SlideShare a Scribd company logo
防災なう
                    JCEJ×GLOCOM
           データジャーナリズム実践第2弾 データ発掘キャンプ



                JCEJ運営委員 赤倉優蔵


2012/9/1             防災のいま             1
予告

• オープニングクロストークの後、皆さま
  には「情報発信者」の立場から、オープ
  ンデータを発見してもらいながら、それ
  らを活用した防災企画を、データジャー
  ナリズムの観点で考えていただきます




2012/9/1   防災のいま       2
防災の日
    「防災の日」の創設について
    昭和35年(1960年)6月17日 閣議了解
• 政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く
  国民が台風高潮、津波、地震等の災害についての
  認識を深め、これに対処する心構えを準備するた
  め、「防災の日」を創設する。
• 「防災の日」は、毎年9月1日とし、この日を中心
  として、防災思想の普及、功労者の表彰、防災訓
  練等これにふさわしい行事を実情に即して実施す
  る。
• 上記の行事は、地方公共団体その他関係団体の緊
  密な協力を得て行なうものとする。
2012/9/1        防災のいま        3
「防災」とは?
• 災害を未然に防ぐための各種行為、施策、取り
  組み。
• 地震や風水害のような自然災害のみならず、火
  災、爆発のような人為災害、あるいは伝染病の
  ようなものへの対応も含めて使われることがあ
  る。




               <ウィキペディア「防災」からの抜粋>

2012/9/1     防災のいま                  4
日本における防災の取り組み
•   防災基本計画の策定・実行
•   防災まちづくりの推進
•   防災拠点の整備
•   防災地図の作成
    …など


防災の取り組みを促進するため内閣府や国土交通省を中心に
     基礎情報<データ>を整備している

2012/9/1        防災のいま      5
「防災」から「減災」へシフト
• 阪神・淡路大震災以降、如何なる対策をとったとしても
  被害は生ずるという認識のもと、災害時において被害が
  最も生ずる課題に対して、限られた予算や資源を集中的
  にかけることで、結果的に被害の最小化を図ろうという
  発想が生まれた。
• 災害における地域の弱点を発見し、対策を講ずるとして
  も行政単独で対策をとるだけでは、減災は達せられない。
• 近年は行政と市民が協働で地域の防災力を向上させよう
  という防災まちづくり事業が多くの市町村において取り
  組まれるようになりつつあり、減災は防災まちづくりに
  おけるひとつの戦略として浸透しつつある。
              <ウィキペディア「減災」からの抜粋>

2012/9/1    防災のいま                  6
防災の考え方



 社会の脆弱性を発見・共有し
災害が起きる前に対処すること



2012/9/1     防災のいま   7
海外における防災の取り組み
• 天災とは、人間がコントロールできない災害である
  として、日本のように巨額の防災対策関係費を計上
  する国は希有である。
• アメリカ合衆国を例にとれば、土砂災害(地すべり
  など)による防災対策は、国ではなく土地所有者が
  行うべきものとされるなど、自己責任の原則が貫か
  れている。
• しかしながら2000年代に入ると、スマトラ島沖地震
  による津波災害、ハリケーン・カトリーナによる洪
  水災害など、規模の極めて大きく、かつ、事前の予
  知が可能とされた自然災害が頻発している。このた
  め徐々に、国家レベルの自然災害対策の重要性が認
  識され始めたところである。
                  <ウィキペディア「防災」からの抜粋>

2012/9/1        防災のいま                  8
防災の取り組みまとめ
• ハード面
      – 町づくり、堤防設置、避難場所設置など
• ソフト面
      – 緊急時の情報整備、ハザードマップ作成など
• ヒト
      – 防災訓練、啓蒙など


             情報/ITが肝!
2012/9/1        防災のいま          9
防災情報の種類
•   避難情報
•   生活情報
•   安否情報
•   事前啓蒙情報




2012/9/1     防災のいま   10
今年の防災訓練の傾向
• 大規模化
      – 北海道、千葉県、埼玉県、大阪府などで数十
        万から数百万人規模の防災訓練が行われる
        (行われた)
• IT活用
      – 防災訓練でメールやソーシャルメディア、災
        害時アプリケーションを活用



2012/9/1       防災のいま           11
防災週間      大阪350万人に訓練メール…5日
  30日から始まった「防災週間」の最終日の9月5日、大阪府が府内で
 利用されている携帯電話を対象に避難訓練メールを送信する。「いざとい
 う時にどう避難するか」などの防災意識を高めるのが狙い。期間中、全国
 で同様の大規模訓練が行われるが、大阪の場合は最大規模の約350万人
 がかかわると見込まれる。

  府によると、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクモバイル
 の3社との間で、利用者に災害時に避難情報を一斉に送信してもらう契約
 を締結。訓練では、5日午前11時、「実際の災害時には、身の安全を確
 保し、指定避難所に避難してください」との内容のメールが送られる。府
 内で使用中で、避難情報が受信できる携帯電話に限られ、府消防防災課の
 担当者は「どう行動するか、想像力を高め、訓練に臨んでほしい」と話
 す。

 <中略>

  こうした訓練は東日本大震災を機に各地に普及。北海道では30日に1
 0万人が参加し、9月にも千葉市や埼玉県などで行われる。

2012/9/1         防災のいま    <8月30日 読売新聞>12
(事例2) IT防災訓練
• 昨日(8月31日)に内閣官房IT担当室が立ち上げたウェブ
  サイト。
• 官民の取組みについての情報共有と連携の強化を図るの
  が目的。
• 試行的な立ち上げで、今後さまざまな試みが実施される
  予定。
• 現在は、各社の災害用伝言板や避難所情報、道路情報な
  どを扱うアプリやサービスに関する情報が集約されてい
  る。

    <抜粋> RBB TODAY (8月31日)
    “内閣官房、「IT防災訓練」ポータルサイトを公開……各社の情報を集約”
2012/9/1           防災のいま                  13
2012/9/1   防災のいま   14
(事例3) ソーシャル防災訓練
• ヤフー、Twitter Japan、J-WAVE、森ビルの4社は共同で
  2012年9月19日に「ソーシャル防災訓練」(画面)を開
  催すると発表した。
• ソーシャルメディアから得られる情報を活用した避難訓
  練を行うことで、防災と情報活用に関する意識の啓発を
  図る。
• 避難訓練の後には、避難中の体験やソーシャルメディア
  上に集まった情報を振り返りながら、防災について理解
  を深める「防災レクチャー会」を開催する。


    <抜粋> 日経新聞 (8月28日)
    “Twitterなど4社が「ソーシャル防災訓練」   非常時の情報活用を啓発”
2012/9/1          防災のいま                 15
2012/9/1   防災のいま   16
Google Big Tent 2012 in 仙台
• Googleが主催する、プライバシーや公共政策などの様々な
  テーマとITテクノロジーを組み合わせた国際会議。
• 政治家や企業、NPO組織など様々な立場の人が集まり、テー
  マに対してテクノロジーで何ができるかについて発表した
  り、話し合ったりする。
• 今年のテーマは「災害」で、7月3日、初めて日本(仙台)で
  開催され、参加者は460名を超えた。
• 内閣府、国連や赤十字などの国際ボランティアに加え、ITを
  使ったボランティア活動を行っている人達も参加、ネット技
  術、インフラ、ソーシャルネットワーク、オープンデータな
  どの話題をテーマにした発表やパネルディスカッションが行
  われた。
    <抜粋> CNET Japan (7月3日)
    “Big Tent 2012:Googleが日本で初めて開催した国際会議のテーマは「災害」”
2012/9/1               防災のいま                   17
災害時にITが力を発揮するための
          4課題
1. オープンデータとクローズドアーキテクチャ
     –     フォーマット、API、権利関係の課題
2. 情報ソース
     –     政府が発表する情報と、クラウドソースのバランスのとり方
     –     政府からいかにして必要な情報を引き出すか
3. 環境や文化の違い
     –     日頃から使い慣れていないと、いざというときに使えない
4. コミュニケーションとコラボレーション
     –     政府と支援団体、災害現場と技術者、個人とボランティア組織
           などでのコミュニケーション・コラボレーションの円滑化

    <抜粋> CNET Japan (7月6日)
    “Big Tent 2012:災害時にITが力を発揮するための4課題”
2012/9/1                防災のいま             18
メディアの担い手として
             何ができるのか?



2012/9/1       防災のいま     19
エントロピーの増大を防ぐのが
  メディア=伝え手の仕事


           By 中川和之さん (時事通信社 記者)

2012/9/1           防災のいま          20
災害時の意志決定には情報が重要!
• 平時に比べて多様で膨大な意思決定が必要になるのが災
  害時。多様な場面で意思決定に必要な情報が求められる。
• そのために必要な情報とは何か。
• 情報がどのように届けられればいいのか。
• 非常時だけの情報ルートは機能しない。
• 情報をもらってから行動方法を考えるのではなく、日頃
  から行動を想定しておく。行動を起こすきっかけになる
  情報にするために、何をするか。


           By 中川和之さん (時事通信社 記者)

2012/9/1           防災のいま          21
私たちにはデータがある!
       データを防災に活かそう!



2012/9/1    防災のいま     22
<前回の復習>
  Data Journalism Award 評価のポイント
• 単にデータを可視化しただけの独りよが
  りのプロジェクトはNG
• 「読者にとって分かり易いか」「読者が
  洞察を得る手助けができたか」など、読
  者目線が大きなポイント




2012/9/1       防災のいま              23
2012/9/1   防災のいま   24

More Related Content

What's hot

世銀ハッカソン(防災教育ゲームアプリ)
世銀ハッカソン(防災教育ゲームアプリ)世銀ハッカソン(防災教育ゲームアプリ)
世銀ハッカソン(防災教育ゲームアプリ)
Kentaro Kuwata
 
N²EM紹介資料
N²EM紹介資料N²EM紹介資料
N²EM紹介資料
Shingo Toride
 
ハッシュタグの活用 C1セッション ITx災害2015
ハッシュタグの活用 C1セッション ITx災害2015ハッシュタグの活用 C1セッション ITx災害2015
ハッシュタグの活用 C1セッション ITx災害2015
Shigeru INANO
 
(公開用)茨城県自治体研修 減災のための自治体広報とTwitter
(公開用)茨城県自治体研修 減災のための自治体広報とTwitter(公開用)茨城県自治体研修 減災のための自治体広報とTwitter
(公開用)茨城県自治体研修 減災のための自治体広報とTwitter
減災インフォ
 
地域における防災教育の実践に関する手引きテキスト 161017v
地域における防災教育の実践に関する手引きテキスト 161017v地域における防災教育の実践に関する手引きテキスト 161017v
地域における防災教育の実践に関する手引きテキスト 161017v
Kenya Miyazaki
 
「全国自治体の減災とネット活用データ」解説資料
「全国自治体の減災とネット活用データ」解説資料「全国自治体の減災とネット活用データ」解説資料
「全国自治体の減災とネット活用データ」解説資料
減災インフォ
 
災害発生時のIt活用
災害発生時のIt活用災害発生時のIt活用
災害発生時のIt活用
Satoshi Shibata
 
災害支援における情報共有・ICTの重要性
災害支援における情報共有・ICTの重要性災害支援における情報共有・ICTの重要性
災害支援における情報共有・ICTの重要性
Satoshi Shibata
 
Emergency Management & Social Media- WorldBank Tokyo Public Seminar
Emergency Management & Social Media- WorldBank Tokyo Public SeminarEmergency Management & Social Media- WorldBank Tokyo Public Seminar
Emergency Management & Social Media- WorldBank Tokyo Public Seminar
SocialCompany, Inc.
 
茨城県広報研修会資料「Twitter を活用した災害情報の発信と共有」
茨城県広報研修会資料「Twitter を活用した災害情報の発信と共有」茨城県広報研修会資料「Twitter を活用した災害情報の発信と共有」
茨城県広報研修会資料「Twitter を活用した災害情報の発信と共有」
Shigeru INANO
 
「It支援レスキュー隊」0401
「It支援レスキュー隊」0401「It支援レスキュー隊」0401
「It支援レスキュー隊」0401
Izumi Aizu
 
川崎 International Open Data Day 2014(2014/02/22)
川崎 International Open Data Day 2014(2014/02/22)川崎 International Open Data Day 2014(2014/02/22)
川崎 International Open Data Day 2014(2014/02/22)
Hiroshi Omata
 
大学・学生と地域が連携した災害図上訓練DIGの進め方について~豪雨災害編~
大学・学生と地域が連携した災害図上訓練DIGの進め方について~豪雨災害編~大学・学生と地域が連携した災害図上訓練DIGの進め方について~豪雨災害編~
大学・学生と地域が連携した災害図上訓練DIGの進め方について~豪雨災害編~
Kenya Miyazaki
 
①災害時における自治体の対応1410 02-1pptx
①災害時における自治体の対応1410 02-1pptx①災害時における自治体の対応1410 02-1pptx
①災害時における自治体の対応1410 02-1pptx
Tadashi Ise
 
オープンソース・ソフトウェアを活用した徳島県の地図システムへの取組について
オープンソース・ソフトウェアを活用した徳島県の地図システムへの取組についてオープンソース・ソフトウェアを活用した徳島県の地図システムへの取組について
オープンソース・ソフトウェアを活用した徳島県の地図システムへの取組について
Koji Sumiyoshi
 
2019年度地域フィールドラボ発表資料 福島さん
2019年度地域フィールドラボ発表資料 福島さん2019年度地域フィールドラボ発表資料 福島さん
2019年度地域フィールドラボ発表資料 福島さん
Code for Japan
 

What's hot (16)

世銀ハッカソン(防災教育ゲームアプリ)
世銀ハッカソン(防災教育ゲームアプリ)世銀ハッカソン(防災教育ゲームアプリ)
世銀ハッカソン(防災教育ゲームアプリ)
 
N²EM紹介資料
N²EM紹介資料N²EM紹介資料
N²EM紹介資料
 
ハッシュタグの活用 C1セッション ITx災害2015
ハッシュタグの活用 C1セッション ITx災害2015ハッシュタグの活用 C1セッション ITx災害2015
ハッシュタグの活用 C1セッション ITx災害2015
 
(公開用)茨城県自治体研修 減災のための自治体広報とTwitter
(公開用)茨城県自治体研修 減災のための自治体広報とTwitter(公開用)茨城県自治体研修 減災のための自治体広報とTwitter
(公開用)茨城県自治体研修 減災のための自治体広報とTwitter
 
地域における防災教育の実践に関する手引きテキスト 161017v
地域における防災教育の実践に関する手引きテキスト 161017v地域における防災教育の実践に関する手引きテキスト 161017v
地域における防災教育の実践に関する手引きテキスト 161017v
 
「全国自治体の減災とネット活用データ」解説資料
「全国自治体の減災とネット活用データ」解説資料「全国自治体の減災とネット活用データ」解説資料
「全国自治体の減災とネット活用データ」解説資料
 
災害発生時のIt活用
災害発生時のIt活用災害発生時のIt活用
災害発生時のIt活用
 
災害支援における情報共有・ICTの重要性
災害支援における情報共有・ICTの重要性災害支援における情報共有・ICTの重要性
災害支援における情報共有・ICTの重要性
 
Emergency Management & Social Media- WorldBank Tokyo Public Seminar
Emergency Management & Social Media- WorldBank Tokyo Public SeminarEmergency Management & Social Media- WorldBank Tokyo Public Seminar
Emergency Management & Social Media- WorldBank Tokyo Public Seminar
 
茨城県広報研修会資料「Twitter を活用した災害情報の発信と共有」
茨城県広報研修会資料「Twitter を活用した災害情報の発信と共有」茨城県広報研修会資料「Twitter を活用した災害情報の発信と共有」
茨城県広報研修会資料「Twitter を活用した災害情報の発信と共有」
 
「It支援レスキュー隊」0401
「It支援レスキュー隊」0401「It支援レスキュー隊」0401
「It支援レスキュー隊」0401
 
川崎 International Open Data Day 2014(2014/02/22)
川崎 International Open Data Day 2014(2014/02/22)川崎 International Open Data Day 2014(2014/02/22)
川崎 International Open Data Day 2014(2014/02/22)
 
大学・学生と地域が連携した災害図上訓練DIGの進め方について~豪雨災害編~
大学・学生と地域が連携した災害図上訓練DIGの進め方について~豪雨災害編~大学・学生と地域が連携した災害図上訓練DIGの進め方について~豪雨災害編~
大学・学生と地域が連携した災害図上訓練DIGの進め方について~豪雨災害編~
 
①災害時における自治体の対応1410 02-1pptx
①災害時における自治体の対応1410 02-1pptx①災害時における自治体の対応1410 02-1pptx
①災害時における自治体の対応1410 02-1pptx
 
オープンソース・ソフトウェアを活用した徳島県の地図システムへの取組について
オープンソース・ソフトウェアを活用した徳島県の地図システムへの取組についてオープンソース・ソフトウェアを活用した徳島県の地図システムへの取組について
オープンソース・ソフトウェアを活用した徳島県の地図システムへの取組について
 
2019年度地域フィールドラボ発表資料 福島さん
2019年度地域フィールドラボ発表資料 福島さん2019年度地域フィールドラボ発表資料 福島さん
2019年度地域フィールドラボ発表資料 福島さん
 

Similar to 防災なう ―データジャーナリズムと防災― (2012年9月)

オープンデータを用いたリスク学習の教材作成
オープンデータを用いたリスク学習の教材作成オープンデータを用いたリスク学習の教材作成
オープンデータを用いたリスク学習の教材作成
Daisuke Yoshida
 
地球環境と防災~そして感染症について考える 2021
地球環境と防災~そして感染症について考える 2021地球環境と防災~そして感染症について考える 2021
地球環境と防災~そして感染症について考える 2021
Ikuo Misao
 
20120731/中央防災会議/防災対策推進検討会議最終報告
20120731/中央防災会議/防災対策推進検討会議最終報告20120731/中央防災会議/防災対策推進検討会議最終報告
20120731/中央防災会議/防災対策推進検討会議最終報告
Nobu Yoshida
 
災害時情報メディアの役割20140612
災害時情報メディアの役割20140612災害時情報メディアの役割20140612
災害時情報メディアの役割20140612
Izumi Aizu
 
防災訓練におけるツイッター活用 自治体への説明資料
防災訓練におけるツイッター活用 自治体への説明資料防災訓練におけるツイッター活用 自治体への説明資料
防災訓練におけるツイッター活用 自治体への説明資料
Shigeru INANO
 
【日本マイクロソフト株式会社】SUTEKINE!_東京経済大学.pdf
【日本マイクロソフト株式会社】SUTEKINE!_東京経済大学.pdf【日本マイクロソフト株式会社】SUTEKINE!_東京経済大学.pdf
【日本マイクロソフト株式会社】SUTEKINE!_東京経済大学.pdf
課題解決PJ 事務局
 
第1回災害Vchp運用説明会 スライド
第1回災害Vchp運用説明会 スライド第1回災害Vchp運用説明会 スライド
第1回災害Vchp運用説明会 スライド
Masaki Ikeda
 
160116 _Tenpaku_vol6
160116 _Tenpaku_vol6160116 _Tenpaku_vol6
160116 _Tenpaku_vol6
Takeo Funahashi
 
20151013 天博vol.4 〜自治体の先進事例から、防災情報の見せ方・伝え方の事例を学ぶ〜
20151013 天博vol.4 〜自治体の先進事例から、防災情報の見せ方・伝え方の事例を学ぶ〜20151013 天博vol.4 〜自治体の先進事例から、防災情報の見せ方・伝え方の事例を学ぶ〜
20151013 天博vol.4 〜自治体の先進事例から、防災情報の見せ方・伝え方の事例を学ぶ〜
Takuya Sato
 
住民としての被災経験を通して 第76回ハイパーフォーラム 災害とICTの利活用 (株)情報開発研究所
住民としての被災経験を通して 第76回ハイパーフォーラム 災害とICTの利活用  (株)情報開発研究所住民としての被災経験を通して 第76回ハイパーフォーラム 災害とICTの利活用  (株)情報開発研究所
住民としての被災経験を通して 第76回ハイパーフォーラム 災害とICTの利活用 (株)情報開発研究所
英幸 工藤
 
ツイッター災害情報収集・共有 (ITx災害 勉強会 平成27年2月25日)
ツイッター災害情報収集・共有 (ITx災害 勉強会 平成27年2月25日)ツイッター災害情報収集・共有 (ITx災害 勉強会 平成27年2月25日)
ツイッター災害情報収集・共有 (ITx災害 勉強会 平成27年2月25日)
Shigeru INANO
 
2021年度災害支援ネットワークおかやまパンフレット
2021年度災害支援ネットワークおかやまパンフレット2021年度災害支援ネットワークおかやまパンフレット
2021年度災害支援ネットワークおかやまパンフレット
特定非営利活動法人 岡山NPOセンター
 
避難所における混雑状況可視化システム
避難所における混雑状況可視化システム避難所における混雑状況可視化システム
避難所における混雑状況可視化システム
ssuserc3f0a2
 
災害情報収集・分析トレーニング(試案)
災害情報収集・分析トレーニング(試案)災害情報収集・分析トレーニング(試案)
災害情報収集・分析トレーニング(試案)
Kenya Miyazaki
 
3.11で変わる地域の防災対策と防災・減災コミュニティシステム
3.11で変わる地域の防災対策と防災・減災コミュニティシステム3.11で変わる地域の防災対策と防災・減災コミュニティシステム
3.11で変わる地域の防災対策と防災・減災コミュニティシステム
Open Source Software Association of Japan
 
20110905 SocialMedia & Social Movement
20110905 SocialMedia & Social Movement20110905 SocialMedia & Social Movement
20110905 SocialMedia & Social Movement
SocialCompany, Inc.
 
Emergency supplies-ed2
Emergency supplies-ed2Emergency supplies-ed2
Emergency supplies-ed2
Kenya Miyazaki
 
地域共創メディア20140724
地域共創メディア20140724地域共創メディア20140724
地域共創メディア20140724
sachie otsuki
 
「地域がメディアを持つ時代」~地域共創メディア開発への挑戦~
「地域がメディアを持つ時代」~地域共創メディア開発への挑戦~「地域がメディアを持つ時代」~地域共創メディア開発への挑戦~
「地域がメディアを持つ時代」~地域共創メディア開発への挑戦~
NetyearGroup
 
地域成長マネー供給の新たな核「地方豪族」
地域成長マネー供給の新たな核「地方豪族」地域成長マネー供給の新たな核「地方豪族」
地域成長マネー供給の新たな核「地方豪族」
Masahiko Shoji
 

Similar to 防災なう ―データジャーナリズムと防災― (2012年9月) (20)

オープンデータを用いたリスク学習の教材作成
オープンデータを用いたリスク学習の教材作成オープンデータを用いたリスク学習の教材作成
オープンデータを用いたリスク学習の教材作成
 
地球環境と防災~そして感染症について考える 2021
地球環境と防災~そして感染症について考える 2021地球環境と防災~そして感染症について考える 2021
地球環境と防災~そして感染症について考える 2021
 
20120731/中央防災会議/防災対策推進検討会議最終報告
20120731/中央防災会議/防災対策推進検討会議最終報告20120731/中央防災会議/防災対策推進検討会議最終報告
20120731/中央防災会議/防災対策推進検討会議最終報告
 
災害時情報メディアの役割20140612
災害時情報メディアの役割20140612災害時情報メディアの役割20140612
災害時情報メディアの役割20140612
 
防災訓練におけるツイッター活用 自治体への説明資料
防災訓練におけるツイッター活用 自治体への説明資料防災訓練におけるツイッター活用 自治体への説明資料
防災訓練におけるツイッター活用 自治体への説明資料
 
【日本マイクロソフト株式会社】SUTEKINE!_東京経済大学.pdf
【日本マイクロソフト株式会社】SUTEKINE!_東京経済大学.pdf【日本マイクロソフト株式会社】SUTEKINE!_東京経済大学.pdf
【日本マイクロソフト株式会社】SUTEKINE!_東京経済大学.pdf
 
第1回災害Vchp運用説明会 スライド
第1回災害Vchp運用説明会 スライド第1回災害Vchp運用説明会 スライド
第1回災害Vchp運用説明会 スライド
 
160116 _Tenpaku_vol6
160116 _Tenpaku_vol6160116 _Tenpaku_vol6
160116 _Tenpaku_vol6
 
20151013 天博vol.4 〜自治体の先進事例から、防災情報の見せ方・伝え方の事例を学ぶ〜
20151013 天博vol.4 〜自治体の先進事例から、防災情報の見せ方・伝え方の事例を学ぶ〜20151013 天博vol.4 〜自治体の先進事例から、防災情報の見せ方・伝え方の事例を学ぶ〜
20151013 天博vol.4 〜自治体の先進事例から、防災情報の見せ方・伝え方の事例を学ぶ〜
 
住民としての被災経験を通して 第76回ハイパーフォーラム 災害とICTの利活用 (株)情報開発研究所
住民としての被災経験を通して 第76回ハイパーフォーラム 災害とICTの利活用  (株)情報開発研究所住民としての被災経験を通して 第76回ハイパーフォーラム 災害とICTの利活用  (株)情報開発研究所
住民としての被災経験を通して 第76回ハイパーフォーラム 災害とICTの利活用 (株)情報開発研究所
 
ツイッター災害情報収集・共有 (ITx災害 勉強会 平成27年2月25日)
ツイッター災害情報収集・共有 (ITx災害 勉強会 平成27年2月25日)ツイッター災害情報収集・共有 (ITx災害 勉強会 平成27年2月25日)
ツイッター災害情報収集・共有 (ITx災害 勉強会 平成27年2月25日)
 
2021年度災害支援ネットワークおかやまパンフレット
2021年度災害支援ネットワークおかやまパンフレット2021年度災害支援ネットワークおかやまパンフレット
2021年度災害支援ネットワークおかやまパンフレット
 
避難所における混雑状況可視化システム
避難所における混雑状況可視化システム避難所における混雑状況可視化システム
避難所における混雑状況可視化システム
 
災害情報収集・分析トレーニング(試案)
災害情報収集・分析トレーニング(試案)災害情報収集・分析トレーニング(試案)
災害情報収集・分析トレーニング(試案)
 
3.11で変わる地域の防災対策と防災・減災コミュニティシステム
3.11で変わる地域の防災対策と防災・減災コミュニティシステム3.11で変わる地域の防災対策と防災・減災コミュニティシステム
3.11で変わる地域の防災対策と防災・減災コミュニティシステム
 
20110905 SocialMedia & Social Movement
20110905 SocialMedia & Social Movement20110905 SocialMedia & Social Movement
20110905 SocialMedia & Social Movement
 
Emergency supplies-ed2
Emergency supplies-ed2Emergency supplies-ed2
Emergency supplies-ed2
 
地域共創メディア20140724
地域共創メディア20140724地域共創メディア20140724
地域共創メディア20140724
 
「地域がメディアを持つ時代」~地域共創メディア開発への挑戦~
「地域がメディアを持つ時代」~地域共創メディア開発への挑戦~「地域がメディアを持つ時代」~地域共創メディア開発への挑戦~
「地域がメディアを持つ時代」~地域共創メディア開発への挑戦~
 
地域成長マネー供給の新たな核「地方豪族」
地域成長マネー供給の新たな核「地方豪族」地域成長マネー供給の新たな核「地方豪族」
地域成長マネー供給の新たな核「地方豪族」
 

More from yuzoakakura

ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)
ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)
ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)
yuzoakakura
 
データジャーナリズム―異業種のコラボレーションがニュースを変える― (2013年12月)
データジャーナリズム―異業種のコラボレーションがニュースを変える― (2013年12月)データジャーナリズム―異業種のコラボレーションがニュースを変える― (2013年12月)
データジャーナリズム―異業種のコラボレーションがニュースを変える― (2013年12月)
yuzoakakura
 
調査報道を変えたデータジャーナリズムの衝撃 (2013年6月)
調査報道を変えたデータジャーナリズムの衝撃 (2013年6月)調査報道を変えたデータジャーナリズムの衝撃 (2013年6月)
調査報道を変えたデータジャーナリズムの衝撃 (2013年6月)
yuzoakakura
 
データ活用最前線 (2013年1月)
データ活用最前線 (2013年1月)データ活用最前線 (2013年1月)
データ活用最前線 (2013年1月)
yuzoakakura
 
データジャーナリズムの最新動向 (2012年7月)
データジャーナリズムの最新動向 (2012年7月)データジャーナリズムの最新動向 (2012年7月)
データジャーナリズムの最新動向 (2012年7月)
yuzoakakura
 
今、メディアに起きていること (2010年6月)
今、メディアに起きていること (2010年6月)今、メディアに起きていること (2010年6月)
今、メディアに起きていること (2010年6月)
yuzoakakura
 

More from yuzoakakura (6)

ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)
ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)
ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)
 
データジャーナリズム―異業種のコラボレーションがニュースを変える― (2013年12月)
データジャーナリズム―異業種のコラボレーションがニュースを変える― (2013年12月)データジャーナリズム―異業種のコラボレーションがニュースを変える― (2013年12月)
データジャーナリズム―異業種のコラボレーションがニュースを変える― (2013年12月)
 
調査報道を変えたデータジャーナリズムの衝撃 (2013年6月)
調査報道を変えたデータジャーナリズムの衝撃 (2013年6月)調査報道を変えたデータジャーナリズムの衝撃 (2013年6月)
調査報道を変えたデータジャーナリズムの衝撃 (2013年6月)
 
データ活用最前線 (2013年1月)
データ活用最前線 (2013年1月)データ活用最前線 (2013年1月)
データ活用最前線 (2013年1月)
 
データジャーナリズムの最新動向 (2012年7月)
データジャーナリズムの最新動向 (2012年7月)データジャーナリズムの最新動向 (2012年7月)
データジャーナリズムの最新動向 (2012年7月)
 
今、メディアに起きていること (2010年6月)
今、メディアに起きていること (2010年6月)今、メディアに起きていること (2010年6月)
今、メディアに起きていること (2010年6月)
 

Recently uploaded

Python 🐍 : プログラミング教育 📚 Python 🐍 革新的で実践的な方法 🚀
Python 🐍 :  プログラミング教育 📚 Python 🐍 革新的で実践的な方法 🚀Python 🐍 :  プログラミング教育 📚 Python 🐍 革新的で実践的な方法 🚀
Python 🐍 : プログラミング教育 📚 Python 🐍 革新的で実践的な方法 🚀
Miguel Delamontagne
 
Services of Type B Continuous Employment Support.pptx
Services of Type B Continuous Employment Support.pptxServices of Type B Continuous Employment Support.pptx
Services of Type B Continuous Employment Support.pptx
oganekyokoi
 
第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】
satoshi59
 
第1回スクラッチプログラミング大会【ブロンズパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【ブロンズパートナー賞】第1回スクラッチプログラミング大会【ブロンズパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【ブロンズパートナー賞】
satoshi59
 
第1回スクラッチプログラミング大会【ゴールドパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【ゴールドパートナー賞】第1回スクラッチプログラミング大会【ゴールドパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【ゴールドパートナー賞】
satoshi59
 
探求のテーマを作り出す「アイデア創出の授業」(高校の探求の時間の特別講義としてお話し&ワークショップをした内容です)
探求のテーマを作り出す「アイデア創出の授業」(高校の探求の時間の特別講義としてお話し&ワークショップをした内容です)探求のテーマを作り出す「アイデア創出の授業」(高校の探求の時間の特別講義としてお話し&ワークショップをした内容です)
探求のテーマを作り出す「アイデア創出の授業」(高校の探求の時間の特別講義としてお話し&ワークショップをした内容です)
Rikie Ishii
 
Tips for wills and inheritance hearings.pdf
Tips for wills and inheritance hearings.pdfTips for wills and inheritance hearings.pdf
Tips for wills and inheritance hearings.pdf
oganekyokoi
 
第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】
satoshi59
 

Recently uploaded (8)

Python 🐍 : プログラミング教育 📚 Python 🐍 革新的で実践的な方法 🚀
Python 🐍 :  プログラミング教育 📚 Python 🐍 革新的で実践的な方法 🚀Python 🐍 :  プログラミング教育 📚 Python 🐍 革新的で実践的な方法 🚀
Python 🐍 : プログラミング教育 📚 Python 🐍 革新的で実践的な方法 🚀
 
Services of Type B Continuous Employment Support.pptx
Services of Type B Continuous Employment Support.pptxServices of Type B Continuous Employment Support.pptx
Services of Type B Continuous Employment Support.pptx
 
第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】
 
第1回スクラッチプログラミング大会【ブロンズパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【ブロンズパートナー賞】第1回スクラッチプログラミング大会【ブロンズパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【ブロンズパートナー賞】
 
第1回スクラッチプログラミング大会【ゴールドパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【ゴールドパートナー賞】第1回スクラッチプログラミング大会【ゴールドパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【ゴールドパートナー賞】
 
探求のテーマを作り出す「アイデア創出の授業」(高校の探求の時間の特別講義としてお話し&ワークショップをした内容です)
探求のテーマを作り出す「アイデア創出の授業」(高校の探求の時間の特別講義としてお話し&ワークショップをした内容です)探求のテーマを作り出す「アイデア創出の授業」(高校の探求の時間の特別講義としてお話し&ワークショップをした内容です)
探求のテーマを作り出す「アイデア創出の授業」(高校の探求の時間の特別講義としてお話し&ワークショップをした内容です)
 
Tips for wills and inheritance hearings.pdf
Tips for wills and inheritance hearings.pdfTips for wills and inheritance hearings.pdf
Tips for wills and inheritance hearings.pdf
 
第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】
第1回スクラッチプログラミング大会【シルバーパートナー賞】
 

防災なう ―データジャーナリズムと防災― (2012年9月)

  • 1. 防災なう JCEJ×GLOCOM データジャーナリズム実践第2弾 データ発掘キャンプ JCEJ運営委員 赤倉優蔵 2012/9/1 防災のいま 1
  • 2. 予告 • オープニングクロストークの後、皆さま には「情報発信者」の立場から、オープ ンデータを発見してもらいながら、それ らを活用した防災企画を、データジャー ナリズムの観点で考えていただきます 2012/9/1 防災のいま 2
  • 3. 防災の日 「防災の日」の創設について 昭和35年(1960年)6月17日 閣議了解 • 政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く 国民が台風高潮、津波、地震等の災害についての 認識を深め、これに対処する心構えを準備するた め、「防災の日」を創設する。 • 「防災の日」は、毎年9月1日とし、この日を中心 として、防災思想の普及、功労者の表彰、防災訓 練等これにふさわしい行事を実情に即して実施す る。 • 上記の行事は、地方公共団体その他関係団体の緊 密な協力を得て行なうものとする。 2012/9/1 防災のいま 3
  • 4. 「防災」とは? • 災害を未然に防ぐための各種行為、施策、取り 組み。 • 地震や風水害のような自然災害のみならず、火 災、爆発のような人為災害、あるいは伝染病の ようなものへの対応も含めて使われることがあ る。 <ウィキペディア「防災」からの抜粋> 2012/9/1 防災のいま 4
  • 5. 日本における防災の取り組み • 防災基本計画の策定・実行 • 防災まちづくりの推進 • 防災拠点の整備 • 防災地図の作成 …など 防災の取り組みを促進するため内閣府や国土交通省を中心に 基礎情報<データ>を整備している 2012/9/1 防災のいま 5
  • 6. 「防災」から「減災」へシフト • 阪神・淡路大震災以降、如何なる対策をとったとしても 被害は生ずるという認識のもと、災害時において被害が 最も生ずる課題に対して、限られた予算や資源を集中的 にかけることで、結果的に被害の最小化を図ろうという 発想が生まれた。 • 災害における地域の弱点を発見し、対策を講ずるとして も行政単独で対策をとるだけでは、減災は達せられない。 • 近年は行政と市民が協働で地域の防災力を向上させよう という防災まちづくり事業が多くの市町村において取り 組まれるようになりつつあり、減災は防災まちづくりに おけるひとつの戦略として浸透しつつある。 <ウィキペディア「減災」からの抜粋> 2012/9/1 防災のいま 6
  • 8. 海外における防災の取り組み • 天災とは、人間がコントロールできない災害である として、日本のように巨額の防災対策関係費を計上 する国は希有である。 • アメリカ合衆国を例にとれば、土砂災害(地すべり など)による防災対策は、国ではなく土地所有者が 行うべきものとされるなど、自己責任の原則が貫か れている。 • しかしながら2000年代に入ると、スマトラ島沖地震 による津波災害、ハリケーン・カトリーナによる洪 水災害など、規模の極めて大きく、かつ、事前の予 知が可能とされた自然災害が頻発している。このた め徐々に、国家レベルの自然災害対策の重要性が認 識され始めたところである。 <ウィキペディア「防災」からの抜粋> 2012/9/1 防災のいま 8
  • 9. 防災の取り組みまとめ • ハード面 – 町づくり、堤防設置、避難場所設置など • ソフト面 – 緊急時の情報整備、ハザードマップ作成など • ヒト – 防災訓練、啓蒙など 情報/ITが肝! 2012/9/1 防災のいま 9
  • 10. 防災情報の種類 • 避難情報 • 生活情報 • 安否情報 • 事前啓蒙情報 2012/9/1 防災のいま 10
  • 11. 今年の防災訓練の傾向 • 大規模化 – 北海道、千葉県、埼玉県、大阪府などで数十 万から数百万人規模の防災訓練が行われる (行われた) • IT活用 – 防災訓練でメールやソーシャルメディア、災 害時アプリケーションを活用 2012/9/1 防災のいま 11
  • 12. 防災週間 大阪350万人に訓練メール…5日 30日から始まった「防災週間」の最終日の9月5日、大阪府が府内で 利用されている携帯電話を対象に避難訓練メールを送信する。「いざとい う時にどう避難するか」などの防災意識を高めるのが狙い。期間中、全国 で同様の大規模訓練が行われるが、大阪の場合は最大規模の約350万人 がかかわると見込まれる。 府によると、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクモバイル の3社との間で、利用者に災害時に避難情報を一斉に送信してもらう契約 を締結。訓練では、5日午前11時、「実際の災害時には、身の安全を確 保し、指定避難所に避難してください」との内容のメールが送られる。府 内で使用中で、避難情報が受信できる携帯電話に限られ、府消防防災課の 担当者は「どう行動するか、想像力を高め、訓練に臨んでほしい」と話 す。 <中略> こうした訓練は東日本大震災を機に各地に普及。北海道では30日に1 0万人が参加し、9月にも千葉市や埼玉県などで行われる。 2012/9/1 防災のいま <8月30日 読売新聞>12
  • 13. (事例2) IT防災訓練 • 昨日(8月31日)に内閣官房IT担当室が立ち上げたウェブ サイト。 • 官民の取組みについての情報共有と連携の強化を図るの が目的。 • 試行的な立ち上げで、今後さまざまな試みが実施される 予定。 • 現在は、各社の災害用伝言板や避難所情報、道路情報な どを扱うアプリやサービスに関する情報が集約されてい る。 <抜粋> RBB TODAY (8月31日) “内閣官房、「IT防災訓練」ポータルサイトを公開……各社の情報を集約” 2012/9/1 防災のいま 13
  • 14. 2012/9/1 防災のいま 14
  • 15. (事例3) ソーシャル防災訓練 • ヤフー、Twitter Japan、J-WAVE、森ビルの4社は共同で 2012年9月19日に「ソーシャル防災訓練」(画面)を開 催すると発表した。 • ソーシャルメディアから得られる情報を活用した避難訓 練を行うことで、防災と情報活用に関する意識の啓発を 図る。 • 避難訓練の後には、避難中の体験やソーシャルメディア 上に集まった情報を振り返りながら、防災について理解 を深める「防災レクチャー会」を開催する。 <抜粋> 日経新聞 (8月28日) “Twitterなど4社が「ソーシャル防災訓練」 非常時の情報活用を啓発” 2012/9/1 防災のいま 15
  • 16. 2012/9/1 防災のいま 16
  • 17. Google Big Tent 2012 in 仙台 • Googleが主催する、プライバシーや公共政策などの様々な テーマとITテクノロジーを組み合わせた国際会議。 • 政治家や企業、NPO組織など様々な立場の人が集まり、テー マに対してテクノロジーで何ができるかについて発表した り、話し合ったりする。 • 今年のテーマは「災害」で、7月3日、初めて日本(仙台)で 開催され、参加者は460名を超えた。 • 内閣府、国連や赤十字などの国際ボランティアに加え、ITを 使ったボランティア活動を行っている人達も参加、ネット技 術、インフラ、ソーシャルネットワーク、オープンデータな どの話題をテーマにした発表やパネルディスカッションが行 われた。 <抜粋> CNET Japan (7月3日) “Big Tent 2012:Googleが日本で初めて開催した国際会議のテーマは「災害」” 2012/9/1 防災のいま 17
  • 18. 災害時にITが力を発揮するための 4課題 1. オープンデータとクローズドアーキテクチャ – フォーマット、API、権利関係の課題 2. 情報ソース – 政府が発表する情報と、クラウドソースのバランスのとり方 – 政府からいかにして必要な情報を引き出すか 3. 環境や文化の違い – 日頃から使い慣れていないと、いざというときに使えない 4. コミュニケーションとコラボレーション – 政府と支援団体、災害現場と技術者、個人とボランティア組織 などでのコミュニケーション・コラボレーションの円滑化 <抜粋> CNET Japan (7月6日) “Big Tent 2012:災害時にITが力を発揮するための4課題” 2012/9/1 防災のいま 18
  • 19. メディアの担い手として 何ができるのか? 2012/9/1 防災のいま 19
  • 20. エントロピーの増大を防ぐのが メディア=伝え手の仕事 By 中川和之さん (時事通信社 記者) 2012/9/1 防災のいま 20
  • 21. 災害時の意志決定には情報が重要! • 平時に比べて多様で膨大な意思決定が必要になるのが災 害時。多様な場面で意思決定に必要な情報が求められる。 • そのために必要な情報とは何か。 • 情報がどのように届けられればいいのか。 • 非常時だけの情報ルートは機能しない。 • 情報をもらってから行動方法を考えるのではなく、日頃 から行動を想定しておく。行動を起こすきっかけになる 情報にするために、何をするか。 By 中川和之さん (時事通信社 記者) 2012/9/1 防災のいま 21
  • 22. 私たちにはデータがある! データを防災に活かそう! 2012/9/1 防災のいま 22
  • 23. <前回の復習> Data Journalism Award 評価のポイント • 単にデータを可視化しただけの独りよが りのプロジェクトはNG • 「読者にとって分かり易いか」「読者が 洞察を得る手助けができたか」など、読 者目線が大きなポイント 2012/9/1 防災のいま 23
  • 24. 2012/9/1 防災のいま 24