SlideShare a Scribd company logo
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
1
Unofficial Redmine Cooking
Kindle版 令和元年創刊
2019/11/2
redmine.tokyo 第17回勉強会
@y503unavailable
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
2
Agenda
1. unofficial redmine cooking 紹介
2. UnofficialCookingの課題
3. 現状認識と対策
4. 執筆しVol.0発売
5. ペイするのか?
6. 第17回勉強会記念キャンペーン
7. 今後の計画
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
3
自己紹介
名前:奈良 裕記 ( y503unavailable <- httpエラーコード503)
• 製造業で製品開発部門のadminやってます。
– 部門サーバ、LAN、PC、全般の構築/運用/子守
(全社単位の情報システムとは別、部門所属)
• Redmine歴
– 2009年から利用
– 部内SaaSの積りで各種運用中
– Redmine.Tokyoには第4回から参加、現在スタッフ
– サーバ統合事例@第7回勉強会
– Redmineカスタムフィールド表示改善@第10回勉強会
– UnofficlaRedmineCooking関連@第11、12,13回勉強会
– Pythonで本家チケットコピーし集計@第15回
– カテゴリのサブプロジェクト継承@第17回
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
4
Unofficial Redmine Cookingの紹介
• 第12回勉強会発表内容を抜粋し添付します。
– (本発表内容に関連し、利用者に有用と判断し
たため)
• https://www.slideshare.net/y503unavailable/unofficialcookingredmine
• https://redmine.tokyo/projects/unofficialcooking
Unofficial Redmine Cooking , UnofficialCooking , Unofficial の用語
が混在していますが、最初の正式名称が長いため省略しているだけ
です。
Googleで「UnofficialCooking」のトップページを独占している状態
なのでご了承ください。
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
5
1.Redmineは単に無料で使えるソフト?
無料で使える、だけじゃない
OSS(OpenSourceSoftware)だから
・改造して利用する自由
(ソース改造、プラグイン利用、、)
・パッチ提案する自由
(取り込まれれば将来のVerUp追随不要)
・共同で育てて利用していくソフトウェア
Redmine本家とユーザ会はそのための場所
・リーマンの第3法則
システムの進化はフィードバックプロセスにより決まる
http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-9619.html
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
6
2.標準機能から変更したい
同じ悩みを持つのは、
自分だけじゃない。
・本家の残チケット検索-4500件、Groonga無し
・用途もニーズもユーザレベルも千差万別
・改造にはスキルと内部構造の知識が必要
ユーザ会で情報共有!
もっと効率的に利用
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
7
情報共有場所を作成し運用中
Unofficial Redmine Cooking
https://redmine.tokyo/projects/unofficialcooking
・Redmine.TokyoのサブPJ
・チケットベースで情報共有
・Since 2016/11
名前:多少のアングラ感と親しみ
を持って貰えれば。
UndocumentedとかCracking
のレベルではありません。
・チケット100件超えた。
・参加者もっと増やしたい。
・ターゲットユーザ:Redmine管理者
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
8
Unofficial Redmine Cooking守備範囲
オープンソースだから可能なこと
8
下記対応により出来ること
・Redmineソース改造
・Redmine本家未取込パッチ
・プラグイン活用
・DB直接操作
・他ツールとの連携
機能要望(解決方法不明)
要は
標準外
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
9
UnofficialCookingの課題
• 参加者はいるが、もっと増やしたい。
• アクセス回数はそれなりにあるようだが不明。
• ターゲットユーザ数は?
• 必要な人に届いているのか?
– 勉強会、Twitter、同じ社会の中だけしか届かない?(推測)
• 書いた内容が有効利用されているのか?
– 平日昼間のアクセスが大半、検索流入か?(不明)
• 各記事が見つけやすいか?
• 各記事が見やすいか?
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
10
現状認識(想定利用者数)
• 実際のRedmineのインスタンス数は?(想定利用者候補数)
– 関係者のフォロワー数は最大で1000から2000程度(重複多数)
– connpass上でRedminet申込ユニークID数は500台
– MyRedmine(SaaS)は800社以上が契約している。
– 自分で建てて使っているユーザはその十倍以上いる筈。
– 数十個のインスタンスを作成している組織もある。
• →10,000インスタンスと仮定(利用者数千人~お一人様まで)
– これらに対して、サーバ管理者が多分いる。
– 想定利用者の1/10にしか認知されていない?
– 現行チャンネルではターゲットユーザへの到達率低い?
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
11
対策
• 今までと別媒体を利用し、別のユーザ層に訴
求できないか。
• 技術同人誌の流れもある。
– 技術書典の参加者は1万人に達している。
同人誌と勉強会の参加者層は近い印象がある。
– 物理本は在庫リスクがある
• 電子書籍でやってみる。
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
12
媒体選択
• 電子出版先としてKindle,KDP Selectを選択した。
– 電子書籍市場の高いシェア
– 技術書典ではBoothなど同人系が強い印象があるが、
これは電子書籍全体の市場シェアではない。
– 同人誌と勉強会の参加者層は近い印象がある。
– 但しRedmineユーザ層との相関は未検討
• KDP Selectの契約
– ロイヤリティは販売価格の70% (250~1250円)
– 電子版はKindle専売の契約(物理本の別売OK)
– 読み放題でもページ数単位で支払
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
13
執筆
• 10月後半、残業せず夜と土日で書いた。B5で60ページ
• 記事の選択、リライトにもそれなりの時間かかった。
• 1週間前に出版完了までの全工程をワンパス通した。
(出版完了までのトラブル発生可能性を考慮)
• 次回とページ数を考慮して記事削減。
• 残件あるが時間切れ。10/31に公開した。
• 執筆ツール Re:VIEW(Markdownは表現力低)
• ソース管理 PrivateのGitHub
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
14
Vol.0発売
• Unofficial Redmine Cooking Vol.0
• 表紙 広島-宮島 厳島神社の常夜灯を利用した。
• 副題 標準のRedmineで不十分な方への道標
(当初案:斜め上のRedmineを目指す..自粛した)
• 発行日 Redminet17に合わせ11/2にした。
• 価格設定
– Vol.0は初回宣伝込みと位置付け、
– KDP Select-ロイヤリテイ70%の最低価格250とした(+税)
– (50ページ超えるので、技術書典の物理本なら概ね倍額)
• 至らない点が多々ありますが、今後に反映させるのでご容赦のほど。
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
15
表紙と目次
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
16
本文サンプル
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
17
ペイするのか
• 今回(Vol.0)は新規事業のStudy(種蒔き&試行版)の位
置付けとし、損益計算対象外とした。(工数換算orz)
• ロイヤリテイ70%だが、編集者無/印刷無のワンオペ
• 取らぬ狸の皮算用
– 250*70%=175円
– 11部でドメイン年間費用( unofficial-redmine.org 、SAKURA)
– 20部で今日の懇親会費用
• ということで、 本kindle本とunofficial cooking
よろしくお願いします。
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
18
重大ニュース
本書は税抜250円ですが、
Redmine.Tokyo #17 開催記念として
(いちスタッフが勝手にコラボw)
本日17時から24時間限定、
0のキャンペーン実施
今回だけです。(たぶん)
開始したら再度お知らせします。
RT/ダウンロードし高評価/unofficialcookingへのアクセスお願いします。
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
19
重大ニュース
本書は税抜250円ですが、
Redmine.Tokyo #17 開催記念として (2019/11/2)
(いちスタッフが勝手にコラボw)
本日17時から24時間限定
0のキャンペーン実施
今回だけです(たぶん)
¥0開始したら再度お知らせします。
RT/ダウンロードし高評価/unofficialcookingへアクセスください
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
20
今後の計画
• 大幅加筆修正し、年内にVol.1を発行。
• 加筆修正に伴い、Vol.1は価格変更。
(Vol.0は初回宣伝込みの最低価格)
• Vol.2の発売時期は、販売状況と私の都合から検討。
• Unofficial-redmine.orgドメインを開設したが、
RedmineTokyoのUnofficialCooking活動は継続します。
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
21
まとめ
• Unofficial Redmine Cooking kindle本創刊。
• 勉強会、Twitterと別のユーザ層開拓を考慮し、
Kindleで発行。
• Vol.0は初回宣伝込みで250円の大特価
• さらに、Redminet#17コラボで
期間限定大特価キャンペーン実施
↑RT/ダウンロード/高評価よろしく
• 大幅に加筆修正し年内にVol.1を発行予定。
2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊
@y503unavailable
22
御清聴ありがとうございました
• 各自のRedmine運用に、多少なりとも役に立て
ば幸いです。
• Redmineはオープンソースソフトです。
–協力して育成&利用していきましょう。
ユーザ会はそのための場所です。
• ご意見、内容指摘の連絡先
redmine.Tokyo UnofficialCooking
y503unavailable@ twitter, discord

More Related Content

Featured

2024 Trend Updates: What Really Works In SEO & Content Marketing
2024 Trend Updates: What Really Works In SEO & Content Marketing2024 Trend Updates: What Really Works In SEO & Content Marketing
2024 Trend Updates: What Really Works In SEO & Content Marketing
Search Engine Journal
 
Storytelling For The Web: Integrate Storytelling in your Design Process
Storytelling For The Web: Integrate Storytelling in your Design ProcessStorytelling For The Web: Integrate Storytelling in your Design Process
Storytelling For The Web: Integrate Storytelling in your Design Process
Chiara Aliotta
 
Artificial Intelligence, Data and Competition – SCHREPEL – June 2024 OECD dis...
Artificial Intelligence, Data and Competition – SCHREPEL – June 2024 OECD dis...Artificial Intelligence, Data and Competition – SCHREPEL – June 2024 OECD dis...
Artificial Intelligence, Data and Competition – SCHREPEL – June 2024 OECD dis...
OECD Directorate for Financial and Enterprise Affairs
 
How to Leverage AI to Boost Employee Wellness - Lydia Di Francesco - SocialHR...
How to Leverage AI to Boost Employee Wellness - Lydia Di Francesco - SocialHR...How to Leverage AI to Boost Employee Wellness - Lydia Di Francesco - SocialHR...
How to Leverage AI to Boost Employee Wellness - Lydia Di Francesco - SocialHR...
SocialHRCamp
 
2024 State of Marketing Report – by Hubspot
2024 State of Marketing Report – by Hubspot2024 State of Marketing Report – by Hubspot
2024 State of Marketing Report – by Hubspot
Marius Sescu
 
Everything You Need To Know About ChatGPT
Everything You Need To Know About ChatGPTEverything You Need To Know About ChatGPT
Everything You Need To Know About ChatGPT
Expeed Software
 
Product Design Trends in 2024 | Teenage Engineerings
Product Design Trends in 2024 | Teenage EngineeringsProduct Design Trends in 2024 | Teenage Engineerings
Product Design Trends in 2024 | Teenage Engineerings
Pixeldarts
 
How Race, Age and Gender Shape Attitudes Towards Mental Health
How Race, Age and Gender Shape Attitudes Towards Mental HealthHow Race, Age and Gender Shape Attitudes Towards Mental Health
How Race, Age and Gender Shape Attitudes Towards Mental Health
ThinkNow
 
AI Trends in Creative Operations 2024 by Artwork Flow.pdf
AI Trends in Creative Operations 2024 by Artwork Flow.pdfAI Trends in Creative Operations 2024 by Artwork Flow.pdf
AI Trends in Creative Operations 2024 by Artwork Flow.pdf
marketingartwork
 
Skeleton Culture Code
Skeleton Culture CodeSkeleton Culture Code
Skeleton Culture Code
Skeleton Technologies
 
PEPSICO Presentation to CAGNY Conference Feb 2024
PEPSICO Presentation to CAGNY Conference Feb 2024PEPSICO Presentation to CAGNY Conference Feb 2024
PEPSICO Presentation to CAGNY Conference Feb 2024
Neil Kimberley
 
Content Methodology: A Best Practices Report (Webinar)
Content Methodology: A Best Practices Report (Webinar)Content Methodology: A Best Practices Report (Webinar)
Content Methodology: A Best Practices Report (Webinar)
contently
 
How to Prepare For a Successful Job Search for 2024
How to Prepare For a Successful Job Search for 2024How to Prepare For a Successful Job Search for 2024
How to Prepare For a Successful Job Search for 2024
Albert Qian
 
Social Media Marketing Trends 2024 // The Global Indie Insights
Social Media Marketing Trends 2024 // The Global Indie InsightsSocial Media Marketing Trends 2024 // The Global Indie Insights
Social Media Marketing Trends 2024 // The Global Indie Insights
Kurio // The Social Media Age(ncy)
 
Trends In Paid Search: Navigating The Digital Landscape In 2024
Trends In Paid Search: Navigating The Digital Landscape In 2024Trends In Paid Search: Navigating The Digital Landscape In 2024
Trends In Paid Search: Navigating The Digital Landscape In 2024
Search Engine Journal
 
5 Public speaking tips from TED - Visualized summary
5 Public speaking tips from TED - Visualized summary5 Public speaking tips from TED - Visualized summary
5 Public speaking tips from TED - Visualized summary
SpeakerHub
 
ChatGPT and the Future of Work - Clark Boyd
ChatGPT and the Future of Work - Clark Boyd ChatGPT and the Future of Work - Clark Boyd
ChatGPT and the Future of Work - Clark Boyd
Clark Boyd
 
Getting into the tech field. what next
Getting into the tech field. what next Getting into the tech field. what next
Getting into the tech field. what next
Tessa Mero
 
Google's Just Not That Into You: Understanding Core Updates & Search Intent
Google's Just Not That Into You: Understanding Core Updates & Search IntentGoogle's Just Not That Into You: Understanding Core Updates & Search Intent
Google's Just Not That Into You: Understanding Core Updates & Search Intent
Lily Ray
 
How to have difficult conversations
How to have difficult conversations How to have difficult conversations
How to have difficult conversations
Rajiv Jayarajah, MAppComm, ACC
 

Featured (20)

2024 Trend Updates: What Really Works In SEO & Content Marketing
2024 Trend Updates: What Really Works In SEO & Content Marketing2024 Trend Updates: What Really Works In SEO & Content Marketing
2024 Trend Updates: What Really Works In SEO & Content Marketing
 
Storytelling For The Web: Integrate Storytelling in your Design Process
Storytelling For The Web: Integrate Storytelling in your Design ProcessStorytelling For The Web: Integrate Storytelling in your Design Process
Storytelling For The Web: Integrate Storytelling in your Design Process
 
Artificial Intelligence, Data and Competition – SCHREPEL – June 2024 OECD dis...
Artificial Intelligence, Data and Competition – SCHREPEL – June 2024 OECD dis...Artificial Intelligence, Data and Competition – SCHREPEL – June 2024 OECD dis...
Artificial Intelligence, Data and Competition – SCHREPEL – June 2024 OECD dis...
 
How to Leverage AI to Boost Employee Wellness - Lydia Di Francesco - SocialHR...
How to Leverage AI to Boost Employee Wellness - Lydia Di Francesco - SocialHR...How to Leverage AI to Boost Employee Wellness - Lydia Di Francesco - SocialHR...
How to Leverage AI to Boost Employee Wellness - Lydia Di Francesco - SocialHR...
 
2024 State of Marketing Report – by Hubspot
2024 State of Marketing Report – by Hubspot2024 State of Marketing Report – by Hubspot
2024 State of Marketing Report – by Hubspot
 
Everything You Need To Know About ChatGPT
Everything You Need To Know About ChatGPTEverything You Need To Know About ChatGPT
Everything You Need To Know About ChatGPT
 
Product Design Trends in 2024 | Teenage Engineerings
Product Design Trends in 2024 | Teenage EngineeringsProduct Design Trends in 2024 | Teenage Engineerings
Product Design Trends in 2024 | Teenage Engineerings
 
How Race, Age and Gender Shape Attitudes Towards Mental Health
How Race, Age and Gender Shape Attitudes Towards Mental HealthHow Race, Age and Gender Shape Attitudes Towards Mental Health
How Race, Age and Gender Shape Attitudes Towards Mental Health
 
AI Trends in Creative Operations 2024 by Artwork Flow.pdf
AI Trends in Creative Operations 2024 by Artwork Flow.pdfAI Trends in Creative Operations 2024 by Artwork Flow.pdf
AI Trends in Creative Operations 2024 by Artwork Flow.pdf
 
Skeleton Culture Code
Skeleton Culture CodeSkeleton Culture Code
Skeleton Culture Code
 
PEPSICO Presentation to CAGNY Conference Feb 2024
PEPSICO Presentation to CAGNY Conference Feb 2024PEPSICO Presentation to CAGNY Conference Feb 2024
PEPSICO Presentation to CAGNY Conference Feb 2024
 
Content Methodology: A Best Practices Report (Webinar)
Content Methodology: A Best Practices Report (Webinar)Content Methodology: A Best Practices Report (Webinar)
Content Methodology: A Best Practices Report (Webinar)
 
How to Prepare For a Successful Job Search for 2024
How to Prepare For a Successful Job Search for 2024How to Prepare For a Successful Job Search for 2024
How to Prepare For a Successful Job Search for 2024
 
Social Media Marketing Trends 2024 // The Global Indie Insights
Social Media Marketing Trends 2024 // The Global Indie InsightsSocial Media Marketing Trends 2024 // The Global Indie Insights
Social Media Marketing Trends 2024 // The Global Indie Insights
 
Trends In Paid Search: Navigating The Digital Landscape In 2024
Trends In Paid Search: Navigating The Digital Landscape In 2024Trends In Paid Search: Navigating The Digital Landscape In 2024
Trends In Paid Search: Navigating The Digital Landscape In 2024
 
5 Public speaking tips from TED - Visualized summary
5 Public speaking tips from TED - Visualized summary5 Public speaking tips from TED - Visualized summary
5 Public speaking tips from TED - Visualized summary
 
ChatGPT and the Future of Work - Clark Boyd
ChatGPT and the Future of Work - Clark Boyd ChatGPT and the Future of Work - Clark Boyd
ChatGPT and the Future of Work - Clark Boyd
 
Getting into the tech field. what next
Getting into the tech field. what next Getting into the tech field. what next
Getting into the tech field. what next
 
Google's Just Not That Into You: Understanding Core Updates & Search Intent
Google's Just Not That Into You: Understanding Core Updates & Search IntentGoogle's Just Not That Into You: Understanding Core Updates & Search Intent
Google's Just Not That Into You: Understanding Core Updates & Search Intent
 
How to have difficult conversations
How to have difficult conversations How to have difficult conversations
How to have difficult conversations
 

Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊

  • 1. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 1 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 2019/11/2 redmine.tokyo 第17回勉強会 @y503unavailable
  • 2. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 2 Agenda 1. unofficial redmine cooking 紹介 2. UnofficialCookingの課題 3. 現状認識と対策 4. 執筆しVol.0発売 5. ペイするのか? 6. 第17回勉強会記念キャンペーン 7. 今後の計画
  • 3. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 3 自己紹介 名前:奈良 裕記 ( y503unavailable <- httpエラーコード503) • 製造業で製品開発部門のadminやってます。 – 部門サーバ、LAN、PC、全般の構築/運用/子守 (全社単位の情報システムとは別、部門所属) • Redmine歴 – 2009年から利用 – 部内SaaSの積りで各種運用中 – Redmine.Tokyoには第4回から参加、現在スタッフ – サーバ統合事例@第7回勉強会 – Redmineカスタムフィールド表示改善@第10回勉強会 – UnofficlaRedmineCooking関連@第11、12,13回勉強会 – Pythonで本家チケットコピーし集計@第15回 – カテゴリのサブプロジェクト継承@第17回
  • 4. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 4 Unofficial Redmine Cookingの紹介 • 第12回勉強会発表内容を抜粋し添付します。 – (本発表内容に関連し、利用者に有用と判断し たため) • https://www.slideshare.net/y503unavailable/unofficialcookingredmine • https://redmine.tokyo/projects/unofficialcooking Unofficial Redmine Cooking , UnofficialCooking , Unofficial の用語 が混在していますが、最初の正式名称が長いため省略しているだけ です。 Googleで「UnofficialCooking」のトップページを独占している状態 なのでご了承ください。
  • 5. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 5 1.Redmineは単に無料で使えるソフト? 無料で使える、だけじゃない OSS(OpenSourceSoftware)だから ・改造して利用する自由 (ソース改造、プラグイン利用、、) ・パッチ提案する自由 (取り込まれれば将来のVerUp追随不要) ・共同で育てて利用していくソフトウェア Redmine本家とユーザ会はそのための場所 ・リーマンの第3法則 システムの進化はフィードバックプロセスにより決まる http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-9619.html
  • 6. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 6 2.標準機能から変更したい 同じ悩みを持つのは、 自分だけじゃない。 ・本家の残チケット検索-4500件、Groonga無し ・用途もニーズもユーザレベルも千差万別 ・改造にはスキルと内部構造の知識が必要 ユーザ会で情報共有! もっと効率的に利用
  • 7. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 7 情報共有場所を作成し運用中 Unofficial Redmine Cooking https://redmine.tokyo/projects/unofficialcooking ・Redmine.TokyoのサブPJ ・チケットベースで情報共有 ・Since 2016/11 名前:多少のアングラ感と親しみ を持って貰えれば。 UndocumentedとかCracking のレベルではありません。 ・チケット100件超えた。 ・参加者もっと増やしたい。 ・ターゲットユーザ:Redmine管理者
  • 8. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 8 Unofficial Redmine Cooking守備範囲 オープンソースだから可能なこと 8 下記対応により出来ること ・Redmineソース改造 ・Redmine本家未取込パッチ ・プラグイン活用 ・DB直接操作 ・他ツールとの連携 機能要望(解決方法不明) 要は 標準外
  • 9. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 9 UnofficialCookingの課題 • 参加者はいるが、もっと増やしたい。 • アクセス回数はそれなりにあるようだが不明。 • ターゲットユーザ数は? • 必要な人に届いているのか? – 勉強会、Twitter、同じ社会の中だけしか届かない?(推測) • 書いた内容が有効利用されているのか? – 平日昼間のアクセスが大半、検索流入か?(不明) • 各記事が見つけやすいか? • 各記事が見やすいか?
  • 10. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 10 現状認識(想定利用者数) • 実際のRedmineのインスタンス数は?(想定利用者候補数) – 関係者のフォロワー数は最大で1000から2000程度(重複多数) – connpass上でRedminet申込ユニークID数は500台 – MyRedmine(SaaS)は800社以上が契約している。 – 自分で建てて使っているユーザはその十倍以上いる筈。 – 数十個のインスタンスを作成している組織もある。 • →10,000インスタンスと仮定(利用者数千人~お一人様まで) – これらに対して、サーバ管理者が多分いる。 – 想定利用者の1/10にしか認知されていない? – 現行チャンネルではターゲットユーザへの到達率低い?
  • 11. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 11 対策 • 今までと別媒体を利用し、別のユーザ層に訴 求できないか。 • 技術同人誌の流れもある。 – 技術書典の参加者は1万人に達している。 同人誌と勉強会の参加者層は近い印象がある。 – 物理本は在庫リスクがある • 電子書籍でやってみる。
  • 12. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 12 媒体選択 • 電子出版先としてKindle,KDP Selectを選択した。 – 電子書籍市場の高いシェア – 技術書典ではBoothなど同人系が強い印象があるが、 これは電子書籍全体の市場シェアではない。 – 同人誌と勉強会の参加者層は近い印象がある。 – 但しRedmineユーザ層との相関は未検討 • KDP Selectの契約 – ロイヤリティは販売価格の70% (250~1250円) – 電子版はKindle専売の契約(物理本の別売OK) – 読み放題でもページ数単位で支払
  • 13. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 13 執筆 • 10月後半、残業せず夜と土日で書いた。B5で60ページ • 記事の選択、リライトにもそれなりの時間かかった。 • 1週間前に出版完了までの全工程をワンパス通した。 (出版完了までのトラブル発生可能性を考慮) • 次回とページ数を考慮して記事削減。 • 残件あるが時間切れ。10/31に公開した。 • 執筆ツール Re:VIEW(Markdownは表現力低) • ソース管理 PrivateのGitHub
  • 14. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 14 Vol.0発売 • Unofficial Redmine Cooking Vol.0 • 表紙 広島-宮島 厳島神社の常夜灯を利用した。 • 副題 標準のRedmineで不十分な方への道標 (当初案:斜め上のRedmineを目指す..自粛した) • 発行日 Redminet17に合わせ11/2にした。 • 価格設定 – Vol.0は初回宣伝込みと位置付け、 – KDP Select-ロイヤリテイ70%の最低価格250とした(+税) – (50ページ超えるので、技術書典の物理本なら概ね倍額) • 至らない点が多々ありますが、今後に反映させるのでご容赦のほど。
  • 15. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 15 表紙と目次
  • 16. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 16 本文サンプル
  • 17. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 17 ペイするのか • 今回(Vol.0)は新規事業のStudy(種蒔き&試行版)の位 置付けとし、損益計算対象外とした。(工数換算orz) • ロイヤリテイ70%だが、編集者無/印刷無のワンオペ • 取らぬ狸の皮算用 – 250*70%=175円 – 11部でドメイン年間費用( unofficial-redmine.org 、SAKURA) – 20部で今日の懇親会費用 • ということで、 本kindle本とunofficial cooking よろしくお願いします。
  • 18. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 18 重大ニュース 本書は税抜250円ですが、 Redmine.Tokyo #17 開催記念として (いちスタッフが勝手にコラボw) 本日17時から24時間限定、 0のキャンペーン実施 今回だけです。(たぶん) 開始したら再度お知らせします。 RT/ダウンロードし高評価/unofficialcookingへのアクセスお願いします。
  • 19. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 19 重大ニュース 本書は税抜250円ですが、 Redmine.Tokyo #17 開催記念として (2019/11/2) (いちスタッフが勝手にコラボw) 本日17時から24時間限定 0のキャンペーン実施 今回だけです(たぶん) ¥0開始したら再度お知らせします。 RT/ダウンロードし高評価/unofficialcookingへアクセスください
  • 20. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 20 今後の計画 • 大幅加筆修正し、年内にVol.1を発行。 • 加筆修正に伴い、Vol.1は価格変更。 (Vol.0は初回宣伝込みの最低価格) • Vol.2の発売時期は、販売状況と私の都合から検討。 • Unofficial-redmine.orgドメインを開設したが、 RedmineTokyoのUnofficialCooking活動は継続します。
  • 21. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 21 まとめ • Unofficial Redmine Cooking kindle本創刊。 • 勉強会、Twitterと別のユーザ層開拓を考慮し、 Kindleで発行。 • Vol.0は初回宣伝込みで250円の大特価 • さらに、Redminet#17コラボで 期間限定大特価キャンペーン実施 ↑RT/ダウンロード/高評価よろしく • 大幅に加筆修正し年内にVol.1を発行予定。
  • 22. 2019/11/2 第17回redmine.tokyo 勉強会 Unofficial Redmine Cooking Kindle版 令和元年創刊 @y503unavailable 22 御清聴ありがとうございました • 各自のRedmine運用に、多少なりとも役に立て ば幸いです。 • Redmineはオープンソースソフトです。 –協力して育成&利用していきましょう。 ユーザ会はそのための場所です。 • ご意見、内容指摘の連絡先 redmine.Tokyo UnofficialCooking y503unavailable@ twitter, discord