Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
1
Filament Inc
代表 角 勝
ITを活用した地域課題解決
に向けての取組み
2
今日のお題
1.自己紹介&ハック活動
2.地域課題解決の主体
~なぜ行政の仕事がイマイチなのか~
3.シビックテックの可能性
~カマコンバレー / Code for 〇〇 / CIVIC HACK OSAKA~
3
名前 角 勝(すみ まさる)
前職 大阪市経済戦略局イノベーション担当
(キャリア20年の公務員…でした)
大阪市で今年から始まった
生活保護費のプリペイド支給の発案者
でもある。
当時の自称
日本一公務員っぽくない公務員
当時の職場
大阪...
4
オープンイノベーションイベント?
代表的なものが…
Hackathon
(ハッカソン)
5
ハッカソンとは
ハック + マラソン
(Hack) (Marathon)
ITエンジニアやデザイナー、
ビジネスプランナーなど
多様な人材が集まって制限時間内に
プロダクトを開発するコンテスト
6
・従来ソフトウェアの世界で行われてきたハッカソンを、
ものづくり(ハードウェア)の世界に拡大
【開催日時】
第1回 2013年1月26日~27日(44名参加)
【参加者】
ものづくり系技術者
プログラマー
デザイナー
マーケター・プランナー...
7
様々な効果音で「ごっこ遊び」を
進化させるSmart Toy ”Moff Band”
ハッカソンで出会ったチームが
ハードウェアベンチャーを設立
8
Moff Band
経済産業省の「ものづくり白書2014」にも紹介
アマゾンのカテゴリ別売上が「妖怪ウオッチ」についで第2位!!
最近、妖怪ウオッチを抜いて1位に!!
9
・ものアプリハッカソンを発展させて、大手家電
メーカーの製品をハックして、新製品のアイデア
出しと開発を実施
・外部の開発者と大企業をつなぐオープンイノベー
ションのための”場”の創出という意義もある
【開催日時】
Aコース(対象:ロボット...
10
ハッカソンから生まれたアイデア
ツンデレココロボが“プレミアムなCOCOROBO”
として、まさかの商品化!!
ハッカソンの成果物が大手家電メーカーから商品化
されるのはおそらく日本初(いや世界初かも!!)
11
TechCrunch Hackathon Osaka
OIH・大阪市×GUGEN ハードウェアハッカソン
Xperia™ Wearable Hackathon(6月)
デバイスハッカソンin大阪(6月)
Firefox OSxHTML5x...
12
週刊ダイヤモンドにも
”変わり者”公務員として掲載
「日本一ハッカソンに詳しい公務員」
「ハッカソンに詳しい公務員」として
こちらの本にもとりあげられました
↓
(一部界隈で)有名になりすぎて公務に支障が…
13
企業・起業家・自治体から
相談や講演依頼が多数
↓
大阪市の職員である以上、大阪市の
仕事を優先しなくてはならない
↓
…大阪市だけよくなれば
それでよいのか?
14
大阪市の退職を決断!!
公務員を辞めた方が
社会全体に提供できる
価値の総量が増える
15
公務員卒業後に立上げた会社
Filament Inc
(合同会社フィラメント)
16
Filamentの価値/事業
ハッカソンで得た
ノウハウを活用した
オープンイノベーション支援
17
ここからが本題
18
地域課題の解決主体って…
普通に考えれば行政だよね?
でもなんか…イマイチだよね?
19
行政は…
・ITのことがわかってない
・新しいことに消極的
・既得権者ばっかり優先する
・「誰得?」な大型開発ばっかりする
※一般的なイメージであり、事実とは限りません
20
なぜ行政の仕事が
イマイチに感じるのか
21
行政の仕事: 世の中を良くすること
揉め事をおこさないこと
行政とは
揉め事をおこさずに
税金を分配する装置
(あくまで個人的意見です)
22
・ITのことがわかってない
・新しいことに消極的
・既得権者ばっかり優先する
・「誰得?」な大型開発ばっかりする
→行政に文句を言う層の人はITのことわかってないから
揉め事が起きない
→新しいことをやる方が軋轢が多い
→新しいことをして...
23
組織としての行政は
「揉める要素」が入ると消極的
にならざるを得ない
行政の限界
↓
24
一方で
IT・SNSの発展により
個人やコミュニティの力
(発言力・開発力・組織力)
は増大している
25
これから
ITを活用した地域課題解決
を行うのは誰?
課題解決を事業として
成立させうる
コミュニティー的存在
↓
26
例えば
カマコンバレーのような…
27
カマコンバレーの様々な取組み
28
あるいは
Code for 〇〇のような…
29
イベントベースだと
関西で開催したハッカソン
でも好事例が
30
CIVIC HACK OSAKA 2014
・地域のさまざまな問題を、オープンデータを活用して解決するアプリを
作るハッカソン。
・地域課題に精通した公務員が課題を持ち寄り、エンジニアとともに試作
・2014年8月24日、31日の2日間に...
31
Civic Hack Osaka 2014
・リアリティーのある課題に基づく様々な解決
アイデアとそれを具現化した作品が生まれた。
・中でも
自治体の広報施策の効果が薄いという問題を
解決する「PUSH大阪」という作品はスマート
フォン用...
32
組織としての行政は
コンサバでも
新しいことをやりたい
街を良くしたいと思っている
公務員はたくさんいる!!
33
地域の問題意識を持つ住民、
地域課題に精通した公務員、
シビックテックなエンジニア…
様々な人達が楽しみながら、
課題を解決する。
そしてそれを
仕組化の過程で自然にビジネスに
なっていく…
34
そんな未来が
すぐそこに来ているのではないかと
35
今日のセッションの
ご健闘をお祈りします!!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

フューチャーセッションIn奈良講演資料

5,660 views

Published on

経産省主催で開催されたフューチャーセッションin奈良の講演資料です。前半はいつもの自己紹介ですが、後半は行政主催のイベント資料とは思えない衝撃の展開です。

Published in: Business
  • Be the first to comment

フューチャーセッションIn奈良講演資料

  1. 1. 1 Filament Inc 代表 角 勝 ITを活用した地域課題解決 に向けての取組み
  2. 2. 2 今日のお題 1.自己紹介&ハック活動 2.地域課題解決の主体 ~なぜ行政の仕事がイマイチなのか~ 3.シビックテックの可能性 ~カマコンバレー / Code for 〇〇 / CIVIC HACK OSAKA~
  3. 3. 3 名前 角 勝(すみ まさる) 前職 大阪市経済戦略局イノベーション担当 (キャリア20年の公務員…でした) 大阪市で今年から始まった 生活保護費のプリペイド支給の発案者 でもある。 当時の自称 日本一公務員っぽくない公務員 当時の職場 大阪イノベーションハブ (グランフロント大阪北館7階) 当時の業務内容 オープンイノベーションイベントの企画 自己紹介
  4. 4. 4 オープンイノベーションイベント? 代表的なものが… Hackathon (ハッカソン)
  5. 5. 5 ハッカソンとは ハック + マラソン (Hack) (Marathon) ITエンジニアやデザイナー、 ビジネスプランナーなど 多様な人材が集まって制限時間内に プロダクトを開発するコンテスト
  6. 6. 6 ・従来ソフトウェアの世界で行われてきたハッカソンを、 ものづくり(ハードウェア)の世界に拡大 【開催日時】 第1回 2013年1月26日~27日(44名参加) 【参加者】 ものづくり系技術者 プログラマー デザイナー マーケター・プランナー 【プログラム】 1日目 アイデアワークショップ、プロトタイプ作製 2日目 プロトタイプ作製、審査・発表 第1回ものアプリハッカソン
  7. 7. 7 様々な効果音で「ごっこ遊び」を 進化させるSmart Toy ”Moff Band” ハッカソンで出会ったチームが ハードウェアベンチャーを設立
  8. 8. 8 Moff Band 経済産業省の「ものづくり白書2014」にも紹介 アマゾンのカテゴリ別売上が「妖怪ウオッチ」についで第2位!! 最近、妖怪ウオッチを抜いて1位に!!
  9. 9. 9 ・ものアプリハッカソンを発展させて、大手家電 メーカーの製品をハックして、新製品のアイデア 出しと開発を実施 ・外部の開発者と大企業をつなぐオープンイノベー ションのための”場”の創出という意義もある 【開催日時】 Aコース(対象:ロボット家電「ココロボ」) 2013年11月16日~17日(22名参加) Bコース(対象:スマホ連携テレビ 「スマホライフアクオス」) 2013年12月7日~8日(開催予定) 【参加者】 ものづくり系技術者、Web系プログラマー、 デザイナー、マーケティング担当者 CoCreation Jam ~シャープ×インディー開発者による新製品開発~
  10. 10. 10 ハッカソンから生まれたアイデア ツンデレココロボが“プレミアムなCOCOROBO” として、まさかの商品化!! ハッカソンの成果物が大手家電メーカーから商品化 されるのはおそらく日本初(いや世界初かも!!)
  11. 11. 11 TechCrunch Hackathon Osaka OIH・大阪市×GUGEN ハードウェアハッカソン Xperia™ Wearable Hackathon(6月) デバイスハッカソンin大阪(6月) Firefox OSxHTML5xLOD WEBイノベーションハッカソン シビックハック大阪2014 NTT西日本スタートアップフェスティバル Yahoo!未来予知アワード Hack On Air MBSハッカソン シャープウェアラブルアイデアソン ゲーム×オープンデータハッカソン学生チャレンジ …等多数開催 OIHで実施したハッカソンイベントの数々 2014年度
  12. 12. 12 週刊ダイヤモンドにも ”変わり者”公務員として掲載 「日本一ハッカソンに詳しい公務員」 「ハッカソンに詳しい公務員」として こちらの本にもとりあげられました ↓ (一部界隈で)有名になりすぎて公務に支障が…
  13. 13. 13 企業・起業家・自治体から 相談や講演依頼が多数 ↓ 大阪市の職員である以上、大阪市の 仕事を優先しなくてはならない ↓ …大阪市だけよくなれば それでよいのか?
  14. 14. 14 大阪市の退職を決断!! 公務員を辞めた方が 社会全体に提供できる 価値の総量が増える
  15. 15. 15 公務員卒業後に立上げた会社 Filament Inc (合同会社フィラメント)
  16. 16. 16 Filamentの価値/事業 ハッカソンで得た ノウハウを活用した オープンイノベーション支援
  17. 17. 17 ここからが本題
  18. 18. 18 地域課題の解決主体って… 普通に考えれば行政だよね? でもなんか…イマイチだよね?
  19. 19. 19 行政は… ・ITのことがわかってない ・新しいことに消極的 ・既得権者ばっかり優先する ・「誰得?」な大型開発ばっかりする ※一般的なイメージであり、事実とは限りません
  20. 20. 20 なぜ行政の仕事が イマイチに感じるのか
  21. 21. 21 行政の仕事: 世の中を良くすること 揉め事をおこさないこと 行政とは 揉め事をおこさずに 税金を分配する装置 (あくまで個人的意見です)
  22. 22. 22 ・ITのことがわかってない ・新しいことに消極的 ・既得権者ばっかり優先する ・「誰得?」な大型開発ばっかりする →行政に文句を言う層の人はITのことわかってないから 揉め事が起きない →新しいことをやる方が軋轢が多い →新しいことをして文句を言うのは既得権者 →大規模開発して損する人はいない
  23. 23. 23 組織としての行政は 「揉める要素」が入ると消極的 にならざるを得ない 行政の限界 ↓
  24. 24. 24 一方で IT・SNSの発展により 個人やコミュニティの力 (発言力・開発力・組織力) は増大している
  25. 25. 25 これから ITを活用した地域課題解決 を行うのは誰? 課題解決を事業として 成立させうる コミュニティー的存在 ↓
  26. 26. 26 例えば カマコンバレーのような…
  27. 27. 27 カマコンバレーの様々な取組み
  28. 28. 28 あるいは Code for 〇〇のような…
  29. 29. 29 イベントベースだと 関西で開催したハッカソン でも好事例が
  30. 30. 30 CIVIC HACK OSAKA 2014 ・地域のさまざまな問題を、オープンデータを活用して解決するアプリを 作るハッカソン。 ・地域課題に精通した公務員が課題を持ち寄り、エンジニアとともに試作 ・2014年8月24日、31日の2日間に開催
  31. 31. 31 Civic Hack Osaka 2014 ・リアリティーのある課題に基づく様々な解決 アイデアとそれを具現化した作品が生まれた。 ・中でも 自治体の広報施策の効果が薄いという問題を 解決する「PUSH大阪」という作品はスマート フォン用アプリとしてリリースされ、大阪市の 職員も説明会を開くなど、活用の機運が盛り あがっている。 ・オープンなマインドを持つ公務員の広がりを 感じさせるイベントとなっただけでなく、 オープンデータのビジネス活用の可能性を感じ させる成果が得られた。
  32. 32. 32 組織としての行政は コンサバでも 新しいことをやりたい 街を良くしたいと思っている 公務員はたくさんいる!!
  33. 33. 33 地域の問題意識を持つ住民、 地域課題に精通した公務員、 シビックテックなエンジニア… 様々な人達が楽しみながら、 課題を解決する。 そしてそれを 仕組化の過程で自然にビジネスに なっていく…
  34. 34. 34 そんな未来が すぐそこに来ているのではないかと
  35. 35. 35 今日のセッションの ご健闘をお祈りします!!

×