Successfully reported this slideshow.

Azure update flash

0

Share

1 of 29
1 of 29

Azure update flash

0

Share

Download to read offline

Description

2020/11/18 AA Dojo でお話した内容です

Transcript

  1. 1. 閃光の Azure Update Minoru Naito ( minaito ) Cloud Solution Architect Microsoft Japan 2020/11/18
  2. 2. タイトルは勢いです
  3. 3. ©Microsoft Corporation Azure 今日のお品書き 04 10 21 26 Azure と Update をおさらい テーマに合わせて役立つ Update を紹介 ご参考:その他の Ignite Update ( インフラ関連 )の紹介 まとめ
  4. 4. © Copyright Microsoft Corporation. All rights reserved. Azure. Invent with purpose.
  5. 5. ©Microsoft Corporation Azure Microsoft Platform ID管理, セキュリティ対策, 運用管理, およびコンプライアンス
  6. 6. ©Microsoft Corporation Azure Microsoft Azure エッジ デバイス Azure Stack Azure Sphere Azure Kinect HoloLens Azure Arc サーバーレス Web モバイル 複合現実 コンテナ イベント + 統合 データベース 分析 AI + 機械学習 モノのインターネット (IoT) メディア インフラストラクチャー コンピューティング ネットワーク ストレージ セキュリティ ID 開発者ツール Visual Studio Azure DevOps GitHub Power Apps Power BI
  7. 7. ©Microsoft Corporation Azure Azure の更新情報 https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/ 9月だけで 196 のアップデートが!
  8. 8. ©Microsoft Corporation Azure Microsoft の大型イベントと Recap 以下の技術イベントの後に、Azure 最新情報をピックアップして紹介 Microsoft Build ( 毎年5月に米国にて開催 ) https://www.Microsoft.com/en-us/build Microsoft Ignite ( 毎年9-10月に米国にて開催 ) https://www.Microsoft.com/en-us/ignite
  9. 9. ©Microsoft Corporation Azure Book of News http://aka.ms/Ignite2020BookofNews
  10. 10. 閃光というからには速そうなアップデート
  11. 11. ©Microsoft Corporation Azure Network: Cross-region load balancing Azure Load Balancer でリージョン間ロードバランスのプレビューを開始 複数のリージョンから発信された受信トラフィック 次の最適なリージョンのデプロイへの即時 グローバル フェールオーバー 超低遅延を使用した、最も近い Azure リージョンへのリージョン間の負荷分散 1 つのエンドポイントの背後でスケールアップまたは スケールダウンする機能
  12. 12. ©Microsoft Corporation Azure Azure 負荷分散サービス全体像 Azureサービス 機能 Traffic Manager DNS ロードバランサー リージョン間の リダイレクト Front Door Service グローバルレベルのHTTP ロードバランシング Application Gateway L7 ロードバランサー URL/コンテンツ ベースのルーティング SSL オフロード WAF ( Option ) Load Balancer L4 ロードバランサー リージョン内の スケーラビリティ マルチAZ マルチリージョン New‼
  13. 13. 早いとくれば安い
  14. 14. ©Microsoft Corporation Azure Azure 料金の最適化に役立つプラン Azure 予約 インスタンス / 予約キャパシティ 1年や3 年といった期間の利用を想定することで、通常 より低いコストで仮想マシン、SQL Database、ストレージ を利用可能にするもの Azure ハイブリッド特典 (aka. AHB) Windows Server SAが有効な場合、Azure 仮想マシ ン上で Windows Server を利用可能にする特典 Azure での仮想マシン利用時に、基本仮想マシンサービ スの料金のみとなる 延長セキュリティ更新プログラム Windows Server 2008 / SQL Server 2008 の延長セ キュリティ更新プログラム(ESU) が Azure 上では無償提 供される Azure Spot Virtual Machines 未使用のAzureコンピューティング容量を大幅な割引で 利用できる Windows OS リージョン、シリーズ、サイズなどにより 割引率は変動いたします。 Azure ハイブリッド特典で 最大 40% コスト削減*1 Windows VM のコスト構造
  15. 15. ©Microsoft Corporation Azure Azure Hybrid Benefit - Linux - ご利用頂ける方 Red Hat Enterprise Linux (RHEL) または SUSE Linux Enterprise Server (SLES) のサブスクリプションを お持ちのお客様 利点 移行時のライセンス問題を低減 ソフトウェアサブスクリプションの料金を有効活用 切り替えに再起動等も発生しない どういうもの? 従量課金 (PAYG) の VM を、 bring-your-own-subscription (BYOS) モデルに置き換える Overview for Red Hat and SUSE customers https://azure.microsoft.com/en-us/blog/azure-hybrid-benefit-now-generally-available-for-linux/
  16. 16. ©Microsoft Corporation Azure Azure 移行によるコスト最適化アプローチ Tight-Sizing – ピークに備えるのでは なく、需要に応じて変動させる Snoozing – 使わないときは起動 しない Right-Sizing – 将来ではなく 今必要なサイズを見積もる ZzZ
  17. 17. ©Microsoft Corporation Azure 運用の最適化により実現するクラウド利用コストの最適化 100% On-prem capacity Reservations (up to 72% lower price) 30% Avg utilization Pay-go 70% Peak utilization Right sizing/elimination ベースになるワークロード 日常的に利用する、定常的・定型的なワークロード Reserved Instance を利用することでコスト抑制 A A 変動的な利用 定期的あるいはイベント起因で生じるワークロード 監視・運用効率化により従量課金のメリットを 最大化 B B 余剰キャパシティの最適化 オンプレ時代のキャパシティプランニングにあった 余剰な安全マージンを削除 (必要に応じて拡張)) 適切なサイジングでコストを抑制 C C
  18. 18. そういえば今日は Architecture Dojo だった
  19. 19. ©Microsoft Corporation Azure Azure Private Link – PaaS へのプライベート接続 Azure の PaaS や 他 VNET にある Load Balancer 配下のアプリケーションへのプライベート IP アドレスでのアクセスを提供 Private endpoint Storage 10.0.0.5 SQL DWSQL Deny Internet Deny Internet ER Gateway On-premises Private Link Customer Apps Azure PaaS Marketplace ServicesVirtual Network (10.0.0.0/16) ER Private Peering VNETやオンプレミスから、プライベートIPでリソースにアクセス! 対応サービス急増中! https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/private-link/private-link-overview
  20. 20. ©Microsoft Corporation Azure Private Endpoint : DNS Integration Private Zone DNS Domain: privatelink.service.windows.net A: myresource -> 10.1.1.20 DNS 条件付きフォワーダ service.windows.net -> Azure DNS name servers Using Custom DNS on Azure ✓ Resolving on Custom DNS on Azure with conditional forwarding for Azure DNS ✓ Integrate Private Zone DNS with private record for VNet ✓ Resolve from on premises using same Custom DNS 10.1.1.20 Using Private Zone DNS ✓ Same connection URL, no change required on Applications ✓ Easy to configure DNS server to resolve from VNet ✓ Internet remains resolving to Public IP address https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/private-link/private-endpoint-dns
  21. 21. せっかくなのでその他のアップデートを
  22. 22. ©Microsoft Corporation Azure Azure Datacenter update Azure Availability Zones (AZs)  衛星通信型 - 衛星データ および衛星通信の アクセス機能を提供する マネージドサービス 、 Azure Virtual Network とグローバルバックボーンへ の乗り入れ プライベートプレビュー  地上局管理型 – (観測 衛星)ポーリングタイム、 コマンド送信、受信  カナダ中央と オーストラリア東部 リージョンにて提供開始、 AZ対応リージョンは14 Azure Resource Mover Azure Orbital  単一管理画面で リージョン間のリソース 移動を可能に  現在はVM/SQLのみの プレビュー Azure Zone to Zone Disaster Recovery  従来のリージョン間 リカバリ機能をZone 単位へ拡張、リージョン内 復旧戦略のケースなど Azure Region (Arizona)  West US 3リージョン 現在のリージョンは61 (進行中含)
  23. 23. ©Microsoft Corporation Azure Azure Hybrid, Azure Infra, Azure Migrate Azure Migrate  可用性ゾーンへの Migrate  UEFI 起動VMの移行に 対応 Azure VM Azure Stack HCI  Azure Advisor スコアで Spot VMワークロードの コストを継続的に最適化  Dsv3/Esv3 ディスク バースト Azure VMWare Solution  GA(米国東部、 米国西部、西ヨーロッパ、 オーストラリア) Hybrid Benefits for Linux  Red Hat Enterprise Linux (RHEL) および SUSE Linux Enterprise Server (SLES) のBYOS  Azure Kubernetes on Azure Stack HCI Preview Flatcar Container Linux  Core OS (2020/5/26 EOL)と互換性のある Linux ディストリビューション Azure Automanage  Windows Server仮想 マシンの運用自動化VM VMSS/Dedicated Host  メンテナンスウインドウ 指定の拡大、VMSSは イメージ適用タイミング 指定可能に Azure Arc  Enabled Server (Windows/Linux) GA  Enabled SQL Server Preview  Enabled data services (on K8S)  Enabled PostgreSQL Hyperscale Dedicated Host  VMSS対応、Host 横断可能  プラットフォームにホスト グループを選択させる事で VMデプロイの速度向上
  24. 24. ©Microsoft Corporation Azure Azure Disk / Ultra Disk / Backup Azure Backup  Backupセンター  個別ディスクバックアップ のサポート  32個以上のManaged Diskサポート  クロスリージョンレストア機 能がSQL Server や SAP/HANAなどに拡大  ZRS Storageへの対応  MySQL/Oracleへの一貫 性保持 スナップショット型 バックアップ用Script Azure Ultra Disk  セクタサイズ512byte サポート Azure Disk Storage  Azure Private Links との統合により、Diskの Export/Import時によりセキュアに  Performance Tierサポートによって、通常時は ベースライン性能で稼働し、高負荷時の一時バーストが 可能、Baseline P10(500IOPS/100MB/s)の場合により 上位のP50(7500IOPS/250MB/s)を設定可能
  25. 25. ©Microsoft Corporation Azure Azure Networking Cisco/Barracuda SD- WAN/ Azure Firewall 展開  クロスリージョン ネットワークロードバランサ (L3 UDP/TCP)  Azure Virtual WANハブ での展開、NVA動作 サポート Global Load Balancerブランチ間接続帯域強化  最大40Gbpsサポート Preferred path Alternate path for recovery
  26. 26. まとめ
  27. 27. ©Microsoft Corporation Azure 今日のお品書き 04 10 21 26 Azure と Update をおさらい テーマに合わせて役立つ Update を紹介 ご参考:その他の Ignite Update ( インフラ関連 )の紹介 まとめ
  28. 28. © Copyright Microsoft Corporation. All rights reserved. 利用条件: • 本書に関するすべての権利は、Microsoft Corporationおよびその関連会社(以下、マイクロソフト)が保有しています。本書は情報提供のみを目的としており、 本資料に記載されている情報は、本資料作成時点での情報となります。 • 状況等の変化により、内容は変更される場合があります。マイクロソフトによる事前の承諾がない限り、本書の全部または一部を複製、改変、翻案、再頒布、公 衆送信、貸与、譲渡したり、第三者に開示または共有することは、認められません。 • マイクロソフトは、本書の内容について何ら保証するものではなく、本書の使用に関連してお客様、お客様の関連会社、または第三者に生ずる間接的、付随的、 結果的な損害(営業機会や営業情報の損失などを含む)について一切責任を負いません。 • 本書の中で例として使用されている企業、名前およびデータは、特に記述がない限り、架空のものです。 MICROSOFT CONFIDENTIAL © 2020 Microsoft Corporation. All rights reserved.

Description

2020/11/18 AA Dojo でお話した内容です

Transcript

  1. 1. 閃光の Azure Update Minoru Naito ( minaito ) Cloud Solution Architect Microsoft Japan 2020/11/18
  2. 2. タイトルは勢いです
  3. 3. ©Microsoft Corporation Azure 今日のお品書き 04 10 21 26 Azure と Update をおさらい テーマに合わせて役立つ Update を紹介 ご参考:その他の Ignite Update ( インフラ関連 )の紹介 まとめ
  4. 4. © Copyright Microsoft Corporation. All rights reserved. Azure. Invent with purpose.
  5. 5. ©Microsoft Corporation Azure Microsoft Platform ID管理, セキュリティ対策, 運用管理, およびコンプライアンス
  6. 6. ©Microsoft Corporation Azure Microsoft Azure エッジ デバイス Azure Stack Azure Sphere Azure Kinect HoloLens Azure Arc サーバーレス Web モバイル 複合現実 コンテナ イベント + 統合 データベース 分析 AI + 機械学習 モノのインターネット (IoT) メディア インフラストラクチャー コンピューティング ネットワーク ストレージ セキュリティ ID 開発者ツール Visual Studio Azure DevOps GitHub Power Apps Power BI
  7. 7. ©Microsoft Corporation Azure Azure の更新情報 https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/ 9月だけで 196 のアップデートが!
  8. 8. ©Microsoft Corporation Azure Microsoft の大型イベントと Recap 以下の技術イベントの後に、Azure 最新情報をピックアップして紹介 Microsoft Build ( 毎年5月に米国にて開催 ) https://www.Microsoft.com/en-us/build Microsoft Ignite ( 毎年9-10月に米国にて開催 ) https://www.Microsoft.com/en-us/ignite
  9. 9. ©Microsoft Corporation Azure Book of News http://aka.ms/Ignite2020BookofNews
  10. 10. 閃光というからには速そうなアップデート
  11. 11. ©Microsoft Corporation Azure Network: Cross-region load balancing Azure Load Balancer でリージョン間ロードバランスのプレビューを開始 複数のリージョンから発信された受信トラフィック 次の最適なリージョンのデプロイへの即時 グローバル フェールオーバー 超低遅延を使用した、最も近い Azure リージョンへのリージョン間の負荷分散 1 つのエンドポイントの背後でスケールアップまたは スケールダウンする機能
  12. 12. ©Microsoft Corporation Azure Azure 負荷分散サービス全体像 Azureサービス 機能 Traffic Manager DNS ロードバランサー リージョン間の リダイレクト Front Door Service グローバルレベルのHTTP ロードバランシング Application Gateway L7 ロードバランサー URL/コンテンツ ベースのルーティング SSL オフロード WAF ( Option ) Load Balancer L4 ロードバランサー リージョン内の スケーラビリティ マルチAZ マルチリージョン New‼
  13. 13. 早いとくれば安い
  14. 14. ©Microsoft Corporation Azure Azure 料金の最適化に役立つプラン Azure 予約 インスタンス / 予約キャパシティ 1年や3 年といった期間の利用を想定することで、通常 より低いコストで仮想マシン、SQL Database、ストレージ を利用可能にするもの Azure ハイブリッド特典 (aka. AHB) Windows Server SAが有効な場合、Azure 仮想マシ ン上で Windows Server を利用可能にする特典 Azure での仮想マシン利用時に、基本仮想マシンサービ スの料金のみとなる 延長セキュリティ更新プログラム Windows Server 2008 / SQL Server 2008 の延長セ キュリティ更新プログラム(ESU) が Azure 上では無償提 供される Azure Spot Virtual Machines 未使用のAzureコンピューティング容量を大幅な割引で 利用できる Windows OS リージョン、シリーズ、サイズなどにより 割引率は変動いたします。 Azure ハイブリッド特典で 最大 40% コスト削減*1 Windows VM のコスト構造
  15. 15. ©Microsoft Corporation Azure Azure Hybrid Benefit - Linux - ご利用頂ける方 Red Hat Enterprise Linux (RHEL) または SUSE Linux Enterprise Server (SLES) のサブスクリプションを お持ちのお客様 利点 移行時のライセンス問題を低減 ソフトウェアサブスクリプションの料金を有効活用 切り替えに再起動等も発生しない どういうもの? 従量課金 (PAYG) の VM を、 bring-your-own-subscription (BYOS) モデルに置き換える Overview for Red Hat and SUSE customers https://azure.microsoft.com/en-us/blog/azure-hybrid-benefit-now-generally-available-for-linux/
  16. 16. ©Microsoft Corporation Azure Azure 移行によるコスト最適化アプローチ Tight-Sizing – ピークに備えるのでは なく、需要に応じて変動させる Snoozing – 使わないときは起動 しない Right-Sizing – 将来ではなく 今必要なサイズを見積もる ZzZ
  17. 17. ©Microsoft Corporation Azure 運用の最適化により実現するクラウド利用コストの最適化 100% On-prem capacity Reservations (up to 72% lower price) 30% Avg utilization Pay-go 70% Peak utilization Right sizing/elimination ベースになるワークロード 日常的に利用する、定常的・定型的なワークロード Reserved Instance を利用することでコスト抑制 A A 変動的な利用 定期的あるいはイベント起因で生じるワークロード 監視・運用効率化により従量課金のメリットを 最大化 B B 余剰キャパシティの最適化 オンプレ時代のキャパシティプランニングにあった 余剰な安全マージンを削除 (必要に応じて拡張)) 適切なサイジングでコストを抑制 C C
  18. 18. そういえば今日は Architecture Dojo だった
  19. 19. ©Microsoft Corporation Azure Azure Private Link – PaaS へのプライベート接続 Azure の PaaS や 他 VNET にある Load Balancer 配下のアプリケーションへのプライベート IP アドレスでのアクセスを提供 Private endpoint Storage 10.0.0.5 SQL DWSQL Deny Internet Deny Internet ER Gateway On-premises Private Link Customer Apps Azure PaaS Marketplace ServicesVirtual Network (10.0.0.0/16) ER Private Peering VNETやオンプレミスから、プライベートIPでリソースにアクセス! 対応サービス急増中! https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/private-link/private-link-overview
  20. 20. ©Microsoft Corporation Azure Private Endpoint : DNS Integration Private Zone DNS Domain: privatelink.service.windows.net A: myresource -> 10.1.1.20 DNS 条件付きフォワーダ service.windows.net -> Azure DNS name servers Using Custom DNS on Azure ✓ Resolving on Custom DNS on Azure with conditional forwarding for Azure DNS ✓ Integrate Private Zone DNS with private record for VNet ✓ Resolve from on premises using same Custom DNS 10.1.1.20 Using Private Zone DNS ✓ Same connection URL, no change required on Applications ✓ Easy to configure DNS server to resolve from VNet ✓ Internet remains resolving to Public IP address https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/private-link/private-endpoint-dns
  21. 21. せっかくなのでその他のアップデートを
  22. 22. ©Microsoft Corporation Azure Azure Datacenter update Azure Availability Zones (AZs)  衛星通信型 - 衛星データ および衛星通信の アクセス機能を提供する マネージドサービス 、 Azure Virtual Network とグローバルバックボーンへ の乗り入れ プライベートプレビュー  地上局管理型 – (観測 衛星)ポーリングタイム、 コマンド送信、受信  カナダ中央と オーストラリア東部 リージョンにて提供開始、 AZ対応リージョンは14 Azure Resource Mover Azure Orbital  単一管理画面で リージョン間のリソース 移動を可能に  現在はVM/SQLのみの プレビュー Azure Zone to Zone Disaster Recovery  従来のリージョン間 リカバリ機能をZone 単位へ拡張、リージョン内 復旧戦略のケースなど Azure Region (Arizona)  West US 3リージョン 現在のリージョンは61 (進行中含)
  23. 23. ©Microsoft Corporation Azure Azure Hybrid, Azure Infra, Azure Migrate Azure Migrate  可用性ゾーンへの Migrate  UEFI 起動VMの移行に 対応 Azure VM Azure Stack HCI  Azure Advisor スコアで Spot VMワークロードの コストを継続的に最適化  Dsv3/Esv3 ディスク バースト Azure VMWare Solution  GA(米国東部、 米国西部、西ヨーロッパ、 オーストラリア) Hybrid Benefits for Linux  Red Hat Enterprise Linux (RHEL) および SUSE Linux Enterprise Server (SLES) のBYOS  Azure Kubernetes on Azure Stack HCI Preview Flatcar Container Linux  Core OS (2020/5/26 EOL)と互換性のある Linux ディストリビューション Azure Automanage  Windows Server仮想 マシンの運用自動化VM VMSS/Dedicated Host  メンテナンスウインドウ 指定の拡大、VMSSは イメージ適用タイミング 指定可能に Azure Arc  Enabled Server (Windows/Linux) GA  Enabled SQL Server Preview  Enabled data services (on K8S)  Enabled PostgreSQL Hyperscale Dedicated Host  VMSS対応、Host 横断可能  プラットフォームにホスト グループを選択させる事で VMデプロイの速度向上
  24. 24. ©Microsoft Corporation Azure Azure Disk / Ultra Disk / Backup Azure Backup  Backupセンター  個別ディスクバックアップ のサポート  32個以上のManaged Diskサポート  クロスリージョンレストア機 能がSQL Server や SAP/HANAなどに拡大  ZRS Storageへの対応  MySQL/Oracleへの一貫 性保持 スナップショット型 バックアップ用Script Azure Ultra Disk  セクタサイズ512byte サポート Azure Disk Storage  Azure Private Links との統合により、Diskの Export/Import時によりセキュアに  Performance Tierサポートによって、通常時は ベースライン性能で稼働し、高負荷時の一時バーストが 可能、Baseline P10(500IOPS/100MB/s)の場合により 上位のP50(7500IOPS/250MB/s)を設定可能
  25. 25. ©Microsoft Corporation Azure Azure Networking Cisco/Barracuda SD- WAN/ Azure Firewall 展開  クロスリージョン ネットワークロードバランサ (L3 UDP/TCP)  Azure Virtual WANハブ での展開、NVA動作 サポート Global Load Balancerブランチ間接続帯域強化  最大40Gbpsサポート Preferred path Alternate path for recovery
  26. 26. まとめ
  27. 27. ©Microsoft Corporation Azure 今日のお品書き 04 10 21 26 Azure と Update をおさらい テーマに合わせて役立つ Update を紹介 ご参考:その他の Ignite Update ( インフラ関連 )の紹介 まとめ
  28. 28. © Copyright Microsoft Corporation. All rights reserved. 利用条件: • 本書に関するすべての権利は、Microsoft Corporationおよびその関連会社(以下、マイクロソフト)が保有しています。本書は情報提供のみを目的としており、 本資料に記載されている情報は、本資料作成時点での情報となります。 • 状況等の変化により、内容は変更される場合があります。マイクロソフトによる事前の承諾がない限り、本書の全部または一部を複製、改変、翻案、再頒布、公 衆送信、貸与、譲渡したり、第三者に開示または共有することは、認められません。 • マイクロソフトは、本書の内容について何ら保証するものではなく、本書の使用に関連してお客様、お客様の関連会社、または第三者に生ずる間接的、付随的、 結果的な損害(営業機会や営業情報の損失などを含む)について一切責任を負いません。 • 本書の中で例として使用されている企業、名前およびデータは、特に記述がない限り、架空のものです。 MICROSOFT CONFIDENTIAL © 2020 Microsoft Corporation. All rights reserved.

More Related Content

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

×