SlideShare a Scribd company logo
第三者視点で⾒続けた「⽇本」
⽶国から⾒た強みと課題
FabFoundry社 関 信浩
(ニューヨーク在住)
関 信浩 略歴
1990年代
• 東京⼤学
⼯学部
• ⽇経BP社
技術系記者
• シリコンバレー
ドットコム取材
2000年代
• Carnegie Mellon
MBA
• ビジネスプラン
起業と断念
• Six Apart
ブログ⽂化輸⼊
携帯⽂化輸出
2010年代
• FabFoundry
製造⽀援
スタートアップ
• “Monozukuri”
⽶国から⽇本へ
⽇本から⽶国へ
「⽇本から⾒た」ではなく
「⽶国から⾒た」⽇本の価値を世界に
• ⽶国のスタートアップを、
⽇本の製造技術の「ファ
ン」に育てる
• ⽶国に「⽇本びいき」の
ハードウェア・コミュニ
ティを構築する
• ⽶国のスタートアップ・コ
ミュニティと⻑期的な関係
を構築できる「モノづくり
コミュニティ」を構築する
Monozukuri
Bootcamp
Monozukuri
Hardware	Cup
ハード製造は50兆円市場
「⾃前主義」から「世界のハブ」へ
⽣産管理技術で
「量産」の司令塔に
スタートアップが
事業を「創造」
$340
$360
$390
$410 $420
2010 2011 2012 2013 2014
年4200億ドル
年成⻑率5%
Source: Electronics market research firm IHS iSuppli
「⽶国から⾒た」⽇本製造業の課題
• 「⽶国」に対する劣等感と、
「アジア」に対する優越感
• 「⽇本⼈」への親近感と、
「⽇本企業」への不信感
• ⽇本以外では「異質」に映
る商習慣への固執
• 「提案意識」の⽋如
• 「スタートアップ企業」が
果たす役割への無知
国と連携可能な次のステップ
• ⽇本のモノづくり企業が、
⽶スタートアップと交流で
きる拠点の運営
• ⽇本のスタートアップを⽶
国で成⻑させる「ジャパン
アクセラレーター」の運営
• ⽶スタートアップを⽇本に
呼び込む「VCファンド」
の運⽤
Monozukuri
Fund
Monozukuri
Basecamp	&
Accelerator
参考: シリコンバレーとニューヨーク
⽇本⼈コミュニティの盛衰
モノづくり x 起業(“スタートアップ”)
「スタートアップ」がもたらす世界規模
のサプライチェーン再構築と
⽇本発のイニシアティブ推進
モノづくり起業 推進協議会
発起⼈ 副会⻑ 関 信浩(FabFoundry社)
参考:モノづくり起業 推進協議会 概要
モノづくり起業を取り巻く問題
• 製造業の⼤企業偏重と「量産化の壁」
• スピード感や意識のギャップ
• スタートアップへの理解不⾜と「開発資⾦の壁」
• ⽇本特有の商習慣やスタートアップに厳しい投融資
• 国際的視野の⽋如と「ガラパゴス化」
• 国内スタートアップと製造業の結び付けに偏重すること
による製造業全体の、世界的なスタートアップ・エコシ
ステムからの乖離
• 地域格差と「⼤都市偏重」
• 産官学の意識のズレやリソースの偏在
製造サプライチェーンは世界規模
「⽇本の課題は世界の課題」
⽇本での「部分最適」でなく、グローバル・エコ
システムの⼀部として、先を⾒越した打ち⼿を
⽶国では、ハードウェア・スタートアップは、ウェブ/アプリ・
スタートアップと⽐べて、出資を受けるのに苦労している。投資
家やメディアの理解が得られていない。
(ハードウェア専⾨のシードアクセラレーター「AlphaLab
Gear」のManaging Director、Ilana Diamond⽒。Sima Products
元CEO)
TechShop Tokyoでは多くの⽅がモノづくりに取り組まれている
が、そこから「スタートアップ(起業)」に結びつけようと考え
る⼈は、まだ少数派。
(会員制DIY ⼯房「TechShop Japan」の有坂庄⼀代表取締役社
⻑)
「モノづくり」はグローバルシステム
の⼀部、世界と連携する活動が不可⽋
• 起業先進国の⽶国と
ハードウェアのス
タートアップ環境の
整備への取り組み
• 国際的な存在感を増
すアジアのサプライ
チェーンでの「協業
と競争」環境の整備
⽇本を「ハブ」とする国際的な活動を推進する
「モノづくり起業 推進協議会」を発⾜
• 「モノづくり」による起業の
推進と普及啓発
• 21世紀型「モノづくり」へ
の国際的なイニシアティブ
• 産官学連携のためのコミュニ
ティ基盤と相互連携
モノづくり起業 推進協議会 設⽴趣意
CNC(コンピュータ数値制御)技術を活⽤した3Dプリンティングやレー
ザーカッティングといった「デジタル・ファブリケーション」により、
スタートアップ企業など製造技術を持たない企業がハードウェアを設計
することが可能になった。しかしハードウェアの製造に関するサプライ
チェーン管理など、総合⼒としての製造技術について⼀⽇の⻑がある⽇
本の「モノづくり」は、新興国による価格攻勢などによって、海外から
⾒ると⾊あせて⾒え始めている。⽇本の「モノづくり」の⼒を、デジタ
ル時代の最新技術に適合させることで、誰もがモノづくりをできる「起
業」の時代をリードできるようにするのが「モノづくり起業 推進協議
会」である。
グローバルに、あらゆる分野で、その産業・社会構造が⼤きく変⾰しつ
つあることを踏まえ、モノづくりに関する技術の開発・実証や新たなビ
ジネスモデルの創出を推進するなど、産官学を挙げて時代の変化に挑戦
することが、インターネット時代の後に出現しつつある「ソーシャル・
ファブリケーション」時代に取り残されないために不可⽋と⾔えよう。
公文俊平
名誉会⻑
多摩⼤学情報社
会学研究所 所⻑
国際⼤学
GLOCOM元所⻑
「モノづくり起業 推進協議会」概要
• 2016年9⽉に発起⼈企業3社で任意団体として設⽴
• 発起⼈企業は、Darma Tech Labs(本社京都市)、
FabFoundry(本社ニューヨーク市)、TechShop Japan(富
⼠通⼦会社)
• 名誉会⻑に公⽂俊平(多摩⼤学)
• 会⻑に牧野成将(Darma Tech Labs)
• 副会⻑に関信浩(FabFoundry)
• 会員は法⼈、個⼈、特別(地⽅⾃治体など)で構成
• 2017年7⽉1⽇現在で会員数は32(うち法⼈は27)が加⼊
• 個別の実⾏委員会を活動基盤にする(当初は3つ)
• 「Hardware Cup ⽇本予選 実⾏委員会」
• 「モノづくり国際パートナーシップ実⾏委員会」
• 「モノづくり起業家教育実⾏委員会」
スピード重視の国際派発起⼈
公⽂俊平(名誉会⻑): 多摩⼤学情報社会学研究所 所⻑
「モノづくり」を⼤きく変えた「デジタル・ファブリケーション」の可能
性に気づき、いち早く⽇本での普及啓発活動を始める。国際⼤学グローバ
ルコミュニケーションセンター(GLOCOM)元所⻑
牧野成将(会⻑): Darma Tech Labs社 代表取締役
2015年にハードウェア・スタートアップ向けアクセラレーター「Makers
Boot Camp」を⽴ち上げ、国内・海外のスタートアップの「量産化の壁」
の解消に取り組む。英語主体の「Monozukuri Hub Meetup」などを京都市
などと開催。複数の国内VCで投資担当を歴任
関信浩(副会⻑): FabFoundry社 CEO
2016年にニューヨークのスタートアップと⽇本の製造業をつなぐ
「Monozukuri Bootcamp」を開始。ニューヨーク市のハードウェア・イン
キュベーター「NYDesigns」と提携し、ニューヨークと⽇本の「モノづく
り」パートナーシップを推進。ニューヨーク在住
国際的なモノづくりイニシアティブ
• モノづくりスタートアップが世界を⽬指す仕組みづくり
• Hardware Cupなど世界とつながるスタートアップ育成活動
• 国際的なパートナーシップによるインフラ⽀援
• 国際的なサプライチェーン専⾨家の育成
• 「英語」で「スタートアップ」とやり取り出来る⼈材の育成と交流
• 国際的なコミュニティ間での⼈材交流
• ⽇本が世界のサプライチェーンの中核(ハブ)になるため
の活動
• スタートアップ(特に⽶国)から「スタートアップ向け製造拠点」
• アジア諸国から「サプライチェーンの上流」
国内の活性化イニシアティブ
• モノづくりコミュニティの相互連携
• 国内同⼠の交流(例: 燕三条市と東京・DMM.make)
• 他国との交流(例: 京都市とニューヨーク市)
• 世界から⽇本へ
• 海外スタートアップの国内誘致活動
• アジア諸国との関係強化による国際サプライチェーン強化
• 試作向け投融資
• スタートアップの試作段階でのつなぎ融資の制度の提⾔
• 試作担当の中⼩企業へのインセンティブとリスク低減
主なプロジェクトと⽬的
• Hardware Cup⽇本予選 実⾏委員会
• 世界に向けたスタートアップの育成と⽀援
• 「Monozukuri Hardware Cup」コンテストの開催
• ⽶国スタートアップ・エコシステムの視察と交流
• モノづくり国際パートナーシップ 実⾏委員会
• 国際的なサプライチェーン専⾨家の育成
• 英語でスタートアップとやり取り出来る⼈材の育成と、海外からの採⽤
• 都市間パートナーシップによる国際的なスタートアップ・エコシステムの構築
• モノづくり起業家育成 実⾏委員会
• 「モノづくり」から「モノづくり x 起業(スタートアップ)」を⽀援
• モノづくり起業家育成プログラムの提供
• 他の⾃治体で再利⽤可能なフォーマットで公開
Monozukuri Hardware Cup 概要
• ピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup」の開催
• ⽶国で年1回開催の「AlphaLab Gear Hardware Cup」の⽇本予選
• 第1回は2017年2⽉9⽇開催の「Hack Osaka 2017」にて併催
• 優勝チームは⽶国決勝(2017年4⽉半ば。ピッツバーグで開催)への参加権
• ⽶国予選・決勝と同じフォーマット
• 参加資格は「ハードウェアスタートアップ」。プレゼン・質疑応答ともに英
語
• 決勝の優勝副賞が5万ドルの投資(Convertible Note)
• 阪急電鉄が2019年までの協賛をコミット
• 経済産業省、⽇本ベンチャーキャピタル協会、⼤阪市、京都市、神
⼾市が後援
• ハードウェア起業のエコシステム視察ツアー
• 2017年4⽉17⽇〜4⽉20⽇
• ⽶ピッツバーグ(Hardware Cup⽶国決勝の開催地)
• ⽶ニューヨーク(ハードウェア・インキュベーターNYDesignsなどの視察)
モノづくり国際パートナーシップ 概要
• 「モノづくり」の現場レベルでのコミュニティ連携を促進
• ⺠間同⼠の提携を敷衍して⾃治体同⼠のパートナーシップに
• 例: TechShop、FabCafeなど「モノづくり」の「コミュニティ」をコ
アとする地域同⼠のパートナーシップ
• 国際的なサプライチェーン専⾨家の育成
• 英語でスタートアップとやり取り出来る⼈材の育成
• 都市間パートナーシップによる国際的スタートアップ・エコシス
テムの構築
• 継続的な⼈材交流を基盤としたパートナーシップ
• ⾏政が⺠間の⼈材交流プログラムを⽀援することで持続可能な交
流を実現
• プロセスのオープン化で、他の地域でも実施しやすく
• 京都市がニューヨーク市と推進するパートナーシップをひな形に
モノづくり起業家育成 概要
• モノづくり起業家育成プログラムの提供
• 東京と京都で開講へ
• 起業家としての講義プログラム
• Fabスペースを活⽤した実践プログラム
• 他の⾃治体で再利⽤可能なフォーマットで公開
• 京都をモデルケースに、横展開が可能な仕組みを模索
• 協議会から、仕組みとコンテンツを公開予定

More Related Content

Similar to 第三者視点で見続けた「日本」、米国から見た強みと課題

Some messages from silicon valley
Some messages from silicon valleySome messages from silicon valley
Some messages from silicon valley
TAKA KONDO
 
エンジニアの未来サミット for student
エンジニアの未来サミット for studentエンジニアの未来サミット for student
エンジニアの未来サミット for student真一 藤川
 
PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617
PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617
PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617
Kengo Nomi
 
キーワードで探る最新開発事情~変化する市場に対応するための高速で無駄のないソフトウェア開発とは~
キーワードで探る最新開発事情~変化する市場に対応するための高速で無駄のないソフトウェア開発とは~キーワードで探る最新開発事情~変化する市場に対応するための高速で無駄のないソフトウェア開発とは~
キーワードで探る最新開発事情~変化する市場に対応するための高速で無駄のないソフトウェア開発とは~
Yoshihito Kuranuki
 
IoTをどうとらえ、どう行動するか
IoTをどうとらえ、どう行動するかIoTをどうとらえ、どう行動するか
IoTをどうとらえ、どう行動するか
Shuji Honjo
 
株式会社enmono概要説明
株式会社enmono概要説明株式会社enmono概要説明
株式会社enmono概要説明
Kouji Miki
 
Incubate Camp 2nd
Incubate Camp 2ndIncubate Camp 2nd
Incubate Camp 2nd
Keisuke Wada
 
Bydstudy#26 ishihara
Bydstudy#26 ishiharaBydstudy#26 ishihara
Bydstudy#26 ishihara
beyond Co., Ltd.
 
New総合企画書
New総合企画書New総合企画書
New総合企画書
JK-Branding
 
The 12th picmet japan_minitalk
The 12th picmet japan_minitalkThe 12th picmet japan_minitalk
The 12th picmet japan_minitalk
Kunio Shirahada
 
“北の国から”学ぶ 『6次産業化』で1次産業の所得向上、地域活性を狙え!~ テクノロジーによる6次産業化リスク軽減方法の模索 ~
“北の国から”学ぶ 『6次産業化』で1次産業の所得向上、地域活性を狙え!~ テクノロジーによる6次産業化リスク軽減方法の模索 ~“北の国から”学ぶ 『6次産業化』で1次産業の所得向上、地域活性を狙え!~ テクノロジーによる6次産業化リスク軽減方法の模索 ~
“北の国から”学ぶ 『6次産業化』で1次産業の所得向上、地域活性を狙え!~ テクノロジーによる6次産業化リスク軽減方法の模索 ~
オラクルエンジニア通信
 
チャレンジプロジェクト2012エントリー資料
チャレンジプロジェクト2012エントリー資料チャレンジプロジェクト2012エントリー資料
チャレンジプロジェクト2012エントリー資料
克彦 岡本
 
Coca-Cola Journeyに学ぶ最新の自社サイトValueUp手法(2012.3 メンバーズ社セミナー講演)
Coca-Cola Journeyに学ぶ最新の自社サイトValueUp手法(2012.3 メンバーズ社セミナー講演)Coca-Cola Journeyに学ぶ最新の自社サイトValueUp手法(2012.3 メンバーズ社セミナー講演)
Coca-Cola Journeyに学ぶ最新の自社サイトValueUp手法(2012.3 メンバーズ社セミナー講演)
Hiroshi Tsukamoto
 
KDDI総研講演資料
KDDI総研講演資料KDDI総研講演資料
KDDI総研講演資料
Atsushi Matsumoto
 
Toei0623re
Toei0623reToei0623re
Toei0623reloftwork
 
Dx private conf_20190628_004
Dx private conf_20190628_004Dx private conf_20190628_004
Dx private conf_20190628_004
Kei Nakahara
 
従来の企業の枠を超えたオープンイノベーションについて
従来の企業の枠を超えたオープンイノベーションについて従来の企業の枠を超えたオープンイノベーションについて
従来の企業の枠を超えたオープンイノベーションについて
克彦 岡本
 
#2祖父と孫をつなぐ
#2祖父と孫をつなぐ#2祖父と孫をつなぐ
#2祖父と孫をつなぐ
Toshiko-Seki
 

Similar to 第三者視点で見続けた「日本」、米国から見た強みと課題 (20)

Some messages from silicon valley
Some messages from silicon valleySome messages from silicon valley
Some messages from silicon valley
 
日本のスタートアップとソーシャルメディア、Webサービスとは
日本のスタートアップとソーシャルメディア、Webサービスとは日本のスタートアップとソーシャルメディア、Webサービスとは
日本のスタートアップとソーシャルメディア、Webサービスとは
 
エンジニアの未来サミット for student
エンジニアの未来サミット for studentエンジニアの未来サミット for student
エンジニアの未来サミット for student
 
PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617
PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617
PROPSプレトーク(今年度開催概要) 120617
 
キーワードで探る最新開発事情~変化する市場に対応するための高速で無駄のないソフトウェア開発とは~
キーワードで探る最新開発事情~変化する市場に対応するための高速で無駄のないソフトウェア開発とは~キーワードで探る最新開発事情~変化する市場に対応するための高速で無駄のないソフトウェア開発とは~
キーワードで探る最新開発事情~変化する市場に対応するための高速で無駄のないソフトウェア開発とは~
 
IoTをどうとらえ、どう行動するか
IoTをどうとらえ、どう行動するかIoTをどうとらえ、どう行動するか
IoTをどうとらえ、どう行動するか
 
株式会社enmono概要説明
株式会社enmono概要説明株式会社enmono概要説明
株式会社enmono概要説明
 
Incubate Camp 2nd
Incubate Camp 2ndIncubate Camp 2nd
Incubate Camp 2nd
 
Bydstudy#26 ishihara
Bydstudy#26 ishiharaBydstudy#26 ishihara
Bydstudy#26 ishihara
 
これからのスタートアップに求められるもの
これからのスタートアップに求められるものこれからのスタートアップに求められるもの
これからのスタートアップに求められるもの
 
New総合企画書
New総合企画書New総合企画書
New総合企画書
 
The 12th picmet japan_minitalk
The 12th picmet japan_minitalkThe 12th picmet japan_minitalk
The 12th picmet japan_minitalk
 
“北の国から”学ぶ 『6次産業化』で1次産業の所得向上、地域活性を狙え!~ テクノロジーによる6次産業化リスク軽減方法の模索 ~
“北の国から”学ぶ 『6次産業化』で1次産業の所得向上、地域活性を狙え!~ テクノロジーによる6次産業化リスク軽減方法の模索 ~“北の国から”学ぶ 『6次産業化』で1次産業の所得向上、地域活性を狙え!~ テクノロジーによる6次産業化リスク軽減方法の模索 ~
“北の国から”学ぶ 『6次産業化』で1次産業の所得向上、地域活性を狙え!~ テクノロジーによる6次産業化リスク軽減方法の模索 ~
 
チャレンジプロジェクト2012エントリー資料
チャレンジプロジェクト2012エントリー資料チャレンジプロジェクト2012エントリー資料
チャレンジプロジェクト2012エントリー資料
 
Coca-Cola Journeyに学ぶ最新の自社サイトValueUp手法(2012.3 メンバーズ社セミナー講演)
Coca-Cola Journeyに学ぶ最新の自社サイトValueUp手法(2012.3 メンバーズ社セミナー講演)Coca-Cola Journeyに学ぶ最新の自社サイトValueUp手法(2012.3 メンバーズ社セミナー講演)
Coca-Cola Journeyに学ぶ最新の自社サイトValueUp手法(2012.3 メンバーズ社セミナー講演)
 
KDDI総研講演資料
KDDI総研講演資料KDDI総研講演資料
KDDI総研講演資料
 
Toei0623re
Toei0623reToei0623re
Toei0623re
 
Dx private conf_20190628_004
Dx private conf_20190628_004Dx private conf_20190628_004
Dx private conf_20190628_004
 
従来の企業の枠を超えたオープンイノベーションについて
従来の企業の枠を超えたオープンイノベーションについて従来の企業の枠を超えたオープンイノベーションについて
従来の企業の枠を超えたオープンイノベーションについて
 
#2祖父と孫をつなぐ
#2祖父と孫をつなぐ#2祖父と孫をつなぐ
#2祖父と孫をつなぐ
 

More from Nobuhiro Seki

Lightning Talks 2013/06/07
Lightning Talks 2013/06/07Lightning Talks 2013/06/07
Lightning Talks 2013/06/07
Nobuhiro Seki
 
ILS2022 日本の製造業復活の鍵を握る、米国東海岸スタートアップ
ILS2022 日本の製造業復活の鍵を握る、米国東海岸スタートアップILS2022 日本の製造業復活の鍵を握る、米国東海岸スタートアップ
ILS2022 日本の製造業復活の鍵を握る、米国東海岸スタートアップ
Nobuhiro Seki
 
モノづくり起業 推進協議会
モノづくり起業 推進協議会モノづくり起業 推進協議会
モノづくり起業 推進協議会
Nobuhiro Seki
 
Intro to FabFoundry - Ecosystem for Hardware Startups
Intro to FabFoundry - Ecosystem for Hardware StartupsIntro to FabFoundry - Ecosystem for Hardware Startups
Intro to FabFoundry - Ecosystem for Hardware Startups
Nobuhiro Seki
 
Intro to FabFoundry
Intro to FabFoundryIntro to FabFoundry
Intro to FabFoundry
Nobuhiro Seki
 
元・記者の目から見た企業オウンドメディア運営の勘所
元・記者の目から見た企業オウンドメディア運営の勘所元・記者の目から見た企業オウンドメディア運営の勘所
元・記者の目から見た企業オウンドメディア運営の勘所
Nobuhiro Seki
 
米国の最新事情にみる「オウンドメディア」の活用法
米国の最新事情にみる「オウンドメディア」の活用法米国の最新事情にみる「オウンドメディア」の活用法
米国の最新事情にみる「オウンドメディア」の活用法
Nobuhiro Seki
 
Inbound MKTG 2013 Tokyo 「Six ApartとSix Apartブログのご紹介」
Inbound MKTG 2013 Tokyo 「Six ApartとSix Apartブログのご紹介」Inbound MKTG 2013 Tokyo 「Six ApartとSix Apartブログのご紹介」
Inbound MKTG 2013 Tokyo 「Six ApartとSix Apartブログのご紹介」
Nobuhiro Seki
 
ITmedia Alternative Blog 勉強会(2013年2月8日開催)
ITmedia Alternative Blog 勉強会(2013年2月8日開催)ITmedia Alternative Blog 勉強会(2013年2月8日開催)
ITmedia Alternative Blog 勉強会(2013年2月8日開催)Nobuhiro Seki
 
MTDDC Meetup KYUSHU 2013 基調講演
MTDDC Meetup KYUSHU 2013 基調講演MTDDC Meetup KYUSHU 2013 基調講演
MTDDC Meetup KYUSHU 2013 基調講演
Nobuhiro Seki
 
アイティメディア社内勉強会資料
アイティメディア社内勉強会資料アイティメディア社内勉強会資料
アイティメディア社内勉強会資料
Nobuhiro Seki
 
MTDDC Meetup FUKUSHIMA Keynote
MTDDC Meetup FUKUSHIMA KeynoteMTDDC Meetup FUKUSHIMA Keynote
MTDDC Meetup FUKUSHIMA Keynote
Nobuhiro Seki
 
Page2010 Six Apart 20100205
Page2010 Six Apart 20100205Page2010 Six Apart 20100205
Page2010 Six Apart 20100205
Nobuhiro Seki
 
SyncWorld Business Plan
SyncWorld Business PlanSyncWorld Business Plan
SyncWorld Business Plan
Nobuhiro Seki
 

More from Nobuhiro Seki (14)

Lightning Talks 2013/06/07
Lightning Talks 2013/06/07Lightning Talks 2013/06/07
Lightning Talks 2013/06/07
 
ILS2022 日本の製造業復活の鍵を握る、米国東海岸スタートアップ
ILS2022 日本の製造業復活の鍵を握る、米国東海岸スタートアップILS2022 日本の製造業復活の鍵を握る、米国東海岸スタートアップ
ILS2022 日本の製造業復活の鍵を握る、米国東海岸スタートアップ
 
モノづくり起業 推進協議会
モノづくり起業 推進協議会モノづくり起業 推進協議会
モノづくり起業 推進協議会
 
Intro to FabFoundry - Ecosystem for Hardware Startups
Intro to FabFoundry - Ecosystem for Hardware StartupsIntro to FabFoundry - Ecosystem for Hardware Startups
Intro to FabFoundry - Ecosystem for Hardware Startups
 
Intro to FabFoundry
Intro to FabFoundryIntro to FabFoundry
Intro to FabFoundry
 
元・記者の目から見た企業オウンドメディア運営の勘所
元・記者の目から見た企業オウンドメディア運営の勘所元・記者の目から見た企業オウンドメディア運営の勘所
元・記者の目から見た企業オウンドメディア運営の勘所
 
米国の最新事情にみる「オウンドメディア」の活用法
米国の最新事情にみる「オウンドメディア」の活用法米国の最新事情にみる「オウンドメディア」の活用法
米国の最新事情にみる「オウンドメディア」の活用法
 
Inbound MKTG 2013 Tokyo 「Six ApartとSix Apartブログのご紹介」
Inbound MKTG 2013 Tokyo 「Six ApartとSix Apartブログのご紹介」Inbound MKTG 2013 Tokyo 「Six ApartとSix Apartブログのご紹介」
Inbound MKTG 2013 Tokyo 「Six ApartとSix Apartブログのご紹介」
 
ITmedia Alternative Blog 勉強会(2013年2月8日開催)
ITmedia Alternative Blog 勉強会(2013年2月8日開催)ITmedia Alternative Blog 勉強会(2013年2月8日開催)
ITmedia Alternative Blog 勉強会(2013年2月8日開催)
 
MTDDC Meetup KYUSHU 2013 基調講演
MTDDC Meetup KYUSHU 2013 基調講演MTDDC Meetup KYUSHU 2013 基調講演
MTDDC Meetup KYUSHU 2013 基調講演
 
アイティメディア社内勉強会資料
アイティメディア社内勉強会資料アイティメディア社内勉強会資料
アイティメディア社内勉強会資料
 
MTDDC Meetup FUKUSHIMA Keynote
MTDDC Meetup FUKUSHIMA KeynoteMTDDC Meetup FUKUSHIMA Keynote
MTDDC Meetup FUKUSHIMA Keynote
 
Page2010 Six Apart 20100205
Page2010 Six Apart 20100205Page2010 Six Apart 20100205
Page2010 Six Apart 20100205
 
SyncWorld Business Plan
SyncWorld Business PlanSyncWorld Business Plan
SyncWorld Business Plan
 

Recently uploaded

【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf
【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf
【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf
NoriakiYonezawa
 
“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明
“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明
“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明
MASAMI KAWAI
 
第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」
第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」
第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」
Daisuke Yamasaki
 
Rakuyaku AI description document for saleshub
Rakuyaku AI description document for saleshubRakuyaku AI description document for saleshub
Rakuyaku AI description document for saleshub
Rozetta Corp.
 
Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...
Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...
Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...
Jerimi Soma
 
スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23
スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23
スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23
Kei Watanabe
 
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.3.pdf
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.3.pdf20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.3.pdf
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.3.pdf
jun_suto
 
2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf
2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf
2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf
ssuser31dbd1
 
Document GAI description document for saleshub
Document GAI description document for saleshubDocument GAI description document for saleshub
Document GAI description document for saleshub
Rozetta Corp.
 
ITIL Implementation in the IT Departments of Global Enterprises ―Adapting to ...
ITIL Implementation in the IT Departments of Global Enterprises ―Adapting to ...ITIL Implementation in the IT Departments of Global Enterprises ―Adapting to ...
ITIL Implementation in the IT Departments of Global Enterprises ―Adapting to ...
Jerimi Soma
 
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.2
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.220240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.2
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.2
jun_suto
 
株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver
株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver
株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver
recruit9
 

Recently uploaded (12)

【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf
【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf
【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf
 
“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明
“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明
“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明
 
第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」
第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」
第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」
 
Rakuyaku AI description document for saleshub
Rakuyaku AI description document for saleshubRakuyaku AI description document for saleshub
Rakuyaku AI description document for saleshub
 
Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...
Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...
Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...
 
スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23
スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23
スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23
 
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.3.pdf
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.3.pdf20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.3.pdf
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.3.pdf
 
2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf
2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf
2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf
 
Document GAI description document for saleshub
Document GAI description document for saleshubDocument GAI description document for saleshub
Document GAI description document for saleshub
 
ITIL Implementation in the IT Departments of Global Enterprises ―Adapting to ...
ITIL Implementation in the IT Departments of Global Enterprises ―Adapting to ...ITIL Implementation in the IT Departments of Global Enterprises ―Adapting to ...
ITIL Implementation in the IT Departments of Global Enterprises ―Adapting to ...
 
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.2
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.220240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.2
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.2
 
株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver
株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver
株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver
 

第三者視点で見続けた「日本」、米国から見た強みと課題