2008‐12‐05(Fri); 中国料理 菩提樹 
RejectTalks 2008 in オブラブ忘年会
島田 浩二
snoozer.05@ruby‐sapporo.org
日本Rubyの会/Ruby札幌
SHIMADA Koji; Nih...
「なんだか一生涯、ずっと旅先にいたような気がし
ますーーいま、僕はふるさとへ帰ってきたのです」
 彼女は母親のように微笑した。
「ふるさとへ帰れるひとなんてありませんよ」と、
彼女はやさしい口調でいった。「でも、お友だち同
士の道がおちあったり...
自己紹介
From Sapporo, with Love for Ruby.
Ruby札幌
主宰/運営チーム
島田 浩二
snoozer.05@ruby-sapporo.org http://ruby-sapporo.org
http://iddy.jp...
Photo by kakutani.com
http://www.flickr.com/photos/68498640@N00/1711263422/
どうぞ
よろしく
お願いします
参加理由
先週の出来事
仕事の打ち合わせ
が12/5に東京で
2008/12/5 東京
オブラブ忘年会∼ふりかえり2008∼
✓ 申し込み完了
✓ 諸々スケジューリング
準備万端
のはずが
仕事の打ち合わせ
が12/5に東京で
仕事の打ち合わせ
が12/5に東京で
せっかくなので
自費で来た
イマココ
OOとの関わ
り的自己紹介
扉を開いた
最初の一冊
こんなに心を持っていかれる
技術書に出会ったのは初めてだった
冒頭で語られる
ケントベックのかっこよさ
重度のケントベック廚に
今年の活動
続きは
http://ruby-sapporo.org/
まだまだ道の途中
もっともっと勉強して
もっともっといろいろな所に貢献して
いつかXPJUGや
オブジェクト倶楽部に
話しに来れるといいな
本題
http://www.flickr.com/photos/mio-spr/2042538806
Fluent interfaceと
動線と
Talking about “Fluent interface” and “Flow line”
島田 浩...
きちんとした資料は
http://ruby-sapporo.org/
アジェンダ
✓ 2種類の利用者
✓ 3つの車輪
✓ 1つの視点
✓ まとめ
http://www.flickr.com/photos/srijith/1867095482
2種類の利用者
インターフェイスの利用者
✓コードを書く人
✓コードを読む人
読んだことが流れるように
頭に入ってくる
考えたことを流れるように
コードにすることが出来る
コード
Fluent interfaceが
生み出したい 流れ
インターフェイス
利用者
http://www.flickr.com/photos/fuckr/91530309
3つの車輪
Fluent interfaceの車輪
✓ メソッドチェーン
✓ カスケード
✓ セマンティクス
http://www.flickr.com/photos/17258892@N05/2588347668
やってみて
感じたこと
大事なこと
はあまり
変わらない
✓責務の振り分け
✓返り値
✓引数
✓メソッド名
+α
http://www.flickr.com/photos/srijith/1867095482
流れ
読んだことが流れるように
頭に入ってくる
考えたことを流れるように
コードにすることが出来る
コード
Fluent interfaceが
生み出したい 流れ
インターフェイス
利用者
読んだことが流れるように
頭に入ってくる
考えたことを流れるように
コードにすることが出来る
コード
Fluent interfaceが
生み出したい 流れ
インターフェイス
利用者
読んだことが流れるように
頭に入ってくる
考えたことを流れるように
コードにすることが出来る
コード
Fluent interfaceが
生み出したい 流れ
インターフェイス
利用者
読んだことが流れるように
頭に入ってくる
考えたことを流れるように
コードにすることが出来る
コード
Fluent interfaceが
生み出したい 流れ
インターフェイス
利用者
Fluent interfaceとい
う観点でインターフェイス
を見つめる行為は、イン
ターフェイスの具体的な利
用者のことを強く考えさせ
てくれる
...a programmer’s job is too communicate
with other programmers, not just a machine.
Programming, then, is a human task
do...
Fluent interfaceは
インターフェイスも人に
向けて書かれるべきだと
改めて教えてくれている
http://www.flickr.com/photos/suvcougar/
飛躍
インターフェイス
設計に動線という
メタファを持って
これないだろうか
動線
動線
✓ 建物の中を、人が自然に動く時に
通ると思われる径路
✓ 建物の間取りをするときに気をつ
けるべきこと
✓ 設計の際に利用者の行動パターン
を予測し、より明快に、また移動
距離が長くならないよう考慮する
http://ja.wikipe...
利用者の行動パターン
を予測し、より明快
に、移動距離を短く
勉強中
http://www.flickr.com/photos/storm-crypt/2280100565
どうやって見つけるか
これまでの作業は机の上でできてい
ます。確かに現場の条件をよーく考
慮して、このスケッチは出来ていま
す。でも気をつけて下さい! これ
は、あくまで、机の上の「絵」にす
ぎません。現場で、直接、原寸で、
絵を描いて、はじめてリアルな形と
なるの...
動線の
見つけ方
どうやって見つけるか
✓ TDD
✓ テストコードが最初の利用者
✓ インクリメンタルな開発
✓ こまめにリリースすることで実際
の利用者からフィードバックを受
ける
まとめ
✓ 2種類の利用者
✓ コードを読む、コードを書く
✓ 3つの車輪
✓ メソッドチェーン、カスケード、
セマンティクス
✓ 1つの視点
✓ 利用者に価値があるかどうか
ここまでのまとめ
インターフェイスに対
してプログラミングす
るのであって,実装に対
してプログラミングす
るのではない (GoF)
より良いインター
フェイスを探求す
る僕らの冒険はま
だ始まったばかり
http://www.flickr.com/photos/pedrosz/2287112249
未完
どうぞ
良いお年を
20081205 Object Club Reject Talks2008
20081205 Object Club Reject Talks2008
20081205 Object Club Reject Talks2008
20081205 Object Club Reject Talks2008
20081205 Object Club Reject Talks2008
20081205 Object Club Reject Talks2008
20081205 Object Club Reject Talks2008
20081205 Object Club Reject Talks2008
20081205 Object Club Reject Talks2008
20081205 Object Club Reject Talks2008
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20081205 Object Club Reject Talks2008

1,431 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,431
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
88
Actions
Shares
0
Downloads
12
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20081205 Object Club Reject Talks2008

  1. 1. 2008‐12‐05(Fri); 中国料理 菩提樹  RejectTalks 2008 in オブラブ忘年会 島田 浩二 snoozer.05@ruby‐sapporo.org 日本Rubyの会/Ruby札幌 SHIMADA Koji; Nihon Ruby-no-kai; RubySapporo From Sapporo, with Love for Object Club Ruby札幌の方から 来ました
  2. 2. 「なんだか一生涯、ずっと旅先にいたような気がし ますーーいま、僕はふるさとへ帰ってきたのです」  彼女は母親のように微笑した。 「ふるさとへ帰れるひとなんてありませんよ」と、 彼女はやさしい口調でいった。「でも、お友だち同 士の道がおちあったりすると、しばらくのあいだ、 世界じゅうがふるさとのように見えるものです」 Hermann Hesse 著, 秋山英夫 訳 「デーミアン」講談社文庫版
  3. 3. 自己紹介
  4. 4. From Sapporo, with Love for Ruby. Ruby札幌 主宰/運営チーム 島田 浩二 snoozer.05@ruby-sapporo.org http://ruby-sapporo.org http://iddy.jp/profile/snoozer05/ http://twitter.com/snoozer05 しまだ こうじ
  5. 5. Photo by kakutani.com http://www.flickr.com/photos/68498640@N00/1711263422/
  6. 6. どうぞ よろしく お願いします
  7. 7. 参加理由
  8. 8. 先週の出来事
  9. 9. 仕事の打ち合わせ が12/5に東京で
  10. 10. 2008/12/5 東京 オブラブ忘年会∼ふりかえり2008∼
  11. 11. ✓ 申し込み完了 ✓ 諸々スケジューリング
  12. 12. 準備万端
  13. 13. のはずが
  14. 14. 仕事の打ち合わせ が12/5に東京で
  15. 15. 仕事の打ち合わせ が12/5に東京で
  16. 16. せっかくなので 自費で来た イマココ
  17. 17. OOとの関わ り的自己紹介
  18. 18. 扉を開いた 最初の一冊
  19. 19. こんなに心を持っていかれる 技術書に出会ったのは初めてだった
  20. 20. 冒頭で語られる ケントベックのかっこよさ
  21. 21. 重度のケントベック廚に
  22. 22. 今年の活動
  23. 23. 続きは http://ruby-sapporo.org/
  24. 24. まだまだ道の途中
  25. 25. もっともっと勉強して もっともっといろいろな所に貢献して
  26. 26. いつかXPJUGや オブジェクト倶楽部に 話しに来れるといいな
  27. 27. 本題
  28. 28. http://www.flickr.com/photos/mio-spr/2042538806 Fluent interfaceと 動線と Talking about “Fluent interface” and “Flow line” 島田 浩二 SHIMADA Koji; Nihon Ruby-no-kai; RubySapporo snoozer.05@ruby‐sapporo.org 日本Rubyの会/Ruby札幌
  29. 29. きちんとした資料は http://ruby-sapporo.org/
  30. 30. アジェンダ ✓ 2種類の利用者 ✓ 3つの車輪 ✓ 1つの視点 ✓ まとめ
  31. 31. http://www.flickr.com/photos/srijith/1867095482 2種類の利用者
  32. 32. インターフェイスの利用者 ✓コードを書く人 ✓コードを読む人
  33. 33. 読んだことが流れるように 頭に入ってくる 考えたことを流れるように コードにすることが出来る コード Fluent interfaceが 生み出したい 流れ インターフェイス 利用者
  34. 34. http://www.flickr.com/photos/fuckr/91530309 3つの車輪
  35. 35. Fluent interfaceの車輪 ✓ メソッドチェーン ✓ カスケード ✓ セマンティクス http://www.flickr.com/photos/17258892@N05/2588347668
  36. 36. やってみて 感じたこと
  37. 37. 大事なこと はあまり 変わらない
  38. 38. ✓責務の振り分け ✓返り値 ✓引数 ✓メソッド名
  39. 39.
  40. 40. http://www.flickr.com/photos/srijith/1867095482 流れ
  41. 41. 読んだことが流れるように 頭に入ってくる 考えたことを流れるように コードにすることが出来る コード Fluent interfaceが 生み出したい 流れ インターフェイス 利用者
  42. 42. 読んだことが流れるように 頭に入ってくる 考えたことを流れるように コードにすることが出来る コード Fluent interfaceが 生み出したい 流れ インターフェイス 利用者
  43. 43. 読んだことが流れるように 頭に入ってくる 考えたことを流れるように コードにすることが出来る コード Fluent interfaceが 生み出したい 流れ インターフェイス 利用者
  44. 44. 読んだことが流れるように 頭に入ってくる 考えたことを流れるように コードにすることが出来る コード Fluent interfaceが 生み出したい 流れ インターフェイス 利用者
  45. 45. Fluent interfaceとい う観点でインターフェイス を見つめる行為は、イン ターフェイスの具体的な利 用者のことを強く考えさせ てくれる
  46. 46. ...a programmer’s job is too communicate with other programmers, not just a machine. Programming, then, is a human task done by humans for humans. Oh, and writing good code at the same time. プログラムは、マシンにだけではなく、 自分以外のプログラマに向けて書かれるべきなんだ。 そうすることで、プログラミングは 人による、人のための、人の仕事になる。 もちろん、それは良いコードにもなっているんだよ。 - Kent Beck「Implementation Patterns」
  47. 47. Fluent interfaceは インターフェイスも人に 向けて書かれるべきだと 改めて教えてくれている http://www.flickr.com/photos/suvcougar/
  48. 48. 飛躍
  49. 49. インターフェイス 設計に動線という メタファを持って これないだろうか
  50. 50. 動線
  51. 51. 動線 ✓ 建物の中を、人が自然に動く時に 通ると思われる径路 ✓ 建物の間取りをするときに気をつ けるべきこと ✓ 設計の際に利用者の行動パターン を予測し、より明快に、また移動 距離が長くならないよう考慮する http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%95%E7%B7%9A
  52. 52. 利用者の行動パターン を予測し、より明快 に、移動距離を短く
  53. 53. 勉強中
  54. 54. http://www.flickr.com/photos/storm-crypt/2280100565 どうやって見つけるか
  55. 55. これまでの作業は机の上でできてい ます。確かに現場の条件をよーく考 慮して、このスケッチは出来ていま す。でも気をつけて下さい! これ は、あくまで、机の上の「絵」にす ぎません。現場で、直接、原寸で、 絵を描いて、はじめてリアルな形と なるのです。
  56. 56. 動線の 見つけ方
  57. 57. どうやって見つけるか ✓ TDD ✓ テストコードが最初の利用者 ✓ インクリメンタルな開発 ✓ こまめにリリースすることで実際 の利用者からフィードバックを受 ける
  58. 58. まとめ
  59. 59. ✓ 2種類の利用者 ✓ コードを読む、コードを書く ✓ 3つの車輪 ✓ メソッドチェーン、カスケード、 セマンティクス ✓ 1つの視点 ✓ 利用者に価値があるかどうか ここまでのまとめ
  60. 60. インターフェイスに対 してプログラミングす るのであって,実装に対 してプログラミングす るのではない (GoF)
  61. 61. より良いインター フェイスを探求す る僕らの冒険はま だ始まったばかり http://www.flickr.com/photos/pedrosz/2287112249
  62. 62. 未完
  63. 63. どうぞ 良いお年を

×