Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ArchiFuture2019 松本技術設計

1,770 views

Published on

ArchiFuture2019 セミナー S-3の発表スライドです。
WebサイトURL→http://www.archifuture.jp/2019/seminar

私はBIMで会社を辞めました、そして起業しました
-アルゴリズム建築に向けたアクション-
タイトル:「パブリックアルゴリズム建築の可能性」

松本技術設計株式会社
代表取締役 松本ちなつ

Published in: Technology
  • Be the first to comment

ArchiFuture2019 松本技術設計

  1. 1. パブリックアルゴリズム建築システムの可能性 ArchiFuture2019 : 「私はBIMで会社を辞めました、そして起業しました」 アルゴリズム建築に向けたアクション 松本技術設計 株式会社 代表取締役 松本ちなつ @matsumotobim
  2. 2. BIM・3D Original Service (準備中) モデル作成 ファミリ作成 ツール開発 3Dコンテンツ制作 アドバイザー 松本技術設計 株式会社
  3. 3. 自己紹介 設計事務所 ゼネコン① フリーランス 副業禁止 ✖ 組織設計事務所 ゼネコン② ソフトウェア開発会社 インストラクター テンプレート作成 レッスン動画作成 など Autodesk Expert Elite BIMスタート(^^) BIMで会社を 辞めた回数 =3回
  4. 4. IT業界での経験 ● 仕事内容 ○ RevitやAutoCADなどの建築ソフトのプラグイン開発のエンジニア ○ プログラマとしてコードを書く他、仕様書や設計書などを作成 ● IT業界でいいなと思ったところ ○ 社外の勉強会への参加や登壇が推奨されている ○ 技術ブログを書いたり、OSS活動をすることも推奨されている
  5. 5. OSSという文化 ● OSSとは? ○ オープンソースソフトウェアの略 ○ ソースコードが公開されていて、改 変や再配布が自由に認められている 無償のソフトウェア ○ OSやプログラミング言語など様々な プロジェクトがOSSによって開発さ れている ○ GitHubなどのホスティングサービス で公開されている
  6. 6. OSSという文化 ● GitHubとは? ○ Git (バージョン管理システム) で管理されてい るデータをホスティングしてくれるサービス のうちのひとつ ○ privateにもpublicにもできる ○ 開発に役立つコミュニケーション機能も充実 ■ Issue機能 ■ プルリクエスト ⇒ 会社や立場に囚われず、 オンラインで世界中の人が自由に自発的に開発しあっているのが面白い!!
  7. 7. xRと建築のコミュニティ「xRArchi」 ● 読み方:イクスラーキ ● 2018年7月設立 ● discordで活動 ● 参加者数 96人 Twitterもやってます!! ⇒ @xarchi_org
  8. 8. xRと建築のコミュニティ「xRArchi」 技術の相談~ゆるい雑談まで、幅広い話題のチャンネルがある
  9. 9. 第0回「VR建築」コンテスト
  10. 10. 第0回「VR建築」コンテスト ● VRChatとは? ○ ソーシャルVRプラットフォーム ○ オンラインでマルチプレイが可能 ○ 自作のアバターとワールドをアップロードできる
  11. 11. 第0回「VR建築」コンテスト
  12. 12. 第0回「VR建築」コンテスト 詳しくはWebで! xRArchi 検索
  13. 13. BIMの話 BIMモデル ローカルまたはプライベートなリポジトリ BIMモデル パブリックなリポジトリ
  14. 14. ローカルアルゴリズミック建築 ⇒ パブリックアルゴリズム建築 一般の人でもわかる形で空間を共有 する場所として、バーチャル空間は とても適している VR空間のデザイン 現実空間のデザイン
  15. 15. バーチャル空間×現実空間へのアプローチ 現在計画中の建物過去の建物 未来 イベント計画中 詳細は後日発表します! ・復元 ・デジタルアーカイブ ・設計検討への利用
  16. 16. まとめ ● ITの分野では、OSSという所属や所在地に関わらずオンラインで誰でも参加できる開発 手法が存在している ● オープンな場で情報発信することで、自分と似たことに興味を持った仲間に出会える! ● 建築の分野でもOSSのような手法を取り入れることで、さらに豊かなものづくりができ るようになるはず ● バーチャル空間を使って「未来の現実空間を描く場所」をつくる活動をしていきたい
  17. 17. おわり
  18. 18. アルゴリズミックデザインの話 ● 山本卓身さんのプロジェクト 「A portrait of db」に パラメトリックデザイナーとして参加 ● 故・デヴィッド・ボウイを称える作品 ● 彼の内面の激しさを表す、クリスタルをイ メージしたサーフェスのデザインを担当
  19. 19. アルゴリズミックデザインの話
  20. 20. アルゴリズミックデザインの話 ⇒ いろいろな環境要因やデザイナーひとりのセンスだけじゃなく、 複数人の感性や意見をOSSのような形でとりいれる形があっても面白い

×