Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Letterの書き方

5,585 views

Published on

医学論文を読んでバイアスを見つけたとき、どうやってレターを書くかについて解説しています。

Published in: Science
  • Hello! Get Your Professional Job-Winning Resume Here - Check our website! https://vk.cc/818RFv
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Letterの書き方

  1. 1. Letterの書き方 片岡裕貴 1),2)、辻本啓 2)、辻本康 1) 1) 京都大学大学院医学研究科医療疫学分野 2) 兵庫県立尼崎総合医療センター臨床研究推進ユニット MCR extension WS 2015/12/6 一部改変
  2. 2. 目標 • 読んだ論文のバイアスに対するレターが書ける
  3. 3. Letterの書き方 1. 白ヤギさんからお手紙ついた 2. 黒ヤギさんたら…… 3. お手紙書いた
  4. 4. 白ヤギさんからお手紙ついた
  5. 5. Letter?
  6. 6. Letter to the Editor 論文に対する意見
  7. 7. よくあるジャーナルクラブ XXっていうトップジャーナルに こんな素晴らしい結果が載ってました!
  8. 8. よくあるジャーナルクラブ Bias Bias Bias Bias Bias アラ探しをして、論文をけなすだけで終わる
  9. 9. EBMは、エビデンスが信頼できるものかどうか、 すなわち、診断検査、患者の予後、治療選択肢 についてどれほど確信をおけるものかを提供す る。 Users' Guides to the Medical Literature: A Manual for Evidence-Based Clinical Practice, 3rd 2015
  10. 10. エビデンスの質 =エビデンスの確信性 常に結果+質で、どう臨床に活かすか考える!
  11. 11. 王様の服は? えらい先生の書いた論文に意見を言って いいんでしょうか?
  12. 12. 気づいたことを 書けばいい!
  13. 13. 反証主義(カール・ポパー) • 「科学」=「反証可能」 • 仮説(理論)は反証されるまで保持され、 反証しやすい仮説ほど優れた仮説 津田敏秀『医学と仮説 原因と結果の科学を考える』2014
  14. 14. 黒ヤギさんたら……
  15. 15. まずは •締切 •ルール を確認!
  16. 16. 🔍 letter (Ctrl+F)
  17. 17. • should be submitted within 4 weeks of the article’s publication in print • should not exceed 400 words of text and 5 references
  18. 18. お手紙書いた
  19. 19. 例 Pediatrics. 2015 Oct;136(4):e1167. Risk of Misinterpretation and Limitation of the Diagnostic Accuracy. Tsujimoto H, Tsujimoto Y, Kataoka Y.
  20. 20. タイトル 著者 ほめる けなす リファレンス
  21. 21. タイトル • つけられない雑誌もある • なるべく端的で魅力的なものを考える • 最後でいい
  22. 22. 著者 • Letterは時間との勝負 • すぐにコピペできるように英語のaffiliationを 持っておく
  23. 23. ほめる • 書き出しについては、その雑誌に載った レターを真似る(単なるコピペはご法度) • あまりパターンがない XXしてえらい →だけど、気になる点がある という構成
  24. 24. 実際の本文から(ほめる) We read the article by Alan R. Schroeder with great interest, and appreciate the authors’ efforts to assess diagnostic accuracy of urinalysis for urinary tract infection (UTI) with blood stream infection.1 However, we would like to point out 3 concerns. え ら い 気 に な る
  25. 25. けなす ここで健全な批判を行う ※今回は方法に対する批判について取り上げる
  26. 26. 踏まえるべき理論 29 目的 方法 状況と目的に応じて決まる 結果 結論 方法に応じて決まる 結果に応じて決まる 西條剛央『構造構成主義とは何か‐次世代人間科学の原理』2005
  27. 27. ある論文で 30 目的 方法 結果 結論 差がある/ない
  28. 28. もし 31 目的 方法 ←バイアスがある! 結果 結論
  29. 29. 32 目的 方法 ←バイアスがある! 結果 結論 ←結果がゆがむ!
  30. 30. 33 目的 方法 ←バイアスがある! 結果 結論 ←結果がゆがむ! 差がある/ない 結論を弱める方向に 結果がゆがんでいる
  31. 31. • バイアスの種類についてはみなさんが学んでき た通り • 可能な限り、「理論的にバイアスが起こる」 よりも、定量的なバイアスの程度(empirical evidence)を一緒に示す • リファレンスをつける
  32. 32. 本文から Last, bias may be introduced if a positive urinalysis led to the clinicians’ obtaining a blood culture (eg, review bias).2
  33. 33. 反証主義 again • 仲間に反証してもらう • 他に指摘できるバイアスはないか? • スペルミスはないか?
  34. 34. あとは • 時間との勝負 • 宝くじを買うつもりで
  35. 35. まとめ • 白ヤギさんからお手紙ついた 論文を読んで気になる点があったらletterを書こう 科学への貢献! • 黒ヤギさんたら…… 必ず最初にauthor instructionを読もう • お手紙書いた 収載されたらラッキー authorから返事が来たらもっとラッキー
  36. 36. この方法で1年間に書いたレター 1. Tsujimoto H, Tsujimoto Y, Kataoka Y. Risk of Misinterpretation and Limitation of the Diagnostic Accuracy. Pediatrics 2015;136(4):e1167–e1167. 2. Tsujimoto H, Kataoka Y, Tsujimoto Y. Methodological Concerns About a Systematic Review and Meta-analysis of the Mortality Risk of Darbepoetin Alfa Versus Epoetin Alfa. Am J Kidney Dis 2015;66(6):1102. 3. Tsujimoto H, Tsujimoto Y, Kataoka Y. Concerns about the quality assessment and unintentional duplication of systematic reviews. BMJ 2015;published online 02 July. 4. Tsujimoto H, Kataoka Y. Different methods are mixed up in the meta-analysis. Resuscitation 2015;93:e21–2. 5. Kataoka Y, Tsujimoto H, Tsujimoto Y. How can we use the MMPS score? J Thorac Oncol 2015; in press 6. Kataoka Y. Meta-Analysis of Survival in Mesothelioma: Can We Mix Apples and Oranges? Ann Thorac Surg 2015; in press 7. Tsujimoto H, Kataoka Y. Letter to the Editor: Review Bias and Spectrum Bias May Affect Performance of The Clinical Prediction Rule. Pediatrics 2014;Published Online December 24, 2014.
  37. 37. つぎは みなさんの番です!
  38. 38. 反証お待ちしてます srws.hcru (あっと) gmail.com

×