SlideShare a Scribd company logo
1 of 27
Download to read offline
AXEのハイブリッドAI
2021/DEC
AXE,Inc.
®
AXEのAI
のAI対話
ストレス・チェック
健康
エキスパート・システム
ストレス・チェック
●
LINEbotでリモート・ストレ
ス・チェック
●
ボットに「ストレス」または
「ストレス診断」と送信して
開始
●
リモートで気軽に受けられる
診断結果表示
ストレス
チェック
開始
大脳的
声健 ,声と健康とAI(2018/AUG)
声から不健康を機械学習AIで判定
2018 年 「声健プロジェクト」(代表:澤 直美)
石川県産業創出支援機構の平成 29 年度活性化ファンド事業助成金を受け、
竹岡が声により姿勢などを判別する機械学習 AI を開発
https://www.isico.or.jp/uploaded/attachment/1003954.pdf
機械学習AI
悪い姿勢を判定
精神状態を判定
予兆=風邪になりそう
論理推論AIの分析/指導で健康になる
コーチングAIが、健康指南
論理推論AIが
エキスパートの知識で指導
論理推論AIからの指導
姿勢を直せ
風邪気味だから、気をつけろ
気持ちが下がってるから、気楽に行け
小脳的
大脳的
音声をLine経由でフーリエ変換
&猫背判定
·スマホのLINEで音声をごまめボットに送ると
·フーリエ変換F(スペクトル分析)に掛けた結果のグラフを
表示
·そのデータをAIで解析して、
·健康状態
·姿勢のいい/悪い
を判定できる
●
2018年「声健プロジェクト」成果 応用
ここを
押し続けて
発声。
離すと、送信&
自動診断
エゴグラム分析
·LINEbotでリモート・エゴグラム診断
·相手のパターンがわかっていれば、相性診断もできる
●
リモートで気軽に受けられる
診断結果表示
相性診断
エゴグラム
診断開始
大脳的
AXEのAI
のAI対話
総務
プリンタのトラブル・シュート
8 / 27
AXE社内総務 Q&A 返答bot
●
総務的な問い合わせに答えるAI
●
引きあいで、よく言われるのは
– 有給休暇/残業時間がどれだけ残っているか、に答えるAI
– 普段やらないことの社内規定について答えてくれるAI
– 曖昧模糊とした質問に答える
● 有給休暇 残り 問い合わせにも返答
●
ユーザ・レベルでルールを Excel(CSV)で書いたものを、
アップロード可能
大脳的
エキスパート・システム (例1)
·プリンタ異常診断
·ビジネスホテルや小学
校での使用を想定
·メンテナンス担当が
居ない環境
大脳的
エキスパート・システム (例4)
·実例: 顔占い
·
書籍の知識を AI のルールとした
·
推論を行う
·
専用アプリとの違い
· 占いの途中で、関係無いことを言ってもよい
·
雑談をしてもよい
·
元の占いに戻れる
大脳的
人工知能チャット (例5):
出前発注
·お弁当/出前ピザ/出前寿司受注システム
·
AIが色々、対話的に尋ねる
-和食/洋風
-トッピング
-何人前
-ご予算
·
などを、AIが尋ねる
· 昨日、食べたものと被らない
-AIがユーザのことを記憶
·
趣味/嗜好について、AIが聞き出し記憶
-後日、趣味に合った情報をAIが、提供
-食品: ワイン、日本酒…
大脳的
ごまめ の画像認識 & 文字認識(OCR) (1)
AI
音声対話
ごまめ
機械学習
顔認識
推論規則
ごまめ
論理推論システム
カメラ
メール
SNSログ
日本語
処理
スケジュール抽出
ニュース/
天気予報
行動提案
マイク
Google
音声認識
Google
CloudSpeech
API
問題解決 対話
AXE AIスピーカ
AXE AI+音声認識+顔認識
●
AIで顔認識。顔が見えたら、話を聞く
– 人間が居ないときは、聴かない
●
音声認識: Google Cloud Speech API
●
バックエンドは、論理推論AI:
●
故障診断、出前注文などができる
USB
カメラ
マイク付き
スピーカ
OpenJtalk
他者のフツーのスマート・スピーカ
·
Amazon, Google などが出荷中
·
言葉で話しかけると、なにかしてくれる
·
21世紀的リモコン
·
対話的ではない = 知能を感じさせる対話ができない
·
要素技術
·
スピーチ・シンセサイザ
·
1980年代に実用化されている
·
DECTalk(1984)
·
https://en.wikipedia.org/wiki/DECtalk
·
Macintalk, Talking moose(1984)
·
https://en.wikipedia.org/wiki/Talking_Moose
●
https://en.wikipedia.org/wiki/PlainTalk
●
音声認識
●
Apple PlainTalk packageの一部 1993.
●
音声でのコマンドを認識した
●
Machintosh Centris 660AV , Quadra 840AV
·
AI技術
·
主に、機械学習による、文章のカテゴリ分け だと思われる
·
カテゴリがわかった後は、単純なコマンド実行 = 知能的な部分がほぼ無
い
·
エアコンを付ける/ニュース,天気の読み上げ
AXEのAI
論理推論AIを機械学習AIで高速化 特許
・ルールの集合を「ルール・セット」と呼ぶ
・機械学習を使用して、推論対象の内容により、
「ルール・セット」を切り替える。
・ルール・セットが小さくなり、論理推論が高速
になる
特許番号【特許第 6224811号】
登録日 【2017年10月13日】
US特許申請中
※たけおかラボ(株)はAXEの子会社
「ルールセットを選択可能な推論エンジンを有するプロ
グラム、装置及び方法」
画像認識+論理推論AI
●
顔追跡ロボット
●
人間の顔を見つけたら、それを追跡する
·阪急電車 判定
·
機械学習+論理推論AI
·
阪急電車を見つけたら、鉄道に関するニュースを読み上げる
AXEのAI
記号論理推論
&
機械学習
ハイブリッドAI
動物OS(機械学習AI)と言語アプリ(論理推論AI)
松尾豊氏 基調講演録(2019/AUG/29 )
持続可能な社会の実現のためにAIが果たす役割とは?
https://blog.readyfor.jp/n/nc9fef21522d5 より引用
文脈による、高精度の判別、ハイブリッドAI
「池に居る」という文脈/背景を、論理的に使用
裸の機械学習(DL) を、論理推論AIで補う
アヒルかウサギか、画像だけでは判断できない
常識ルール・ベースを持った、論理推論AIに掛けると、最終判定が出る
カメラ
カメラ 入力
学習済みモデル
機械学習による
判定器
論理推論システム
出力
機械学習AIの出力:
ウサギの確率50%, アヒルの確率50%
池の確率80%
最終出力:
アヒル
一般常識ルール
アヒル(X) :- 池に居る(X).
ウサギ(X) :- 陸に居る(X).
推論規則(知識データベース)
言語アプリ
動物OS
大脳的
小脳的
記号論理推論AIとは三段論法を高速に行う

知識ベースをもとに、記号論理推論を行う

推論規則も、知識の一種

推論規則も、一般的な知識も、すべて、知識として扱う

記号論理推論(Symbolic Logical Inference)とは三段論法を行うこと

推論規則は、人間が書く
– 岡田メソッドは、推論規則としやすい

論理推論の特徴

精密

問題の原因を明らかにできる

問題の解消は、推論規則の追加/修正

説明のできるAI

ソクラテスは人間である

人間は死ぬ
知識(推論規則)
AIの推論過程
1) ソクラテス : 人間
2) 人間 → 死ぬ
3)∴ソクラテス→死ぬ
ということを見つけることが論理推論
上記を、論理推論 1回と 数える
「ソクラテスは死ぬか?」
を問い合わせ
(サッカーの中間目標に相当)
AI
Query
推論規則(知識ベース)
参照
「死にます」
付録
たけおか@AXEのAI経歴
竹岡の三目並べ(論理推論AI)
·
1977年(高校2年生)に、三目並べ(○×)を打つプログラムを開発
·
”Artificial Intelligence: The Heuristic Programming
Approach”(1971/DEC)の
日本語版,「人工知能 発見的プログラミング」(1972/JAN)を読んで…
·
真面目に木探索. AIが自分で最適な手を見つける
·
私より、プログラムの方が良い手を打った (私は、勝負事に興味が無い)
·
巨大プログラム電卓 500ステップ,30メモリ(2分割使用 可能),命令は
アセンブラ風,浮動小数点数は使い放題
·
同じ年にTK-80を入手し、8080機械語でも記述
·
全メモリ:512Bytes, CPUクロック周波数:2MHz
·
オセロゲームを打つプログラムが流行るのはその何年も後
·
「発見的手法(Heuristic)」がAI
·
人間がプログラミングした以上のことがらを、AIが見つける
並列/分散AI開発が
ライフワーク
竹岡
1980年代: Wnn(うんぬ)、Temporal Prolog(時相論理Prolog)を京都大学 数解研の地
下辺り(KABA)で作ったり。
1990年代初頭:豊橋技科大 湯淺研にて、1024PE規模の超並列計算機“SM-1”のLSIハー
ドウェア、基本ソフトウェアの設計開発に携わる。
Common Lispで開発ツール書いた。
当時、超並列計算機は、
ニューラルネットのシミュレーション
デジタル・アニーリング
(今の量子コンピュータが行なっている計算)
によく使用された
湯淺研 SM-1 フロントエンドはSparc
開発環境はCommon LispとC
萩谷さんに貰った
(サインはしてくれない)
前のAIブームの時のAI開発言語。国家プロジェクトICOTの核言語
湯淺太一,萩谷昌己先生
は
Kyoto Common Lispの
作者。
LispはAI開発言語
超並列計算機とAI
·
第二次AIブームの頃、
超並列計算機は、
ニューラルネットのシミュレーションによく使われた
デジタル・アニーリングも行われた(今 流行の量子計算機がやってる)
·
Connection Machine 1
·
1980年代末期から1990年代初頭に商業的に成功した超並列計算機
·
作った人は、Lisper
·
演算器は1bit, PEのローカル・メモリは 1bit×1024ワード
·
65536PE
·
SIMD動作
·
Lispマシンがフロントエンド
·
(VAX版もあったが)
·
CM-5はPEをSPARCにした(なにそれ)
Connection Machine 1
豊橋技科大 湯淺研+住友金属
SM-1
以上

More Related Content

More from PC Cluster Consortium

PCCC23:Pacific Teck Japan テーマ1「データがデータを生む時代に即したストレージソリューション」
PCCC23:Pacific Teck Japan テーマ1「データがデータを生む時代に即したストレージソリューション」PCCC23:Pacific Teck Japan テーマ1「データがデータを生む時代に即したストレージソリューション」
PCCC23:Pacific Teck Japan テーマ1「データがデータを生む時代に即したストレージソリューション」PC Cluster Consortium
 
PCCC23:株式会社計算科学 テーマ1「VRシミュレーションシステム」
PCCC23:株式会社計算科学 テーマ1「VRシミュレーションシステム」PCCC23:株式会社計算科学 テーマ1「VRシミュレーションシステム」
PCCC23:株式会社計算科学 テーマ1「VRシミュレーションシステム」PC Cluster Consortium
 
PCCC22:株式会社アックス テーマ1「俺ASICとロボットと論理推論AI」
PCCC22:株式会社アックス テーマ1「俺ASICとロボットと論理推論AI」PCCC22:株式会社アックス テーマ1「俺ASICとロボットと論理推論AI」
PCCC22:株式会社アックス テーマ1「俺ASICとロボットと論理推論AI」PC Cluster Consortium
 
PCCC22:日本AMD株式会社 テーマ1「第4世代AMD EPYC™ プロセッサー (Genoa) の概要」
PCCC22:日本AMD株式会社 テーマ1「第4世代AMD EPYC™ プロセッサー (Genoa) の概要」PCCC22:日本AMD株式会社 テーマ1「第4世代AMD EPYC™ プロセッサー (Genoa) の概要」
PCCC22:日本AMD株式会社 テーマ1「第4世代AMD EPYC™ プロセッサー (Genoa) の概要」PC Cluster Consortium
 
PCCC22:富士通株式会社 テーマ3「量子シミュレータ」
PCCC22:富士通株式会社 テーマ3「量子シミュレータ」PCCC22:富士通株式会社 テーマ3「量子シミュレータ」
PCCC22:富士通株式会社 テーマ3「量子シミュレータ」PC Cluster Consortium
 
PCCC22:富士通株式会社 テーマ1「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」
PCCC22:富士通株式会社 テーマ1「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」PCCC22:富士通株式会社 テーマ1「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」
PCCC22:富士通株式会社 テーマ1「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」PC Cluster Consortium
 
PCCC22:日本電気株式会社 テーマ1「AI/ビッグデータ分析に最適なプラットフォーム NECのベクトルプロセッサ『SX-Aurora TSUBASA』」
PCCC22:日本電気株式会社 テーマ1「AI/ビッグデータ分析に最適なプラットフォーム NECのベクトルプロセッサ『SX-Aurora TSUBASA』」PCCC22:日本電気株式会社 テーマ1「AI/ビッグデータ分析に最適なプラットフォーム NECのベクトルプロセッサ『SX-Aurora TSUBASA』」
PCCC22:日本電気株式会社 テーマ1「AI/ビッグデータ分析に最適なプラットフォーム NECのベクトルプロセッサ『SX-Aurora TSUBASA』」PC Cluster Consortium
 
PCCC22:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す「計算・データ・学習」の融合による革新的スーパーコンピューティング」
PCCC22:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す「計算・データ・学習」の融合による革新的スーパーコンピューティング」PCCC22:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す「計算・データ・学習」の融合による革新的スーパーコンピューティング」
PCCC22:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す「計算・データ・学習」の融合による革新的スーパーコンピューティング」PC Cluster Consortium
 
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」03
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」03PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」03
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」03PC Cluster Consortium
 
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」01
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」01PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」01
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」01PC Cluster Consortium
 
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ1「HPC on Microsoft Azure」
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ1「HPC on Microsoft Azure」PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ1「HPC on Microsoft Azure」
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ1「HPC on Microsoft Azure」PC Cluster Consortium
 
PCCC22:インテル株式会社 テーマ3「インテル® oneAPI ツールキット 最新情報のご紹介」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ3「インテル® oneAPI ツールキット 最新情報のご紹介」PCCC22:インテル株式会社 テーマ3「インテル® oneAPI ツールキット 最新情報のご紹介」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ3「インテル® oneAPI ツールキット 最新情報のご紹介」PC Cluster Consortium
 
PCCC22:インテル株式会社 テーマ2「次世代インテル® Xeon™ プロセッサーを中心としたインテルのHPC-AI最新情報」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ2「次世代インテル® Xeon™ プロセッサーを中心としたインテルのHPC-AI最新情報」PCCC22:インテル株式会社 テーマ2「次世代インテル® Xeon™ プロセッサーを中心としたインテルのHPC-AI最新情報」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ2「次世代インテル® Xeon™ プロセッサーを中心としたインテルのHPC-AI最新情報」PC Cluster Consortium
 
PCCC22:インテル株式会社 テーマ1「インテル® Agilex™ FPGA デバイス 最新情報」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ1「インテル® Agilex™ FPGA デバイス 最新情報」PCCC22:インテル株式会社 テーマ1「インテル® Agilex™ FPGA デバイス 最新情報」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ1「インテル® Agilex™ FPGA デバイス 最新情報」PC Cluster Consortium
 
PCCC22:筑波大学計算科学研究センター テーマ2「学際計算科学による最新の研究成果」
PCCC22:筑波大学計算科学研究センター テーマ2「学際計算科学による最新の研究成果」PCCC22:筑波大学計算科学研究センター テーマ2「学際計算科学による最新の研究成果」
PCCC22:筑波大学計算科学研究センター テーマ2「学際計算科学による最新の研究成果」PC Cluster Consortium
 
PCCC22:日本オラクル株式会社 テーマ1「Oracle Cloud Infrastructure for HPC&AI」
PCCC22:日本オラクル株式会社 テーマ1「Oracle Cloud Infrastructure for HPC&AI」PCCC22:日本オラクル株式会社 テーマ1「Oracle Cloud Infrastructure for HPC&AI」
PCCC22:日本オラクル株式会社 テーマ1「Oracle Cloud Infrastructure for HPC&AI」PC Cluster Consortium
 
PCCC21:株式会社アックス「俺のハードウェア」
PCCC21:株式会社アックス「俺のハードウェア」PCCC21:株式会社アックス「俺のハードウェア」
PCCC21:株式会社アックス「俺のハードウェア」PC Cluster Consortium
 
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「mdx: データ活用社会に向けた産学官連携のための共創プラットフォーム」
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「mdx: データ活用社会に向けた産学官連携のための共創プラットフォーム」PCCC21:東京大学情報基盤センター 「mdx: データ活用社会に向けた産学官連携のための共創プラットフォーム」
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「mdx: データ活用社会に向けた産学官連携のための共創プラットフォーム」PC Cluster Consortium
 
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「『計算・データ・学習』融合によるスーパーコンピューティングの革新、そして東大センターのこれから」
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「『計算・データ・学習』融合によるスーパーコンピューティングの革新、そして東大センターのこれから」PCCC21:東京大学情報基盤センター 「『計算・データ・学習』融合によるスーパーコンピューティングの革新、そして東大センターのこれから」
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「『計算・データ・学習』融合によるスーパーコンピューティングの革新、そして東大センターのこれから」PC Cluster Consortium
 
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「観測データ同化による長周期地震動リアルタイム予測へ向けた試み:人類と地球を護るスーパーコンピューティング」
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「観測データ同化による長周期地震動リアルタイム予測へ向けた試み:人類と地球を護るスーパーコンピューティング」PCCC21:東京大学情報基盤センター 「観測データ同化による長周期地震動リアルタイム予測へ向けた試み:人類と地球を護るスーパーコンピューティング」
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「観測データ同化による長周期地震動リアルタイム予測へ向けた試み:人類と地球を護るスーパーコンピューティング」PC Cluster Consortium
 

More from PC Cluster Consortium (20)

PCCC23:Pacific Teck Japan テーマ1「データがデータを生む時代に即したストレージソリューション」
PCCC23:Pacific Teck Japan テーマ1「データがデータを生む時代に即したストレージソリューション」PCCC23:Pacific Teck Japan テーマ1「データがデータを生む時代に即したストレージソリューション」
PCCC23:Pacific Teck Japan テーマ1「データがデータを生む時代に即したストレージソリューション」
 
PCCC23:株式会社計算科学 テーマ1「VRシミュレーションシステム」
PCCC23:株式会社計算科学 テーマ1「VRシミュレーションシステム」PCCC23:株式会社計算科学 テーマ1「VRシミュレーションシステム」
PCCC23:株式会社計算科学 テーマ1「VRシミュレーションシステム」
 
PCCC22:株式会社アックス テーマ1「俺ASICとロボットと論理推論AI」
PCCC22:株式会社アックス テーマ1「俺ASICとロボットと論理推論AI」PCCC22:株式会社アックス テーマ1「俺ASICとロボットと論理推論AI」
PCCC22:株式会社アックス テーマ1「俺ASICとロボットと論理推論AI」
 
PCCC22:日本AMD株式会社 テーマ1「第4世代AMD EPYC™ プロセッサー (Genoa) の概要」
PCCC22:日本AMD株式会社 テーマ1「第4世代AMD EPYC™ プロセッサー (Genoa) の概要」PCCC22:日本AMD株式会社 テーマ1「第4世代AMD EPYC™ プロセッサー (Genoa) の概要」
PCCC22:日本AMD株式会社 テーマ1「第4世代AMD EPYC™ プロセッサー (Genoa) の概要」
 
PCCC22:富士通株式会社 テーマ3「量子シミュレータ」
PCCC22:富士通株式会社 テーマ3「量子シミュレータ」PCCC22:富士通株式会社 テーマ3「量子シミュレータ」
PCCC22:富士通株式会社 テーマ3「量子シミュレータ」
 
PCCC22:富士通株式会社 テーマ1「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」
PCCC22:富士通株式会社 テーマ1「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」PCCC22:富士通株式会社 テーマ1「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」
PCCC22:富士通株式会社 テーマ1「Fujitsu Computing as a Service (CaaS)」
 
PCCC22:日本電気株式会社 テーマ1「AI/ビッグデータ分析に最適なプラットフォーム NECのベクトルプロセッサ『SX-Aurora TSUBASA』」
PCCC22:日本電気株式会社 テーマ1「AI/ビッグデータ分析に最適なプラットフォーム NECのベクトルプロセッサ『SX-Aurora TSUBASA』」PCCC22:日本電気株式会社 テーマ1「AI/ビッグデータ分析に最適なプラットフォーム NECのベクトルプロセッサ『SX-Aurora TSUBASA』」
PCCC22:日本電気株式会社 テーマ1「AI/ビッグデータ分析に最適なプラットフォーム NECのベクトルプロセッサ『SX-Aurora TSUBASA』」
 
PCCC22:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す「計算・データ・学習」の融合による革新的スーパーコンピューティング」
PCCC22:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す「計算・データ・学習」の融合による革新的スーパーコンピューティング」PCCC22:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す「計算・データ・学習」の融合による革新的スーパーコンピューティング」
PCCC22:東京大学情報基盤センター 「Society5.0の実現を目指す「計算・データ・学習」の融合による革新的スーパーコンピューティング」
 
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」03
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」03PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」03
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」03
 
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」01
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」01PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」01
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ2「HPC on Azureのお客様事例」01
 
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ1「HPC on Microsoft Azure」
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ1「HPC on Microsoft Azure」PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ1「HPC on Microsoft Azure」
PCCC22:日本マイクロソフト株式会社 テーマ1「HPC on Microsoft Azure」
 
PCCC22:インテル株式会社 テーマ3「インテル® oneAPI ツールキット 最新情報のご紹介」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ3「インテル® oneAPI ツールキット 最新情報のご紹介」PCCC22:インテル株式会社 テーマ3「インテル® oneAPI ツールキット 最新情報のご紹介」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ3「インテル® oneAPI ツールキット 最新情報のご紹介」
 
PCCC22:インテル株式会社 テーマ2「次世代インテル® Xeon™ プロセッサーを中心としたインテルのHPC-AI最新情報」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ2「次世代インテル® Xeon™ プロセッサーを中心としたインテルのHPC-AI最新情報」PCCC22:インテル株式会社 テーマ2「次世代インテル® Xeon™ プロセッサーを中心としたインテルのHPC-AI最新情報」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ2「次世代インテル® Xeon™ プロセッサーを中心としたインテルのHPC-AI最新情報」
 
PCCC22:インテル株式会社 テーマ1「インテル® Agilex™ FPGA デバイス 最新情報」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ1「インテル® Agilex™ FPGA デバイス 最新情報」PCCC22:インテル株式会社 テーマ1「インテル® Agilex™ FPGA デバイス 最新情報」
PCCC22:インテル株式会社 テーマ1「インテル® Agilex™ FPGA デバイス 最新情報」
 
PCCC22:筑波大学計算科学研究センター テーマ2「学際計算科学による最新の研究成果」
PCCC22:筑波大学計算科学研究センター テーマ2「学際計算科学による最新の研究成果」PCCC22:筑波大学計算科学研究センター テーマ2「学際計算科学による最新の研究成果」
PCCC22:筑波大学計算科学研究センター テーマ2「学際計算科学による最新の研究成果」
 
PCCC22:日本オラクル株式会社 テーマ1「Oracle Cloud Infrastructure for HPC&AI」
PCCC22:日本オラクル株式会社 テーマ1「Oracle Cloud Infrastructure for HPC&AI」PCCC22:日本オラクル株式会社 テーマ1「Oracle Cloud Infrastructure for HPC&AI」
PCCC22:日本オラクル株式会社 テーマ1「Oracle Cloud Infrastructure for HPC&AI」
 
PCCC21:株式会社アックス「俺のハードウェア」
PCCC21:株式会社アックス「俺のハードウェア」PCCC21:株式会社アックス「俺のハードウェア」
PCCC21:株式会社アックス「俺のハードウェア」
 
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「mdx: データ活用社会に向けた産学官連携のための共創プラットフォーム」
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「mdx: データ活用社会に向けた産学官連携のための共創プラットフォーム」PCCC21:東京大学情報基盤センター 「mdx: データ活用社会に向けた産学官連携のための共創プラットフォーム」
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「mdx: データ活用社会に向けた産学官連携のための共創プラットフォーム」
 
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「『計算・データ・学習』融合によるスーパーコンピューティングの革新、そして東大センターのこれから」
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「『計算・データ・学習』融合によるスーパーコンピューティングの革新、そして東大センターのこれから」PCCC21:東京大学情報基盤センター 「『計算・データ・学習』融合によるスーパーコンピューティングの革新、そして東大センターのこれから」
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「『計算・データ・学習』融合によるスーパーコンピューティングの革新、そして東大センターのこれから」
 
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「観測データ同化による長周期地震動リアルタイム予測へ向けた試み:人類と地球を護るスーパーコンピューティング」
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「観測データ同化による長周期地震動リアルタイム予測へ向けた試み:人類と地球を護るスーパーコンピューティング」PCCC21:東京大学情報基盤センター 「観測データ同化による長周期地震動リアルタイム予測へ向けた試み:人類と地球を護るスーパーコンピューティング」
PCCC21:東京大学情報基盤センター 「観測データ同化による長周期地震動リアルタイム予測へ向けた試み:人類と地球を護るスーパーコンピューティング」
 

Recently uploaded

20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directoryosamut
 
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxIoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxAtomu Hidaka
 
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000Shota Ito
 
プレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールプレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールsugiuralab
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価sugiuralab
 

Recently uploaded (7)

20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
 
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxIoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
 
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
 
プレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールプレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツール
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
 

PCCC21:株式会社アックス「ハイブリッドAI”ごまめ”」