Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Smartnews Product Manager Night

9,495 views

Published on

June 4 2015

Published in: Services
  • Be the first to comment

Smartnews Product Manager Night

  1. 1. Nativeアプリにおける Product Management 点・面・線�
  2. 2. 自己紹介 なぜProduct Managerなのか? SmartNewsの紹介 SmartNews AdsにおけるProduct Management おまけ 点・面・線
  3. 3. 自己紹介 なぜProduct Managerなのか? SmartNewsの紹介 SmartNews AdsにおけるProduct Management おまけ 点・面・線
  4. 4. 自己紹介 : 渡部 拓也 (わたべ たくや) Game Platform開発責任者 広告開発責任者 SmartNews プレスリリースより抜粋 転職
  5. 5. 自己紹介 なぜProduct Managerなのか? SmartNewsの紹介 SmartNews AdsにおけるProduct Management おまけ 点・面・線
  6. 6. スター達
  7. 7. スター達 プロダクトを作り上げてきた男達
  8. 8. 人生ってゲームみたいだと思うんですよね 一定以上レベルを 上げるには メダルが必要 パーティーにはいろんな 属性のキャラが必要
  9. 9. 人生ってゲームみたいだと思うんですよね 一定以上レベルを 上げるには メダルが必要 パーティーにはいろんな 属性のキャラが必要
  10. 10. 人生ってゲームみたいだと思うんですよね 一定以上レベルを 上げるには メダルが必要 パーティーにはいろんな 属性のキャラが必要
  11. 11. Product Managerはこんな仕事かも パーティー内の重要なロール メダル = Product を獲得できる ✖ 次のレベルに上がりたい? メダル持ってない管理職は今すぐ現場に行こう 他にも重要なロールはたくさんあるけどね
  12. 12. SmartNewsにおける
 Product Managerというキャリア Engineer Super 
Engineer Product Manager エンジニアの上位職種の一つ クラスチェンジする際に選択する
  13. 13. 自己紹介 なぜProduct Managerなのか? SmartNewsの紹介 SmartNews AdsにおけるProduct Management おまけ 点・面・線
  14. 14. 月間アクティブユーザ数 No.1 月間のアクティブユーザー数が417万超*で国内No.1 100% 75% 50% 25% 0% MAU 417万人 A CB ニュースアプリとの比較 *Nielsen Mobile NetView 2015年3月
  15. 15. 月間総訪問時間 No.1 総利用時間 (千時間) 1位 13,350 A CB 2位 3,067 4位 4,116 3位 4,343 1,335万時間 SPENDS *Nielsen Mobile NetView 2015年3月 7:00 12:00 19:00 アクセスのピークは1日3回 ニュースアプリとの比較* 0:00 24:00
  16. 16. 米国ニュースアプリで No.1 2014年10月1日リリース 米国AppStore/Google Playの2大 ストアにてニュースアプリでNo.1* を記録 全世界で累計1200万DLを突破!** *App Storeより2014年10月6日現在。 Google Playより2014年11月14日現在。 SmartNews2.0は2014年10月1日リリース。 **2015年5月18日リリースより。 No.1 NewsRank
  17. 17. 自己紹介 なぜProduct Managerなのか? SmartNewsの紹介 SmartNews AdsにおけるProduct Management おまけ 点・面・線
  18. 18. 前置き 広告なんだけど、
 自社メディアへの配信なので SmartNewsと広告両方見ながら やらないといけない しんどい、けどここが楽しい (^^)
  19. 19. 注意事項 ここからの発表は実際にSmartNewsの画面を見ながら聞いていただくとわかりやすいです。 なので、インストールしてない人は今インストールすることをおすすめします
  20. 20. 点・面・線� 問題の粒度に応じて意識するポイントを明確に分割
 これによって思考の分割統治をしているつもり プログラムの設計を外部設計、内部設計って分けるのに似てる、気がしないでもない
  21. 21.
  22. 22. 広告の表示 点 点
  23. 23. 点としての工夫 記事レイアウトで動的に決定 表示保証領域は守る 画像サイズ 240 240 pixel 1024 576 pixel 480 400 pixel 長短2種類の文字データを入稿 動的に使用する文字を選択 短縮表示はしない (記事は短縮表示) 文字 広告主名を広告表記と併記 (記事は出典サイトを記載) クレジット
  24. 24. User Logs Ad Logs Feature Extraction Targeting Data Filtering Scoring Delivery Learning 広告の配信と表示 点 点
  25. 25. User Logs Ad Logs Feature Extraction Targeting Data Filtering Scoring Delivery Learning 点の極意 一つのボタン、ひとつの文字列 魂は細部に宿る そしてひとつのView(矩形)が描かれる 点の極意
  26. 26. User Logs Ad Logs Feature Extraction Targeting Data Filtering Scoring Delivery Learning 点の極意 一つのボタン、ひとつの文字列 魂は細部に宿る そしてひとつのView(矩形)が描かれる 点の極意 だけど点だけだと Nativeアプリだと足りない気がする
  27. 27.
  28. 28. Webにおける面 点(View/矩形)のStackとしてのPage PageとPageをつなぐLink PageのLinkage 点 点 点 点 点 点 点 点
  29. 29. Nativeにおける面 スクロール スワイプ スワイプ スクロール タップ
  30. 30. Nativeにおける面 つまり何を言いたいのかというと Transitionが大事
  31. 31. = 閲覧領域 Transition
  32. 32. Transition = 閲覧領域 ここまではNative全般だと思う もう一歩踏み込んで考えています SmartNewsでは
  33. 33. Web DocumentClassification Ad UI/UX HA Delivery SmartNews システム全体図
  34. 34. Web DocumentClassification Ad UI/UX HA Delivery SmartNews システム全体図
  35. 35. Web Document Classification
  36. 36. Web DocumentClassification Ad UI/UX HA Delivery SmartNews システム全体図
  37. 37. User Logs Ad Logs Feature Extraction Targeting Data Generation Filtering Scoring Delivery Learning Ad
  38. 38. Web DocumentClassification Ad UI/UX HA Delivery SmartNews システム全体図 f
  39. 39. = 閲覧領域 UI/UX
  40. 40. Web DocumentClassification Ad UI/UX HA Delivery SmartNewsにおける面のデザイン 4) コンテンツへのアクセスを提供 3) 適切なユーザーに適切なコンテンツを届ける 2) 広告を含むコンテンツを編成する 1) インターネットを探索
  41. 41. SmartNewsにおける面のデザイン 奥行きがある面のイメージ あくまでユーザーに見える画面は平面 だから、イメージするのは常に面
  42. 42. 線�
  43. 43. 面の連続としての線 線に体積はないから面が連続するとそれは線ではないんだけど、そこは許して GGOAL GOALに続く面の進化 = 線�
  44. 44. つまり何が言いたいかというと Executionのことです
  45. 45. Execution 決断、決断、決断 Iterationを回し続ける ひたすらProductについて決断して それをProductに注ぎ込む TeamにWhyをつたえる その時に大事なのが 背景、決断理由、それさえ伝えればあなたのチー ムはあなたの考えを完全に理解できるくらい Smartなはず これはCodeのCommentみたいなもんだと思う 決断 決断 決断 決断
  46. 46. さらにちょっとつっこんで Product Managerを Startupでやるには?
  47. 47. 「時間」という概念が加わります いつまでに市場のどのポジションを取るか 10年後に達成したのでは遅い その時には、多分もう死んでる
  48. 48. 何にBetするのか 上がっても勝てない手にBetしてもしょうがない 勝つことができる手の中で
 最大の可能性があるものにBetする 麻雀のオーラスみたいな感じ
  49. 49. でもね やっぱり追い込まれるんですよ ^^;
  50. 50. 銀の弾丸? 諦めず打ち続けるしか多分出口はない 残念ながらそんなものないんですよ あるのは、通常の弾丸がたくさんあるだけ 銀の弾丸一発じゃなく、ガトリングガン撃ちまくる
  51. 51. 無駄撃ち注意 打ちまくって一点突破だぜ
  52. 52. 自己紹介 なぜProduct Managerなのか? SmartNewsの紹介 SmartNews AdsにおけるProduct Management おまけ 点・面・線
  53. 53. Engineer出身のProduct Managerが
 気をつけたほうがいいと思うこと 自分が無力であることをちゃんと認識する 納期、品質を自分の経験を基準で考えない Engineer出身で何が良かったかとかはわかりません (Engineer出身じゃなかったことがないもので)
  54. 54. Engineer出身のProduct Managerが
 気をつけたほうがいいと思うこと 自分が無力であることをちゃんと認識する 納期、品質を自分の経験を基準で考えない Engineer出身で何が良かったかとかはわかりません (Engineer出身じゃなかったことがないもので) あなたのTeamのエンジニアに実装の精度/スピードで勝てないです 営業みたくビジネスつくれないです 何にもできないけど、諦めずに全方位inputし続けましょう 「みんなはあなたよりすごくない」っていうわけじゃ、当然ありませんよ 勇者みたいなもんだと思っています (そんなかっこ良くないけどさ) あなたの記憶や武勇伝はきっと美化されています 取れないbugに苦しんで数日悩んだこと 途中で設計方針変えて作りなおしたこと、多分全部忘れてます
  55. 55. Product Managerとしての腕を磨くエクササイズ 筋トレ 街中Elevator Pitch
  56. 56. 筋トレ 「センスは磨くもの」だと信じてます ひたすら良質なサービスやProductに触れ続ける じゃないと詰んじゃうので困る これを筋トレ、と私は言っています やるしかない、、、でしょ?
  57. 57. 街中Elevator Pitch しゃべるチャンスがあったら
 「Do you know SmartNews?」 成果 サービスの説明をして「インストールしてよ!」と説得する 30秒くらいしかマジでない どういう機能が刺さるのか、よくわかる わかりづらいですが、 サンフランシスコのUber運転手に インストールしてもらった 英語の練習にもなるよ!
  58. 58. Elevator Pitchのコツ 気に留めてもらえないとしゃべるチャ ンスすらもらえない Oh, nice watch!! って声かけても らったその時がチャンス!! すかさず手をクロスして
 I’m a multi-platform guy. なんで2個してるんだ? って聞かれ るので、アプリ作ってるんだっていっ て説明開始!
  59. 59. We’re hiring! http://about.smartnews.com/ja/careers/

×