SlideShare a Scribd company logo
11月のLT FP in Swift
@S_Shimotori
たのしい関数型 あかるいSwift
• @S_Shimotori
• 自転車屋さんと予定調整したとき、

「え、平日昼か、休日なら空いてますよ」

って言ったら夜間部と間違われたので、

わたしは夜間部大学生です。
今月のはなし
• 関数型プログラミングは意味がわからない
• そうだSwiftでFPをやろう
• 実際やろうとするとアレ
関数型プログラミングは意味がわからない
春
わたし「SwiftでバイトすればSwiftかけるようになると
思ったらObjCの募集しかないじゃねーか(当然)」
???「ウチでやれるよ」
わたし「やったぜ」
雇用主「次の仕事は関数型でSwiftやで」
わたし「おっ洗脳かがんばる∼」
本当に意味がわからない
• カタカナ語を言われてもどれが何でどうなのか不明
• 結局役に立った本
• すごいHな本
• 結局これがわかりやすかった
• これ読むためにHaskell始める価値がある
• FPinScala
• 例外処理の話はとても良かった
• 量が多くサンプルソース的な面でつまみ読みがしづらい
• 私が💢落単💢した👊代数系と符合理論の教科書
• 九九ができないので落単しました><
• モノイドの関係で群だか環だか体だか
結論
• 用語使って理解するのやめよう。
ところで: 東工大でのFP教育とは
• 一応SchemeをやってFPをやった気分になる
• 13年に授業受けたわたしの疑問
• なぜScheme(というかFP)をやったのか
• Consと末尾再帰やりたかったんですかね…?
• なぜ最後オブジェクト指向につなげたのか(マジで不明)
• 個人的には結局Arrayを使うのでListはいらない
• 実務上は他のやつを取り上げてくれた方が役立った
• SwiftのListは https://github.com/typelift/Swiftz/ でやれる、一応
• プロ/情実1∼4では一番楽しかった(これは本当)
• インフレに加担しました
ちなみに来年
http://www.titech.ac.jp/education/reform/point/pdf/computing/computing_b_02_02.pdf
関数型をついに名乗る
そうだSwiftでFPをやろう
題材
• JSONをデコード
• GET等で取った物を取り出しやすくするライブラリは複数ある
• 大抵 json[“key”] って感じでArray使って取る
• FP的手法で取り出そうとするライブラリもある
• Argo( https://github.com/thoughtbot/Argo )
• 派生:Himotoki( https://github.com/ikesyo/Himotoki )
• 紙の上でFP勉強するより実際に役に立ってる所を見ながら
勉強するほうが楽だった
• ので、未だに用語はわからず
使い方
• Model書きます
• decode()を実装します
• protocol Decodableに含まれている
• GETかなにかでもらったものをdecode()に渡します
• Decoded<T>が帰ってきます
• Decoded.valueで目的の値Tを取り出して煮て焼きます
書きました
Argoのいいとこ
• デコードしてPersonを作るには複数の段階を踏む
• そこにFPを取り入れるとすっきりする
• 処理がだいたい関数一言とか演算子一言で表せる
• 個人的には手続き型で書くよりわかりやすいと思った
• SwiftyJSON版(https://github.com/SwiftyJSON/SwiftyJSON)
• 動作確認はとってません、多分こんな感じ
• Optionalで処理するのであまり詳細なエラー情報は得られない
もっとくわしく
• デコードの結果はenum Decoded<T>で表す
• 「成功(生成物を含む)」
• 「失敗(指定されたキーがjsonにない)」
• 「失敗(指定されたキーはあったが型が違う)」
• 「失敗(その他・カスタム)」
• FP的にtry-catchはダメってFP in Scalaが言ってた
• Exception()はコンテキストに依存する
• 外側のtry-catchを見ないと意味がわからない
• ???「なんでSwiftにdo-try導入したんだ……」
もっとくわしく
• Decoded<T>(あるいはOptional<T>)は、TをDecoded
で持つことで成功や失敗の意味を含ませることができ
る
• あくまで型としてはDecodedなので、Person.initに
Decoded<String>を渡すことはできない
• Decoded<String>から取り出して代入する動作が必
要
というわけで
• 入力(?)
• Person.init
• json <| “name”で得られたDecoded<String>
• json <| “age”で得られたDecoded<Int>
• <| は最終的にはo[key]って感じで取り出してる
• 出力
• Decoded<Person>
みんな大好きcurry
• 今回のPersonはnameとageを要する
• イニシャライザそのままでは一度に両方与える必要が
ある
• curry化すると順番にnameとageを与えられるように
なるので、今回のような場合には有用
• nameデコード→代入→ageデコード→代入
→Personの完成
• curry==部分適用って言うと逮捕されるって聞いた
あとはひたすら出して代入して入れる
FunctorとApplicative
• 作業途中の関数とjsonから取り出した要素は全てDecodedの
中に入っている
• 1つ目は関数は生身で、nameはDecodedに入っているのでそ
ちらだけ取り出す動作が発生
• Functorって言うらしい。
• <$>って書けないから<^>で代用してるらしい
• 2つ目以降は関数も引数もDecodedに入っているので両方取
り出さないといけない
• Applicativeって言うらしい。
とはいうものの、実際やろうとするとアレ
Swiftクオリティ
• 圧倒的演算子の無さ
• Haskell他が標準で持っている演算子を持っていない
• <$><*>とか、関数合成とかもない
• ちょっと前までflatMapもなかった
• mapはあったくせに
• Argoの中身は演算子定義と型定義って感じ。
• 型推論がよわい
• Argoやってると割と推論に失敗する
Argoは推論に頼りっきり
Decoded<String>
Decoded<Int>
Decoded<Optional<String>>
Decoded<Int>
(Optional<String>>) -> String
String -> Int -> Person
そして戻り値Decoded<Person>なので全体的にもOK
Swiftの型推論の限界
• <^>と<*>だけやってる間はきっと平気
• ↑と一緒にmapとflatMapを使いすぎるとエラーが出る
• >>-って書くとエラーで、flatMapって書くとOKだっ
たりする
• ↓のようなエラーは要するに型推論が辛いという意味だ
が、どこで推論失敗しているのかはわからない
• エラー消えるまで分割を試行していくしかない
途上なので
• あと、継承しようとすると爆発します
• 「Class variables not yet supported」の再来
結論
結論
• 型推論なんとかしろー
• a >>- f って無理に書かずにa.flatMap{f}って書こう
• protocolから来たメソッドの継承なんとかしろー
• Argoはいい教材だ
• 初期値や定義域チェックをいかにすっきり書くかは
なかなかたいへん。。
• switch/map/flatMapはおともだち

More Related Content

What's hot

増井雄一郎の「wri.pe」を事例に学ぶ、自作サービスの作り方〜サービスデザイン編 先生:増井 雄一郎
増井雄一郎の「wri.pe」を事例に学ぶ、自作サービスの作り方〜サービスデザイン編 先生:増井 雄一郎増井雄一郎の「wri.pe」を事例に学ぶ、自作サービスの作り方〜サービスデザイン編 先生:増井 雄一郎
増井雄一郎の「wri.pe」を事例に学ぶ、自作サービスの作り方〜サービスデザイン編 先生:増井 雄一郎
schoowebcampus
 
西区勉強会用スライド
西区勉強会用スライド西区勉強会用スライド
西区勉強会用スライドHiromi Kai
 
フロントエンドだけで完結! checkout.js でペイパろう
フロントエンドだけで完結! checkout.js でペイパろうフロントエンドだけで完結! checkout.js でペイパろう
フロントエンドだけで完結! checkout.js でペイパろう
Kentaro Ohkouchi
 
吟遊プログラマーをめざして
吟遊プログラマーをめざして吟遊プログラマーをめざして
吟遊プログラマーをめざして
Hitoshi Wada
 
Swiftで説明する「モナド」:Swiftにおける関数型プログラミングの使い方
Swiftで説明する「モナド」:Swiftにおける関数型プログラミングの使い方Swiftで説明する「モナド」:Swiftにおける関数型プログラミングの使い方
Swiftで説明する「モナド」:Swiftにおける関数型プログラミングの使い方
Roy Kim
 
20190126 yapc tokyo keynote
20190126 yapc tokyo keynote 20190126 yapc tokyo keynote
20190126 yapc tokyo keynote
Tokuhiro Matsuno
 
Swiftでの関数型プログラミングについて考えていること
Swiftでの関数型プログラミングについて考えていることSwiftでの関数型プログラミングについて考えていること
Swiftでの関数型プログラミングについて考えていること
Shingo Sato
 
10年以上Java屋してたおっさんが 今年からフロントエンジニアやっている話
10年以上Java屋してたおっさんが 今年からフロントエンジニアやっている話10年以上Java屋してたおっさんが 今年からフロントエンジニアやっている話
10年以上Java屋してたおっさんが 今年からフロントエンジニアやっている話
takehiko yoshida
 
Swiftによる関数型プログラミング超入門
Swiftによる関数型プログラミング超入門Swiftによる関数型プログラミング超入門
Swiftによる関数型プログラミング超入門
Hisakuni Fujimoto
 
私がRails Girls Sendaiをやろうと思ったワケ
私がRails Girls Sendaiをやろうと思ったワケ私がRails Girls Sendaiをやろうと思ったワケ
私がRails Girls Sendaiをやろうと思ったワケ
thatblue
 
イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方
イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方
イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方
guest38a0d4
 
Ruby で書く! Quine aa
Ruby で書く! Quine aaRuby で書く! Quine aa
Ruby で書く! Quine aa
誠 小林
 
Core dataと比較してrealmを使ったまとめ
Core dataと比較してrealmを使ったまとめCore dataと比較してrealmを使ったまとめ
Core dataと比較してrealmを使ったまとめ
Fumiya Sakai
 
よくあるタブUiをリファクターするよ
よくあるタブUiをリファクターするよよくあるタブUiをリファクターするよ
よくあるタブUiをリファクターするよ
Ginpei Takanashi
 
素人のための機械学習
素人のための機械学習素人のための機械学習
素人のための機械学習
Takeuchi Yuichi
 
mBaaSの基本的な扱い方の事始め(parse.comとNCMBの使い方比べ)
mBaaSの基本的な扱い方の事始め(parse.comとNCMBの使い方比べ)mBaaSの基本的な扱い方の事始め(parse.comとNCMBの使い方比べ)
mBaaSの基本的な扱い方の事始め(parse.comとNCMBの使い方比べ)
Fumiya Sakai
 
インターフェイスによるオブジェクト指向設計
インターフェイスによるオブジェクト指向設計インターフェイスによるオブジェクト指向設計
インターフェイスによるオブジェクト指向設計Akineko Shimizu
 
「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビュー「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビュー
Takafumi ONAKA
 
在宅フリーランスで 失敗した話3選
在宅フリーランスで 失敗した話3選在宅フリーランスで 失敗した話3選
在宅フリーランスで 失敗した話3選
Tomoe Sawai
 

What's hot (20)

増井雄一郎の「wri.pe」を事例に学ぶ、自作サービスの作り方〜サービスデザイン編 先生:増井 雄一郎
増井雄一郎の「wri.pe」を事例に学ぶ、自作サービスの作り方〜サービスデザイン編 先生:増井 雄一郎増井雄一郎の「wri.pe」を事例に学ぶ、自作サービスの作り方〜サービスデザイン編 先生:増井 雄一郎
増井雄一郎の「wri.pe」を事例に学ぶ、自作サービスの作り方〜サービスデザイン編 先生:増井 雄一郎
 
github star note
github star notegithub star note
github star note
 
西区勉強会用スライド
西区勉強会用スライド西区勉強会用スライド
西区勉強会用スライド
 
フロントエンドだけで完結! checkout.js でペイパろう
フロントエンドだけで完結! checkout.js でペイパろうフロントエンドだけで完結! checkout.js でペイパろう
フロントエンドだけで完結! checkout.js でペイパろう
 
吟遊プログラマーをめざして
吟遊プログラマーをめざして吟遊プログラマーをめざして
吟遊プログラマーをめざして
 
Swiftで説明する「モナド」:Swiftにおける関数型プログラミングの使い方
Swiftで説明する「モナド」:Swiftにおける関数型プログラミングの使い方Swiftで説明する「モナド」:Swiftにおける関数型プログラミングの使い方
Swiftで説明する「モナド」:Swiftにおける関数型プログラミングの使い方
 
20190126 yapc tokyo keynote
20190126 yapc tokyo keynote 20190126 yapc tokyo keynote
20190126 yapc tokyo keynote
 
Swiftでの関数型プログラミングについて考えていること
Swiftでの関数型プログラミングについて考えていることSwiftでの関数型プログラミングについて考えていること
Swiftでの関数型プログラミングについて考えていること
 
10年以上Java屋してたおっさんが 今年からフロントエンジニアやっている話
10年以上Java屋してたおっさんが 今年からフロントエンジニアやっている話10年以上Java屋してたおっさんが 今年からフロントエンジニアやっている話
10年以上Java屋してたおっさんが 今年からフロントエンジニアやっている話
 
Swiftによる関数型プログラミング超入門
Swiftによる関数型プログラミング超入門Swiftによる関数型プログラミング超入門
Swiftによる関数型プログラミング超入門
 
私がRails Girls Sendaiをやろうと思ったワケ
私がRails Girls Sendaiをやろうと思ったワケ私がRails Girls Sendaiをやろうと思ったワケ
私がRails Girls Sendaiをやろうと思ったワケ
 
イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方
イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方
イテレーティブでインクリメンタルな技術書の作り方
 
Ruby で書く! Quine aa
Ruby で書く! Quine aaRuby で書く! Quine aa
Ruby で書く! Quine aa
 
Core dataと比較してrealmを使ったまとめ
Core dataと比較してrealmを使ったまとめCore dataと比較してrealmを使ったまとめ
Core dataと比較してrealmを使ったまとめ
 
よくあるタブUiをリファクターするよ
よくあるタブUiをリファクターするよよくあるタブUiをリファクターするよ
よくあるタブUiをリファクターするよ
 
素人のための機械学習
素人のための機械学習素人のための機械学習
素人のための機械学習
 
mBaaSの基本的な扱い方の事始め(parse.comとNCMBの使い方比べ)
mBaaSの基本的な扱い方の事始め(parse.comとNCMBの使い方比べ)mBaaSの基本的な扱い方の事始め(parse.comとNCMBの使い方比べ)
mBaaSの基本的な扱い方の事始め(parse.comとNCMBの使い方比べ)
 
インターフェイスによるオブジェクト指向設計
インターフェイスによるオブジェクト指向設計インターフェイスによるオブジェクト指向設計
インターフェイスによるオブジェクト指向設計
 
「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビュー「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビュー
 
在宅フリーランスで 失敗した話3選
在宅フリーランスで 失敗した話3選在宅フリーランスで 失敗した話3選
在宅フリーランスで 失敗した話3選
 

Viewers also liked

Daniel Howell Industrial Design
Daniel Howell Industrial DesignDaniel Howell Industrial Design
Daniel Howell Industrial Design
rodanx86
 
Digital dislocation-research-paper-2016
Digital dislocation-research-paper-2016Digital dislocation-research-paper-2016
Digital dislocation-research-paper-2016
Dean Bonehill ♠Technology for Business♠
 
Basic example using message properties component
Basic example using message properties componentBasic example using message properties component
Basic example using message properties component
prudhvivreddy
 
New pro vitality_presentation_english
New pro vitality_presentation_englishNew pro vitality_presentation_english
New pro vitality_presentation_english
Cheryl Marks
 
Configuring log4j2
Configuring log4j2Configuring log4j2
Configuring log4j2
Anirban Sen Chowdhary
 
TK Resume
TK ResumeTK Resume
TK Resume
Tarique Kamal
 
Picking log4j2 for mule
Picking log4j2 for mulePicking log4j2 for mule
Picking log4j2 for mule
Anirban Sen Chowdhary
 
2016-1B-Nune
2016-1B-Nune2016-1B-Nune
2016-1B-Nune
Rakesh Nune
 

Viewers also liked (8)

Daniel Howell Industrial Design
Daniel Howell Industrial DesignDaniel Howell Industrial Design
Daniel Howell Industrial Design
 
Digital dislocation-research-paper-2016
Digital dislocation-research-paper-2016Digital dislocation-research-paper-2016
Digital dislocation-research-paper-2016
 
Basic example using message properties component
Basic example using message properties componentBasic example using message properties component
Basic example using message properties component
 
New pro vitality_presentation_english
New pro vitality_presentation_englishNew pro vitality_presentation_english
New pro vitality_presentation_english
 
Configuring log4j2
Configuring log4j2Configuring log4j2
Configuring log4j2
 
TK Resume
TK ResumeTK Resume
TK Resume
 
Picking log4j2 for mule
Picking log4j2 for mulePicking log4j2 for mule
Picking log4j2 for mule
 
2016-1B-Nune
2016-1B-Nune2016-1B-Nune
2016-1B-Nune
 

関数型Swift