDeveloper(開発者)のための開発者向けコミュニティ Meetup セミナーのこと。 ほぼ毎週 様々なテーマで開催中! 9 Oracle Cloud Infrastructure 主要情報をまとめたポータル(以下1−9を含む) https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/column_oci_links Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 56
  • 57. 日本オラクル株式会社 クラウド事業統括 公共営業本部 松山 慎 ( まつやま まこと ) E-Mail: Makoto.Matsuyama@oracle.com 電話: 080-1289-8315 お気軽にご連絡ください! 【お問い合わせ先】 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates | 57