SlideShare a Scribd company logo
1 of 31
プラクティスが有効に
 はたらく前提は明らかになっていますか?

~コンテキストを明示して成功事例を分かち合い、更なる前進につなげる~




               森崎 修司
         奈良先端科学技術大学院大学

            tweets: @smorisaki
お題: ソフトウェアに求められるもの

• コンテキスト(前提や文脈)なしの議論で・・・




「そら、フィーチャ             「品質に決まっ
の数やろ!」                てるやん!」




                            2
質問: ソフトウェアに求められるもの

• 現実にはこんなことも・・・




「そら、フィーチャ                   「品質に決まっ
の数やろ!」              原子力発電所 てるやん!」
          スマートフォン
                     の制御ソフト




                                 3
質問: ソフトウェアに求められるもの

• お互いのコンテキストに気づかずに、その議論を持ち帰
  ると・・・



「そら、フィーチャ           「品質に決まっ
の数やろ!」              てるやん!」




                          4
現実には起こりませんが・・・

• 間違えて現場に持ち帰る可能性もゼロではありません。




「品質に決まって                   「そら、フィー
るやん!」              原子力発電所チャの数やろ!」
         スマートフォン
                    の制御ソフト




                                5
互いのコンテキストを認識しましょう!

• どういう前提・制約で意見を述べているのか、さわやか
  に聞いてみましょう。

「そら、フィーチャ                   「品質に決まっ
の数やろ!」                      てるやん!」




                なるほど。
            どんな前提なんでしょうね?


                                  6
あらまし
• コンテキストの例(もう1回)

• コンテキスト
 – なぜコンテキストを明示するのか?
 – コンテキスト抽出の方針

• コンテキスト記述の例
 – サーベイ論文の紹介
 – 調査結果とコンテキストを記述した例


• 具体例とディスカッション

                       7
もう一つお題を!

• 質問: ソースコードの保守性をどう考えますか?
ソースコードの品質こそが
ソフトウェアの価値だ!保         Aさんの言うことな
守性の低いコードしか書          らば、間違いはな
けないヤツは去れ!            いはず。でも、なん
                     となく違和感が・・・




 カリスマ エンジニアA    最近、いろんな技術に目
                覚めつつあるエンジニアB
                             8
実は・・・・

• 質問: ソースコードの保守性をどう考えますか?
ソースコードの品質こそが
ソフトウェアの価値だ!保              Aさんの言うことな
守性の低いコードしか書               らば、間違いはな
けないヤツは去れ!                 いはず。でも、なん
          パッケージ・
                    次のリリースで
                          となく違和感が・・・
         Web系サービス
                    再設計・再実装
          で継続開発




 カリスマ エンジニアA          最近、いろんな技術に目
                      覚めつつあるエンジニアB
                                  9
こう言ってくれたら・・・

• 質問: ソースコードの保守性をどう考えますか?
Web系サービスにおいて、ソース    なるほど、たしかにパッ
コードの品質こそがソフトウェアの    ケージやサービスでは、
価値だ!保守性の低いコードし      保守性や拡張性が大
か書けないヤツは、サービス開      事そうだ。自分の現場
発の現場から去れ!           ではどうかな?




 カリスマ エンジニアA       最近、いろんな技術に目
                   覚めつつあるエンジニアB
                             10
あらまし
• コンテキストの例

• コンテキスト
 – なぜコンテキストを明示するのか?
 – コンテキスト抽出の方針

• コンテキスト記述の例
 – サーベイ論文の紹介
 – 調査結果とコンテキストを記述した例


• 具体例とディスカッション

                       11
コンテキスト抽出の動機
  • 「なぜプラクティス、技術、技法を実際に適用して研究
    するのか?」 Basili 教授の講演から

  • プラクティス、技術、技法のユーザにとって
      – いつ使えばよいかが、わかる。
      – コンテキストにあっているかどうか確信を持てる。
  • プラクティス、技術、技法の考案者にとって
      – 実現可能性を示せる。
      – 制限と制約を確認できる。
      – 今後の方向性や発展を考えることができる。

出典: V. Basili and S. Elbaum: Better Empirical Science for Software Engineering , 28th
Presentation at International Conference on Software Engineering,
                                                                                  12
http://www.cs.umd.edu/~basili/presentations/2006%20ICSE%20with%20Elbaum.pdf(2006)
エンピリカルアプローチの三段階

               第一段階: 観察
    ・実験や調査により現象を確認する。
    ・現象が表現できる。

            第二段階: 法則の発見
    ・現象が起こるコンテキストを理解する。
    ・現象を予測できるようになる。

            第三段階: 理論の確立
    ・因果関係を明らかにする。
    ・現象を説明できるようになる。
出典: ソフトウェア開発におけるエンピリカルアプローチ,アスキー,p.11(2008)   13
観察→コンテキスト
• コンテキストを決めてからではなく、観察や調査が先に
  ある。

               第一段階: 観察
    ・実験や調査により現象を確認する。
    ・現象が表現できる。

            第二段階: 法則の発見
    ・現象が起こるコンテキストを理解する。
    ・現象を予測できるようになる。

                                              14
出典: ソフトウェア開発におけるエンピリカルアプローチ,アスキー,p.11(2008)
あらまし
• コンテキストの例

• コンテキスト
 – なぜコンテキストを明示するのか?
 – コンテキスト抽出の方針

• コンテキスト記述の例
 – サーベイ論文の紹介
 – 調査結果とコンテキストを記述した例


• 具体例とディスカッション

                       15
アジャイルソフトウェア開発のサーベイ




出典: T. Dyba and T. Dingsoyr: Empirical studies of agile software development: A
systematic review, Journal of information and software technology, vol. 50, p. 833-16
839 (2008)
33本の論文の一覧表




出典: T. Dyba and T. Dingsoyr: Empirical studies of agile software development: A
systematic review, Journal of information and software technology, vol. 50, p. 833-17
839 (2008)
“インターネットスピード”の開発というコンテキスト




出典: R. Baskerville, B. Ramesh, L. Levine and S. Slaughter: Is Internet-Speed
                                                                                18
Software Development Different?, IEEE Software, vol. 20, no. 16, p70-77(2003)
当該論文で記述されている事実とコンテキスト
 • 頻繁なリリース
      – 事実: スコープを小さくして頻繁なリリースをする。
      – コンテキスト: 市場に応じて新しい機能をリリースしなければ
        ならない。
 • オンサイト顧客
      – 事実: 顧客は通常の自席から開発ルームにすぐ移動できる
        ようにする。
      – コンテキスト: 戦略が適宜変更するためにユーザ要求が頻
        繁に変わる。
 • 保守性の優先度を下げる(保守性を無視する)
      – 事実: 設計ドキュメントはない。
      – コンテキスト: すぐに作り替えられるので保守性は問題になり
        にくい。
出典: R. Baskerville, B. Ramesh, L. Levine and S. Slaughter: Is Internet-Speed Software   19
Development Different?, IEEE Software, vol. 20, no. 16, p70-77(2003)
その他のコンテキストの例
• 品質のプライオリティが高い。
• 性能を満たすことが至上命題
• コア部分のリリース日は絶対守らなければならない。
• 法令遵守が必須(でも、法令はまだ決まってない)
• 類似製品・サービスよりも早くリリースできることが、もっ
  とも重要
• 複数拠点
• 再委託している。
• ユーザ側の体制


                           20
あらまし
• コンテキストの例

• コンテキスト
 – なぜコンテキストを明示するのか?
 – コンテキスト抽出の方針

• コンテキスト記述の例
 – サーベイ論文の紹介
 – 調査結果とコンテキストを記述した例


• 具体例とディスカッション

                       21
もう少しありそうな話を・・・

• 懇談会、委員会、連合会、連絡会議等で・・・・

いやー。アジャイル                 あーアレですか。
にしてから、コストも                ちょいちょい聞いて
開発期間も軒並み                  ますわ。(アジャイ
短縮で..ホンマに。金融商品の      制御機器 ルって何や?)
           バックオフィス   受託開発




B社システム部門長               C社事業部長
                                 22
もう少しありそうな話を・・・

• 会社に戻り・・・

    うちもそろそろア     はいはい。
    ジャイルにしたいん    やりましょう。
    やけど・・・




       C社事業部長   C社受託開発部門
                課長D
もう少しありそうな話を・・・

• 受注し..


  アジャイルで受注し       はい。
  てきたで!




   C社受託開発部門
   課長D             C社受託開発部門
                   担当E
もう少しありそうな話を・・・

• 実際に開発をはじめることに・・・
                なんか、うまくいかないんで
                すけど..
                チームに入ってくれている
  えー?           ユーザは業務をとりまとめ
                ているだけみたいで..




   C社受託開発部門
   課長D               C社受託開発部門
                     担当E
もう少しありそうな話を・・・

• 実際に開発をはじめることに・・・

                システムの構成物が全部
  えー?           そろってからでないと、意味
                ないって言われました...




   C社受託開発部門
   課長D               C社受託開発部門
                     担当E
もう少しありそうな話を・・・

• 開発が終わり...

   コストも納期も     アジャイルってアカ
   オーバーしてしま    ンのちゃう?
   いました..




  C社受託開発部門        C社事業部長
  課長D
ここからコンテキストを抽出します
• どんな前提の違いが考えられるか?




チームに入ってくれている   システムの構成物が全部
ユーザは業務をとりまとめ   そろってからでないと、意味
ているだけみたいで..    ないって言われました...


                         28
Publickeyの記事




出典: http://www.publickey1.jp/blog/11/post_141.html

                                                     29
今日のお話を文書化したもの
• EMWest vol. 2
   • ソフトウェアレビューの価値
• Software Testing ManiaX
   • Clarifying the context of your methods, approaches, insights,
     implications and case studies




• Web
   • 「なぜウチではうまくいかないか?」を考える開発コンテキスト
     の解説?
     http://blogs.itmedia.co.jp/morisaki/2010/07/post-0672.html
                                                             30
まとめ
• コンテキストの例を紹介した。
 – スマートフォンと原発制御ソフト
• コンテキストの意義
 – コンテキスト設定までのステップ

• 事実(観察結果)とコンテキストの例
 – 論文: Is Internet-Speed Software Development
   Different?
• 具体例を題材にコンテキストを考えた。


                                                31

More Related Content

What's hot

アプリケーションコードにおける技術的負債について考える
アプリケーションコードにおける技術的負債について考えるアプリケーションコードにおける技術的負債について考える
アプリケーションコードにおける技術的負債について考えるpospome
 
Goのサーバサイド実装におけるレイヤ設計とレイヤ内実装について考える
Goのサーバサイド実装におけるレイヤ設計とレイヤ内実装について考えるGoのサーバサイド実装におけるレイヤ設計とレイヤ内実装について考える
Goのサーバサイド実装におけるレイヤ設計とレイヤ内実装について考えるpospome
 
PHPでAIプログラミングコンテスト準優勝するまでの軌跡
PHPでAIプログラミングコンテスト準優勝するまでの軌跡PHPでAIプログラミングコンテスト準優勝するまでの軌跡
PHPでAIプログラミングコンテスト準優勝するまでの軌跡Shintaro Kurachi
 
実践的な設計って、なんだろう?
実践的な設計って、なんだろう?実践的な設計って、なんだろう?
実践的な設計って、なんだろう?増田 亨
 
トランザクションスクリプトのすすめ
トランザクションスクリプトのすすめトランザクションスクリプトのすすめ
トランザクションスクリプトのすすめpospome
 
アプリでもオブジェクト指向エクササイズ(Potatotips#3)
アプリでもオブジェクト指向エクササイズ(Potatotips#3)アプリでもオブジェクト指向エクササイズ(Potatotips#3)
アプリでもオブジェクト指向エクササイズ(Potatotips#3)Shoichi Matsuda
 
オブジェクト指向最強
オブジェクト指向最強オブジェクト指向最強
オブジェクト指向最強haganemetal
 
どこに何を書くのか?
どこに何を書くのか?どこに何を書くのか?
どこに何を書くのか?pospome
 
いつでも聞けるTDD入門 #TDDBC_NAGOYA
いつでも聞けるTDD入門 #TDDBC_NAGOYAいつでも聞けるTDD入門 #TDDBC_NAGOYA
いつでも聞けるTDD入門 #TDDBC_NAGOYAkyon mm
 
20140903 じどうかの窓口特別編 君にもなれる!?テスト自動化エンジニア
20140903 じどうかの窓口特別編 君にもなれる!?テスト自動化エンジニア20140903 じどうかの窓口特別編 君にもなれる!?テスト自動化エンジニア
20140903 じどうかの窓口特別編 君にもなれる!?テスト自動化エンジニアSHIFT Inc.
 
オブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツ
オブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツオブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツ
オブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツ増田 亨
 
TDD のこころ @ OSH2014
TDD のこころ @ OSH2014TDD のこころ @ OSH2014
TDD のこころ @ OSH2014Takuto Wada
 
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術Takuto Wada
 
大規模Perl初心者研修を支える技術
大規模Perl初心者研修を支える技術大規模Perl初心者研修を支える技術
大規模Perl初心者研修を支える技術Daisuke Tamada
 
第1回 モデリング勉強会
第1回 モデリング勉強会第1回 モデリング勉強会
第1回 モデリング勉強会hakoika-itwg
 
設計してますか?
設計してますか?設計してますか?
設計してますか?ke-m kamekoopa
 
TDDの自殺 #TDDeX
TDDの自殺 #TDDeXTDDの自殺 #TDDeX
TDDの自殺 #TDDeXkyon mm
 
Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)
Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)
Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)VOYAGE GROUP
 
サポーターズ勉強会スライド
サポーターズ勉強会スライドサポーターズ勉強会スライド
サポーターズ勉強会スライドKensuke Mitsuzawa
 
Getting test world
Getting test worldGetting test world
Getting test worldhayabusa333
 

What's hot (20)

アプリケーションコードにおける技術的負債について考える
アプリケーションコードにおける技術的負債について考えるアプリケーションコードにおける技術的負債について考える
アプリケーションコードにおける技術的負債について考える
 
Goのサーバサイド実装におけるレイヤ設計とレイヤ内実装について考える
Goのサーバサイド実装におけるレイヤ設計とレイヤ内実装について考えるGoのサーバサイド実装におけるレイヤ設計とレイヤ内実装について考える
Goのサーバサイド実装におけるレイヤ設計とレイヤ内実装について考える
 
PHPでAIプログラミングコンテスト準優勝するまでの軌跡
PHPでAIプログラミングコンテスト準優勝するまでの軌跡PHPでAIプログラミングコンテスト準優勝するまでの軌跡
PHPでAIプログラミングコンテスト準優勝するまでの軌跡
 
実践的な設計って、なんだろう?
実践的な設計って、なんだろう?実践的な設計って、なんだろう?
実践的な設計って、なんだろう?
 
トランザクションスクリプトのすすめ
トランザクションスクリプトのすすめトランザクションスクリプトのすすめ
トランザクションスクリプトのすすめ
 
アプリでもオブジェクト指向エクササイズ(Potatotips#3)
アプリでもオブジェクト指向エクササイズ(Potatotips#3)アプリでもオブジェクト指向エクササイズ(Potatotips#3)
アプリでもオブジェクト指向エクササイズ(Potatotips#3)
 
オブジェクト指向最強
オブジェクト指向最強オブジェクト指向最強
オブジェクト指向最強
 
どこに何を書くのか?
どこに何を書くのか?どこに何を書くのか?
どこに何を書くのか?
 
いつでも聞けるTDD入門 #TDDBC_NAGOYA
いつでも聞けるTDD入門 #TDDBC_NAGOYAいつでも聞けるTDD入門 #TDDBC_NAGOYA
いつでも聞けるTDD入門 #TDDBC_NAGOYA
 
20140903 じどうかの窓口特別編 君にもなれる!?テスト自動化エンジニア
20140903 じどうかの窓口特別編 君にもなれる!?テスト自動化エンジニア20140903 じどうかの窓口特別編 君にもなれる!?テスト自動化エンジニア
20140903 じどうかの窓口特別編 君にもなれる!?テスト自動化エンジニア
 
オブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツ
オブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツオブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツ
オブジェクト指向の設計と実装の学び方のコツ
 
TDD のこころ @ OSH2014
TDD のこころ @ OSH2014TDD のこころ @ OSH2014
TDD のこころ @ OSH2014
 
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
組織にテストを書く文化を根付かせる戦略と戦術
 
大規模Perl初心者研修を支える技術
大規模Perl初心者研修を支える技術大規模Perl初心者研修を支える技術
大規模Perl初心者研修を支える技術
 
第1回 モデリング勉強会
第1回 モデリング勉強会第1回 モデリング勉強会
第1回 モデリング勉強会
 
設計してますか?
設計してますか?設計してますか?
設計してますか?
 
TDDの自殺 #TDDeX
TDDの自殺 #TDDeXTDDの自殺 #TDDeX
TDDの自殺 #TDDeX
 
Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)
Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)
Phpではじめるオブジェクト指向(公開用)
 
サポーターズ勉強会スライド
サポーターズ勉強会スライドサポーターズ勉強会スライド
サポーターズ勉強会スライド
 
Getting test world
Getting test worldGetting test world
Getting test world
 

Similar to XP祭り関西2011 森崎 修司「プラクティスが有効にはたらく前提は明らかになっていますか?」

ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景Koichi ITO
 
大規模ソフトウェア開発とテストの経験について
大規模ソフトウェア開発とテストの経験について大規模ソフトウェア開発とテストの経験について
大規模ソフトウェア開発とテストの経験についてRakuten Group, Inc.
 
TDDBC osaka 2012/06/02
TDDBC osaka 2012/06/02TDDBC osaka 2012/06/02
TDDBC osaka 2012/06/02Hiro Yoshioka
 
Janog31 bof-pattern-sasaki-01
Janog31 bof-pattern-sasaki-01Janog31 bof-pattern-sasaki-01
Janog31 bof-pattern-sasaki-01Ken SASAKI
 
13_B_5 Who is a architect?
13_B_5 Who is a architect?13_B_5 Who is a architect?
13_B_5 Who is a architect?Atsushi Fukui
 
[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用
[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用
[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用masashi takehara
 
「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビュー「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビューTakafumi ONAKA
 
仕様七変化
仕様七変化仕様七変化
仕様七変化galluda
 
LightSwitch 結局何ができるの
LightSwitch 結局何ができるのLightSwitch 結局何ができるの
LightSwitch 結局何ができるのYoshitaka Seo
 
『アプリケーション アーキテクチャ ガイド2.0』のガイド
『アプリケーション アーキテクチャ ガイド2.0』のガイド『アプリケーション アーキテクチャ ガイド2.0』のガイド
『アプリケーション アーキテクチャ ガイド2.0』のガイドKentaro Inomata
 
テスト勉強会よしおか100311 1
テスト勉強会よしおか100311 1テスト勉強会よしおか100311 1
テスト勉強会よしおか100311 1Hiro Yoshioka
 
デブサミ関西2013【A4】コード品質は曖昧なままか(安竹由起夫氏)
デブサミ関西2013【A4】コード品質は曖昧なままか(安竹由起夫氏)デブサミ関西2013【A4】コード品質は曖昧なままか(安竹由起夫氏)
デブサミ関西2013【A4】コード品質は曖昧なままか(安竹由起夫氏)Developers Summit
 
Intalio japan special cloud workshop
Intalio japan special cloud workshopIntalio japan special cloud workshop
Intalio japan special cloud workshopDaisuke Sugai
 
Information20120312
Information20120312Information20120312
Information20120312b-slash
 
Xp Terakoya No02
Xp Terakoya No02Xp Terakoya No02
Xp Terakoya No02takepu
 
第3回SEMAT勉強会 SEMATエッセンス解説
第3回SEMAT勉強会 SEMATエッセンス解説第3回SEMAT勉強会 SEMATエッセンス解説
第3回SEMAT勉強会 SEMATエッセンス解説Hironori Washizaki
 
Example of exiting legacy system
Example of exiting legacy systemExample of exiting legacy system
Example of exiting legacy systemTakamchiTanaka
 

Similar to XP祭り関西2011 森崎 修司「プラクティスが有効にはたらく前提は明らかになっていますか?」 (20)

ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景ソフトウェア開発の現場風景
ソフトウェア開発の現場風景
 
大規模ソフトウェア開発とテストの経験について
大規模ソフトウェア開発とテストの経験について大規模ソフトウェア開発とテストの経験について
大規模ソフトウェア開発とテストの経験について
 
TDDBC osaka 2012/06/02
TDDBC osaka 2012/06/02TDDBC osaka 2012/06/02
TDDBC osaka 2012/06/02
 
読書会Vol6
読書会Vol6読書会Vol6
読書会Vol6
 
20120529 アジャイルサムライ読書会第6回
20120529 アジャイルサムライ読書会第6回20120529 アジャイルサムライ読書会第6回
20120529 アジャイルサムライ読書会第6回
 
Janog31 bof-pattern-sasaki-01
Janog31 bof-pattern-sasaki-01Janog31 bof-pattern-sasaki-01
Janog31 bof-pattern-sasaki-01
 
13_B_5 Who is a architect?
13_B_5 Who is a architect?13_B_5 Who is a architect?
13_B_5 Who is a architect?
 
[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用
[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用
[ESM_CM セミナー]小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ(CYCLONE)公開用
 
鹿駆動
鹿駆動鹿駆動
鹿駆動
 
「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビュー「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビュー
 
仕様七変化
仕様七変化仕様七変化
仕様七変化
 
LightSwitch 結局何ができるの
LightSwitch 結局何ができるのLightSwitch 結局何ができるの
LightSwitch 結局何ができるの
 
『アプリケーション アーキテクチャ ガイド2.0』のガイド
『アプリケーション アーキテクチャ ガイド2.0』のガイド『アプリケーション アーキテクチャ ガイド2.0』のガイド
『アプリケーション アーキテクチャ ガイド2.0』のガイド
 
テスト勉強会よしおか100311 1
テスト勉強会よしおか100311 1テスト勉強会よしおか100311 1
テスト勉強会よしおか100311 1
 
デブサミ関西2013【A4】コード品質は曖昧なままか(安竹由起夫氏)
デブサミ関西2013【A4】コード品質は曖昧なままか(安竹由起夫氏)デブサミ関西2013【A4】コード品質は曖昧なままか(安竹由起夫氏)
デブサミ関西2013【A4】コード品質は曖昧なままか(安竹由起夫氏)
 
Intalio japan special cloud workshop
Intalio japan special cloud workshopIntalio japan special cloud workshop
Intalio japan special cloud workshop
 
Information20120312
Information20120312Information20120312
Information20120312
 
Xp Terakoya No02
Xp Terakoya No02Xp Terakoya No02
Xp Terakoya No02
 
第3回SEMAT勉強会 SEMATエッセンス解説
第3回SEMAT勉強会 SEMATエッセンス解説第3回SEMAT勉強会 SEMATエッセンス解説
第3回SEMAT勉強会 SEMATエッセンス解説
 
Example of exiting legacy system
Example of exiting legacy systemExample of exiting legacy system
Example of exiting legacy system
 

XP祭り関西2011 森崎 修司「プラクティスが有効にはたらく前提は明らかになっていますか?」