Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Nc3開発環境(vagrant)構築(Windows編)

961 views

Published on

Nc3開発環境(vagrant)構築(Windows編)

  • Be the first to comment

Nc3開発環境(vagrant)構築(Windows編)

  1. 1. NetCommons3開発環境(Vagrant)構築 (Windows編)
  2. 2. Windowsによる環境構築 • virtualbox 4.3.12 – 古いバージョンからバージョンアップすると、環境変数の設定がクリアされる。その ため、手動で環境変数PATHにVirtualboxのパスを通す必要がある • vagrant 1.4.3、vagrant 1.6.3  • msysgit – http://msysgit.github.io/ • NetBeans IDE 8.0による開発 – http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html • NetCommons3 – https://github.com/NetCommons3/NetCommons3.git – C:Users(user)DocumentsNetBeansProjectsNetCommons3に git cloneする。 ※別紙参照
  3. 3. Msysgitのインストール
  4. 4. hostsファイルの変更 • C:WindowsSystem32driversetcにあるhostsファイルに以下 を追加する 127.0.0.1 app.local sphinx.local phpdoc.local phpldapadmin.local redmine.local jenkins.local
  5. 5. 環境変数PATHの設定 (virtualbox 4.3.12) • 古いVirtualboxからvirtualbox 4.3.12にバージョンアップすると、 Virtualboxの実行ファイルへの環境変数PATHがなくなってしまい、 vargrant upでエラーになる。 – コントロール パネル > システムとセキュリティ > システム > システムの詳細 設定 > 詳細設定タブ > システム環境変数 > PATH – C:Program FilesOracleVirtualBox を設定 ※各自VirtualBoxをインストールしたディレクトリをセットする
  6. 6. Berksfileの修正 (vagrant1.4.3の場合) • C:Users(user) DocumentsNetBeansProjectsNetCommons3Berksfileを以 下のように修正する ※vagrant up でエラーになる 1行目: (修正前) source 'https://api.berkshelf.com' (修正後) site :opscode
  7. 7. Berksfile.lockファイルを削除する (vagrant1.4.3の場合) • C:Users(user) DocumentsNetBeansProjectsNetCommons3Berksfile.lock を削除する ※vagrant up でエラーになる
  8. 8. synced_folder 無効化 • C:Users(user) DocumentsNetBeansProjectsNetCommons3Vagrantfile を修正 する ※windowsの場合、シンボリックリンクが解除されてしまう。 31行目: (修正前) config.vm.synced_folder '.', '/var/www/app', :create => true, :owner=> 'www-data', :group => 'www-data', :mount_options => ['dmode=775', 'fmode=775'] config.vm.provider :virtualbox do |vb| vb.gui = false vb.customize ['modifyvm', :id, '--memory', '2048'] end (修正後) config.vm.synced_folder '.', '/var/www/app', disabled: true, :create => true, :owner=> 'www-data', :group => 'www-data', :mount_options => ['dmode=775', 'fmode=775'] config.vm.provider :virtualbox do |vb| vb.gui = false vb.customize ['modifyvm', :id, '--memory', '2048'] end
  9. 9. Vagrant pluginのインストール vagrant-hostmanager • コマンドプロンプトで以下コマンドを実行する (コマンド) vagrant plugin install vagrant-hostmanager (確認コマンド) vagrant plugin list
  10. 10. Vagrant pluginのインストール vagrant-omnibus • コマンドプロンプトで以下コマンドを実行する (コマンド) vagrant plugin install vagrant-omnibus (確認コマンド) vagrant plugin list
  11. 11. Vagrant pluginのインストール vagrant-berkshelf(vagrant1.4.3の場合) • コマンドプロンプトで以下コマンドを実行する (コマンド) vagrant plugin install vagrant-berkshelf --plugin-version 1.3.7 (確認コマンド) vagrant plugin list vagrant status
  12. 12. Vagrant pluginのインストール vagrant-berkshelf(vagrant1.6.3の場合) ※dep-selector-libgecodeでエラーが発生するため、下記の対応を施してから、イン ストールを実行する(http://qiita.com/uzuki05/items/ec4c28f6bca08bce0bda) • 下記のサイトから各々ファイルをダウンロードする –http://gnuwin32.sourceforge.net/downlinks/tar-bin-zip.php –http://gnuwin32.sourceforge.net/downlinks/tar-dep-zip.php • ファイルを解凍し、 C:HashiCorpVagrantembeddedmingw にコピーする –コマンドプロンプトから、「tar --version」を実行し、「tar (GNU tar) 1.13」になっていればOK • コマンドプロンプトで以下コマンドを実行する (コマンド) vagrant plugin install vagrant-berkshelf --plugin-version ">= 2.0.1" (確認) vagrant plugin list
  13. 13. Vagrant の起動 vagrant up • コマンドプロンプトで以下コマンドを実行する ※ C:HashiCorpVagrantembeddedmingwmingw32env.cmdからコマン ドプロンプトを起動する (コマンド) cd (NetCommons3のパス) vagrant up ※外部のライブラリをインストールする際に、ネットワークの環境等の影響でエラーになることがあります。 そのため、もしエラーが出た場合は、「 vagrant provision」をお試しください。
  14. 14. vagrant サーバの設定 • vagrant ssh もしくは、Teraterm等でサーバ(IPアドレス:127.0.0.1、ポート: 2222)にログインする(ID:vagrant、Pass:vagrant) • 下記のコマンドを実行する – /var/www/app 以下ファイルおよびディレクトリのユーザとグループを変更 (コマンド) sudo -s cd /var/www/app chown -R www-data:www-data ./*
  15. 15. NetCommonsのインストール① 同意画面
  16. 16. NetCommonsのインストール② パーミッション確認
  17. 17. NetCommonsのインストール③ データベース設定 [MySQL] ID: root / パスワード: root
  18. 18. NetCommonsインストール④ 管理者ユーザ作成 ※この画面が表示されるまで、若干時間がかかります。 ※エラーになったり、ホームの画面が崩れたりした場合は、 app/Config/application. ymlファイルの最終行の「 installed: true」を「 installed: false」に変更した後、作成さ れたDBを削除してhttp://app.local:9090/にアクセスし、インストールを再度試してく ださい。
  19. 19. NetCommonsインストール⑤ 完了画面
  20. 20. 開発の進め方 • Sambaで10.0.0.10sharedappに接続し、ソースを変更して いく。 ※ただし、共有フォルダとsynced_folder の設定がされていないため、 vagrant destroyやvirtualbox上からOSを削除すると、作業中のフォルダも削除され てしまう。バックアップを取りながら開発する
  21. 21. Guardでファイル変更を監視 (Helloworldsの資料を参照) ● Guardって Guardは簡単にファイルシステムの変更イベントを扱えるツールのことで、 Guardで監視しているファ イルの変更が発生した時に、 shellなどのコマンドを実行できます。 https://github.com/guard/guard ● Guardで監視される内容 ○ http://sphinx.local:9090/reference/developer.html ● Guardの実行 ○ SSHで下記コマンドを実行する (コマンド) sudo -s cd /var/www/app/ bundle exec guard -w /var/www/app/app/ ○ Guardの設定ファイルは、下記の通り。 /var/www/app/Guardfile ● Guardの監視から抜ける ○ exitコマンドで監視を抜ける

×