Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

JAWS-UG初心者支部#15 re:Inventの事前準備と当日の動き方

422 views

Published on

2018-12-07
JAWS-UG初心者支部 #15
re:Inventの事前準備と当日の動き方

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

JAWS-UG初心者支部#15 re:Inventの事前準備と当日の動き方

  1. 1. Copyright HANDS LAB INC.2018. All rights reserved. (⾃分的)re:Inventの 事前準備と当⽇の動き⽅ ハンズラボ株式会社 北野佑⼀@JAWS-UG 初⼼者⽀部 2018-12-07
  2. 2. ⾃⼰紹介 ・名前:北野 佑⼀ ・所属:ハンズラボ株式会社 ・AWS歴:1年1ヶ⽉ ・英語:ドキュメント読むだけ… ・好きなサービス:   AWS CLI         CloudFormation
  3. 3. 3 Welcome to re:Invent
  4. 4. 4 re:Inventに参加するにあたって せっかくなので テーマを決めたい 🤔
  5. 5. 5 私のre:Inventの楽しみ⽅ Outputしよう
  6. 6. 6 1⽇1エンジニアブログ執筆 ハンズラボエンジニアブログ: https://www.hands-lab.com/tech/
  7. 7. 7 当⽇ブログ執筆に集中するために re:Invent参加中にブログネタ探し&ブログ執筆に
 集中できるよう、事前準備をしようと考えました。 私が実際に⾏った事前準備を紹介いたします。
  8. 8. 8 "事前準備"
  9. 9. 9 re:Inventの巨⼤さ - ⽇程:5⽇間(11/26(⽉)〜11/30(⾦)) - 会場:7ホテル - セッション数:2,000以上
  10. 10. 10 re:Inventの巨⼤さ - ⽇程:5⽇間(11/26(⽉)〜11/30(⾦)) - 会場:7ホテル - セッション数:2,000以上 あまりに⼤きすぎて 何すればよいのか想像できない
  11. 11. 11 わからない時は 経験者に教えてもらおう
  12. 12. 12 先⼈の知恵をいただく AWS re:Invent 2018 直前 Meetup Party @Ebisu 主催:Timers Inc https://aws-reinvent-party.connpass.com/event/106093/ re:Invent 2018 Standby 事前勉強会 https://connpass.com/event/103391/ connpassでre:Inventの事前勉強会を探して、 実際にre:Inventに参加した⼈に教えてもらいました。
  13. 13. 13 教えてもらった⼀例 ホテル間、とても広い • 端から端まで、
 歩いて50分くらい(約3.5km) • 2017年はシャトルバス😭
 会場間60分くらいかかっていた
 Uber, Lyftを使った⽅が良い • 2018年はシャトルバス😄
 15〜30分くらいで着いてた
 とても改善されていた
  14. 14. 14 Facebookグループに招待してもらう Facebookのコミュニティグループにお世話になりました。 開催当⽇中もリアルタイムに情報共有していだたきました。 有志で現地交流会の募集をしていて、参加させていただきました😆
  15. 15. 15 re:Invent参加の基本⽅針を決める • Keynoteは全部参加する   初参加なので新サービスの発表はリアルタイムで⾒てみたかった
    同時通訳もあるので英語わからなくても聞ける
 • セッションは⾃分の興味ある分野だけ   2,000以上のセッションがあるので全部参加は不可能    後⽇スライドも公開されるので興味のある数セッションだけに絞った • レクリエーションにも参加する 現地でしか体験できないイベントにも参加してみたかった ⼀押ししたい!
  16. 16. 16 AWS認定の取得 AWSの認定、どれかとっておくと捗ります。 • 認定者ラウンジが利⽤できます • 現⾏サービスを広く理解する
 助けになります
  17. 17. 17 &参加当⽇&
  18. 18. 18 Keynoteに参加する Keynoteの新サービス発表を聞きながら、 「これは良いぞ!」と思えるサービスを探しました。 Keynoteの途中で ⽣演奏が⼊ってびっくり😳
  19. 19. 19 TransitGateway AWSでハブ型のネットワークを構成できるサービス。 VPC Peeringで複雑になりがちなネットワーク構成を すっきりできるはず。
  20. 20. 20 LambdaのCustom Runtimes Lambdaがサポートしていない⾔語も、⾃前でランタイムを ⽤意すればCOBOLやユニケージも動かせる!? 取扱は慎重に。
  21. 21. 21 AWS CLI v2のセッションを聴く 補完が強⼒になる、ハイレベルコマンドできる。 と、使い勝⼿がよくなりそうですが、
 現在のCLIとは互換性が保証されないようです。
  22. 22. 22 😋レクリエーション😋
  23. 23. 23 Tatonka Challenge参加 re:Invent伝統のチキン⼤⾷い⼤会。 弊社、⼈⾒が参加レポートを 書いてくれました! ハンズラボエンジニアブログ: https://www.hands-lab.com/tech/entry/4313.html
  24. 24. 24 ⼤量に集まる参加者
  25. 25. 25 チキンを⽬前に説明を受ける参加者
  26. 26. 26 ⼭盛りのバッファローウイング
  27. 27. 27 公開される現ランキング
  28. 28. 28 チキンに感謝🙏
  29. 29. 29 EXPOにも⾏ってみる
  30. 30. 30 EXPOなのに⾷べ物と酒がある!
  31. 31. 31 Simple Beer Service
  32. 32. 32 ⼤量のノベルティをもらいました
  33. 33. 33 最終⽇のre:Play参加
  34. 34. 34 謎のGAMESドーム
  35. 35. Office Chairレース 35
  36. 36. ⼸⽮で対戦 36
  37. 37. Live演奏もやってたりしてました 37
  38. 38. 38 TIPS
  39. 39. 39 事前にやっておけば良かったこと • セッションを公開直後に予約
  公開⽇(夜中の2時)の朝にはもう予約が埋まってしまいました。
  セッションは当⽇待機列に並べば割と参加できましたが、
  ハッカソンとかはたぶん当⽇じゃ無理かも。 • ホテルの館内構造の把握
  ホテル内部も予想以上に広かったです。迷いました。
  カジノゾーンを通らないと客室に⼊れないのに、
  同じようなスロットがいっぱいあってすごく迷います。
  がんばって覚えましょう。
  40. 40. 40 事前にやっておいて良かったこと • Uber, Lyftのユーザー登録
  ユーザー登録に電話番号が必須なので、
  現地でやろうとするとうまくいかないかもしれません。
  (今回シャトルバスが優秀だったので、使いませんでした) • 帰国後の有給休暇をとっておく
  帰りの⾶⾏機が遅れたこともあって、割と疲れました。
  帰国後2⽇くらいは休みにしておいて良かった。
  41. 41. 41 あると意外と便利だったもの • セキュリティウエストポーチ
  ID(パスポート)の提⽰をいたるところで求められました。
  すぐ出せるところに⼊れておくと安⼼です。 • デジタルカメラ
  スマートフォンのカメラはシャッター⾳がしてしまうので、
  シャッター⾳のしないデジカメがあるとスマート。
  42. 42. 42 現地で欲しかったもの • 英語⼒
  英語話せなくても単語と⼿振りで何とかなる!
  何とかなるけど、ハッカソンに参加するコミュニケーション能⼒が欲しい。 • 体⼒
  朝⾷6:30から深夜の懇親会まで4⽇間動き続けるのしんどいです。
  疲れてしまって、昼寝して帳尻あわせてました。 • 肌乾燥対策グッズ
  肌かっさかさになりました。クリーム必須。
  43. 43. Thank you!

×