Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
OpenWhisk Serverless への期待
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

0

Share

SoftLayer 実務Tips

Download to read offline

FQDNの変更
OSのアップグレード

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

SoftLayer 実務Tips

  1. 1. SoftLayer 実務Tips 本資料は、発表者によって準備された資料であり IBMの公式の⾒解を代表するものではありません 2015年9月15日 日本アイ・ビー・エム株式会社 中部第一システム部 岩崎修一
  2. 2. コンテンツ FQDNの変更 OSのアップグレード
  3. 3. ©2015 IBM Corporation3 シナリオ︓SoftLayerでプロビジョニング後にFQDNを変更 したいことがある – 検証はシステム子会社で担当したが、本番サービスイン時 に親会社のドメインに変更したいと⾔われた・・・ – キャンセルしてプロビジョニングし直すと厳密な意味では 検証をやり直す必要がある・・・ OSとポータルの両⽅で変更する FQDNの変更
  4. 4. ©2015 IBM Corporation4 http://knowledgelayer.softlayer.com/procedure/changing-hostname-redhat CentOS7では/etc/hostnameを書き換える OSでのホスト名の変更⼿順
  5. 5. ©2015 IBM Corporation5 ポータル画面で[Devices]→[Device List]から、FQDNを変更するデバイスの[Actions] メニューで[Rename Instance]をクリック 変更後のホスト名とドメイン名を⼊⼒して[Rename]をクリック ポータルでのホスト名、ドメイン名の変更
  6. 6. ©2015 IBM Corporation6 シナリオ︓オンプレミスからSoftLayerへ移⾏したサーバー で、オンプレミスの時に使用していたOSバージョンから アップグレードしたいことがある – SoftLayer移⾏後に導⼊したツールがオンプレミスで使用 していたOSバージョンでは動作しない・・・ – CentOS5→CentOS7へアップグレードしたい・・・ バージョンが2つ上がるため、OSリロードでアップグレー ドする ※2ndディスク以降のデータは引き継げるが、パッケージは再導⼊が必要 OSのアップグレード
  7. 7. ©2015 IBM Corporation7 ポータル画面で[Devices]→[Device List]から、OSをアップグレードするデバイスをク リックする Device Details画面で[Actions]メニューから[OS Reload]をクリック OSのリロード 1/6
  8. 8. ©2015 IBM Corporation8 OS Reload画面で[Currently Installed]の[Operating System]の右側にある[Edit]を クリック OSのリロード 2/6
  9. 9. ©2015 IBM Corporation9 OS Reload画面で[Currently Installed]の[Options]で[CentOS 7.x – Minimal Install(64bit)]を選択 OSのリロード 3/6
  10. 10. ©2015 IBM Corporation10 オプションとして、リロードする前のディスクを保存しておくことができる [Reload Above Configuration]をクリック OSのリロード 4/6
  11. 11. ©2015 IBM Corporation11 リロードの前後で変更になる内容を確認して、[Next]をクリック OSのリロード 5/6
  12. 12. ©2015 IBM Corporation12 最終確認の画面が表示されるので、確認して[Confirm OS Reload]をクリック ※48分かかるとあるが、実際には5分程度で完了した OSのリロード 6/6
  13. 13. ©2015 IBM Corporation13 OSをリロードするとすべての設定がリセットされ、プロビジョニング直後の状態になるた め、必要な設定を⾏う SoftLayerに限ったことではないが、CentOSの場合、バージョン5、6とバージョン7では 設定⽅法が⼤幅に変更になっているため、注意が必要 デバイスに2つ以上のディスクを接続して、LVMによるディスク管理を⾏っている 場合、CentOS7でもLVMのパッケージをインストールする必要がある(データは消えない で残っている) ちなみに、OSリロードではなくイメージからリストアした場合も、以下の設定はプロビ ジョニング直後の状態にリセットされるため、再設定が必要 – rootのパスワード – ネットワーク構成 – sshdの設定 OSリロード後の設定

FQDNの変更 OSのアップグレード

Views

Total views

1,200

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

304

Actions

Downloads

16

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×