SlideShare a Scribd company logo
こうだっぺ あーだっぺそうだっぺどうだっぺ水戸!?
震災で気付いたこと日本人の良さを再認識した。人と人との助け合いがとっても大切だコミュニティの大切さを思い出したこれからの「まち」を考えるときに、とっても大切なキーワードだ
震災復興という共通の目標があると、こんなにも力を結集できるんだな。ならば、まちづくりも、ヴィジョンを共有できれば、力を合わせ、コミュニティで「まち」デザインし、運営することができるんじゃないか?これが出発点人(行政)に任せて批判するより、自分たちがやった方が、良い気がする。
前提水戸のまちを語る前に、いくつか共有しておきたい前提がある。
前提1:人口は絶対に減少する日本の人口1億2700万->2055年に8990万(70%)その比率でいくと、水戸市の人口26.8万->18.9万昭和40年代のレベルだ(まあ、流入もあるからそんなに単純じゃないけど)
「子供たちも巣立ったし、夫婦ふたりだから、こんな大きい家いらないね。掃除も大変だし、光熱費もかかるし。維持管理もバカにならない。」まちも同じ市域はどんどん大きくなったが、人は減るとなると、全体に密度が薄くなり、どこもかしこも、空きだらけでまちを維持できなくなるおまけに高齢化も押し寄せてくる。
高齢化するし、低エネルギーにしないといけないし、とりあえず、基本は徒歩の生活圏徒歩圏に住・商・業を集中どこに、どう集中させようか。でもそれって、「どこを諦めようか」と同義
前提2:グローバル化・ボーダーレス化グローバルな世の中だからこそ、我々にはアイデンティティが必要だ。そしてまちは、我々のアイデンティティの重要な要素だ水戸-茨城-日本-アジア-世界じゃないもはや水戸-世界だ。(南町-世界は無理。水戸が最小単位)
「水戸」って何?「水戸」ってどんな?水戸のまちには、その答えが投影されねばならない。
水戸を水戸たらしめているものは?~歴史~華やかな、水戸藩の頃だけではなく、お祖父ちゃんもそのまたお祖父ちゃんも、みたいな。時間軸を無視したのが、近代の大きな間違い。先人の築いたまちの上に我々や子孫のまちが塗り重ねられるべきだ。~文化~水戸学も水戸弁も納豆も鮟鱇も祭りも水戸っぽの気性もその他もろもろ民俗も最近だと、オセロとか、コミケとか、カフェ・イン・水戸とか、映画『桜田門外の変』とかこれらも重層的に考えたい
~地勢~千波湖・那珂川・桜川馬の背と千波湖周辺の景観海からの風・典型的な太平洋側気候~施設(群)~偕楽園・弘道館・水戸芸術館黄門さん通り(R50)旧県庁・近美/文化センター水戸京成・駅周辺商業施設大工町再開発?ユニー跡再開発?
前提3:徒歩圏のクラスター集合体へ中心市街地車で移動やっぱり車で移動(しかも便利)郊外住宅地郊外商業地現在の都市構造イメージ
人口が減るのは、まあわかったけど、単純にまちが縮小すればいいのか?低エネルギー化とか、高齢化も都市構造としても対応していくべきだ。いくつかの拠点はむしろ高密度化して、住・商・業一体の徒歩圏のまちを形成し、それらのクラスターの集合体としての「水戸」そして、相対的に密度が薄くなったところは、再田園化できるといいな
一様に縮小するのではなく、住・商・業が徒歩圏で完結するクラスターの集合体へ住・商・業が一体徒歩圏の市街地商・業の集積居住者の集積再田園化
前提4:市民による市民のためのまちづくりまちをどうするかって、誰が決めてるん?市長が決める?議会が決める?○○委員会が決める?どういう過程、どういう議論をしているのか、さっぱり見えてない。市民の意見を聞くとか言って、爺様集めて会議やったって、しょうがない。そんな手法は古すぎる。
プランをNET上に公開して、みんなでワイワイ意見言い合って、まちの将来を描きたいできれば、複数案出てくるといいんだけど。そんなのがいっぱい出てきたら楽しそうだ
佐藤試案ver.1やっぱ上市!
 歴史・文化面から見ても、地勢や施設群から見ても、なにより、コミュニティがしっかり根付いてることからも、水戸の中心は上市しかないと思うよ。やっぱり。でも、結構弱点もあったりする。上市イメージ
人増やさねば。。上市の人口は、8千人位。少なすぎる。「徒歩圏」の市街地を目指すんだから。それに対して、千波/笠原/元吉田/見川/見和/河和田あたりは、10万人位。上市全部で、千波の半分に満たない。住んでいる人がいないと、結局車移動主体になり、都市構造が変わらない。->密度薄まって、ただただ衰退するのみ。
上市在住人口増を誘導する施策が必要。 上市は、現在の都市計画でも、かなり高層の建築が可能。 備前町など、低層で残すべき地区はあるが、基本的には、中高層住宅の整備を促進するべき。住宅を作ると儲かる施策で誘導中央区では、住居に対して容積率割増やってる。逆に、郊外は規制強化。市街化調整区域の緩和策は全廃すべし。固定資産税もいじりたいけど、財政悪化するかな。。
黄門さん通りだけだとつまらないせっかく、芸術館があるのに、いまいち裏な印象弘道館も、目的施設化してるし、歩いてたらいつの間にか西の谷から偕楽園ってこともない。黄門さん通り以外でも、水戸京成百貨店周辺とか、裏南町とかくろばね町とか確かに頑張ってるけど、残念ながら、まだちょっと物足りない。基本、ぶらぶら歩いて楽しいまちがいいそれって環構造+ショートカットが必要なんだと思う=面的な拡がりが必要今の東西軸に対して、強力な南北歩行軸を導入回遊性のあるまちへ
東西リニアな構成に南北歩行軸を!そこから面的な広がりへ南北歩行軸リニアな東西軸南北歩行軸市街の面的広がり千波湖へつなぐ
千波湖周辺の景観こそ水戸の玄関であり、都市景観の要諦鉄道で来ても、高速で来ても、千波湖の横を通る->千波湖(周辺の景観)こそ、水戸の玄関玄関=イメージリーダーであり、景観の要諦千波湖周辺を大切にするのと同時に、上市に拡げる水戸ほど、「水と緑」を景観テーマとするのにふさわしい街はそうそうない。 ふつうは、単に田舎で川が流れているだけ。南北動線の延長に緑化軸を設定し、水戸の都市景観を決定づける。->庭園都市水戸
千波湖周辺の景観イメージを市街にも展開庭園都市水戸へ上市庭園都市化南北軸の延長に緑化軸を構成
定量的まちづくりから定性的まちづくりへ定量的まちづくり容積率、建ぺい率、高さ、色などの数値による規制そもそも、健全で住みよい都市を作るための規制で、景観も当然含まれるが、これでは全然美しい街にならない。なにより、楽しく暮らしやすくなってない。定性的まちづくりそこに相応しいか?を問う規制みんなのコンセンサスを得た、まちづくりのヴィジョンが判断基準
定性的な規制をかけるためには、定性的判断を出来る制度と人材が必要少なくとも今の水戸市には、どっちもないとっても大きな行政の課題でも、パリだってフィレンツェだって、そういうことやってるから、美しいのだし、日本だって、歴史的景観の再生事例などで、こうしたこと(定性的判断)は行っている。
そして、みんなで参加する街並みづくりイベントとか、みんなで盛り上がって解りやすいけど、もっと身近に日常的にみんなが参加する形。例えば、「庭園都市水戸」にするなら、みんなが、店先をちょっと緑で飾り付けするとか。遊休地をポケットパークにするとか。夜景を綺麗にするために、照明の色温度を通り毎にそろえるとか。みんなのために、自分ができることする、まちづくり。  
そして、今の課題市役所どうするべんでも、市役所動いたからって、それだけでは劇的な効果はないかも。むしろ象徴的な意味が大きい。都市構造の中に組み込んで、何かと組み合わせてドラマティックな効果を一番ダメなのは、あそこが空いてるからとかいう場当たり的な対応まちのビジョンの一部として考えてね
南北軸を考える諸々の事象を未来へ導く具体的な手法
南北軸を導入するとしたら一つは、芸術館~水戸京成百貨店  ・・・さらに備前町を経て千波湖、偕楽園へ。もう一つは、旧県庁・弘道館~くろばね町  ・・・当然千波湖、文化センター・近美へ。2つの軸間距離は1KM弱。距離的にもちょうどいい。周遊コースに出来る。
南北軸Ⅰ水戸芸術館~水戸京成百貨店 何といっても、世界に誇る水戸芸術館が、今一つまちと一体化していないのは、もったいない戦後ずっと、水戸の商業の中心地だった記憶も継承したいアートと商業の核を低層ショッピングモールで結んで、一つのゾーンとして考えられないかこれは滞在型のまちになるぞ、絶対実は昔、描いた絵なんだが・・・10年近く経っても、これがいいと思ってる
さらに、美しい低層住宅地備前町を経て、西の谷、紀州堀経由で千波湖、偕楽園へ。千波湖付近に降りたところが、今はちょっと物足りないけど、これはまだまだ工夫できそう。最高の音楽と美術、大型商業施設に専門店群、アミューズメントとかも加わって、そして美しい風景もあるまち。もう、ここに住まなきゃいけない気がしてきた^^
水戸芸術館~水戸京成百貨店歩行者専用の重層街路・広場(地上レベル・デッキレベル・地下?)低層ショッピングモールで両端のコアを結ぶ千波湖へペデストリアンデッキで接続ペデストリアンデッキで接続千波湖へ強力な南北歩行軸
歩行軸、緑の軸、水の軸、アートの軸そして、イベントスペース・芸術館とリンクする屋外空間(何しろ、法的な道じゃないので、やりたい放題)「泉町広小路」と呼ぶことにした。
そして上層階は市役所窓口だけ1,2階にあればいいでしょ。
泉町広小路のイメージ
南北軸Ⅱ旧県庁・弘道館~くろばね町南町のスクランブル交差点って、水戸の名所の一つかも。渋谷のスクランブル交差点は、もはやそれ自体観光名所だし。横浜の開港広場もいいよなぁ。水戸の人は広場を使えないかと思っていたら、くろばね朝市だったり、南町自由広場だったり、ちゃんと使えるんじゃん。・・・おみそれしましたm(__)mでも、自由広場はなくなりそう。スクランブル交差点に面して都市広場がほしい。それを中心に歩行軸を形成したらきっと楽しい!
横浜開港広場
実は、弘道館は言うに及ばず、会沢正志斎や藤田東湖ゆかりの地があったりするんだけど、いかんせん、点在してる感じ。もう少しルート化できないかな。お堀だって、我々の生活環境の一部と化しているし、旧県庁・警察署・郵便局などなど、水戸の官庁街としての歴史も、我々の中に深く刻まれている。くろばね町を経て千波湖へ続くルートはすでにできつつある水戸の特徴の一つである歴史を体現するまち、そして、新たな歴史を創る場の象徴である、南町広場そこから千波湖に向かって、楽しい専門店街。これまた楽しそうで、住みたくなるよなぁ^^
To be continued南町の運命やいかに!?課題はまだまだいっぱい。水戸駅周辺・大工町再開発周辺どうするん?駅南は?下市は?赤塚駅周辺は?まちのデザインコードは?バリアフリー化は?緑化手法は?教育や福祉は?さあ、みんなで考えよう。

More Related Content

Similar to こうだっぺ あーだっぺ そうだっぺ どうだっぺ 水戸!? ver.001

こうだっぺ あーだっぺ そうだっぺ どうだっぺ 水戸!? ver.002
こうだっぺ あーだっぺ そうだっぺ どうだっぺ 水戸!? ver.002こうだっぺ あーだっぺ そうだっぺ どうだっぺ 水戸!? ver.002
こうだっぺ あーだっぺ そうだっぺ どうだっぺ 水戸!? ver.002
Masaki Sato
 
【説明資料】ミッション型協働プログラムR1.0
【説明資料】ミッション型協働プログラムR1.0【説明資料】ミッション型協働プログラムR1.0
【説明資料】ミッション型協働プログラムR1.0
PMeducaiton
 
デュアラー×散走 ~都市と地方を繋げる二拠点生活の普及・推進~
デュアラー×散走 ~都市と地方を繋げる二拠点生活の普及・推進~デュアラー×散走 ~都市と地方を繋げる二拠点生活の普及・推進~
デュアラー×散走 ~都市と地方を繋げる二拠点生活の普及・推進~
SansoSocial
 
日中の「共助」の新しい潮流
日中の「共助」の新しい潮流日中の「共助」の新しい潮流
日中の「共助」の新しい潮流
CSnetToyota
 
植杉ゼミ 日銀グランプリ 
植杉ゼミ 日銀グランプリ 植杉ゼミ 日銀グランプリ 
植杉ゼミ 日銀グランプリ 
山下 澄人
 
救国マニフェスト Ver.2 (20170930)
救国マニフェスト Ver.2 (20170930)救国マニフェスト Ver.2 (20170930)
救国マニフェスト Ver.2 (20170930)
savejapanmanifesto
 
CIVIC TECH FORUM 2015 
CIVIC TECH FORUM 2015 CIVIC TECH FORUM 2015 
CIVIC TECH FORUM 2015 
Makiko Miyajima
 
20110910 WebSig1日学校2011_共通授業 社会_荒井先生
20110910 WebSig1日学校2011_共通授業 社会_荒井先生20110910 WebSig1日学校2011_共通授業 社会_荒井先生
20110910 WebSig1日学校2011_共通授業 社会_荒井先生
WebSig24/7
 
プラサスコンセプトブック(目指すは都市と地方の新しいカタチ)
プラサスコンセプトブック(目指すは都市と地方の新しいカタチ)プラサスコンセプトブック(目指すは都市と地方の新しいカタチ)
プラサスコンセプトブック(目指すは都市と地方の新しいカタチ)
Atsuyoshi Okamoto
 
21世紀のまちづくり
21世紀のまちづくり21世紀のまちづくり
埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第12〜14回 プロジェクトの立て方・深め方
埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第12〜14回 プロジェクトの立て方・深め方 埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第12〜14回 プロジェクトの立て方・深め方
埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第12〜14回 プロジェクトの立て方・深め方
Yoshihiko Suko (Ph.D) / BADO! Inc. of CEO
 
市民活動のこんなこと・こんなひと
市民活動のこんなこと・こんなひと市民活動のこんなこと・こんなひと
市民活動のこんなこと・こんなひと
翔太郎 秋山
 
【概要版】次世代の当たり前をつくるまちづくり会社の提案と紹介
【概要版】次世代の当たり前をつくるまちづくり会社の提案と紹介【概要版】次世代の当たり前をつくるまちづくり会社の提案と紹介
【概要版】次世代の当たり前をつくるまちづくり会社の提案と紹介
Toru Ishizaka
 
防災ボランティア活動に関する広域連携の体制構築に向けて
防災ボランティア活動に関する広域連携の体制構築に向けて防災ボランティア活動に関する広域連携の体制構築に向けて
防災ボランティア活動に関する広域連携の体制構築に向けて
Nobu Yoshida
 
Sendaimiyagi np ocenter-newyearparty20120112
Sendaimiyagi np ocenter-newyearparty20120112Sendaimiyagi np ocenter-newyearparty20120112
Sendaimiyagi np ocenter-newyearparty20120112
Takayuki Kitamura
 
分科会F:NPO法人まつどNPO協議会 理事 阿部剛氏
分科会F:NPO法人まつどNPO協議会 理事 阿部剛氏分科会F:NPO法人まつどNPO協議会 理事 阿部剛氏
分科会F:NPO法人まつどNPO協議会 理事 阿部剛氏
crfactory
 
石巻災害復興支援マーケティングモデル
石巻災害復興支援マーケティングモデル石巻災害復興支援マーケティングモデル
石巻災害復興支援マーケティングモデル
Kei Goto
 
地域イノベーターアカデミー 小値賀2011
地域イノベーターアカデミー 小値賀2011地域イノベーターアカデミー 小値賀2011
地域イノベーターアカデミー 小値賀2011
Seiji Kajimura
 

Similar to こうだっぺ あーだっぺ そうだっぺ どうだっぺ 水戸!? ver.001 (20)

こうだっぺ あーだっぺ そうだっぺ どうだっぺ 水戸!? ver.002
こうだっぺ あーだっぺ そうだっぺ どうだっぺ 水戸!? ver.002こうだっぺ あーだっぺ そうだっぺ どうだっぺ 水戸!? ver.002
こうだっぺ あーだっぺ そうだっぺ どうだっぺ 水戸!? ver.002
 
120727新しい公共について
120727新しい公共について120727新しい公共について
120727新しい公共について
 
【説明資料】ミッション型協働プログラムR1.0
【説明資料】ミッション型協働プログラムR1.0【説明資料】ミッション型協働プログラムR1.0
【説明資料】ミッション型協働プログラムR1.0
 
デュアラー×散走 ~都市と地方を繋げる二拠点生活の普及・推進~
デュアラー×散走 ~都市と地方を繋げる二拠点生活の普及・推進~デュアラー×散走 ~都市と地方を繋げる二拠点生活の普及・推進~
デュアラー×散走 ~都市と地方を繋げる二拠点生活の普及・推進~
 
日中の「共助」の新しい潮流
日中の「共助」の新しい潮流日中の「共助」の新しい潮流
日中の「共助」の新しい潮流
 
植杉ゼミ 日銀グランプリ 
植杉ゼミ 日銀グランプリ 植杉ゼミ 日銀グランプリ 
植杉ゼミ 日銀グランプリ 
 
救国マニフェスト Ver.2 (20170930)
救国マニフェスト Ver.2 (20170930)救国マニフェスト Ver.2 (20170930)
救国マニフェスト Ver.2 (20170930)
 
CIVIC TECH FORUM 2015 
CIVIC TECH FORUM 2015 CIVIC TECH FORUM 2015 
CIVIC TECH FORUM 2015 
 
Webplususconceptbook
WebplususconceptbookWebplususconceptbook
Webplususconceptbook
 
20110910 WebSig1日学校2011_共通授業 社会_荒井先生
20110910 WebSig1日学校2011_共通授業 社会_荒井先生20110910 WebSig1日学校2011_共通授業 社会_荒井先生
20110910 WebSig1日学校2011_共通授業 社会_荒井先生
 
プラサスコンセプトブック(目指すは都市と地方の新しいカタチ)
プラサスコンセプトブック(目指すは都市と地方の新しいカタチ)プラサスコンセプトブック(目指すは都市と地方の新しいカタチ)
プラサスコンセプトブック(目指すは都市と地方の新しいカタチ)
 
21世紀のまちづくり
21世紀のまちづくり21世紀のまちづくり
21世紀のまちづくり
 
埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第12〜14回 プロジェクトの立て方・深め方
埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第12〜14回 プロジェクトの立て方・深め方 埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第12〜14回 プロジェクトの立て方・深め方
埼玉工業大学 2011年秋学期 ボランティアの研究 第12〜14回 プロジェクトの立て方・深め方
 
市民活動のこんなこと・こんなひと
市民活動のこんなこと・こんなひと市民活動のこんなこと・こんなひと
市民活動のこんなこと・こんなひと
 
【概要版】次世代の当たり前をつくるまちづくり会社の提案と紹介
【概要版】次世代の当たり前をつくるまちづくり会社の提案と紹介【概要版】次世代の当たり前をつくるまちづくり会社の提案と紹介
【概要版】次世代の当たり前をつくるまちづくり会社の提案と紹介
 
防災ボランティア活動に関する広域連携の体制構築に向けて
防災ボランティア活動に関する広域連携の体制構築に向けて防災ボランティア活動に関する広域連携の体制構築に向けて
防災ボランティア活動に関する広域連携の体制構築に向けて
 
Sendaimiyagi np ocenter-newyearparty20120112
Sendaimiyagi np ocenter-newyearparty20120112Sendaimiyagi np ocenter-newyearparty20120112
Sendaimiyagi np ocenter-newyearparty20120112
 
分科会F:NPO法人まつどNPO協議会 理事 阿部剛氏
分科会F:NPO法人まつどNPO協議会 理事 阿部剛氏分科会F:NPO法人まつどNPO協議会 理事 阿部剛氏
分科会F:NPO法人まつどNPO協議会 理事 阿部剛氏
 
石巻災害復興支援マーケティングモデル
石巻災害復興支援マーケティングモデル石巻災害復興支援マーケティングモデル
石巻災害復興支援マーケティングモデル
 
地域イノベーターアカデミー 小値賀2011
地域イノベーターアカデミー 小値賀2011地域イノベーターアカデミー 小値賀2011
地域イノベーターアカデミー 小値賀2011
 

こうだっぺ あーだっぺ そうだっぺ どうだっぺ 水戸!? ver.001