Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

対称クラスタの設定と動作確認

711 views

Published on

対称クラスタ(シンメトリカルクラスタ)の設定と動作確認の資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

対称クラスタの設定と動作確認

  1. 1. e f f e c t f o r c e ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. 御代 政彦(みよ まさひこ) 株式会社エフ 対称クラスタ(Symmetrical clusters) 設定と動作確認
  2. 2. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e アジェンダ  対称クラスタとは?  対称クラスタとは  対称クラスタの設定  前提条件  対称クラスタの設定  動作確認  設定の確認  Notes アプリケーションを作成  Notes アプリケーションを削除  エラー時の対応  注意事項  その他・未確認項目等  DAOS設定時  ビューの外出し設定時  文書の破損時 - 2 -
  3. 3. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 対称クラスタとは? - 3 -
  4. 4. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 対称クラスタとは  クラスタ間のNotesアプリケーション(nsfファイル) を同期し、存在しないか、もしくは破損したNotesアプ リケーションを検知して自動的に補完する機能。 - 4 - https://bit.ly/2NSNl23(HCLジャパンの資料) https://bit.ly/2OhjHCK(日本IBMシステムズ・エンジニアリングの資料) Dominoサーバー1号機 Dominoサーバー2号機 Dominoサーバー3号機 自動修復の対象ファイル 破損ファイル 自動修復 自動修復 自動修復
  5. 5. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 対称クラスタの設定 - 5 -
  6. 6. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 前提条件  2台以上のドミノクラスタが構成されていること  ドミノクラスタのメンバーはDomino V10以上であるこ と  ドミノディレクトリの設計はV10以上であること  対称となるNotesアプリケーション(nsfファイル)は ODS52以上であること - 6 - Dominoサーバー1号機 Dominoサーバー2号機 即時複製
  7. 7. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 対称クラスタの設定 1. notes.iniの設定(1)  それぞれのDominoサーバーのnotes.iniに 「D10_ENABLE_REPAIR=1」を追加します。 - 7 -
  8. 8. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 対称クラスタの設定 2. クラスタ構成文書の作成  ドミノディレクトリを開きます。  [設定]-[クラスタ]-[設定]ビューを開きます。  [クラスタ構成の追加]アクションをクリックします。 - 8 -
  9. 9. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 対称クラスタの設定 2. クラスタ構成文書の作成([基本]タブ)  [基本]タブは以下のように設定します。 - 9 - No. 項目名 説明 1 クラスタ 対称クラスタに設定したいDominoクラスタ名を選択します 2 サーバー クラスタを選択すると自動で値がセットされます 3 コメント この文書のコメントを入力します(任意) 設定例
  10. 10. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 対称クラスタの設定 2. クラスタ構成文書の作成([シンメトリ]タブ)  [シンメトリ]タブは以下のように設定します。 - 10 - No. 項目名 説明 1 シンメトリの管理 監視対象をすべてにするか、フォルダ指定にするかを選択します 2 フォルダ 監視対象のフォルダを選択します ※「シンメトリの管理」を”すべてのフォルダ”にした場合は、設定できませ ん 3 自動修復 破損したファイルの修復を行うのか、リスト出力のみにするのかを選択しま す 4 スキャン間隔 監視の間隔を分単位で設定します ※「自動修復」を”無効”にした場合は、設定できません 5 破損ファイル 破損ファイルを修復するかどうかを選択します ※「自動修復」が” “ログないの破損ファイルまたは不明なファイルのリスト 化”、“無効”の場合は、 6 破損ファイルを削除するまでの時間 破損ファイルを修復しない/できない場合の保存期間を日単位で設定します
  11. 11. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 対称クラスタの設定  [シンメトリ]タブの設定例 - 11 - 設定例
  12. 12. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 対称クラスタの設定 2. クラスタ構成文書の作成([チューニング]タブ)  [チューニング]タブは以下のように設定します。 - 12 - No. 項目名 説明 1 修復スレッド数 修復を試みる際に使用するDominoサーバーのスレッド数を設定します ※1-20の範囲で設定が可能です 2 ドナーの可用性チェック 修復を試みるドナーサーバー(対称クラスタのメンバー)の稼働状態を確認 する間隔を分単位で設定します ※1-15分の範囲で設定が可能です 3 次の後に失敗した修復を再試行 修復の再実行間隔を分単位で設定します ※1-15分の範囲で設定が可能です 4 最大再試行回数 破損または不明ファイルの修復を試みる回数を設定します 設定した回数に達すると、ファイルは修復不可能として設定されます ※0-5の範囲で設定が可能です 5 修復パフォーマンス 修復のパフォーマンスを選択します 6 修復ロギングレベル 修復の際のログ出力レベルを選択します
  13. 13. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 対称クラスタの設定  [チューニング]タブの設定例 - 13 - 設定例
  14. 14. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 対称クラスタの設定 2. クラスタ構成文書の作成([管理]タブ)  [管理]タブは以下のように設定します。 - 14 - No. 項目名 説明 1 所有者 この文書の編集可能ユーザ/グループを設定します 2 管理者 この文書の管理者を設定します 設定例
  15. 15. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 対称クラスタの設定 3. notes.iniの設定(2)  それぞれのDominoサーバーを停止します  それぞれのDominoサーバーのnotes.iniの「ServerTasks=」 に「AutoRepair,RepairCleanup」を追加します。  Dominoサーバーを停止した状態で編集してください  それぞれのDominoサーバーを再起動します - 15 -
  16. 16. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 対称クラスタの設定 4. Cluster Directoryの編集  「Cluster Directory」(cldbdir.nsf)を開きます  対称クラスタの監視対象としたいNotes アプリケーションの行 を確認します  「Cluster Replication」「Repair」の列が”Enabled”になってい る必要があります  設定したい文書を選択して[Tools]アクションで変更できます - 16 -
  17. 17. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 動作確認 - 17 -
  18. 18. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 動作確認 1. 設定の確認  Dominoサーバーコンソールで「repair show config」と入力 します。 - 18 - 実行例
  19. 19. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 動作確認 2. その他のコマンド  Dominoサーバーでは以下のコマンドが実行可能です。 - 19 - No. コマンド 説明 1 repair show config 設定内容を表示する 2 repair list servers 修復を行えるDominoサーバーのリストを表示する 3 repair list files 対称クラスタに設定されているNotes アプリケーションの一覧を表示する 4 repair list missing 破損しているNotes アプリケーションを表示する 5 repair list enabled 自動修復の対象に設定されているNotes アプリケーションを表示する 6 repair list disabled 自動修復の対象に設定されていないNotes アプリケーションを表示する 7 repair all 手動で破損しているNotes アプリケーションを修復します 8 repair file <filepath> 手動で指定したNotes アプリケーションを修復します 9 repair enable <filepath> 指定したNotes アプリケーションを自動修復の対象にする ※「Cluster Directory」の文書を修正するのと同じ効果 10 repair disable <filepath> 指定したNotes アプリケーションを自動修復の対象から外す
  20. 20. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 動作確認 3. Notes アプリケーションを作成  クラスタ構成文書で指定したシンメトリの対象フォルダに Notes アプリケーションを作成する - 20 -
  21. 21. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 動作確認 4. Notes アプリケーションを削除  クラスタ構成文書で指定したシンメトリの対象フォルダに Notes アプリケーションを削除する  自動修復のスキャン時にNotes アプリケーションを修復キューに 入れて復旧を行う - 21 -
  22. 22. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e エラー時の対応 - 22 -
  23. 23. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e エラー時の対応 1. うまく動かない場合は、以下を試す  OSからの再起動  ドミノディレクトリのビューの更新  対象となるNotes DBのfixup  ACLの確認(クラスタサーバーのメンバーが読者以上に設定さ れていること) - 23 -
  24. 24. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e エラー時の対応 2. 「自動修復は現在無効になっています」というエラー が表示される  AutoRepairタスクを起動する(load AutoRepair)  Dominoサーバーを再起動する - 24 -
  25. 25. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e エラー時の対応 3. 「操作を実行する権限がありません」というエラーが 表示される  Notes アプリケーションのACLにクラスタサーバーのメンバー が読者以上で追加する - 25 -
  26. 26. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e エラー時の対応 4. 「NSF のバージョンが無効です」というエラーが表示 される  Notes アプリケーションのODSを52以上にする  Dominoサーバーのnotes.iniに「CREATE_R8_DATABASES=1」 や「CREATE_R85_DATABASE=1」等が設定されていないこと - 26 -
  27. 27. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 注意事項 - 27 -
  28. 28. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 注意事項  サブフォルダやファイルだけを指定することはできない  上位のフォルダを指定することで、サブフォルダ以下のNotes アプリケーションも対象となる  ディレクトリリンクでも対称クラスタの対象にできる  ただし、フォルダが存在しないサーバーは直接フォルダが作成 されるので注意!  ディレクトリリンク側にあるNotes アプリケーションを削除す ると、ディレクトリリンク先に復旧される - 28 -
  29. 29. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 注意事項  ルートディレクトリ(DominoData直下)は自動復旧 の対象外である  シンメトリの対象を「すべてのフォルダ」にしてもできない  フォルダ名およびファイル名が完全一致であること  Linux環境の場合、大文字小文字もチェック対象となる  テンプレートファイル(*.ntf)は対象外  ODSは52以上であること  51以下だと"NSF のバージョンが無効です"というエラーになる  ヘルプには日本語の情報はない - 29 -
  30. 30. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e その他・未確認項目等 - 30 -
  31. 31. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 未確認項目  DAOSの場合、nloファイルも補完される  「ビューをデータ外に移動」したらどうなる?  文書の破損時の挙動  タスクをプログラム文書で設定した場合の挙動と違い  「repair replhist -all」がエラーになる  「エントリが索引に見つかりません」というエラーになる - 31 -
  32. 32. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e 免責事項 本資料は、弊社の独自の調査によるものです。必ずしも HCL殿の見解と一致するものではありません。 本資料の情報は、使用先の責任において使用されるべき ものであることを、あらかじめご了承ください。 弊社(株式会社エフ)の承諾なしに、コピー、複製、他 のメディアに転載する事はご遠慮ください。 当資料に記載された製品名または会社名はそれぞれ、各 社の商標または登録商標です。 - 32 -
  33. 33. ©2019 ef Co., Ltd. All rights Reserved. e f f e c t f o r c e

×