Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

EED@neutrino

229 views

Published on

Ethereum English for Devcon(EED)とは、ブロックチェーン特化の英語コーチングサービスを展開するPoL(ポル)より新しくリリースされた、Devcon対策特別コースです。

Published in: Business
  • Login to see the comments

EED@neutrino

  1. 1. Ethereum English for Devcon @Neutrino

  2. 2. 自己紹介
 創業までの経歴
 
 ■チームラボ
 ファッションレンタルアプリ「メチャカリ」の開発を主導。0→1 フェーズにおけるチームの立ち上げからプロダクトのリリース、 テレビCMの放映まで担当。
 
 ■CNET Japan
 ITメディア「CNET」を運営。
 SoftBankグループの決算会見や日本を代表する経営者へのイ ンタビューを担当。
 
 ■リクルートホールディングス
 ブロックチェーン全社R&Dを担当。
 海外のブロックチェーンスタートアップのリサーチや投資判断、 テックデューデリジェンスを担当。
 田上 智裕 / Tomohiro Tagami 
   @tomohiro_tagami

  3. 3. ブロックチェーンのオンライン学習サービス
 「PoL(ポル)」を運営しています。
 事業内容

  4. 4. 学習するほどトークンを獲得することができます。

  5. 5. リサーチ事業
 経済産業省・株式会社リクルートと共同で 
 特定分野におけるブロックチェーンの 
 適用調査事業を実施 
 https://www.meti.go.jp/press/2019/04/20190423002/20190423001-1.pdf 
 https://www.meti.go.jp/press/2019/04/20190423002/20190423002.html 

  6. 6. コミュニティ

  7. 7. ブロックチェーンのイベントコミュニティ
 「techain(テックチェーン)」を運営しています。
 コミュニティ

  8. 8. techain
 techain第一弾
 「コンテンツビジネスにおけるブロックチェー ン活用事例」

  9. 9. techain
 techain第三弾
 「ETHEREUM INDUSTRY SUMMIT 報告会」

  10. 10. EEDの説明

  11. 11. 4つのコース

  12. 12. ブロックチェーン業界に特化した英語コーチングサービスです。
 
 業界特化の独自教材や業界で活躍するネイティブスピーカーとの英会話など、とにか く全てをブロックチェーン業界専用で揃えています。
 PoL英語コースとは
 業界で実際に使われている英語で学習
 業界のネイティヴスピーカーとの英会話
 コース別の独自カリキュラムによる圧倒的な効率性

  13. 13. 海外情報のキャッチアップをもっと早めたい
 海外プロジェクトが来るミートアップには参加しづらい
 アウトプットする情報の幅を広げたい
 こんな方のサービスです

  14. 14. 従来の英語学習サービスとの違い
 従来の一般的な英語学習サービスでは、学習者は全員同じ市販の教材を使用。 
 特に使用しないであろう英語でも、とりあえず学習せざるを得ませんでした。 
 
 Blockchain Englishでは、とにかくブロックチェーン業界で使用する英語に特化して学習 することで、「最短・最速・最効率」を実現します。
 従来型の英語学習
 現代型の英語学習
 教材は市販のもの...
 面談だけ行なったり、週に1度だけ英会話したり...
 教材をゼロから独自作成
 本当に必要な力を身に付ける

  15. 15. PoL英語コースの特徴
 業界特化の独自教材
 継続学習を実現する
 様々な仕組み
 修了後の充実した
 アフターサポート
 時価総額トップ100のプロジェク トのWhitePaperをテキストマイ ニングして作成した、独自教材 を使用します。
 毎日の学習記録が自動的に記 録される仕組みが実装されて います。
 チャットによる質問・相談がい つでも可能です。
 修了後も継続して英語力の向 上に取り組むための、
 アフターサポートも提供してい ます。

  16. 16. EEDとは
 データベースの強化
 リスニングの強化
 ディスカッション
 プレゼンテーション
 EthereumのWhite PaperやMastering Ethereumで 
 使用されている英単語を抽出することで作成した、 
 独自の英単語教材を使用することで、短期間で効率良く 
 使える英語のデータベースを強化します。 
 過去のDevconのプレゼン動画を使用して、 
 ディクテーションやシャドーイングに取り組みます。 
 本番さながらの環境でトレーニングすることで、 
 実践的かつ本当に使えるリスニング力を鍛えます。 
 テーマに沿った英語でのディスカッションをコーチを 
 交えて毎週行います。 
 ディスカッションを行うことで使える英語を増やすだけでなく、 英語で話すことの習慣化を促すことができます。 
 Devconに限らずグローバルで活躍していくために、 
 自身の事業に関する紹介やブロックチェーンに対する 
 考察を、コーチやネイティブスピーカーに英語で伝える 
 トレーニングを行います。 

  17. 17. 実践形式のカリキュラム構成
 通常より半額ほどで受講が可能
 EEDの特徴
 チャットでいつでもコーチに質問できる
 Devconまで何度も実践的な練習試合の機会がある

  18. 18. グループディスカッションは、2~4名+コーチで構成
 コーチから事前に添削&フィードバック
 学習の流れ
 毎週1時間のグループディスカッションと毎日2時間のオンラ イン学習を2ヶ月間実施

  19. 19. EEDを体験してみよう

  20. 20. 「Cryptoeconomics at Scale by Karl Floersch (Devcon4)」
 https://www.youtube.com/watch?v=IjZU6aA05a0
 ディクテーション教材
 00:24~01:34

  21. 21. 1. 音声を集中して聞く(最大3回まで)
 - リスニング力向上には「推測する・補う」の意識が重要です。 
 2. 文単位で音声を止めながら、聞き取れた英語を書き取る
 - 1つの文章(ピリオドまで)を最後まで聞いてそれを書き取り、聞き取れなかったら少し巻き戻しても う一度聞きます。
 - このとき、繰り返して聞くのは5回を目安に、最大でも10回までにします。 
 3. 英文を見て答え合わせをし、正しく書き取れなかった原因を分析する
 ● 単語や熟語、文法を知らなかったのか 
 ● 音の変化がわからなかったのか 
 ● スピードが速すぎたのか 
 聞き取れなかった原因を分析し、次のディクテーションの際に意識することが重要です。 
 ディクテーションのやり方

  22. 22. 答え合わせ

  23. 23. 第3期生参加申し込み受付中
 ~Ethereum English for Devcon~

  24. 24. PoL英語コースも
 常時受付中!


×