University / College and the use of SocialMedia

2,936 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,936
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
895
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

University / College and the use of SocialMedia

  1. 1. ソーシャルメディアを活用した 大学の ステークホルダーコミュニケーション 2010年9月14日'火( 株式会社ソーシャルカンパニー 市川裕康 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  2. 2. 【本日の流れ】 ■今日のねらい ■自己紹介 【1】概要:世界的に広まる「ソーシャルメディア」 利用 【2】大学でのソーシャルメディア活用について'海外の状況( 【3】実践的なツール・使い方のご紹介 ■Q&A Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  3. 3. 【1】概要:世界的に広まる「ソーシャルメディア」 利用 情報源:YouTube - ソーシャルメディア 革命2 (日本語版) http://bit.ly/ciYi9x Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  4. 4. ★数字とグラフから見るフェイスブック 情報源:ループス・コミュニケーション「ソーシャルメディアのビジネス活用最前線」 http://slidesha.re/d9RYDr Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  5. 5. ★数字とグラフから見るフェイスブック 情報源:ループス・コミュニケーション「ソーシャルメディアのビジネス活用最前線」 http://slidesha.re/d9RYDr Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  6. 6. ★数字とグラフから見るツイッター 情報源:ループス・コミュニケーション「ソーシャルメディアのビジネス活用最前線」 http://slidesha.re/d9RYDr Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  7. 7. ★数字とグラフから見るツイッター 情報源:ループス・コミュニケーション「ソーシャルメディアのビジネス活用最前線」 http://slidesha.re/d9RYDr Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  8. 8. ★数字とグラフから見るツイッター 情報源:ループス・コミュニケーション「ソーシャルメディアのビジネス活用最前線」 http://slidesha.re/d9RYDr Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  9. 9. ★数字とグラフから見るツイッター 情報源:ツイッターの歴史と現状が一枚の絵でわかるインフォグラフィック | ブログヘラルド http://bit.ly/ad8Z4z Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  10. 10. ★数字とグラフから見るツイッター 情報源:ツイッターの歴史と現状が一枚の絵でわかるインフォグラフィック | ブログヘラルド http://bit.ly/ad8Z4z Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  11. 11. ★数字とグラフから見るツイッター 情報源:ツイッターの歴史と現状が一枚の絵でわかるインフォグラフィック | ブログヘラルド http://bit.ly/ad8Z4z Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  12. 12. 【2】パブリックセクターでの利用の親和性・広がり *ノンプロフィット・ソーシャルネットワーク・ベ ンチマーク・レポート (2010年4月) Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  13. 13. 映画ソーシャル・ネットワーク - オフィシャルサイト http://www.socialnetwork-movie.jp/ Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  14. 14. ケニア発、世界中の危機・災害時に不可欠な位置関連情報集約サイト、『ウシャヒディ(Ushahidi )』 | ソーシャルビジネス最前線 | 現代ビジネス http://bit.ly/ahjozs Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  15. 15. 緊急災害情報メディアとしてのフェイスブック~米国赤十字社の取り組み | ソーシャルビジネス最前線 | 現代ビジネス http://bit.ly/af4TQD Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  16. 16. 国内でのソーシャルメディアをめぐる現状、兆候 出典:ニールセン 2010年6月30日 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  17. 17. http://politter.com/ Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  18. 18. http://govtter.openlabs.go.jp/ Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  19. 19. http://www.city.chiba.jp/somu/joho/joho/socilmediaguideline.html Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  20. 20. 【2】大学でのソーシャルメディア活用について '海外の状況( Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  21. 21. ■大学をめぐる様々なステークホルダー 理事会 企業 債権者 大学職員 卒業生(寄付者) 大学 学生の父母 大学教員 学生 他大学 マスコミ 受験生 高校・ 予備校 社会&一般市民& 国・地方公共団体 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  22. 22. ■NACE(National Association of Colleges and Employers) http://www.naceweb.org *大学と採用企業、学生を繋ぐ団体 現在 約2000大学の約 5,200人のキャリアサービス担当者と、 約3000人の企業の新卒採用担当者が加盟。オ ンライン情報共有、出版物の刊行、会議開催を行っている。 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  23. 23. ■CASE(Council for Advancement and Support of Education) http://www.case.org *マーケティング、経営企画、同窓会、寄付等に関する 専門家のための団体。世界中で約3400もの大学が加盟。 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  24. 24. ■NACAC(The National Association for College Admission Counseling ) http://www.nacacnet.org/ *高等教育への過渡期を支援するための高校の進路 指導担当者、入試広報担当者のための団体。世界中 約11,000人の専門家が参加。 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  25. 25. ■想定しうるソーシャルメディア活用 【1】PR活動 -大学広報(イベント、周年事業、公開講座、スポーツ受賞等) -入試広報(入試概要の告知等) 【2】学生・卒業生のキャリア支援 【3】卒業生のネットワーク化、ロイヤリティ向上 【4】寄付金集め 【5】学習の質の向上 【6】事務連絡の効率化、簡略化(学内スケジュール、諸手続き) 【7】ステイクホルダー間の交流促進 【8】緊急・災害時の連絡 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  26. 26. Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  27. 27. Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  28. 28. Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  29. 29. Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  30. 30. Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  31. 31. Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  32. 32. Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  33. 33. 調査報告「ソーシャルメディアの成功事例」 大学でのソーシャルメディア活用に関して初めて行 われた包括調査の速報結果 2010年7月19日発行 Slover Linett Strategies Inc. and mStoner partnered & CASE( the Council for Advancement and Support of Education) 調査結果のURL http://bit.ly/aA31j8 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  34. 34. 【調査の目的】本調査は国内外のCASE会員教育機関18000団体から回答があっ た968の回答に基づいたもの。詳細な分析を含んだ調査結果は年末に発表予定。 以下のような疑問に答えることが目的 ■教育分野のプロフェッショナルがソーシャルメディアをマーケティング、 コミュニケーションの戦略、キャンペーンとして、どのように活用しているか? ■ソーシャルメディア活用の目的は? ■どのソーシャルメディアツールを使い、どのツールが最も成功をもたらしているか? ■現在の最も成功している事例は? ■どのようにソーシャルメディア利用による費用対効果(ROI)を測定しているか? ■ソーシャルメディア利用の成功をもたらす要因は? ■ソーシャルメディアを効果的に使う際、障壁になっていることはなにか? ■近い将来、教育分野におけるソーシャルメディア利用の状況はどのようなものか? Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  35. 35. 「北アメリカが91%」 「大学が84%、地域 は全米を網羅」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  36. 36. 「学生数5000人以上の大学が半数以上、Development(経 営企画(、同窓会関係、コミュニケーション部門のディレクター、 マネージャーが主要な回答者」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  37. 37. 「8割弱の回答者が、 担当部門として ソーシャルメディア を利用。最も利用 されているのはフェ イスブック'94%(、 ツイッターは67%」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  38. 38. 「主にコミュニケー ションを取っている のは卒業生 '96%(、現役学 生は69%で3番 目。」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  39. 39. 「最大の目的は『卒業生との関係構築』、続いてブランド向上、ラ ンキング等の向上、コミュニケーションの活性化、現役学生とのコ ミュニケーション、教員&職員とのコミュニケーション」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  40. 40. 「目的達成のため に9割弱が成功し ていると回答。そ のうち20%は『と ても成功している』 と回答。 効果的なツールと してはフェイスブッ クが圧倒的な人気。 ビジネスSNSのリン クドインも高評価」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  41. 41. 「ソーシャルメディアの導入は自然発生的、組織の計 画的に始まる場合と約半数ずつ。今後はより組織的な 計画を欲している。」 「ソーシャルメディアを管理する人的スタッフは 自分の属する部門でコントロール出来ている場合 が多く、現状の維持を希望。」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  42. 42. 「ソーシャルメディアを通じて発信する情報は他の部 門の確認、承認を必要とするケースは少ない。現状維 持を希望。」 「ソーシャルメディアの管理は外部リソースを使わず 内部で対処している場合が75%、現状維持を希望」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  43. 43. 「評価指標は「友達」、投稿数等の数、実際の参加者の数、 サイトのクリック数、イベント参加者、エピソード、批判 やネガティブコメントの数」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  44. 44. 「評価指標としては定性評価の傾向が定量評価よりも現在 強い。今後はより定量評価が必要と感じている。 「現状評価は内部で行うケースが7割、今後は30%は外部 評価を必要とし、50%は現状容認。」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  45. 45. 「ソーシャルメディア活用に7割の回答者が重要性を感じてい る。組織内の責任者の理解、擁護、協力が不可欠(50%)。 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  46. 46. 「ソーシャルメディア導入のきっかけは『卒業生等からの要 望』が1位、『他の大学が利用しているから』、『組織内の理 解・擁護者からの支援』等の声も。」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  47. 47. 「ソーシャルメディア導入の障壁は『日々のコンテンツ管理 のための人材』、『サイト構築のための人材』、『適切な人 材不足』、『導入するための専門性の欠如』『資金』」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  48. 48. 「ポリシー&ガイドラインは、『ブランディング&グラ フィック』、『コンテンツのマネジメント&管理』、『プラ イバシー』、『ネガティブ投稿』の順で何らかの規定があ る。」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  49. 49. 「今後検討していること→『包括的な計画の構築』、『より 多くの関係者に向けてプログラムを拡張』、現状プログラム に対してより多様なツールの活用』、『正式な運用ポリシー の策定』」 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  50. 50. 「正式な書面にまとめた運用ポリシーを持つ大学は4割弱。 各部門で専属スタッフは1~2名、組織全体では1~20名まで ばらつきがある』 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  51. 51. 【3】国内大学でのツイッター利用に関して '国内の取組み( Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  52. 52. 大学のTwitter利用に関する実態と意向 全国1128大学/大学人'教員・職員(を対象とした調査 による『高等教育界とTwitter'ツイッター(の現在と明日』 2010年8月 企画協力 : 大学通信 調査主体 : 地域科学研究会 高等教育情報センター 調査結果のURL http://bit.ly/9QoCNm Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  53. 53. 【3】実践的なツール・使い方のご紹介 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  54. 54. 【A】Listen →RSS、検索、分析ツールの利用 聞く~情報収集、モニタリング 【B】Engage →戦略が必要、ブランドアイデンティ 会話をする~質問、返答 ティ、組織内の運用体制 【C】Social Contents →テーマ性を持ったコンテンツの発信 コンテンツ作成 (ブログ、写真、動画・・・) 【D】Create Buzz: バズつくり~キャンペーン →Twitter、メルマガ等の効果的な利用 (広く知らしめる) 【E】Community Building →オンラインコミュニティの運営・ & Social Network 醸成、ロイヤリティ向上、ファン作り Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  55. 55. 【A】Listen 聞く~情報収集、モニタリング 【B】Engage 会話をする~質問、返答 【C】Social Contents コンテンツ作成 【D】Create Buzz: バズつくり~キャンペーン (広く知らしめる) 【E】Community Building & Social Network Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  56. 56. 【Bit.ly】 http://bit.ly/Bit.ly (URL短縮ツール) Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  57. 57. 【Hootsuite】 フートスイート (Hootsuite) (ツイッターの管理、特に複数のアカウント管理が便利です) http://hootsuite.com/ Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  58. 58. 【Google Alert】 グーグルアラート(指定したキーワードに関するニュースやブログ記事を自動収集してくれます) http://www.google.co.jp/alerts Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  59. 59. 【Twitter Times】 ツイッタータイムズ(フォローしている方の間で話題になっている情報が注目度順に表示されます) http://twittertim.es/ Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  60. 60. 【Slideshare】 スライドシェア (プレゼンテーションのファイルをウェブ上で共有できます) http://www.slideshare.net/ Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  61. 61. 【実践例:イベントを実施する場合】 【今まで】 【これから】 【告知】郵送・ファックス・メールで告知→→→Twitter, Facebook event等のツールを利用 【申込受付】郵送・Fax、メールで受信 →→→Google Form、Facebook event等を利用 して簡単データベース化誰が来るかも可視化 【運営まで】事前連絡最低限で当日を迎える→→Twitter、Facebook等を使うことで参加者 の顔が見え、期待値を知り、高めることが可能。 【運営当日】ライブでのその場の体験を楽しむ→→→USTREAM +Twitterの衝撃 会場以外からの参加 双方向でのコミュニケーションが可能 【開催後】特になし、会場でのアンケート記入→→Twitter等でのイベント後ディスカッション 【終了報告】報告書、ウェブサイトへのアップ→→参加者からの動画、写真登校可能 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  62. 62. 本日はどうも有難うございました 株式会社ソーシャルカンパニー 市川裕康 -www.socialcompany.org 【contact】 -hiroyasu.ichikawa@socialcompany.org -www.twitter.com/socialcompany Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  63. 63. 【株式会社ソーシャルカンパニーの自己紹介】 株式会社ソーシャルカンパニー (英文表記:SocialCompany, Inc.) 会 社 名 URL : http://www.socialcompany.org 本社所在地 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町 3-21 ちよだプラットフォームスクウェア 1014 資 本 金 500,000円 (2010年3月1日現在) 設 立 日 2010年3月1日 業 務 体 制 代表取締役社長: 市川裕康 ・ソーシャルメディア・コンサルティング事業 ・CSR・コーズリレーテッド・マーケティング支援事業 事 業 内 容 ・執筆、翻訳、調査、出版、講演事業 ・海外事業とのアライアンス構築およびビジネス開発 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  64. 64. 【自己紹介】 市川裕康(いちかわ ひろやす) 1994年同志社大学法学部政治学科、1996年同志社新島奨学生としてアマースト大学を卒業。 NGO団体(アガペハウス)、出版社(読売新聞、(株)アルク)、人材関連企業(ディスコ・インター ナショナル、(株)アクシアム)等を経て2010年3月に独立、株式会社ソーシャルカンパニーを設立。 ソーシャルメディア・コンサルタントとして、ツイッター、ブログ等を活用したビジネス・コンサル ティング、非営利団体や企業の社会貢献活動の推進・支援に取り組んでいる。海外の ソーシャルメディア動向についてのリサーチ、分析、メディアトレーニングのサービスにも。 「社会起業家的な働き方のスタイル」をテーマにしたメールマガジン「ソシアレ」を2005年より 発行。世界80都市以上に拠点をもつ米国非営利団体「ネットスクエアード」の東京代表も務める。 「ソーシャルカンパニー」サイト:http://www.socialcompany.org/ 翻訳出版物: 2002年2月英治出版社より出版 『魂を売らずに成功する~伝説のビジネス誌編集長が選んだ 飛躍のルール52』 著者:アラン・M・ウェバー / 訳者: 市川 裕康 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.
  65. 65. 【関連ウェブサイトご紹介】 www.socialcompany.org www.netsquared.jp @socialcompany 講談社 現代ビジネス 『ソーシャルビジネス最前線』 Copyright © 2010 – Hiroyasu Ichikawa, SocialCompany, Inc.

×