Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
副業エンジニアもBacklogで
プロジェクト管理しよう!
Backlog World 2019 | -プロジェクトマネジメント×働き方改革-
自己紹介
塚原彰仁(つかはら あきと)
出身:愛知県
勤め先:株式会社Lifebook
職業:Webエンジニア 兼 Webディレクター
CAFE PASS(カフェパス)
加盟店のコーヒーやラテを30杯まで飲めるサブスクリプション型サービス
東京と名古屋を中心にサービスを拡大中!
https://cakepass.me
皆さんはBacklog使ってますか?
コミットできる時間が少ない
=事業への貢献は小さく?
副業だからこそ
効率良く事業に貢献したい
Backlogは副業プロジェクトを
効率良く進めるのに最適なツールのひとつ
CAFE PASSのプロジェクト
 ほとんどのメンバーが平日は本業をメインに
 活動は主に週末で稼働時間は個人の裁量にお任せ
メンバー
10名
(エンジニア3名)
平均稼働時間
20h/月
副業プロジェクトでの困りごと
副業プロジェクトでの困りごと その1
メンバー同士の稼働時間が把握できない
副業プロジェクトでの困りごと その2
メンバー間で実装イメージにズレが発生する
副業プロジェクトでの困りごと その3
Backlogの使い方が浸透しない
副業プロジェクトでの困りごと
副業プロジェクトに最適な「情報共有の仕組み」が必要
1. メンバー同士の稼働時間が把握できない
2. メンバー間で実装イメージにズレが発生する
3. Backlogの使い方が浸透しない
そのままにしておくとこんなことに…
プロジェクトが遅れながらも開発を続けていたある日
急遽2週間後にメディア露出のチャンスが!
リリース前に、徹夜して急ピッチで開発
何とかリリースを…
このプロジェクト、このメンバーで
最適な進め方を模索しよう
月末にメンバーの来月の稼働可能時間を確認
 各メンバーの稼働時間に合わせて、タスクの分配を行う
 課題チケットは1ヶ月分まとめて作成
 タスクのマイルストーンはメンバー全員で確認
メンバー間で実装イメージにズレが発生する
 月末のMTGでヒアリングからスケジュール出しまでをPM
とエンジニアで一緒に
 要件、期限などは担当者が記載
 修正依頼や追加要望はチケットに書き込んでいく
Backlogの使い方が浸透しない
 ちょっとずつ慣らしていく
 打ち合わせの時はチケットを一緒に確認する
 簡単なワークショップ形式で互いに使い方を確認する
さらにこんな良いことが
 Wikiにサービスに関する情報を集約
 チケットに仕様や修正依頼をまとめる
Backlogに情報を集約できた
 担当者が明確なので、誰がボールを持っているのか見失わない
 担当課題へ自分ごと感が増してくる
プロジェクトがより自分ごとに...
Backlogは副業プロジェクトを
効率良く進めるのに最適なツールのひとつ
ご静聴ありがとうございました
補足用スライド
 スライド資料中のねこ
https://note.mu/kobaka7/n/n456624959588
THE GUILDのこばかなさんのスタンプを利用させていただきました
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

副業エンジニアもBacklogで プロジェクト管理しよう!

705 views

Published on

「Backlog World 2019 | -プロジェクトマネジメント×働き方改革-」でLTさせていただきました。
副業プロジェクトをBacklog管理するノウハウについて、お話しさせていただきました。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

副業エンジニアもBacklogで プロジェクト管理しよう!

  1. 1. 副業エンジニアもBacklogで プロジェクト管理しよう! Backlog World 2019 | -プロジェクトマネジメント×働き方改革-
  2. 2. 自己紹介 塚原彰仁(つかはら あきと) 出身:愛知県 勤め先:株式会社Lifebook 職業:Webエンジニア 兼 Webディレクター
  3. 3. CAFE PASS(カフェパス) 加盟店のコーヒーやラテを30杯まで飲めるサブスクリプション型サービス 東京と名古屋を中心にサービスを拡大中! https://cakepass.me
  4. 4. 皆さんはBacklog使ってますか?
  5. 5. コミットできる時間が少ない =事業への貢献は小さく?
  6. 6. 副業だからこそ 効率良く事業に貢献したい
  7. 7. Backlogは副業プロジェクトを 効率良く進めるのに最適なツールのひとつ
  8. 8. CAFE PASSのプロジェクト  ほとんどのメンバーが平日は本業をメインに  活動は主に週末で稼働時間は個人の裁量にお任せ メンバー 10名 (エンジニア3名) 平均稼働時間 20h/月
  9. 9. 副業プロジェクトでの困りごと
  10. 10. 副業プロジェクトでの困りごと その1 メンバー同士の稼働時間が把握できない
  11. 11. 副業プロジェクトでの困りごと その2 メンバー間で実装イメージにズレが発生する
  12. 12. 副業プロジェクトでの困りごと その3 Backlogの使い方が浸透しない
  13. 13. 副業プロジェクトでの困りごと 副業プロジェクトに最適な「情報共有の仕組み」が必要 1. メンバー同士の稼働時間が把握できない 2. メンバー間で実装イメージにズレが発生する 3. Backlogの使い方が浸透しない
  14. 14. そのままにしておくとこんなことに…
  15. 15. プロジェクトが遅れながらも開発を続けていたある日 急遽2週間後にメディア露出のチャンスが!
  16. 16. リリース前に、徹夜して急ピッチで開発 何とかリリースを…
  17. 17. このプロジェクト、このメンバーで 最適な進め方を模索しよう
  18. 18. 月末にメンバーの来月の稼働可能時間を確認  各メンバーの稼働時間に合わせて、タスクの分配を行う  課題チケットは1ヶ月分まとめて作成  タスクのマイルストーンはメンバー全員で確認
  19. 19. メンバー間で実装イメージにズレが発生する  月末のMTGでヒアリングからスケジュール出しまでをPM とエンジニアで一緒に  要件、期限などは担当者が記載  修正依頼や追加要望はチケットに書き込んでいく
  20. 20. Backlogの使い方が浸透しない  ちょっとずつ慣らしていく  打ち合わせの時はチケットを一緒に確認する  簡単なワークショップ形式で互いに使い方を確認する
  21. 21. さらにこんな良いことが
  22. 22.  Wikiにサービスに関する情報を集約  チケットに仕様や修正依頼をまとめる Backlogに情報を集約できた  担当者が明確なので、誰がボールを持っているのか見失わない  担当課題へ自分ごと感が増してくる プロジェクトがより自分ごとにように感じる
  23. 23. Backlogは副業プロジェクトを 効率良く進めるのに最適なツールのひとつ
  24. 24. ご静聴ありがとうございました
  25. 25. 補足用スライド
  26. 26.  スライド資料中のねこ https://note.mu/kobaka7/n/n456624959588 THE GUILDのこばかなさんのスタンプを利用させていただきました

×