SlideShare a Scribd company logo
プロセス改善活動の光と影
~ CMMI レベル5 は何をもたらし、
4th QDG
~ CMMI レベル5 は何をもたらし、
何をもたらさなかったのか ~
2011 CMMI 5 10
2
SEPG
CMMIとは?
Focus
Quantitatively Managed
Focus
Optimizing
Focus
CMMI(Capability Maturity Model Integration)
(RD), (TS), (PI),
(OPP),
(QPM)
(OPM),
(CAR)
3
Initial
Managed
Focus
Defined
Focus
(REQM), (PP),
(PMC), (SAM), (MA),
(PPQA), (CM)
(RD), (TS), (PI),
(VER), (VAL), (OPF),
(OPD), (OT),
(IPM), (RSKM),
(DAR)
CMMI CMM
CMU
SEI
2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012
2006/3 2010/3
2011/12
L5(V1.3)
THE WAY TO LEVEL5
4
CMMI
本格化
2005/9
L2(V1.1)
2006/3
L3(V1.1)
2010/3
L4(V1.2)
(アプリ系医
療部門)
L5(V1.3)
(アプリ系医
療部門)
2012/2
L3(V1.3)
(全部門)
2004 CMMI V1.1 V1.2
FFS
CMMI Level5
5
5
OTHER LEVEL5S IN JAPAN IN 2011
https://sas.cmmiinst
itute.com/pars/pars.
aspx
6
6
OTHER LEVEL5S IN JAPAN IN 2019
7
Others in the world
88
9
9
10
5
高成熟度のポイント?
Quantitatively Managed
Optimizing
(OPM),
(CAR)
11
Quantitatively Managed
(OPP),
(QPM)
3
高成熟度の特徴づけ
 レベル4の特徴
 予測可能性
 プロセス実績モデル
– 定量的予測を可能とする仕掛け
 安定したプロセス
 予測可能性を実現するための必要条件
 かつてはこれがレベル4の最大の特徴とみなされていた
12
 かつてはこれがレベル4の最大の特徴とみなされていた
 レベル5の特徴
 定量化されたPDCAサイクル
 レベル4で開発した仕掛け、特にプロセス実績モデルを活用して
改善点を見つけ、結果を評価
 ビジネスゴール実現のため、「慢性的ムダ」に対処
– いままでにない新しいプロセスにもチャレンジできる
– 根本原因分析
改善の概要
ST工程での
社外事故撲滅
13
記号 意味
SRS 要求分析
SD システム設計
SDD サブシステム設計
CD コーディング
MT 単体テスト
SST サブシステムテスト
ST システムテスト
13
プロセス制御によるレビュー
プロセスの安定化
ST工程での
不具合数
レビュー速度 レビュー指摘密度
工数削減
:
ReviewID レビュー対象 レビュー規模
(行) 人数 レビュー時間
(分)
採用件数
(件)
1 P1 Aモジュール 100 3 120 11
2 P2 Bモジュール 120 3 120 7
3 P3 Cモジュール 350 3 180 17
4 P4 Dモジュール 380 3 180 13
5 P5 Eモジュール 380 3 180 20
6 P6 Fモジュール 30 2 25 2
7 P7 Gモジュール 120 3 120 7
8 P8 Hモジュール 118 2 120 14
14
14
8 P8 Hモジュール 118 2 120 14
9 P9 Iモジュール 30 2 50 3
10 P10 Jモジュール 30 2 60 4
11 P11 Kモジュール 50 2 60 9
12 P12 Lモジュール 500 5 200 11
13 P13 Mモジュール 120 2 120 6
14 P14 Nモジュール 80 3 60 5
15 P15 Oモジュール 150 3 120 7
16 P16 Pモジュール 90 2 50 9
17 P17 Qモジュール 181 2 120 13
18 P18 Rモジュール 45 2 80 3
レビュー速度が速くなると
指摘密度が下がる
→見落とし多発の危険
指
摘
密
度
(
件
/
15
15
Step/
/
Step
)
16
レ
ビ
ュ
ー
速
度
(
step
/
分
)
16
差
分
の
絶
対
値
17
指
摘
密
度
(
件
/
step
)
17
差
分
の
絶
対
値
18
指
摘
密
度
(
件
/
step
)
18
差
分
の
絶
対
値
/
/
/
/
19
/
CMMI 5
/
/ / /
20
開発プロセス標準
FFS-QPIT
(Quality Productivity Improvement Toolkit)
2016.04
富士フイルムソフトウエア
基盤技術グループ
21
FFS-QPIT
(Quality Productivity Improvement Toolkit)
一般向け説明資料
MUST
WANT
22
23
2424
•
•
•
•
25
SAD
26
SSD
27
SDD
28
2018.11.22
「のだめ」モデル
30
Bronze CD
Silver SDD
31
Silver SDD
Gold SSD
Platinum SAD
Diamond GN
Bronze CD
Silver SDD
Mr.QPIT/ G
32
Gold SSD
Platinum SAD
Diamond GN
/
Mr.QPIT/
G
Q
SS
Q
Diamond
Gold
33
Platinum
Gold
5 10
Gold
Agile
34
/
長崎オープン・ハックフェスト長崎オープン・ハックフェスト20192019
~ 出 島 か ら は じ ま る イ ノ ベ ー シ ョ ン ~~ 出 島 か ら は じ ま る イ ノ ベ ー シ ョ ン ~ 開催のご案内開催のご案内
世の中、AIバブルのような様相を呈している昨今、
バズワードに躍らせることなく、地に足がついたAIソリューションを
「⾧崎発」で考えられないでしょうか。
テーマ:Azure AI を題材とした⾧崎ならではのAI ソリューション
日程:2019年12月7日(土)~12月8日(日) ※詳細は裏面
場所: CO-DEJIMA (⾧崎県⾧崎市出島町2-11 出島交流会館2F)
人数:40名
WEB ※tech play10 1
https://techplay.jp/event/749004?utm_source=groupPublishedEvent&utm_medium=email&utm_campaign=749004
MS Cognitive Services
Azure
35
この写真から選手名、球団名をAIが自動判断することで、この短縮を実現!
Azure
★使い方の事前勉強会(もくもく会)実施予定
※11月9日(土)13時~@CO-DEJIMA
背景:富士フイルムソフトウエア株式会社では、Azure AI を使用してアジャイルに高精度で
ビジネスニーズに合致したAIソリューションを見出しました。
36

More Related Content

More from NaITE_Official

5th長崎QDGスペシャルセッション「「未来社会実現のためのデジタル・トランスフォーメーション(DX)  ~長崎県におけるAIやIoT等の先端技術の活用と...
5th長崎QDGスペシャルセッション「「未来社会実現のためのデジタル・トランスフォーメーション(DX)  ~長崎県におけるAIやIoT等の先端技術の活用と...5th長崎QDGスペシャルセッション「「未来社会実現のためのデジタル・トランスフォーメーション(DX)  ~長崎県におけるAIやIoT等の先端技術の活用と...
5th長崎QDGスペシャルセッション「「未来社会実現のためのデジタル・トランスフォーメーション(DX)  ~長崎県におけるAIやIoT等の先端技術の活用と...
NaITE_Official
 
5th長崎QDGスペシャルセッション2「新型コロナ後のITエンジニアの健康を考えよう」
5th長崎QDGスペシャルセッション2「新型コロナ後のITエンジニアの健康を考えよう」5th長崎QDGスペシャルセッション2「新型コロナ後のITエンジニアの健康を考えよう」
5th長崎QDGスペシャルセッション2「新型コロナ後のITエンジニアの健康を考えよう」
NaITE_Official
 
5th長崎QDGオープニングセッション
5th長崎QDGオープニングセッション5th長崎QDGオープニングセッション
5th長崎QDGオープニングセッション
NaITE_Official
 
Na ite 31_op_report
Na ite 31_op_reportNa ite 31_op_report
Na ite 31_op_report
NaITE_Official
 
派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~
派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~
派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~
NaITE_Official
 
4th長崎QDG オープニング & 開催レポート
4th長崎QDG オープニング & 開催レポート4th長崎QDG オープニング & 開催レポート
4th長崎QDG オープニング & 開催レポート
NaITE_Official
 
Agile Japan 2019 長崎サテライト with NaITE オープニング & 開催レポート
Agile Japan 2019 長崎サテライト with NaITE オープニング & 開催レポートAgile Japan 2019 長崎サテライト with NaITE オープニング & 開催レポート
Agile Japan 2019 長崎サテライト with NaITE オープニング & 開催レポート
NaITE_Official
 
アジャイルの現在過去未来。そしてアジャイルを進化させる「ムダ取り」とは。
アジャイルの現在過去未来。そしてアジャイルを進化させる「ムダ取り」とは。アジャイルの現在過去未来。そしてアジャイルを進化させる「ムダ取り」とは。
アジャイルの現在過去未来。そしてアジャイルを進化させる「ムダ取り」とは。
NaITE_Official
 
NaITE32 opening
NaITE32 openingNaITE32 opening
NaITE32 opening
NaITE_Official
 
Na ite 28_op
Na ite 28_opNa ite 28_op
Na ite 28_op
NaITE_Official
 
Agile Japan 2018 長崎サテライト with NaITE オープニングセッション
Agile Japan 2018 長崎サテライト with NaITE オープニングセッションAgile Japan 2018 長崎サテライト with NaITE オープニングセッション
Agile Japan 2018 長崎サテライト with NaITE オープニングセッション
NaITE_Official
 
NaITE27_op
NaITE27_opNaITE27_op
NaITE27_op
NaITE_Official
 
NaITE_27_session2
NaITE_27_session2NaITE_27_session2
NaITE_27_session2
NaITE_Official
 
NaITE_27_session1
NaITE_27_session1NaITE_27_session1
NaITE_27_session1
NaITE_Official
 
NaIte 26_op
NaIte 26_opNaIte 26_op
NaIte 26_op
NaITE_Official
 
NaITE_25_op
NaITE_25_opNaITE_25_op
NaITE_25_op
NaITE_Official
 
Na ite 24_op
Na ite 24_opNa ite 24_op
Na ite 24_op
NaITE_Official
 
NaITE #23「Scrum入門&Agile Japan 2017 長崎サテライト参加報告」 OP資料
NaITE #23「Scrum入門&Agile Japan 2017 長崎サテライト参加報告」 OP資料NaITE #23「Scrum入門&Agile Japan 2017 長崎サテライト参加報告」 OP資料
NaITE #23「Scrum入門&Agile Japan 2017 長崎サテライト参加報告」 OP資料
NaITE_Official
 
Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 閉会のご挨拶
Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 閉会のご挨拶Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 閉会のご挨拶
Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 閉会のご挨拶
NaITE_Official
 
Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 開会のご挨拶
Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 開会のご挨拶Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 開会のご挨拶
Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 開会のご挨拶
NaITE_Official
 

More from NaITE_Official (20)

5th長崎QDGスペシャルセッション「「未来社会実現のためのデジタル・トランスフォーメーション(DX)  ~長崎県におけるAIやIoT等の先端技術の活用と...
5th長崎QDGスペシャルセッション「「未来社会実現のためのデジタル・トランスフォーメーション(DX)  ~長崎県におけるAIやIoT等の先端技術の活用と...5th長崎QDGスペシャルセッション「「未来社会実現のためのデジタル・トランスフォーメーション(DX)  ~長崎県におけるAIやIoT等の先端技術の活用と...
5th長崎QDGスペシャルセッション「「未来社会実現のためのデジタル・トランスフォーメーション(DX)  ~長崎県におけるAIやIoT等の先端技術の活用と...
 
5th長崎QDGスペシャルセッション2「新型コロナ後のITエンジニアの健康を考えよう」
5th長崎QDGスペシャルセッション2「新型コロナ後のITエンジニアの健康を考えよう」5th長崎QDGスペシャルセッション2「新型コロナ後のITエンジニアの健康を考えよう」
5th長崎QDGスペシャルセッション2「新型コロナ後のITエンジニアの健康を考えよう」
 
5th長崎QDGオープニングセッション
5th長崎QDGオープニングセッション5th長崎QDGオープニングセッション
5th長崎QDGオープニングセッション
 
Na ite 31_op_report
Na ite 31_op_reportNa ite 31_op_report
Na ite 31_op_report
 
派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~
派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~
派生開発でDXの時代を生き残る ~「2025年の崖」への処方箋 ~
 
4th長崎QDG オープニング & 開催レポート
4th長崎QDG オープニング & 開催レポート4th長崎QDG オープニング & 開催レポート
4th長崎QDG オープニング & 開催レポート
 
Agile Japan 2019 長崎サテライト with NaITE オープニング & 開催レポート
Agile Japan 2019 長崎サテライト with NaITE オープニング & 開催レポートAgile Japan 2019 長崎サテライト with NaITE オープニング & 開催レポート
Agile Japan 2019 長崎サテライト with NaITE オープニング & 開催レポート
 
アジャイルの現在過去未来。そしてアジャイルを進化させる「ムダ取り」とは。
アジャイルの現在過去未来。そしてアジャイルを進化させる「ムダ取り」とは。アジャイルの現在過去未来。そしてアジャイルを進化させる「ムダ取り」とは。
アジャイルの現在過去未来。そしてアジャイルを進化させる「ムダ取り」とは。
 
NaITE32 opening
NaITE32 openingNaITE32 opening
NaITE32 opening
 
Na ite 28_op
Na ite 28_opNa ite 28_op
Na ite 28_op
 
Agile Japan 2018 長崎サテライト with NaITE オープニングセッション
Agile Japan 2018 長崎サテライト with NaITE オープニングセッションAgile Japan 2018 長崎サテライト with NaITE オープニングセッション
Agile Japan 2018 長崎サテライト with NaITE オープニングセッション
 
NaITE27_op
NaITE27_opNaITE27_op
NaITE27_op
 
NaITE_27_session2
NaITE_27_session2NaITE_27_session2
NaITE_27_session2
 
NaITE_27_session1
NaITE_27_session1NaITE_27_session1
NaITE_27_session1
 
NaIte 26_op
NaIte 26_opNaIte 26_op
NaIte 26_op
 
NaITE_25_op
NaITE_25_opNaITE_25_op
NaITE_25_op
 
Na ite 24_op
Na ite 24_opNa ite 24_op
Na ite 24_op
 
NaITE #23「Scrum入門&Agile Japan 2017 長崎サテライト参加報告」 OP資料
NaITE #23「Scrum入門&Agile Japan 2017 長崎サテライト参加報告」 OP資料NaITE #23「Scrum入門&Agile Japan 2017 長崎サテライト参加報告」 OP資料
NaITE #23「Scrum入門&Agile Japan 2017 長崎サテライト参加報告」 OP資料
 
Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 閉会のご挨拶
Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 閉会のご挨拶Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 閉会のご挨拶
Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 閉会のご挨拶
 
Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 開会のご挨拶
Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 開会のご挨拶Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 開会のご挨拶
Agile Japan 2017 長崎サテライト with NaITE 開会のご挨拶
 

Recently uploaded

Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
Takuya Minagawa
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 

Recently uploaded (10)

Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 

ソフトウェアテストでのSTAMP/STAPやFRAMの活用 ~システムズエンジニアリングのモデリング手法の活用~