Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
熊本地震IT支援報告
災害IT支援ネットワーク
http://saigaiit.net
代表 柴田 哲史
自己紹介
柴田 哲史(しばた さとし)
災害IT支援ネットワーク
業務経歴
1995 Microsoft
2004 ★UDコンサルティング設立
2014 ★災害IT支援ネットワーク設立
2015 ★サイボウズ株式会社
今までの災害IT支援
• 調布市被災者支援VC http://311.chofu.vc
• 大島災害VC http://oshima.vc
• 前橋大雪たすけあいセンター http://mae-shakyo.jimdo.com
• 広島市災害V...
Code for Chofu としても活動中
調布マッピングパーティ開催
熊本地震について
熊本地震 被災状況
本震 2016/4/16
死者 49名
関連死 20名
住宅被害 7万棟
避難者最大 18万人
今回の特長
• 広範囲、拠点多数
• 災害VC17か所
• 車中避難者多数
• 被害大のエリア
• 熊本市(東区)
• 益城町
• 西原村
• 南阿蘇村
たとえば
南阿蘇
現地での活動内容
支援Pとして現地入り
• 支援Pとは?
• 災害ボランティア活動支援プロジェクト会議
• 被災地での支援経験が豊富な人たち
• 主な活動:災害VCの運営支援
• 幹事:全社協、経団連、中央共募
今回は、計15日間 現地入り
•前震 14日、本震 16日
•特設サイト公開 17日
•現地入り
• GW 10日間
• 6月末 5日間
特設サイトの作成 + 更新方法の伝授
http://shienp.net/
緊急時、
現地社協に代わって
各災害ボラセンの
最新情報を発信
特設サイト アクセス数
• 4月17日~5月16日(1ヶ月間)
• ユーザー数:のべ17万人
公開直後は1日2万人
が閲覧している
このような公式サイトが必要な理由
• 公式サイトがないと、
•市役所や社協にお問い合わせが殺到
•いろいろな情報サイトが乱立
•デマが流れまくり
公式情報を発信し、現場のトラブルや
問い合わせを最小限に
実際に現地でやったこと
各災害ボラセンIT支援
• 大分県竹田ベースキャンプ
• 南阿蘇村
• 災害ボランティアセンター
• 立野サテライト
• 福祉救援ボランティアネットワーク
• 県社協、西原、菊池、大津の各災害ボランティアセンター
8ヶ所
やったこと
• ネットワーク環境の構築
• 1台しか印刷できない問題の解決
• パソコンの運搬とセットアップ
• ホームページ&Facebookページの制作
業務用プリンタ問題が多発!
問題: 複合機にパソコンが
一台しかつながらない問題
依頼:どのパソコンからも
印刷できるようにしたい!
※写真はイメージです
問題点
• 臨時の施設
• 機器は寄せ集め、LAN環境なし、モバイルWi-Fi
• 業務用複合機は設定が面倒
• IPアドレス設定?
• 印刷ドライバーのインストールができない
• OSバージョン?、64ビット?、32ビット?
解決策
• LANケーブル&ハブで印刷共有
→南阿蘇村災害ボラセン
• PCにIPアドレス設定
→竹田ベースキャンプ、県社協オフィス
• 無線LAN&プリンタサーバー設定
→西河村災害ボラセン
次に向けて
• 業務用プリンター複合機は使わない
• 以下のスペックを推奨
•無線LAN対応
• A3用紙OK
• スマホから直接印刷
• 2万円程度
※写真はイメージです
新しい試み
お問い合わせ対応の省力化
今までの問題点
• 現地だけでお問い合わせ対応はとっても負担
• 現地スタッフが回答内容を考えるのが負担
• 担当が代わると回答ノウハウがリセット
• うまく遠隔サポートができていなかった
• 電話がメインでどのような問い合わせがきているのか不...
お問い合わせ対応の省力化
• お問い合わせフォーム
• オンラインDBに登録
• 遠隔サポートが可能に
• 対応状況を見える化
• 相談&回答内容がわかる
• 対応済のものがわかる
実際のお問い合わせリスト
ボラ参加人数の見える化
今までの問題点
• 参加人数が当日にならないとわからない
• 予想以上の人数
• 途中で受付締切したり、受付で待たせてしまう
• 雨天中止の連絡が伝わらないことがある
事前申込フォーム
効果
• 参加人数の把握が可能に
• 受付がスムーズに
• 適切な数のスタッフ配置や資機材・車の手配
• 中止連絡が簡単
• 一斉メールで雨天中止等の連絡
わかったこと
• メール自動返信をしないと確認の電話が増える^^;
• 「さっき申し込みましたが、登録されてますか?」
• メールアドレスがない人の対応も考える必要あり
• 電話連絡はけっこうな手間
• キャンセルが多く、そのスムーズな対応が次...
各VC参加人数グラフ公開
メディア対応:問題点と効果
• 問題点
• メディアから参加者人数データは必ず要求されるが、
その対応にコストがかかっていた
• 効果
• データも作成することにより、メディア対応コストが
大幅ダウン
各ボラセン参加人数グラフ公開
新しい地図の試み
現地の状況をよりリアルに
• 3D地図
• 土砂崩れの様子
• 現地の天気
• 建物の影
• クレーン車
熊本地震It支援報告
熊本地震It支援報告
熊本地震It支援報告
熊本地震It支援報告
熊本地震It支援報告
熊本地震It支援報告
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

熊本地震It支援報告

8,623 views

Published on

熊本地震における災害ボランティアセンターへのIT支援活動報告

Published in: Government & Nonprofit
  • Follow the link, new dating source: ❶❶❶ http://bit.ly/39mQKz3 ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating for everyone is here: ♥♥♥ http://bit.ly/39mQKz3 ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

熊本地震It支援報告

  1. 1. 熊本地震IT支援報告 災害IT支援ネットワーク http://saigaiit.net 代表 柴田 哲史
  2. 2. 自己紹介 柴田 哲史(しばた さとし) 災害IT支援ネットワーク 業務経歴 1995 Microsoft 2004 ★UDコンサルティング設立 2014 ★災害IT支援ネットワーク設立 2015 ★サイボウズ株式会社
  3. 3. 今までの災害IT支援 • 調布市被災者支援VC http://311.chofu.vc • 大島災害VC http://oshima.vc • 前橋大雪たすけあいセンター http://mae-shakyo.jimdo.com • 広島市災害V本部 http://hiroshimavc.jp • 常総市災害VC http://joso.vc • 熊本地震特設サイト http://shienp.net • 熊本県社協特設サイト http://kumamoto.vc
  4. 4. Code for Chofu としても活動中 調布マッピングパーティ開催
  5. 5. 熊本地震について
  6. 6. 熊本地震 被災状況 本震 2016/4/16 死者 49名 関連死 20名 住宅被害 7万棟 避難者最大 18万人
  7. 7. 今回の特長 • 広範囲、拠点多数 • 災害VC17か所 • 車中避難者多数 • 被害大のエリア • 熊本市(東区) • 益城町 • 西原村 • 南阿蘇村
  8. 8. たとえば 南阿蘇
  9. 9. 現地での活動内容
  10. 10. 支援Pとして現地入り • 支援Pとは? • 災害ボランティア活動支援プロジェクト会議 • 被災地での支援経験が豊富な人たち • 主な活動:災害VCの運営支援 • 幹事:全社協、経団連、中央共募
  11. 11. 今回は、計15日間 現地入り •前震 14日、本震 16日 •特設サイト公開 17日 •現地入り • GW 10日間 • 6月末 5日間
  12. 12. 特設サイトの作成 + 更新方法の伝授 http://shienp.net/ 緊急時、 現地社協に代わって 各災害ボラセンの 最新情報を発信
  13. 13. 特設サイト アクセス数 • 4月17日~5月16日(1ヶ月間) • ユーザー数:のべ17万人 公開直後は1日2万人 が閲覧している
  14. 14. このような公式サイトが必要な理由 • 公式サイトがないと、 •市役所や社協にお問い合わせが殺到 •いろいろな情報サイトが乱立 •デマが流れまくり 公式情報を発信し、現場のトラブルや 問い合わせを最小限に
  15. 15. 実際に現地でやったこと
  16. 16. 各災害ボラセンIT支援 • 大分県竹田ベースキャンプ • 南阿蘇村 • 災害ボランティアセンター • 立野サテライト • 福祉救援ボランティアネットワーク • 県社協、西原、菊池、大津の各災害ボランティアセンター 8ヶ所
  17. 17. やったこと • ネットワーク環境の構築 • 1台しか印刷できない問題の解決 • パソコンの運搬とセットアップ • ホームページ&Facebookページの制作
  18. 18. 業務用プリンタ問題が多発! 問題: 複合機にパソコンが 一台しかつながらない問題 依頼:どのパソコンからも 印刷できるようにしたい! ※写真はイメージです
  19. 19. 問題点 • 臨時の施設 • 機器は寄せ集め、LAN環境なし、モバイルWi-Fi • 業務用複合機は設定が面倒 • IPアドレス設定? • 印刷ドライバーのインストールができない • OSバージョン?、64ビット?、32ビット?
  20. 20. 解決策 • LANケーブル&ハブで印刷共有 →南阿蘇村災害ボラセン • PCにIPアドレス設定 →竹田ベースキャンプ、県社協オフィス • 無線LAN&プリンタサーバー設定 →西河村災害ボラセン
  21. 21. 次に向けて • 業務用プリンター複合機は使わない • 以下のスペックを推奨 •無線LAN対応 • A3用紙OK • スマホから直接印刷 • 2万円程度 ※写真はイメージです
  22. 22. 新しい試み
  23. 23. お問い合わせ対応の省力化
  24. 24. 今までの問題点 • 現地だけでお問い合わせ対応はとっても負担 • 現地スタッフが回答内容を考えるのが負担 • 担当が代わると回答ノウハウがリセット • うまく遠隔サポートができていなかった • 電話がメインでどのような問い合わせがきているのか不明 • 回答した内容も対応漏れがあるかどうかもわからなかった
  25. 25. お問い合わせ対応の省力化 • お問い合わせフォーム • オンラインDBに登録 • 遠隔サポートが可能に • 対応状況を見える化 • 相談&回答内容がわかる • 対応済のものがわかる
  26. 26. 実際のお問い合わせリスト
  27. 27. ボラ参加人数の見える化
  28. 28. 今までの問題点 • 参加人数が当日にならないとわからない • 予想以上の人数 • 途中で受付締切したり、受付で待たせてしまう • 雨天中止の連絡が伝わらないことがある
  29. 29. 事前申込フォーム
  30. 30. 効果 • 参加人数の把握が可能に • 受付がスムーズに • 適切な数のスタッフ配置や資機材・車の手配 • 中止連絡が簡単 • 一斉メールで雨天中止等の連絡
  31. 31. わかったこと • メール自動返信をしないと確認の電話が増える^^; • 「さっき申し込みましたが、登録されてますか?」 • メールアドレスがない人の対応も考える必要あり • 電話連絡はけっこうな手間 • キャンセルが多く、そのスムーズな対応が次の課題
  32. 32. 各VC参加人数グラフ公開
  33. 33. メディア対応:問題点と効果 • 問題点 • メディアから参加者人数データは必ず要求されるが、 その対応にコストがかかっていた • 効果 • データも作成することにより、メディア対応コストが 大幅ダウン
  34. 34. 各ボラセン参加人数グラフ公開
  35. 35. 新しい地図の試み
  36. 36. 現地の状況をよりリアルに • 3D地図 • 土砂崩れの様子 • 現地の天気 • 建物の影 • クレーン車

×