Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
現代先進国の
文化的基盤となっている
科学的世界観
現代先進国の
文化的基盤となっている
科学的世界観その1
ダーウィン的、進化論。
ダーウィンの進化論
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E
生物が不変のものではなく
長期間かけて次第に変化してきたと
いう考えに基づいて、現在見られる様々な生物は全てそ
の過程のなかで生まれてきたことを説明する。
ダーウィン的、進化論の一般的誤解
自然淘汰(自然選択)説を基本に
「現存する種は最も優れたものであり、もっとも尊ばれ
る存在である。」
という誤解。
現代先進国の
文化的基盤となっている
科学的世界観その 2
統計学的、確率論
http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E7%B5%B1%E8%A8%88%E5%AD%A6
経験的に得られた
バラツキのあるデータから、
応用数学の手法を用いて
数値上の性質や規則性
あるいは不規則性を見いだす。
確率論

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A2%BA
%E7%8E%87%E8%AB%96
非決定論的過程、すなわち、
ある現象の次の状態は、
部分的には前の状態から決定
されるが、完全に前の状態には
依存しておらず、確率的な
予言しかできない偶然現象に対して数学的なモデルを与
え、
解析する数学の一分野である。
統計学的、確率論の一般的誤解:
正規分布が人間の社会的行為に対しても有効であり。
「最頻値が代表値である」
という誤解。
現代先進国の
文化的基盤となっている
科学的世界観その 3
フロイト的、精神論。
脳の構造と人間の行動、さらには心的活動に深い関心を
抱く。
脳の神経活動としての心理活動を
解明する目的を抱いた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%
フロイト的、精神論の一般的誤解:
唯脳論
文化や伝統、社会制度はもちろん、言語、意識、心など
人のあらゆる営みは脳という器官の構造に対応している
という考え方。ただし、脳が世界を創っているなどとし
てすべてを脳に還元する単純な脳一元論ではない。「脳
が心を作り出す」というよりは...
「すべての人間の行為を
脳活動に原因を求めるもの」。
したがって脳の機能を完全に再現できれば人間の行動を
完全に規定できるという誤解。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

2010年2月19日九州プレゼンテーション

454 views

Published on

現代先進国の文化的基礎となっている科学的世界観と、誤解の様相

Published in: Self Improvement
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2010年2月19日九州プレゼンテーション

  1. 1. 現代先進国の 文化的基盤となっている 科学的世界観
  2. 2. 現代先進国の 文化的基盤となっている 科学的世界観その1 ダーウィン的、進化論。 ダーウィンの進化論 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E
  3. 3. 生物が不変のものではなく 長期間かけて次第に変化してきたと いう考えに基づいて、現在見られる様々な生物は全てそ の過程のなかで生まれてきたことを説明する。
  4. 4. ダーウィン的、進化論の一般的誤解
  5. 5. 自然淘汰(自然選択)説を基本に 「現存する種は最も優れたものであり、もっとも尊ばれ る存在である。」 という誤解。
  6. 6. 現代先進国の 文化的基盤となっている 科学的世界観その 2 統計学的、確率論 http://ja.wikipedia.org/wiki/ %E7%B5%B1%E8%A8%88%E5%AD%A6
  7. 7. 経験的に得られた バラツキのあるデータから、 応用数学の手法を用いて 数値上の性質や規則性 あるいは不規則性を見いだす。
  8. 8. 確率論  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A2%BA %E7%8E%87%E8%AB%96
  9. 9. 非決定論的過程、すなわち、 ある現象の次の状態は、 部分的には前の状態から決定 されるが、完全に前の状態には 依存しておらず、確率的な 予言しかできない偶然現象に対して数学的なモデルを与 え、 解析する数学の一分野である。
  10. 10. 統計学的、確率論の一般的誤解:
  11. 11. 正規分布が人間の社会的行為に対しても有効であり。 「最頻値が代表値である」 という誤解。
  12. 12. 現代先進国の 文化的基盤となっている 科学的世界観その 3 フロイト的、精神論。
  13. 13. 脳の構造と人間の行動、さらには心的活動に深い関心を 抱く。 脳の神経活動としての心理活動を 解明する目的を抱いた。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%
  14. 14. フロイト的、精神論の一般的誤解:
  15. 15. 唯脳論 文化や伝統、社会制度はもちろん、言語、意識、心など 人のあらゆる営みは脳という器官の構造に対応している という考え方。ただし、脳が世界を創っているなどとし てすべてを脳に還元する単純な脳一元論ではない。「脳 が心を作り出す」というよりは「脳という構造が心とい う機能と対応」しているとする。そして構造と機能を分 けて見ているのは脳である。
  16. 16. 「すべての人間の行為を 脳活動に原因を求めるもの」。 したがって脳の機能を完全に再現できれば人間の行動を 完全に規定できるという誤解。

×