SlideShare a Scribd company logo
© NEC Corporation 2021
[初学者向け]
ローコード開発におけるテストの考え方
2021年12月11日
日本電気株式会社
坂下 聡
ソフトウェアテスト自動化カンファレンス2021
 ローコード開発テストガイドライン
 ローコード開発テストガイドラインの適用
 ローコード開発テストガイドラインを適用してわかった
こと
 考察と今後の展望
本日の発表
© NEC Corporation 2021
4
自己紹介
坂下 聡(さかした さとし)
日本電気株式会社
ソフトウェアエンジニアリング本部 エキス
パート
テストソリューション、テスト自動化推進担当
 経歴
 1993年入社
 システムコンサルティングやインフラ構築、テ
スト自動化ツールの開発や導入を経て、現在は
テスト全般のソリューション提供とテスト自動
化技術の普及活動を担当
© NEC Corporation 2021
5
ローコード開発テストガイドライン
標準部品を使う限り、単体テストや製造受入テストは不要と定義
カスタムコード部分は単体テストが必須
直接的に影響するアクティビティ 間接的に影響するアクティビティ
1.要件定義 2.外部設計 3.内部設計 4.製造・単体テスト 5.結合テスト 6.総合テスト
基本設計 機能設計 製造 単体テスト
製造
テスト
設計
テスト
実施
総合テスト計画 結合テスト計画
単体テスト計画
単体テスト設計
再確認
単体テスト準備
単体テスト実施
製造受入
テストデータ
準備
単体テスト設計
結合テスト準備
結合テスト実施
総合テスト準備
結合テスト実施
この赤枠内の
アクティビティが影響し
実施、繰返実施、不要となる
STAC2020再掲
© NEC Corporation 2021
6
ローコード開発テストガイドラインの適用
今回はアジャイル開発での適用検証を実施
要件
定義
従来の開発 詳細
設計
コーディング
& 単体テスト
要件定義
&設計
基本
設計
結合
テスト
総合
テスト
ローコード
開発
(工数イメージ)
結合
テスト
総合
テスト
基本的には同じ
自動生成に
より短縮
モデル適用に
より一体的
短期に繰返すことで
精度向上が可能
 アジャイル型
リリース
要件定義
~総合テスト
リリース
要件定義
~総合テスト
リリース
要件定義
~総合テスト
…
開発スタイルは
大きく2パターン
基本的には従来と同じ
 WF型(プロトタイプ開発)
結合
テスト
総合
テスト
…
要件定義
~単体テスト
リリース
 UI開発をイテレーティブに実施
 UI開発後は通常のWFと同様
今回はこちらに
適用
© NEC Corporation 2021
7
今回利用したローコード開発ツール Mendixについて
各種コンポーネントを活用したブロックプログラミングで作らない開発をサポート
アプリケーションの要件定義から実装までを高速化し、リリースサイクルを大幅に
短縮
UMLベースでオブジェクト、属性、関連を定義し
データ設計
アプリのページ構成や表示項目・ボタン等を配置
UI部品を再利用できるUI設計
フローチャート形式のビジネスロジック設計と
カスタムコードによる拡張に対応
•設計要素であるモデルを解釈して
アプリケーションを実行します。
•フローチャートで表現できない処理や、
既存の非Mendix部品の組み込みは、
サーバ側はJavaで、クライアント側は
JavaScriptで記述し、それぞれ
マイクロフロー、ナノフローから
呼び出します。
ユーザインターフェース (ページ)
アプリケーションロジック
(マイクロフロー・ナノフロー)
データ構造 (ドメインモデル)
• ウィジェット
• コネクタ
• モジュール
• デザイン
• アプリサンプル
要件定義・設計・実装の
スピードアップ
Marketplace
© NEC Corporation 2021
8
ローコード開発テストガイドラインを適用してわかったこと
標準部品といえど、設定情報の確認レビューは品質を担保する意味で必要
作成した処理フローの単体テストは想定通り必要
Mendixで作成した画面(Page) 標準部品
処理フロー(アプリケーションロジック)
© NEC Corporation 2021
9
ローコード開発テストガイドラインを適用してわかったこと
オウンコーディングを極力へらすことでテスト範囲を削減可能
 複数のPJで共通する機能があれば、共通部品化して品質担保したものを整備する
ことで、該当機能のホワイトボックステストが不要になる
 基本設計書は、記載量を減らすことは可能
 画面のキャプチャーを貼り付けて、各項目の仕様を一覧で記載
 処理仕様は、処理フローで記載できる粒度で記入
 テスト仕様書を基本設計書の内容と対になるように記載
 詳細設計書は、各部品の実際の設定自体を詳細設計書として扱うと便利
 レビューは設定を見ながら実施 など
© NEC Corporation 2021
10
ローコード開発テストガイドラインを適用してわかったこと
単体テストは一部省略可能だが、結合テスト以降は通常の開発と変わらない
 単体テスト
 ローコード開発ツールの提供元(今回はMendix)から提供される、標準部品や部品提供サイト
(MendixではMarketPlace)の部品に対しては、ホワイトボックステストは不要
 処理フロー(アプリケーションロジック)には、分岐を網羅するテストは必要
 結合テスト以降
 通常の開発と同じく、アプリ内の画面遷移、アプリ間のインターフェースのテスト、外部シス
テムとのインターフェースのテストを実施
© NEC Corporation 2021
11
ローコード開発テストガイドラインを適用してわかったこと
メトリクスの測定にはサードパーティ製ツールは必要である
 コード分析例
© NEC Corporation 2021
12
考察と今後の展望
ローコード開発の普及にともなうテストの事例増加に期待
 考察
 ローコード開発テストガイドラインの方向性は間違っていなかった
 自動テストの導入評価が現状できていないので、ツールの適正評価も今後要検討
 今後の展望
 開発方式(ウォーターフォール、アジャイル)でのテストガイドラインを精査
 品質指標との関連性を明確化
 自動テストの導入とテスト管理ツール利用時の評価
Stac2021 [初学者向け]ローコード開発におけるテストの考え方

More Related Content

What's hot

今だからこそ見直そうAzureコスト最適化
今だからこそ見直そうAzureコスト最適化今だからこそ見直そうAzureコスト最適化
今だからこそ見直そうAzureコスト最適化
Tomotaka Suzuki(御成門プログラマー)
 
Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?
Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?
Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?
Yasuharu Nishi
 
アジャイル開発の中の設計
アジャイル開発の中の設計アジャイル開発の中の設計
アジャイル開発の中の設計
Takuya Okamoto
 
自宅k8s/vSphere入門
自宅k8s/vSphere入門自宅k8s/vSphere入門
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
Amazon Web Services Japan
 
アジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクスアジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクス
Rakuten Group, Inc.
 
マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021
マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021
マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021
Yusuke Suzuki
 
QAアーキテクチャの設計による 説明責任の高いテスト・品質保証
QAアーキテクチャの設計による説明責任の高いテスト・品質保証QAアーキテクチャの設計による説明責任の高いテスト・品質保証
QAアーキテクチャの設計による 説明責任の高いテスト・品質保証
Yasuharu Nishi
 
インフラCICDの勘所
インフラCICDの勘所インフラCICDの勘所
インフラCICDの勘所
Toru Makabe
 
SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?
SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?
SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?
kwatch
 
次世代データ基盤としてのSnowflakeの可能性 SnowDay 20211208
次世代データ基盤としてのSnowflakeの可能性 SnowDay 20211208 次世代データ基盤としてのSnowflakeの可能性 SnowDay 20211208
次世代データ基盤としてのSnowflakeの可能性 SnowDay 20211208
Kazuhiro Mitsuhashi
 
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
エンジニアの個人ブランディングと技術組織
エンジニアの個人ブランディングと技術組織エンジニアの個人ブランディングと技術組織
エンジニアの個人ブランディングと技術組織
Takafumi ONAKA
 
イミュータブルデータモデルの極意
イミュータブルデータモデルの極意イミュータブルデータモデルの極意
イミュータブルデータモデルの極意
Yoshitaka Kawashima
 
Cloud runのオートスケールを検証してみる
Cloud runのオートスケールを検証してみるCloud runのオートスケールを検証してみる
Cloud runのオートスケールを検証してみる
虎の穴 開発室
 
今から始めようMicrosoft PowerApps! (2017年版) - 吉田の備忘録
今から始めようMicrosoft PowerApps! (2017年版) - 吉田の備忘録今から始めようMicrosoft PowerApps! (2017年版) - 吉田の備忘録
今から始めようMicrosoft PowerApps! (2017年版) - 吉田の備忘録
Taiki Yoshida
 
楽天のインフラ事情 2022
楽天のインフラ事情 2022楽天のインフラ事情 2022
楽天のインフラ事情 2022
Rakuten Group, Inc.
 
オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)
オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)
オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
DXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLive
DXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLiveDXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLive
DXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLive
Tokoroten Nakayama
 

What's hot (20)

今だからこそ見直そうAzureコスト最適化
今だからこそ見直そうAzureコスト最適化今だからこそ見直そうAzureコスト最適化
今だからこそ見直そうAzureコスト最適化
 
Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?
Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?
Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?
 
アジャイル開発の中の設計
アジャイル開発の中の設計アジャイル開発の中の設計
アジャイル開発の中の設計
 
自宅k8s/vSphere入門
自宅k8s/vSphere入門自宅k8s/vSphere入門
自宅k8s/vSphere入門
 
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
 
アジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクスアジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクス
 
マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021
マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021
マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021
 
QAアーキテクチャの設計による 説明責任の高いテスト・品質保証
QAアーキテクチャの設計による説明責任の高いテスト・品質保証QAアーキテクチャの設計による説明責任の高いテスト・品質保証
QAアーキテクチャの設計による 説明責任の高いテスト・品質保証
 
インフラCICDの勘所
インフラCICDの勘所インフラCICDの勘所
インフラCICDの勘所
 
SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?
SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?
SQL上級者こそ知って欲しい、なぜO/Rマッパーが重要か?
 
次世代データ基盤としてのSnowflakeの可能性 SnowDay 20211208
次世代データ基盤としてのSnowflakeの可能性 SnowDay 20211208 次世代データ基盤としてのSnowflakeの可能性 SnowDay 20211208
次世代データ基盤としてのSnowflakeの可能性 SnowDay 20211208
 
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
入門 Kubeflow ~Kubernetesで機械学習をはじめるために~ (NTT Tech Conference #4 講演資料)
 
分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
分析指向データレイク実現の次の一手 ~Delta Lake、なにそれおいしいの?~(NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2020 発表資料)
 
エンジニアの個人ブランディングと技術組織
エンジニアの個人ブランディングと技術組織エンジニアの個人ブランディングと技術組織
エンジニアの個人ブランディングと技術組織
 
イミュータブルデータモデルの極意
イミュータブルデータモデルの極意イミュータブルデータモデルの極意
イミュータブルデータモデルの極意
 
Cloud runのオートスケールを検証してみる
Cloud runのオートスケールを検証してみるCloud runのオートスケールを検証してみる
Cloud runのオートスケールを検証してみる
 
今から始めようMicrosoft PowerApps! (2017年版) - 吉田の備忘録
今から始めようMicrosoft PowerApps! (2017年版) - 吉田の備忘録今から始めようMicrosoft PowerApps! (2017年版) - 吉田の備忘録
今から始めようMicrosoft PowerApps! (2017年版) - 吉田の備忘録
 
楽天のインフラ事情 2022
楽天のインフラ事情 2022楽天のインフラ事情 2022
楽天のインフラ事情 2022
 
オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)
オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)
オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)
 
DXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLive
DXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLiveDXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLive
DXとかDevOpsとかのなんかいい感じのやつ 富士通TechLive
 

Similar to Stac2021 [初学者向け]ローコード開発におけるテストの考え方

STAC2023 テストケースの自動生成に生成AI導入を検討してみた STAC2023
STAC2023 テストケースの自動生成に生成AI導入を検討してみた STAC2023STAC2023 テストケースの自動生成に生成AI導入を検討してみた STAC2023
STAC2023 テストケースの自動生成に生成AI導入を検討してみた STAC2023
Satoshi Sakashita
 
SQiP2012 - 質問表の活用によるプロジェクトの早期リスク検出
SQiP2012 - 質問表の活用によるプロジェクトの早期リスク検出SQiP2012 - 質問表の活用によるプロジェクトの早期リスク検出
SQiP2012 - 質問表の活用によるプロジェクトの早期リスク検出Takanori Suzuki
 
DMMアカウントサービス フロントエンド改善支援のためのTestcafeを用いた自動e2eテストの刷新
DMMアカウントサービス フロントエンド改善支援のためのTestcafeを用いた自動e2eテストの刷新DMMアカウントサービス フロントエンド改善支援のためのTestcafeを用いた自動e2eテストの刷新
DMMアカウントサービス フロントエンド改善支援のためのTestcafeを用いた自動e2eテストの刷新
tomohiro odan
 
【JaSST'11 Kansai】 開発者とテスト担当者に最適なコラボレーションと効率化を!
【JaSST'11 Kansai】 開発者とテスト担当者に最適なコラボレーションと効率化を!【JaSST'11 Kansai】 開発者とテスト担当者に最適なコラボレーションと効率化を!
【JaSST'11 Kansai】 開発者とテスト担当者に最適なコラボレーションと効率化を!智治 長沢
 
Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 S406-4/マルチステージ型継続的インテグレーションのすすめ
Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 S406-4/マルチステージ型継続的インテグレーションのすすめJenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 S406-4/マルチステージ型継続的インテグレーションのすすめ
Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 S406-4/マルチステージ型継続的インテグレーションのすすめatsushi_tmx
 
設計品質とアーキテクチャ
設計品質とアーキテクチャ設計品質とアーキテクチャ
設計品質とアーキテクチャ
Toru Koido
 
【JaSST'11 Tokyo】 テスト イノベーション
【JaSST'11 Tokyo】 テスト イノベーション【JaSST'11 Tokyo】 テスト イノベーション
【JaSST'11 Tokyo】 テスト イノベーション
智治 長沢
 
【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック
【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック
【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック
智治 長沢
 
intra-mart Accel series 2024 Spring updates
intra-mart Accel series 2024 Spring updatesintra-mart Accel series 2024 Spring updates
intra-mart Accel series 2024 Spring updates
NTTDATA INTRAMART
 
【QCon】 Get Clean, Stay Clean 価値を向上し続けるための秘訣 #QConTokyo
【QCon】 Get Clean, Stay Clean 価値を向上し続けるための秘訣 #QConTokyo 【QCon】 Get Clean, Stay Clean 価値を向上し続けるための秘訣 #QConTokyo
【QCon】 Get Clean, Stay Clean 価値を向上し続けるための秘訣 #QConTokyo
智治 長沢
 
Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】
Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】 Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】
Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】
智治 長沢
 
Xcodeの管理を楽に - Jenkins編 -
Xcodeの管理を楽に - Jenkins編 -Xcodeの管理を楽に - Jenkins編 -
Xcodeの管理を楽に - Jenkins編 -
Toshiyuki Hirata
 
DevOps、その前に
DevOps、その前にDevOps、その前に
DevOps、その前に
Yuta Matsumura
 
【DevOpsDaysTokyo2021】「ログイン画面が開きません」から始まるチーム改革の軌跡
【DevOpsDaysTokyo2021】「ログイン画面が開きません」から始まるチーム改革の軌跡【DevOpsDaysTokyo2021】「ログイン画面が開きません」から始まるチーム改革の軌跡
【DevOpsDaysTokyo2021】「ログイン画面が開きません」から始まるチーム改革の軌跡
Naomichi Shimazu
 
Epics - オープンソース開発にインセンティブ革命を.pdf
Epics - オープンソース開発にインセンティブ革命を.pdfEpics - オープンソース開発にインセンティブ革命を.pdf
Epics - オープンソース開発にインセンティブ革命を.pdf
Epics DAO
 
【de:code 2020】 Azure Expert MSP の FIXER が処方、DX に効く 「クラウド運用」「AI」「人材育成」 の即効薬
【de:code 2020】 Azure Expert MSP の FIXER が処方、DX に効く 「クラウド運用」「AI」「人材育成」 の即効薬【de:code 2020】 Azure Expert MSP の FIXER が処方、DX に効く 「クラウド運用」「AI」「人材育成」 の即効薬
【de:code 2020】 Azure Expert MSP の FIXER が処方、DX に効く 「クラウド運用」「AI」「人材育成」 の即効薬
日本マイクロソフト株式会社
 
DevOps時代の開発環境と現場体験 [#cmdevio2015]
DevOps時代の開発環境と現場体験 [#cmdevio2015]DevOps時代の開発環境と現場体験 [#cmdevio2015]
DevOps時代の開発環境と現場体験 [#cmdevio2015]
智治 長沢
 
Sb tech night#1_document_otsuki_202104
Sb tech night#1_document_otsuki_202104Sb tech night#1_document_otsuki_202104
Sb tech night#1_document_otsuki_202104
YusukeOtsuki
 
Coding Guide
Coding GuideCoding Guide
Coding Guideohdreamer
 
高信頼性を確保するソフトウェア開発手法と実践 -組込み製品の潜在的価値を今以上に高めるために-
高信頼性を確保するソフトウェア開発手法と実践-組込み製品の潜在的価値を今以上に高めるために-高信頼性を確保するソフトウェア開発手法と実践-組込み製品の潜在的価値を今以上に高めるために-
高信頼性を確保するソフトウェア開発手法と実践 -組込み製品の潜在的価値を今以上に高めるために-
Yoshio SAKAI
 

Similar to Stac2021 [初学者向け]ローコード開発におけるテストの考え方 (20)

STAC2023 テストケースの自動生成に生成AI導入を検討してみた STAC2023
STAC2023 テストケースの自動生成に生成AI導入を検討してみた STAC2023STAC2023 テストケースの自動生成に生成AI導入を検討してみた STAC2023
STAC2023 テストケースの自動生成に生成AI導入を検討してみた STAC2023
 
SQiP2012 - 質問表の活用によるプロジェクトの早期リスク検出
SQiP2012 - 質問表の活用によるプロジェクトの早期リスク検出SQiP2012 - 質問表の活用によるプロジェクトの早期リスク検出
SQiP2012 - 質問表の活用によるプロジェクトの早期リスク検出
 
DMMアカウントサービス フロントエンド改善支援のためのTestcafeを用いた自動e2eテストの刷新
DMMアカウントサービス フロントエンド改善支援のためのTestcafeを用いた自動e2eテストの刷新DMMアカウントサービス フロントエンド改善支援のためのTestcafeを用いた自動e2eテストの刷新
DMMアカウントサービス フロントエンド改善支援のためのTestcafeを用いた自動e2eテストの刷新
 
【JaSST'11 Kansai】 開発者とテスト担当者に最適なコラボレーションと効率化を!
【JaSST'11 Kansai】 開発者とテスト担当者に最適なコラボレーションと効率化を!【JaSST'11 Kansai】 開発者とテスト担当者に最適なコラボレーションと効率化を!
【JaSST'11 Kansai】 開発者とテスト担当者に最適なコラボレーションと効率化を!
 
Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 S406-4/マルチステージ型継続的インテグレーションのすすめ
Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 S406-4/マルチステージ型継続的インテグレーションのすすめJenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 S406-4/マルチステージ型継続的インテグレーションのすすめ
Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 S406-4/マルチステージ型継続的インテグレーションのすすめ
 
設計品質とアーキテクチャ
設計品質とアーキテクチャ設計品質とアーキテクチャ
設計品質とアーキテクチャ
 
【JaSST'11 Tokyo】 テスト イノベーション
【JaSST'11 Tokyo】 テスト イノベーション【JaSST'11 Tokyo】 テスト イノベーション
【JaSST'11 Tokyo】 テスト イノベーション
 
【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック
【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック
【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック
 
intra-mart Accel series 2024 Spring updates
intra-mart Accel series 2024 Spring updatesintra-mart Accel series 2024 Spring updates
intra-mart Accel series 2024 Spring updates
 
【QCon】 Get Clean, Stay Clean 価値を向上し続けるための秘訣 #QConTokyo
【QCon】 Get Clean, Stay Clean 価値を向上し続けるための秘訣 #QConTokyo 【QCon】 Get Clean, Stay Clean 価値を向上し続けるための秘訣 #QConTokyo
【QCon】 Get Clean, Stay Clean 価値を向上し続けるための秘訣 #QConTokyo
 
Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】
Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】 Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】
Team Foundation Server ~ 今を生きるエンジニアのための開発基盤とは 【BPStudy #63】
 
Xcodeの管理を楽に - Jenkins編 -
Xcodeの管理を楽に - Jenkins編 -Xcodeの管理を楽に - Jenkins編 -
Xcodeの管理を楽に - Jenkins編 -
 
DevOps、その前に
DevOps、その前にDevOps、その前に
DevOps、その前に
 
【DevOpsDaysTokyo2021】「ログイン画面が開きません」から始まるチーム改革の軌跡
【DevOpsDaysTokyo2021】「ログイン画面が開きません」から始まるチーム改革の軌跡【DevOpsDaysTokyo2021】「ログイン画面が開きません」から始まるチーム改革の軌跡
【DevOpsDaysTokyo2021】「ログイン画面が開きません」から始まるチーム改革の軌跡
 
Epics - オープンソース開発にインセンティブ革命を.pdf
Epics - オープンソース開発にインセンティブ革命を.pdfEpics - オープンソース開発にインセンティブ革命を.pdf
Epics - オープンソース開発にインセンティブ革命を.pdf
 
【de:code 2020】 Azure Expert MSP の FIXER が処方、DX に効く 「クラウド運用」「AI」「人材育成」 の即効薬
【de:code 2020】 Azure Expert MSP の FIXER が処方、DX に効く 「クラウド運用」「AI」「人材育成」 の即効薬【de:code 2020】 Azure Expert MSP の FIXER が処方、DX に効く 「クラウド運用」「AI」「人材育成」 の即効薬
【de:code 2020】 Azure Expert MSP の FIXER が処方、DX に効く 「クラウド運用」「AI」「人材育成」 の即効薬
 
DevOps時代の開発環境と現場体験 [#cmdevio2015]
DevOps時代の開発環境と現場体験 [#cmdevio2015]DevOps時代の開発環境と現場体験 [#cmdevio2015]
DevOps時代の開発環境と現場体験 [#cmdevio2015]
 
Sb tech night#1_document_otsuki_202104
Sb tech night#1_document_otsuki_202104Sb tech night#1_document_otsuki_202104
Sb tech night#1_document_otsuki_202104
 
Coding Guide
Coding GuideCoding Guide
Coding Guide
 
高信頼性を確保するソフトウェア開発手法と実践 -組込み製品の潜在的価値を今以上に高めるために-
高信頼性を確保するソフトウェア開発手法と実践-組込み製品の潜在的価値を今以上に高めるために-高信頼性を確保するソフトウェア開発手法と実践-組込み製品の潜在的価値を今以上に高めるために-
高信頼性を確保するソフトウェア開発手法と実践 -組込み製品の潜在的価値を今以上に高めるために-
 

Recently uploaded

FIWARE Orion Context Broker コンテキスト情報管理 (Orion 4.0.0対応)
FIWARE Orion Context Broker コンテキスト情報管理 (Orion 4.0.0対応)FIWARE Orion Context Broker コンテキスト情報管理 (Orion 4.0.0対応)
FIWARE Orion Context Broker コンテキスト情報管理 (Orion 4.0.0対応)
fisuda
 
Grokking Simplicity探訪
Grokking Simplicity探訪Grokking Simplicity探訪
Grokking Simplicity探訪
Yoshitaka Kawashima
 
アジャイルの30年(Tree Decades of Agileというブログ記事に関する要約)
アジャイルの30年(Tree Decades of Agileというブログ記事に関する要約)アジャイルの30年(Tree Decades of Agileというブログ記事に関する要約)
アジャイルの30年(Tree Decades of Agileというブログ記事に関する要約)
You&I
 
受発注バスターズ説明資料  株式会社batton Saleshub掲載用.pdf
受発注バスターズ説明資料  株式会社batton Saleshub掲載用.pdf受発注バスターズ説明資料  株式会社batton Saleshub掲載用.pdf
受発注バスターズ説明資料  株式会社batton Saleshub掲載用.pdf
ooishi1
 
NIST Cybersecurity Framework 2.0の変更点整理をしよう
NIST Cybersecurity Framework 2.0の変更点整理をしようNIST Cybersecurity Framework 2.0の変更点整理をしよう
NIST Cybersecurity Framework 2.0の変更点整理をしよう
You&I
 
CO2排出量見える化・削減・報告クラウド「アスエネ」サービス紹介_Saleshub.pdf
CO2排出量見える化・削減・報告クラウド「アスエネ」サービス紹介_Saleshub.pdfCO2排出量見える化・削減・報告クラウド「アスエネ」サービス紹介_Saleshub.pdf
CO2排出量見える化・削減・報告クラウド「アスエネ」サービス紹介_Saleshub.pdf
yamamotominami
 

Recently uploaded (6)

FIWARE Orion Context Broker コンテキスト情報管理 (Orion 4.0.0対応)
FIWARE Orion Context Broker コンテキスト情報管理 (Orion 4.0.0対応)FIWARE Orion Context Broker コンテキスト情報管理 (Orion 4.0.0対応)
FIWARE Orion Context Broker コンテキスト情報管理 (Orion 4.0.0対応)
 
Grokking Simplicity探訪
Grokking Simplicity探訪Grokking Simplicity探訪
Grokking Simplicity探訪
 
アジャイルの30年(Tree Decades of Agileというブログ記事に関する要約)
アジャイルの30年(Tree Decades of Agileというブログ記事に関する要約)アジャイルの30年(Tree Decades of Agileというブログ記事に関する要約)
アジャイルの30年(Tree Decades of Agileというブログ記事に関する要約)
 
受発注バスターズ説明資料  株式会社batton Saleshub掲載用.pdf
受発注バスターズ説明資料  株式会社batton Saleshub掲載用.pdf受発注バスターズ説明資料  株式会社batton Saleshub掲載用.pdf
受発注バスターズ説明資料  株式会社batton Saleshub掲載用.pdf
 
NIST Cybersecurity Framework 2.0の変更点整理をしよう
NIST Cybersecurity Framework 2.0の変更点整理をしようNIST Cybersecurity Framework 2.0の変更点整理をしよう
NIST Cybersecurity Framework 2.0の変更点整理をしよう
 
CO2排出量見える化・削減・報告クラウド「アスエネ」サービス紹介_Saleshub.pdf
CO2排出量見える化・削減・報告クラウド「アスエネ」サービス紹介_Saleshub.pdfCO2排出量見える化・削減・報告クラウド「アスエネ」サービス紹介_Saleshub.pdf
CO2排出量見える化・削減・報告クラウド「アスエネ」サービス紹介_Saleshub.pdf
 

Stac2021 [初学者向け]ローコード開発におけるテストの考え方

  • 1. © NEC Corporation 2021 [初学者向け] ローコード開発におけるテストの考え方 2021年12月11日 日本電気株式会社 坂下 聡 ソフトウェアテスト自動化カンファレンス2021
  • 2.
  • 3.  ローコード開発テストガイドライン  ローコード開発テストガイドラインの適用  ローコード開発テストガイドラインを適用してわかった こと  考察と今後の展望 本日の発表
  • 4. © NEC Corporation 2021 4 自己紹介 坂下 聡(さかした さとし) 日本電気株式会社 ソフトウェアエンジニアリング本部 エキス パート テストソリューション、テスト自動化推進担当  経歴  1993年入社  システムコンサルティングやインフラ構築、テ スト自動化ツールの開発や導入を経て、現在は テスト全般のソリューション提供とテスト自動 化技術の普及活動を担当
  • 5. © NEC Corporation 2021 5 ローコード開発テストガイドライン 標準部品を使う限り、単体テストや製造受入テストは不要と定義 カスタムコード部分は単体テストが必須 直接的に影響するアクティビティ 間接的に影響するアクティビティ 1.要件定義 2.外部設計 3.内部設計 4.製造・単体テスト 5.結合テスト 6.総合テスト 基本設計 機能設計 製造 単体テスト 製造 テスト 設計 テスト 実施 総合テスト計画 結合テスト計画 単体テスト計画 単体テスト設計 再確認 単体テスト準備 単体テスト実施 製造受入 テストデータ 準備 単体テスト設計 結合テスト準備 結合テスト実施 総合テスト準備 結合テスト実施 この赤枠内の アクティビティが影響し 実施、繰返実施、不要となる STAC2020再掲
  • 6. © NEC Corporation 2021 6 ローコード開発テストガイドラインの適用 今回はアジャイル開発での適用検証を実施 要件 定義 従来の開発 詳細 設計 コーディング & 単体テスト 要件定義 &設計 基本 設計 結合 テスト 総合 テスト ローコード 開発 (工数イメージ) 結合 テスト 総合 テスト 基本的には同じ 自動生成に より短縮 モデル適用に より一体的 短期に繰返すことで 精度向上が可能  アジャイル型 リリース 要件定義 ~総合テスト リリース 要件定義 ~総合テスト リリース 要件定義 ~総合テスト … 開発スタイルは 大きく2パターン 基本的には従来と同じ  WF型(プロトタイプ開発) 結合 テスト 総合 テスト … 要件定義 ~単体テスト リリース  UI開発をイテレーティブに実施  UI開発後は通常のWFと同様 今回はこちらに 適用
  • 7. © NEC Corporation 2021 7 今回利用したローコード開発ツール Mendixについて 各種コンポーネントを活用したブロックプログラミングで作らない開発をサポート アプリケーションの要件定義から実装までを高速化し、リリースサイクルを大幅に 短縮 UMLベースでオブジェクト、属性、関連を定義し データ設計 アプリのページ構成や表示項目・ボタン等を配置 UI部品を再利用できるUI設計 フローチャート形式のビジネスロジック設計と カスタムコードによる拡張に対応 •設計要素であるモデルを解釈して アプリケーションを実行します。 •フローチャートで表現できない処理や、 既存の非Mendix部品の組み込みは、 サーバ側はJavaで、クライアント側は JavaScriptで記述し、それぞれ マイクロフロー、ナノフローから 呼び出します。 ユーザインターフェース (ページ) アプリケーションロジック (マイクロフロー・ナノフロー) データ構造 (ドメインモデル) • ウィジェット • コネクタ • モジュール • デザイン • アプリサンプル 要件定義・設計・実装の スピードアップ Marketplace
  • 8. © NEC Corporation 2021 8 ローコード開発テストガイドラインを適用してわかったこと 標準部品といえど、設定情報の確認レビューは品質を担保する意味で必要 作成した処理フローの単体テストは想定通り必要 Mendixで作成した画面(Page) 標準部品 処理フロー(アプリケーションロジック)
  • 9. © NEC Corporation 2021 9 ローコード開発テストガイドラインを適用してわかったこと オウンコーディングを極力へらすことでテスト範囲を削減可能  複数のPJで共通する機能があれば、共通部品化して品質担保したものを整備する ことで、該当機能のホワイトボックステストが不要になる  基本設計書は、記載量を減らすことは可能  画面のキャプチャーを貼り付けて、各項目の仕様を一覧で記載  処理仕様は、処理フローで記載できる粒度で記入  テスト仕様書を基本設計書の内容と対になるように記載  詳細設計書は、各部品の実際の設定自体を詳細設計書として扱うと便利  レビューは設定を見ながら実施 など
  • 10. © NEC Corporation 2021 10 ローコード開発テストガイドラインを適用してわかったこと 単体テストは一部省略可能だが、結合テスト以降は通常の開発と変わらない  単体テスト  ローコード開発ツールの提供元(今回はMendix)から提供される、標準部品や部品提供サイト (MendixではMarketPlace)の部品に対しては、ホワイトボックステストは不要  処理フロー(アプリケーションロジック)には、分岐を網羅するテストは必要  結合テスト以降  通常の開発と同じく、アプリ内の画面遷移、アプリ間のインターフェースのテスト、外部シス テムとのインターフェースのテストを実施
  • 11. © NEC Corporation 2021 11 ローコード開発テストガイドラインを適用してわかったこと メトリクスの測定にはサードパーティ製ツールは必要である  コード分析例
  • 12. © NEC Corporation 2021 12 考察と今後の展望 ローコード開発の普及にともなうテストの事例増加に期待  考察  ローコード開発テストガイドラインの方向性は間違っていなかった  自動テストの導入評価が現状できていないので、ツールの適正評価も今後要検討  今後の展望  開発方式(ウォーターフォール、アジャイル)でのテストガイドラインを精査  品質指標との関連性を明確化  自動テストの導入とテスト管理ツール利用時の評価