Decade 20111226

14,303 views

Published on

15年分の自己紹介

0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
14,303
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9,341
Actions
Shares
0
Downloads
17
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Decade 20111226

  1. 1. Decade +5 / smashmedia Record from 1997 to 2011. ―  ぼくはぼくとぼくの好きな⼈人のためにがんばる  ― 2011.12.26 KOUNO  Takeshi
  2. 2. ⾃自⼰己紹介¢ 河野武  /  KOUNO  Takeshi l 1974年年7⽉月3⽇日⽣生まれ。⽴立立命館⼤大学経済学部卒。 l 1997年年、ニフティ⼊入社。2001年年にニフティ退職後、フ リーランスとして数年年過ごし、2004年年からオンライン書 店ビーケーワンの専務取締役兼COOを務める。その後も シックス・アパート株式会社のマーケティング担当執⾏行行 役員を務めた後、ブックオフオンライン株式会社の取締 役を務める。現在はフリーランスとして数社の顧問・ア ドバイザーを務める。 l これまでに「まんがseek」や「crossreview」などのサ イトを企画運営。編著に『Twitterアクティブサポート⼊入 ⾨門』、『そんなんじゃクチコミしないよ。』などがある。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 2
  3. 3. 河野武の10(+5)年年間¢  第1期(1997年年〜~2000年年) l  ニフティ時代 •  インターネットの幕開けとパソコン通信の終焉に⽴立立ち会う¢  第2期(2000年年〜~2003年年) l  プータロー時代 •  ビットバレーに狂う⼈人々を横⽬目に引きこもる¢  第3期(2003年年〜~2005年年) l  ビーケーワン時代 •  ヒルズ族にはなれなかったけど、メディアへ⾃自分を露露出できた¢  第4期(2005年年〜~2007年年) l  シックス・アパート時代 •  ブログの普及を間近で⾒見見ながら、社会のインターネット化を実感¢  第5期(2007年年〜~現在) l  フリーランス時代 •  ⾃自分以外の⼈人のことや世の中のことを考えて動こうと試⾏行行錯誤 Decade, written by KOUNO Takeshi. 3
  4. 4. 1997年年¢ ニフティ⼊入社 l ⼊入社式でいきなり⼊入院、椎間板ヘルニア l 配属部署が変更更してコールセンターになる • 毎⽇日電話を取り続けて幻聴が聞こえる l 社内のコミュニケーションの悪さを改善したい • 年年次の壁、部署の壁、社員と派遣スタッフの壁… • 飲みニケーションをひたすら実践した • 「お給料料を払ってくれるのはお客さん。そのお客さん から⽇日々怒怒られたりして最前線に⽴立立っているスタッフ に感謝するのは当たり前」 Decade, written by KOUNO Takeshi. 4
  5. 5. 1998年年¢ ニフティ2年年⽬目 l 部内の情報共有インフラを作るために、Linux,   apache,  sendmail,  fml  について学ぶ • るんるんリナックス、Slackware… • 3時間睡眠を3ヶ⽉月続けた •  残業代がタクシー代で消える l 部内改⾰革の失敗と成功 • ⼈人は正論論では動かない¢ 「てんぐのたわごと」開設 l ジオシティーズで開設したテキストサイト Decade, written by KOUNO Takeshi. 5
  6. 6. てんぐのたわごと lost¢ ジオシティーズで開設¢ ⽇日記、掲⽰示板、チャット、企画モノがあった l 週刊アエラの中吊りのダジャレを予想するとか l もうあんまりおぼえていない Decade, written by KOUNO Takeshi. 6
  7. 7. 1999年年¢ ニフティ3年年⽬目 l マーケティング部に異異動 • ここからマーケターとしての⼈人⽣生が始まった • 合コンで名刺刺を出すのがうれしくなった l マーケティング部が消滅、営業部に • 会社への不不安と不不満¢ 「プチクリ」開設 l 共有サーバをレンタルして開設したサイト Decade, written by KOUNO Takeshi. 7
  8. 8. プチクリ lost¢ 共有サーバ(姫路路の会社)で借りる l ⾃自分でHTMLを書いた(static  HTML) l 「ほぼ⽇日」への対抗意識識 • あれは有名⼈人じゃないとできないのか? l 代表コンテンツ • 「週刊⼀一茂」 • 「メガ⽇日記」 •  いろんな⼈人の⽇日記を同じ場所に100⽇日間書く •  PostPetの⼋八⾕谷さんにメールを出して許諾諾をもらう Decade, written by KOUNO Takeshi. 8
  9. 9. 堀井さんの⾔言葉葉ゲームだろうが紙だろうがメディアである以上、向こうには人がいる。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 9
  10. 10. ⽷糸井さんの⾔言葉葉高いギター買ったからといっていい曲作れるわけないから。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 10
  11. 11. 2000年年¢ ニフティ退職 l いちおう、寿退社 • スピード結婚 l 週休4⽇日制 • 最低20万円稼ぐために、いろんなバイトをした •  LASER  Linuxのサポート、調査会社のアンケートCGI作成¢ 「まんがseek」開設 l 専⽤用サーバをレンタルして開設したサイト l DB、PHPについてゼロから勉強した • マンモス本、シーラカンス本 Decade, written by KOUNO Takeshi. 11
  12. 12. まんがseek since 2000.1.10¢ (たぶん)世界最⼤大のマンガDB l Linux  +  Apache  +  PostgreSQL  +  PHP l 利利⽤用者がどんどん更更新する • 今でいうところの、Wiki l メディアで紹介されたり、賞をいただいたり • 「Yahoo!今⽇日のオススメ」「読売新聞⼣夕刊」 「ぴあ」「⽇日経ソフトウェア」… • 上⽑毛新聞社ホームページコンテスト • アステル「ドットi」ホームページ⼤大賞 Decade, written by KOUNO Takeshi. 12
  13. 13. 当時の⽇日記よりサイトを作るのは誰でもできるんだけど、それをずっと運営するのはとても大変で、それこそ仕事が忙しいとか恋人とケンカしたとかどっか旅行に行くとか、そういう実生活でのさまざまなイベントの影響をできるだけ受けずに長期間続けるのはよそのサイトを見ていてもすごいことだなと思う。経済的な負担も大変だけど、毎日何かを続けるってのは生来の怠け者のぼくにはかなり難しい。だからこそ「勝手に増えていく」コンテンツってのが自分も楽しめて、しかも楽できるのでグッド。掲示板とかデータベースがそれに当たる。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 13
  14. 14. 当時の⾔言葉葉考えるのは誰でもできる。だから作ったやつが偉いんだ。そして、続けたやつはもっと偉い。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 14
  15. 15. 2001年年¢ ⼈人⽣生いろいろ l スピード離離婚 l 引き続き、いろんなバイトをやる • ケータイコンテンツの開発(位置情報ベンチャー)¢ 「momoco.tv」開設 l 専⽤用サーバをレンタルして開設したサイト l メディア、ツールとしてのケータイに 興味が沸く Decade, written by KOUNO Takeshi. 15
  16. 16. momoco.tv since 2001.10.18 – 再開したけどまた中断¢ マルチキャリア対応掲⽰示板 l Linux  +  Apache  +  MySQL  +  Perl l 初めてプロデュースだけした • 開発は安⽥田さん •  簡単ログイン、ヲッチメール、無視リスト l 「ミックス・カルチャー」 • コミュニケーションの実験 •  絵⽂文字はあえて変換しない  (i)(j) •  荒らしと仲良良くなる Decade, written by KOUNO Takeshi. 16
  17. 17. momoco宣⾔言 2001.10.18momoco.tvのコンセプトは「ミックス・カルチャー」です。パソコンユーザとケータイユーザは絵文字などの影響もあり、コミュニケーションのあり方が大きく異なります。あるいはケータイユーザだけを取ってみても契約キャリアによって微妙なカラーが存在します。それは時に文化の相違であったりします。momoco.tvでは、さまざまな環境からアクセスされるユーザーのみなさんが、自分の文化を自信を持って語れる「場」を提供したいと考えます。そして人の交流、文化の交流を図ることで、世代間や地域間など本来インターネットが埋めてくれるはずだったいくつものギャップを一気に解消してしまおうと企んでいます。またそれを実現するためにパソコンとケータイのすべてに対応した掲示板CGIを独自に開発しました。さらにこのCGIを無償配布することにより、勝手サイトのマルチキャリア対応をバックアップしたいと考えます。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 17
  18. 18. 当時の⽇日記よりmomocoは掲示板ですが、この掲示板CGIを使ってひとつおもしろいことをやってみようと企んでいます。それはいろんなサイト、いろんな人に掲示板を運営してもらって、それらの掲示板にリンクを張っていくという遊びです。インターネット上にはたくさんのマニアックなサイトがあります。たくさんの楽しい管理人がいます。才能あふれる運営者がいます。そういった人とサイトの繋がりを作っていきたいなというのがmomocoの2番目のコンセプトです。momocoの今後についてやすださんと意見交換。「個人的にはファシズムぎりぎりのところに安定した状態ってのがある」となんとなく書いたら琴線に触れたらしい。なるほど、自分で読み返してもちょっとイカした言葉なのでメモしておこう。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 18
  19. 19. 当時の⾔言葉葉評価は自分がするもんじゃない。周りがするもんだ。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 19
  20. 20. 秋元さんの⾔言葉葉飲むのが仕事じゃないから。企画書作って、それが実現して初めて仕事。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 20
  21. 21. 2002年年¢ 転機はいきなり訪れる l 「甲斐性なし」 l まさに⼀一念念発起して、⽉月収100万を⽬目指す • すぐ達成してしまう。でも時間売り •  朝まで開発、シャワーだけ浴びに帰って、昼はコンサル l この頃やった仕事 • 某⾃自動⾞車車メーカーのカーナビコンテンツ • ビーケーワンのマーケティングコンサル¢ 個⼈人プロジェクトのマネタイズ l まんがseekのDBを事典として出版 Decade, written by KOUNO Takeshi. 21
  22. 22. 当時の⽇日記よりさて。ちょっと真面目な話を書きます。今日、ふと自分に欠けていたものがわかった。ものすごくすっきりと降りてきた感じ。それは覚悟だ。ぼくには今まで覚悟がなかった。もしくは足りなかった。会社を辞めて、フリーで適当に仕事をこなして、周りの人に助けられながらなんとなく食いつないでこれていたのでどこかで「なんとかなるだろう」という、根拠のない安心感が強くあった。もちろんそういう感情は大事だし、土壇場での強さは開き直りの早さにあるとぼくは思っているので自分の楽天的な部分は守っていくべきだと思う。でも、それと覚悟は違うと今日思った。他の世界ではハングリー精神というのかもしれない、とにかく「何とかする」という意気込みがなかったと思う。もっと言えば自分のことしか考えていなかった。最悪、実家に逃げ帰ればいいやっていう逃げ道をいつも用意していたと思う。それは明確な数値目標がなかったこともそうだし、誰かと暮らすことにおいても将来を現実的に捉えられていなかったこともそうだ。今さらながらようやく気づいた。いい加減な自分のせいで今までいろんなものを失ってきた。大事な人も失った。今、気分は悪くない。しっかりしよう。現実を見据えてリスクを減らそう、その上で自分の夢とか目標に近づくプランを立てよう。後悔は先に立たないし、覆水は盆に帰らないけど、これから取り戻そう。そう思った。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 22
  23. 23. ビョークの⾔言葉葉破壊することだけが先鋭的とは思わない。 http://www.bjork.com/ Decade, written by KOUNO Takeshi. 23
  24. 24. 2003年年¢ 再びサラリーマン l ビーケーワンに⼊入社(当時はブックワン) • ゴリアテであるAmazonにどう⽴立立ち向かうか •  あえて戦わない(⼟土俵に上がらない)のは可能か? • トレンドをいち早く取り⼊入れる •  SEO、SEM、RSS、ブログ…¢ 個⼈人ブログも始めた l smashmedia • Movable  Type  2.6 • 名前を明かして書いた •  ブランディング!ブランディング!ブランディング! Decade, written by KOUNO Takeshi. 24
  25. 25. リマインダサービス since 2003.7.23¢ 買い忘れ防⽌止メールサービス l ⽇日本初の発売⽇日お知らせメール l ECショップ側と顧客側の双⽅方のメリットを実現 • 顧客側:買い忘れを防げる •  予約じゃないから、町の本屋で買ってもいい⾃自由度度 • EC側:初回発注数の精度度が上がる •  受注予測のデータとしては相当精度度が⾼高かった l ビーケーワンで⼿手がけた中でも最⾼高のサービス Decade, written by KOUNO Takeshi. 25
  26. 26. bk1 RSS feed since 2003.11.27¢ ランキング情報のRSS配信 l Linux  +  Apache  +  MySQL  +  Perl l ECサイトのランキング配信としては⽇日本初 • そもそも企業のRSS利利⽤用がasahi.comほか数社のみ l デイリーランキングなど計22種類を公開 • RSS  1.0/0.91/0.9  (UTF-‐‑‒8) • アフィリエイトにも対応 Decade, written by KOUNO Takeshi. 26
  27. 27. bk1 RSSティッカー since 2003.12.9 – 終了¢ ⽇日本初の企業オリジナルRSSリーダー配布 l ワークアット社にOEM提供を受ける • Powered  by  Rabbit  Ticker l 最初の1週間で1000件以上がダウンロード   Decade, written by KOUNO Takeshi. 27
  28. 28. 当時の⾔言葉葉大事なのは機能提案ではなく、用途提案。機能に飛びつく人はごく少数。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 28
  29. 29. 2004年年¢ 初めての経営経験 l 結局、ビーケーワンでは名刺刺が4回変わった • 「Web運営アシスタント」(アルバイト) • 「テクニカルマーケター」(アルバイト) • 「マーケティングマネージャー」 • 「専務取締役兼COO」 l 新サービスを⾃自分で開発して提供 • トラックバック対応、bk1はてな、スタッフブログ… • 明治記念念館で講演もした l 2chで叩かれた… Decade, written by KOUNO Takeshi. 29
  30. 30. bk1.jp since 2004.3.16 – 統合¢ ECサイト初のトラックバック対応 l Linux  +  Apache  +  MySQL  +  Perl l 商品ページへトラックバック • アフィリエイトユーザーには専⽤用URLも提供 l 新しいショッピングカート • ページ内に常に表⽰示されている • 書籍をまとめ買いできる l カゴメール • カートの商品リストをメールで送信する機能 Decade, written by KOUNO Takeshi. 30
  31. 31. お客さんのブログより正直なところ、bk1.co.jpもそうしたネットバブルの残骸の一片だと、筆者は考えていた。  (bk1のみなさん気を悪くされるでしょうがごめんなさい。でもそれが個人的な正直な感想です)  しかし、bk1にも若いセンスをはぐくむ土壌が、かろうじてあったようだ。  bk1、トラックバック対応サイト「bk1.jp」をオープン(InternetWatch  2004.3)  bk1.jpを作った張本人が自身のblogで語っている。  当時はバイトだったこともあって、社内のバックアップはあまり得られませんでしたが、やってることに自信というか、まちがったことはしていないという自負みたいなものがあったのでどんどん進めました。今思えばよくストップされなかったと思います。(bk1.jpってなんなんだ?  より)bk1.co.jpでは、どうやら、現状に疑問をもった一人の元バイト君が中心となって独自のアイデアとノウハウと技術でサイトを進化させることができたらしい。   Decade, written by KOUNO Takeshi. 31
  32. 32. bk1はてな since 2004.7.7 – 終了¢ はてなと作った、本の⼈人⼒力力検索索 l ⽇日本初のECサイトでの⼈人⼒力力検索索サービス l 企画書を書いて持参した • APIを公開して書誌データを提供 • RSS経由でECサイト側の検索索結果との連動 l 企画からスタートまで1ヶ⽉月 Decade, written by KOUNO Takeshi. 32
  33. 33. 当時のブログよりというわけで、bk1はてなオープンです。ぼくが最初に彼らにメールを送ったのが5/27で、渋谷に会いにいったのが6/11でしたから、1ヶ月でオープンできました。はてな速すぎです。こういうスピードでうちもビジネスしたいです。「bk1はてな」では本当に「人力」検索に挑戦したいと思っています。うちのスタッフも一生懸命答えます。そして、そこで蓄積されたナレッジをbk1の検索結果にも応用しようと思っています。ポイントの交換とか、今後もいろいろと広がりを考えていますので、まずはご利用してみてください。もちろんぼくも答えます。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 33
  34. 34. bk1スタッフレビュー since 2004.7.22¢ ⽇日本初のスタッフブログ l Movable  Type  3  ⽇日本語版の最初のユーザー • コメントもトラックバックも利利⽤用 l スタッフによる書籍紹介ブログ • そのまま購⼊入もできるようにプラグインで連携 •  プラグインは⾃自分で作った(mt-‐‑‒bk1.pl) • スタッフの隠れた才能も発⾒見見! •  「ユン⼦子です。」 Decade, written by KOUNO Takeshi. 34
  35. 35. シックス・アパートに取材されていた!¢ 不不思議な縁 l シックス・アパートの事例例取材に応えていた • 「ウェブログは、”顔の⾒見見える本屋”というコンセプト を実現するのに最適なツールでした」   河野⽒氏は、最後にこう語った。「いつになるかは分かりませんが、 ビーケーワンのサイトに対して書評を投稿するという形態ではなく、 基本的には全員が個⼈人のウェブログをもち、ビーケーワンにトラッ クバックをしてもらい、彼らにインセンティブが⽀支払われるという 関係にしたいですね。スタッフ全員にもウェブログを持たせて、 書籍をキーワードにつながっていく。サイト上では、スタッフと ユーザーが書いている書評が同様に並び、この書評は書籍を1000冊 読んでいる⼈人によって書かれているなど、読者にとって参考情報を つけることができれば⾯面⽩白いと思います」   http://www.sixapart.jp/business/00989.html Decade, written by KOUNO Takeshi. 35
  36. 36. 簡単リンクくん since 2004.7.23¢ ブログで商品紹介するためのHTML作成ツール l ECサイト⾃自らが提供するのは⽇日本初 l 利利⽤用者の声に即反応 • お客さんのブログでリクエストされた •  その⽇日の夜に作って公開 • 先⾏行行サービスのいいところを真似る •  G-‐‑‒Toolとかishinaoさんとか • でもオリジナルな機能も⼊入れる •  編集画⾯面でタグをワンクリックで挿⼊入できる Decade, written by KOUNO Takeshi. 36
  37. 37. お客さんのブログよりせっついてみるものです(違)。私が    G-Toolみたいな紹介文簡単作成ツールがあると、Movable    Type以外でも簡単にリンクできそうなんだけどなあ。ってなことを書いたら、河野さんがさっそくbk1ブリーダーリンク作成を作ってくださいました。ブリーダーIDとISBNかbibid(bk1内管理コード)を入れると、3種類のHTMLソースがでてきます。好みのソースをコピーして、記事を作成すれば完成。bk1ブリーダーでなくても使えます。ためしに、今日買った本でやってみました。簡単簡単。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 37
  38. 38. お客さんのブログよりしかーし、bk1の河野さんがまたしても便利なツールを作成してくださいました(23日公開だから出遅れ感も否めないが)。簡単リンク君(smashmedia)このネーミングセンスが好きです。つくりはG-Toolと似てます(というかG-Toolみたいなのがbk1でもあったらなのリクエストに応えたものだから似るのか)。とても便利なのでbk1ブリーダーの方はどしどし使おう。そしてどんどん積もうぜ、兄弟。それにしてもリクエストってするものですね。それにすぐに応えてしまう河野専務も素敵です。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 38
  39. 39. ビーケーワンで学んだこと¢ オーナー企業は⼀一⻑⾧長⼀一短 l チャンスはいっぱい、リスクもいっぱい¢ 「経営は⼈人なり」¢ 客商売はすばらしい l お客さんと直接対話できるのは最⾼高に楽しい¢ 本当の意味でのスピード l 開発よりも判断のスピードのほうが重要¢ 健康第⼀一 Thank you from my heart. Decade, written by KOUNO Takeshi. 39
  40. 40. ジョニー・ロットン(The Sex Pistols)の⾔言葉葉社会に怒りを感じているなら正しい表現をしろ。社会に怒りを感じていないなら怒ったフリをするな。 http://www.johnlydon.com Decade, written by KOUNO Takeshi. 40
  41. 41. 2005年年¢ 転職 l 8社からオファーをもらう(野茂と同じ!!) • 半分が初めてコンタクトした会社 •  「ずっとブログを読んでました」 • ブログってすごい! l シックス・アパートに⼊入社 • マーケティング担当執⾏行行役員(VP,  Marketing) •  条件は、英語しゃべらない、開発やらない l ウノウ株式会社のアドバイザーにも就任¢ 個⼈人活動も細々と続ける l 休職中に、All  Consumingを2週間で開発 Decade, written by KOUNO Takeshi. 41
  42. 42. All Consuming since 2005.5.25 – 2009.8.31¢ ブログで話題の商品ランキング l Linux  +  Apache  +  MySQL  +  Perl l ブログを巡回してAmazonへのリンクを抽出して 集計するだけの単純な仕組み • 元ネタはUSにあった(Amazon社員が作ったサイト) l ブロガーの時事ネタへの反応速度度の検証 • 新刊発売や映画公開、事件に対してすごく反応する l 完全⾃自動で毎⽉月数万円の収⼊入 • サーバ代を引いても少しは残る Decade, written by KOUNO Takeshi. 42
  43. 43. 当時のブログよりこのサイトのオリジナルはallconsuming.netというサイトです。ぼくがこのallconsuming.netを知ったのはどこかのブログだったと思います。2003年の末くらいでした。ちょうどニフティがココログをサービスインした頃で、ぼく自身はビーケーワンでRSSフィードをリリースしていました。ぼくはブログの可能性は当初から感じていましたが、ブログが一般化して多くの人が自分のブログを持つようになれば検索や編集が重要になると思っていました。それはジオシティーズのようなサービスにより、無料でホームページが持てるようになって以降、ロボット検索エンジンの時代になったことと同じような流れがあるだろうと予想していました。実際、BulkfeedsやFeedBackなど、RSSをベースにした検索エンジンはかなり早い時期に優秀な方々によって作られました。今では大手の検索エンジンもRSSに対応しています。またMyblog  JAPANのようなディレクトリサービスもかなり初期にできました。みんな考えることは同じだなと感じたことを覚えています。しかしそれらはぼくにとってのベストではなかったのです。もっとニッチで、もっと編集されたコンテンツがぼくはほしかったし、もしブログが個人メディアになり得るのであれば、それを俯瞰して見るようなサービスがほしいと思いました。そう思っていた頃にallconsuming.netを知ったのです。allconsuming.netはアメリカで Decade, written by KOUNO Takeshi. 43
  44. 44. All Consumingでやった⽇日本初のチャレンジ¢ 全部⽇日本初 l hReview⽣生成ツールを公開 l ページ遷移しても選択アイテムを維持する 検索索結果 l クロスレビュー • 複数商品でブロガーの評価を⽐比較 •  競合商品⽐比較や、グレード別の⽐比較はかなり有益 •  シェーバーとか、Dysonとか l まとめ買いアフィリエイトリンク作成ツール • Amazonのソースを解析して作った Decade, written by KOUNO Takeshi. 44
  45. 45. 藤⽥田さんの⾔言葉葉最高もしくは最速しかない。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 45
  46. 46. 2006年年¢ 個⼈人プロジェクトの復復活 l 「作りたい」欲求の再燃 • 開発しないならしないでウズウズする • ワンアイデアのサービス、amazoniaを作る • まんがseek、momoco.tvの復復活 l WOM勉強会を主催¢ アウトプットを意識識する l 原稿を書いたり、講演したり • 宣伝会議、WebSiteExpert、MarkeZine、etc… Decade, written by KOUNO Takeshi. 46
  47. 47. amazonia since 2006.2.14 – 2006.2.24¢ Amazonアソシエイト互助会 l ロリポップで開設(MySQL  +  Perl) l 本⼈人購⼊入が認められないので、ランダムで 選ばれた誰かのIDで購⼊入しあう仕組み • 単純にランダムではなく、利利⽤用回数に⽐比例例して出現し やすくするような重み付けを⾏行行ったのがポイント l 3時間で作ったけど、速攻で怒怒られて閉鎖 l Buzzの効果を実感 • 数⽇日で、はてなブックマークに200件 Decade, written by KOUNO Takeshi. 47
  48. 48. トラフィックの推移 Decade, written by KOUNO Takeshi. 48
  49. 49. womma.jp / WOM勉強会 since 2006.11.24 – 2007.9.25¢ WOMに関する勉強会を主催 l クチコミマーケティング、コミュニケーション をテーマに10minプレゼンやディスカッション を実施 • プレゼンは                          で公開する l 分科会も開催 l 結論論が⾒見見えたので終了了 • 過去に成功したケースは結果論論で、ヤラセでもなけれ ばクチコミを保証することはできない Decade, written by KOUNO Takeshi. 49
  50. 50. 当時の⾔言葉葉才能は使うためじゃなく、使われるためにある Decade, written by KOUNO Takeshi. 50
  51. 51. 2007年年¢ ブックオフオンライン、オープン l 社外取締役に就任 • オトナ買い機能などを考案¢ またフリーに l シックス・アパートを8⽉月末で退職¢ プライベートプロジェクトも l コロコロプロダクションズ設⽴立立 • コロタン(コロコロタウン)で27時間テレビ⽣生放送 l ぽぷるプロジェクト開始 • みんなで作るブログのホワイトリスト Decade, written by KOUNO Takeshi. 51
  52. 52. コロコロタウン since 2006.11.24 – 2007.9.1¢ ネットを使った⽣生放送番組 l チャットを使って視聴者とコミュニケーション • テーマトーク • クイズ⼤大会 • 27時間テレビを⾒見見てるぼくを⽣生放送 l 1ヶ⽉月間ひとりでも番組をやった • 7.9〜~8.10まで、平⽇日24:00-‐‑‒25:00枠で¢ ライブ・コミュニケーションの価値を実感 l UstreamやLingrを利利⽤用 Decade, written by KOUNO Takeshi. 52
  53. 53. ぽぷるsince 2007.11.19 – 2010.12.10¢ ブログのホワイトリストを作成 l SPAMだらけの現状をなんとかしたい l 有志を募って構築中¢ 将来の応⽤用 l (トラックバックなどの)SPAMフィルタ l ノイズのないブログ検索索エンジン l All  Consumingのような記事解析サービス Decade, written by KOUNO Takeshi. 53
  54. 54. 当時の⾔言葉葉ぼくはブログの一番いいところはみんなが生活者の本音を書いている点だと常に主張しているんだけど、それをきちんと糧にして企業が自社の製品やサービスに反映することができないと意味がない。一方通行じゃなくて、きちんとリアクションをする、コミュニケーションとはいつも双方向であり、マーケティングもまたコミュニケーションなのです。だからこそなんとかしたい。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 54
  55. 55. 鴻上さんの⾔言葉葉才能とは、夢を信じ続ける力です。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 55
  56. 56. 2008年年¢ 初めての単著出版 l 「そんなんじゃクチコミしないよ。」¢ いろんなことを始めたり、創ったり l プライベート • 漫画ニュース、crossreview、ZIRIA.jp、攻城団 • 私塾mixbeat  、マーケティング読書会 l ビジネス • ハブメディア、タメシ買い(ブックオフオンライン)¢ 腰痛と貯⾦金金の⽬目減り l ちょっと⼿手を広げすぎたと反省省 Decade, written by KOUNO Takeshi. 56
  57. 57. 漫画ニュース since 2008.4.10 – 2010.2.27¢ ブログメディアを作りたい l マンガ内の出来事を新聞記事⾵風に紹介 • 「島耕作、社⻑⾧長に就任」(「社⻑⾧長島耕作」) • 「伊達政宗さん、⼤大遅刻」(「へうげもの」) l 全国のボランティアがライターとして参加 l 予想以上に好評だった Decade, written by KOUNO Takeshi. 57
  58. 58. crossreview since 2008.7.3¢ シンプルなレビューサービス l 誰でも簡単に利利⽤用できるレビューサービス • 100⽂文字書評と10点満点の評価を投稿するだけ • ⾃自分と趣味が近いレビュアーをフォローできる l 誕⽣生⽇日にローンチ l 開始4ヶ⽉月で1万件を突破 l 『週刊アスキー』などで紹介 Decade, written by KOUNO Takeshi. 58
  59. 59. ZIRIA.jp since 2008.11.15 – 2009.1.13¢ もうひとつのブログメディア l インタビュー記事のクリッピングメディア • オンライン上にインタビュー記事が増えてきた • 企業サイトで公開されているものもチェック •  任天堂の「社⻑⾧長が訊く」コーナーとか l 継続できずに終了了 • ドメインは気に⼊入ってるので転⽤用を検討中 Decade, written by KOUNO Takeshi. 59
  60. 60. 当時のブログより「私塾なんてなんで儲からないことをなんでやるの?」とか「えらいね」とか、これまでに何人もの人に言われてきた。まあえらいかどうかはわかんないけど、自分でもよくやるもんだなあと思うことはある。やめようと思ったことはない(まだ2ヶ月だから当たり前か)。(中略)そう、仕事じゃないってのはいろいろといいなあと思ってて、業務時間外に(夜とか週末に)活動するので時間的にも体力的にも大変だしきついんだけど(たぶん塾生はぼくより大変だと思う)、その厳しさの反面として、失敗すら許容できる優しさがあるわけで、こういう関係は特殊で素敵だなと思った。会社の中に信頼できたり尊敬できたりする仲間ができれば一番いいけど、それが叶わない場合は社外に求めりゃいいんじゃないっていう当たり前のことの可能性を感じてます。きっとそういう動きが増えていって、またmixbeatの塾生がそういうネットワークをさらに広げていってくれると思う。そしたら何十年かして「いいことしたかもな」って思えるかもしれない。そうなったらいいな。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 60
  61. 61. 当時の⾔言葉葉チカラを持ったら、それを次の時代のために使うんだよ。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 61
  62. 62. 宮本さんの⾔言葉葉アイデアというのは複数の問題を一気に解決するものである。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 62
  63. 63. 2009年年¢ 引っ越した l 腰痛(TMS)は完全に完治 l クルマも買った¢ マーケティングのマーケティング l マーケティングis.jp⽴立立ち上げ¢ ⽐比較的穏やかな⼀一年年 l 始めたこと • clipmail、トーキング.jp、ハブメディア、ピトの会 l 終わらせたこと • All  Consuming、ZIRIA Decade, written by KOUNO Takeshi. 63
  64. 64. マーケティングis.jp since 2009.3.23¢ マーケティングのマーケティング l 正しいマーケティングの啓蒙 l マーケティングを理理解する⼈人材を増やしたい • “マーケティング”は、マーケターだけのものじゃない l ⽤用語集や事例例整理理のためのWikiも⽤用意 • ハブメディアの検証 l ⾃自分のマーケティング知識識を全部吐き出す • ソーシャルメディアマーケティングのトリセツ • わかるマーケティング Decade, written by KOUNO Takeshi. 64
  65. 65. clipmail since 2009.3.19¢ 超シンプルなメール送信サービス l いま⾒見見ているページの情報を簡単にメール送信 できるサービス • URLとタイトルは⾃自動引⽤用 • 通常のメール同様、コメントを書ける • 複数の送信先に別々に送信可能 l ソーシャルブックマークとはちがう フィルタリングの実験 l ネットメディアで紹介された Decade, written by KOUNO Takeshi. 65
  66. 66. トーキング.jpsince 2009.3.14¢ 対談ブログ l ⾃自分の関⼼心あるテーマや⼈人に対して、⾃自分でア ポを取って、⾃自分で話を聞いて、⾃自分でコンテ ンツとして公開する • テープ起こしとか撮影は⼿手伝ってもらってるけど l これまでの対談テーマ • カイタッチ・プロジェクト、オルトアール l メディアは誰にでも作れる • 続けるのは⼤大変だけど… Decade, written by KOUNO Takeshi. 66
  67. 67. 当時のブログより自信がないという人(やその上司)からよく相談を受ける。聞いてる限り、鬱病と同じでかなり多そう。で、だいたいそういう人は理想が高い。理想の自分と比べてるから「自分はまだまだだ。ぜんぜんできてない」と落ち込む。そういう人は向上心があるので、すごくいいことなんだけど、比較対象を自分にしてる限り、一生勝てないし、安心もできないから余裕も生まれない。そこは見方を変えて、世の中の人たちと比較したほうがいい。理想の自分の何パーセントに達してるかはこの際どうでも良くて、今の自分が日本で(あるいは世界で、時には社内で)何番目かを考えたほうがいい。そしてそうやって自分のスキルや現在地を相対化するには、とにかくたくさんの人に会うしかない。会うだけじゃダメで、その人の本気と向き合わなければならない。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 67
  68. 68. 当時の⾔言葉葉正解を出し続ける努力や才能に心血を注ぐよりも、日々刻々と変わる状況に対応し続けることに尽力したほうがいい。   Decade, written by KOUNO Takeshi. 68
  69. 69. 森博嗣さんの⾔言葉葉願っているだけではなにも実現しない。方法を人に聞くだけでも実現はしない。自分で方法を考え、自分で手を打って、失敗やリスクを覚悟で行動する、ここで初めて少しだけ可能性が高くなるのだ。   Decade, written by KOUNO Takeshi. 69
  70. 70. 2010年年¢ リニューアルの⼀一年年 l ブックオフオンライン、マーケティングis.jp、 攻城団¢ 仕事の環境も変化 l ブックオフオンライン取締役を退任 l クラシコムと顧問契約¢ 全国のお城巡り l 松⼭山城、⾼高知城、⽵竹⽥田城、⼩小⾕谷城、清洲城…¢ SEIHAプロジェクト始動 l 「⽇日本を動かす」 Decade, written by KOUNO Takeshi. 70
  71. 71. 攻城団 リニューアル準備中¢ SEIHAプロジェクトのショーケース l 観光資源としての「城」をプロデュース¢ ⽇日本最⼤大のお城メディアに l 旅⾏行行先を調べるサイトとして l ⾃自分の訪問履履歴を管理理するツールとして l 仲間を増やすコミュニティとして¢ ライフワークを⽀支援する l ライフログを残すことで世代を超えた繋がりも Decade, written by KOUNO Takeshi. 71
  72. 72. 当時のブログより最近あちこちでいろんな人と話すんだけど、ぼくはネットのチカラでリアルを変えたいと思ってます。それも空気的な話じゃなくて、具体的な数字を変えたい。たとえばホテルの稼働率とか、たとえば駅の乗降客数とか、お城の寄付金とか。ネットメディアを中心に、でも活動はネットを越えてどんどんリアルに連れて行って、人や物が動いて、世の中が少しだけ良くなればいいなと考えています。いまデジカルと進めてるSEIHAはプラットフォームビジネスでもあるし、メディアビジネスでもあるんだけど、ぼくは観光ビジネスでもあると思って取り組んでいます。わざわざ自然を破壊して、新しい建築物なんて作らなくても、日本にはすでに城や城跡がたくさんあって、そこには膨大なバックストーリーがある。なぜそこに城を作ったのかには戦略的な意味が当然あって、そこにその武将が城主として配置されたのもやっぱり意味がある。ひとつの城だけでいくらでも話せるくらいの奥深さがあって、でもぼくらはほとんど知らないんですよね。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 72
  73. 73. 当時の⾔言葉葉「豊かさ」ってのは「多様性の担保」 Decade, written by KOUNO Takeshi. 73
  74. 74. 星野佳路路さんの⾔言葉葉基本はお客さまの声に応えていくことです。でもその前に自分たちが『どんなリゾートになりたいか』を明確にしなければなりません。私たちはこういうリゾートを理想にしているんだということを掲げて、その範囲の中でお客さまの声を聞くことが大事です。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 74
  75. 75. 岡⽥田さんの⾔言葉葉今の自分に出来ること以上はできない。今の自分のすべてを出す以外、やれることはない。自分は自分だし、自分以上でも自分以下でもない。ありのままの自分をしっかり受け止めていたい。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 75
  76. 76. 2011年年¢ 京都に引越し l 震災当⽇日は京都で部屋さがししてた¢ 本をまた出せた l 『Twitterアクティブサポート⼊入⾨門』 • ジョブズの  connecting  the  dots.  じゃないけど サポートやってた経験が活きている¢ ⽇日記をはじめた l 電⼦子書籍や有料料メルマガもはじめた¢ 攻城団の仕切切りなおし l 本格的な再始動は2012年年から! Decade, written by KOUNO Takeshi. 76
  77. 77. いつかの昨⽇日since 2011.4.5¢ 震災後にはじめた l ただただ⽇日常を書きつづける • ⾃自粛や不不謹慎の空気をやさしく、やわらかく変えたい l 『BRUTUS』の⽷糸井さん特集の影響 • 異異なる意⾒見見を認める、受け⼊入れる、がテーマ l 電⼦子書籍化 • 売上は被災地で消費してきます¢ デイリーダイアリー・プロジェクト l 現在、7名が参加中 Decade, written by KOUNO Takeshi. 77
  78. 78. 当時の⾔言葉葉予想を裏切り、期待は裏切らない。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 78
  79. 79. ⽷糸井さんの⾔言葉葉「経済的に自立して持続している『ユニークな人々』にぼくの興味はあるわけです。『おもしろい』ということと、『食えてる』ということが両立してることが、さらに希望のある『おもしろい』につながるんだ」 Decade, written by KOUNO Takeshi. 79
  80. 80. これからやりたいこと¢ ⾃自分の才能や知識識を「残す」ことを考える l ブログ、講演、出版、私塾… l ⾃自分が死んだときに泣いてくれる⼈人を増やしたい¢ ⾃自分の才能や知識識を「活かす」ことを考える l ネットができることはまだあるはず l 「楽しい」だけじゃなく、 世の中を動かすようなことを⼿手がけたい¢ “⽣生き⽅方”を選ぶ l ⾃自分の「主義」と「仕事」を両⽴立立させる l 仕事することと⽣生きることを繋げていくこと Decade, written by KOUNO Takeshi. 80
  81. 81. ぼくが学んだこと¢ ⾃自分で動かなければはじまらない¢ 覚悟が⼤大事¢ 有名になったもん勝ち。 ただしそのチカラは次の時代のために使おう¢ しんどいときに周囲にやさしくできるかが、 その⼈人の器¢ インターネットは(こわいけど)おもしろい¢ 笑顔で死ねるように⽣生き⽅方を考える¢ 彼⼥女女に感謝 Decade, written by KOUNO Takeshi. 81
  82. 82. 最後にぼくが一番心を打たれた言葉 Decade, written by KOUNO Takeshi. 82
  83. 83. ヨーコさんの⾔言葉葉あなたはこの一年で、何をしましたか? What have you done? Decade, written by KOUNO Takeshi. 83
  84. 84. thank you!¢ ご清聴ありがとうございました。¢ 興味のある⽅方はぜひご連絡ください。 l takeshi@smashmedia.jp l http://smashmedia.jp/ l 検索索してもOKです。 Decade, written by KOUNO Takeshi. 84

×