SlideShare a Scribd company logo
「ニセモノ創り実験工房」

慶應義塾大学 SFC「モノ創り実験工房」特別講義
大学院 政策・メディア研究科 特任講師
斉藤 賢爾
ks91@sfc.wide.ad.jp
http://twitter.com/ks91020 http://www.facebook.com/ks91media
2014 年 1 月 20 日 (改稿)

「ニセモノ創り実験工房」 – p.1/31
ところでお前は誰だっけ
斉藤 賢爾

慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 特任講師
http://twitter.com/ks91020 http://www.facebook.com/ks91media

経歴

1988∼1996 日立ソフトウェアエンジニアリング (株)
小型通信端末のオペレーティングシステムの開発・応用 ((C/µI)TRON)

1992∼1993 コーネル大学 大学院 計算機科学科 (M.Eng)
実時間システムの研究
1997∼2002 Geoworks, Ltd.
小型通信端末のソフトウェア開発のサポート (µITRON)
2000∼2005 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 (博士課程、助手)
2006∼2009 慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構
2009∼2014 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科
村井研究室所属
P2P とかソーシャルメディアな研究

今日が当面 SFC で最後の授業
「ニセモノ創り実験工房」 – p.2/31
あまり気づかれないニセモノの
物語

「ニセモノ創り実験工房」 – p.3/31
これは、なに?

「ニセモノ創り実験工房」 – p.4/31
では、これは?

「ニセモノ創り実験工房」 – p.5/31
ニセモノってなんだろう?
し しゃも

その柳葉魚はホンモノ?
その○○はホンモノ?
し しゃも

カペリンは柳葉魚の代用品
おカネは○○の代用品

ずっと代用品で過ごすことを通して、それがホンモノ
のような気がしていて . . .
ホンモノと触れたとき、むしろ違和感がある

「ニセモノ創り実験工房」 – p.6/31
おカネは信用・信頼の代用品
「. . . 貨幣がなければ、信頼関係なんかあったって、駄
目だという考えは、もっと間違っています。貨幣はそ
もそも信頼関係の代替物に過ぎないので、信頼関係が
あったら、貨幣がなくともなんとかなります。このこ
とを銘記しておいてください」

— 安冨歩「生きる技法」p.91

「ニセモノ創り実験工房」 – p.7/31
なぜ、おカネは使えるのか

おカネでモノが買えるのは、おカネでモノが買えると人々が
信じているから

その信念が法律によって支えられることもある
「ニセモノ創り実験工房」 – p.8/31
おカネはニセモノだ
A

ホテルのフロントに勤める

Adam を θ が訪れ、24 時
間預かってほしいと 100 ド
ル紙幣を置いていった

「ニセモノ創り実験工房」 – p.9/31
おカネはニセモノだ
B

Z
A

Adam は Bob に 100 ドル
の借金があった
Adam は Zoe に 100 ドル
貸していた
Adam は考えた . . .
「これで返しちゃえば?」

「ニセモノ創り実験工房」 – p.9/31
おカネはニセモノだ
B

Z
A

Adam は Bob に 100 ドル
返し、
Bob は Carole に 100 ド
ル返し、
.
.
.
めぐりめぐって

C
D

Zoe は Adam に 100 ドル
返した

「ニセモノ創り実験工房」 – p.9/31
おカネはニセモノだ
B

Z
A

24 時間後、Adam のもと
にふたたび θ が現れた
Adam は θ に 100 ドル紙
幣を渡した
一件落着に見えたが . . .
D

「ニセモノ創り実験工房」 – p.9/31
おカネはニセモノだ
B

Z
A

θ は「あなたがこのお札を
使わなくてよかった!」と
言って紙幣に火をつけて燃
やした
「ニセ札だったんですよ、
そ
れを確かめに行ってたんで

D

す」と付け加えて . . .

「ニセモノ創り実験工房」 – p.9/31
なぜニセ札なのに役立ったか
そもそも、すべてのおカネはニセモノだから
日本銀行券も同じ仕組みで作られている
お札が日本銀行に戻ってくると溶かされてリサイ
クルされる
おカネは不思議だし、謎だ
物理的というより、仮想的な存在
日本銀行券も不思議な通貨であり、謎の通貨
ついでに言うとマネーロンダリングに使えたり、
違法なモノを買うのにも使える

「ニセモノ創り実験工房」 – p.10/31
ニセモノが世界を支配する
おカネの問題なデザイン
1. 額面上いつまでも同じ価値であること
2. 希少であること
3. 利子がつくこと

⇒ これらすべてが問題
1 により他の商品に対して絶対的な優位性を持つ
2 が 3 に繋がり、必ず経済の敗者が生まれる
敗者は増えつづける
さらに . . .
変動相場制により一瞬で富が失われたりして大変
迷惑
「ニセモノ創り実験工房」 – p.11/31
We are the 99%!

「ニセモノ創り実験工房」 – p.12/31
ビットコインの物語

「ニセモノ創り実験工房」 – p.13/31
郵便の電子化 vs. おカネの電子化
日本郵便の電子系郵便サービス
レタックス (電子郵便)
http://www.post.japanpost.jp/service/letax/index.html

電子内容証明郵便サービス
http://enaiyo.post.japanpost.jp/mpt/

これらが「電子メール」だと言われたら?
自分で「ポストオフィス」を立てられない
従量課金されるし手続きが煩雑
現在の「電子マネー」のレベルとは?
自分で「バンク」を立てられない
(中央) 銀行の手のひらから逃れていない
「ニセモノ創り実験工房」 – p.14/31
ビットコインとは何か
「必要なのは、信用ではなく暗号学的証明にもとづい
た電子的支払いシステムである」
Satoshi Nakamoto, “Bitcoin: A Peer-to-Peer
Electronic Cash System”, 2009
その信念にもとづいて開発された P2P デジタル通貨
http://bitcoin.org/

http://www.bitcoin.co.jp
単位は BTC
商品として売買されている
2013 年 11 月末、1BTC の価格が 10 万円を超え、
騒ぎに
「ニセモノ創り実験工房」 – p.15/31
BTC-日本円の相場の変動

「ニセモノ創り実験工房」 – p.16/31
ビットコインをめぐる言説
「仮想通貨」
「謎の通貨」

「不思議な通貨」

「マネーロンダリング/違法な売買に使用」
「暴落の危険性」

⇒ 日本銀行券って知ってますか?

「ニセモノ創り実験工房」 – p.17/31
電子コイン

チェイン

コインをデジタル署名の連 鎖として表現する
ダブルスペンディング

二 重消

費を避ける仕組みは?

「ニセモノ創り実験工房」 – p.18/31
ブロックチェインとマイニング

POW (Proof Of Work) による偽造防止
ブロック内の最初の取引は新しい BTC の誕生 (今は 25BTC)
「ニセモノ創り実験工房」 – p.19/31
き ん

ビットコインと金
2100 万 BTC 以上はつくられない
マイニングは 10 分に 1 回の割合に調整される
マイニングで得られる BTC は 4 年毎に半分に
(2009 年に 50BTC でスタート)
2140 年までに 2100 万 BTC に到達
ビットコインの経済圏が拡大する (いろんなモノが買
えるようになる) なら、1BTC あたりの価値は必ず上
昇する

⇒ デフレーションが組み込まれている
鉱物資源を模している

「ニセモノ創り実験工房」 – p.20/31
ビットコインと巨石貨幣

「ニセモノ創り実験工房」 – p.21/31
ビットコインの問題
秘密鍵の紛失・漏洩に対する保障がない
健全性に対する保証がない

3 層のギャンブル性
グローバリズムへの加担
投機の助長
マイニングに潜むギャンブルの構造
⇒ 人間不在のデジタル巨石貨幣
詳しくはテクニカルレポートを
http://member.wide.ad.jp/tr/wide-tr-ideon-bitcoin2013-00.pdf

「ニセモノ創り実験工房」 – p.22/31
ビットコインは成功しているのか
もし「おカネ」が抱える問題を解決するために作った
のなら . . .
またゼロから同じ「おカネ」を作っただけなので
失敗では?
同じというより、極限まで強化したと言えるかも
もし、デジタルで貝殻貨幣/巨石貨幣を作ってみせる
ためだったのなら . . .
大したもの

「ニセモノ創り実験工房」 – p.23/31
「おカネのない社会」と
「人間のデジタル通貨」の物語

「ニセモノ創り実験工房」 – p.24/31
「未来の経済は、ちょ
っと違っているのです。24 世紀
には、お金は存在しないのですよ。. . . 富の獲得は、
もはや私たちの生活の駆動力ではありません。私たち
は、自分と社会をよりよくするために働いているの
です」

— ジャン=リュ
ック・ピカード

“The economics of the future are somewhat
different. You see, money doesn’t exist in the 24th
century. . . . The acquisition of wealth is no longer
the driving force in our lives. We work to better
ourselves and the rest of humanity.”
— Capt. Jean-Luc Picard
「ニセモノ創り実験工房」 – p.25/31
「おカネ」や「仕事」のない社会
は珍しくありません
私たちは、みんなそこからやってきました

「ニセモノ創り実験工房」 – p.26/31
「おカネ」や「仕事」のない社会
は珍しくありません
私たちは、みんなそこからやってきました
それは「家族」です

「ニセモノ創り実験工房」 – p.26/31
経済と信用の氷山モデル

私たちは、人生のほとんどの時間を水面下で過ごしている
「ニセモノ創り実験工房」 – p.27/31
人間のデジタル通貨
人間不在のデジタル通貨

人間のデジタル通貨

グローバルなデータ構造 (元帳)

グローバルなデータ構造 (元帳)

鍵ペアを個人に帰属させない

鍵ペアを個人/法人に帰属させる

を持つ

を持たない

(頻繁な再生成を奨励しない)

POW システムを採用する

POW システムを採用しない

貨幣の発行量を制限する

貨幣の発行量を制限しない

貨幣は同語反復的

貨幣が根拠 ∗ を持つようにする

∗

(ex. 同語反復しない債務証書)

かつ、その根拠が時を経るにつれ減額するようにする。

「ニセモノ創り実験工房」 – p.28/31
実は . . .
「人間のデジタル通貨」は、つくってあります
http://www.media-art-online.org/iwat/

SFC で博士号を取得するに至った研究
普及のための技術開発とプロモーションが課題
その点でビットコインに関わる人々を尊敬します

「ニセモノ創り実験工房」 – p.29/31
私が体験したこと
福島のこどもたちのための「アカデミーキャンプ」
http://academy-camp.org
「遊び」と「学び」のエクストリームな体験
どれくらいエクストリームかのご参考
http://youtu.be/JTccTl2qLCo

予算で比較すると「のんびり型」のキャンプと変わら
ない
ほとんどソーシャルな力で実現
宿泊費、食費、交通費が問題 ← これらさえ何とかしたい
なぜか大人たちが熱中して関わってくれる
「学ぶ」
「遊ぶ」
「働く」
「休む」を同時に楽しむ

「ニセモノ創り実験工房」 – p.30/31
まとめ
「おカネ」というニセモノはいろいろ問題だ
ビットコインもいろいろ問題だ
つくりなおすヒントは
「経済と信用の氷山モデル」に

アドバイスみたいなものがあるとしたら
投資するなら長く価値を生み出し続けるものに
自分にとって一番長く続くものは自分
そしてその次の世代、この星を継ぐものたち
どうせ「おカネ」を使うのなら、信用の海に飛び
込むために
Remember : おカネは信用・信頼の代用品
Pro-social spending!
「ニセモノ創り実験工房」 – p.31/31

More Related Content

Similar to ニセモノ創り実験工房

2017年10月28日乳児にもわかる仮想通貨勉強会
2017年10月28日乳児にもわかる仮想通貨勉強会2017年10月28日乳児にもわかる仮想通貨勉強会
2017年10月28日乳児にもわかる仮想通貨勉強会
Tetsuya Imagawa
 
コンピュータの知識を用いなくても理解できるビットコイン ver.1
コンピュータの知識を用いなくても理解できるビットコイン ver.1コンピュータの知識を用いなくても理解できるビットコイン ver.1
コンピュータの知識を用いなくても理解できるビットコイン ver.1
Kenji Saito
 
FinTech と分散システム 〜またの名を仮面ライダーフィンテック〜
FinTech と分散システム 〜またの名を仮面ライダーフィンテック〜FinTech と分散システム 〜またの名を仮面ライダーフィンテック〜
FinTech と分散システム 〜またの名を仮面ライダーフィンテック〜
Kenji Saito
 
パネル 4feb
パネル 4febパネル 4feb
パネル 4feb
Yoshimitsu Homma
 
91conf-quolc-20110821
91conf-quolc-2011082191conf-quolc-20110821
91conf-quolc-20110821
Ryohei Suzuki
 
ビットコイン《人間不在のデジタル巨石貨幣》と デジタル通貨の未来
ビットコイン《人間不在のデジタル巨石貨幣》と デジタル通貨の未来ビットコイン《人間不在のデジタル巨石貨幣》と デジタル通貨の未来
ビットコイン《人間不在のデジタル巨石貨幣》と デジタル通貨の未来
Kenji Saito
 
OpenID Bizday #9 - 山崎重一郎氏 プレゼン資料
OpenID Bizday #9 - 山崎重一郎氏 プレゼン資料OpenID Bizday #9 - 山崎重一郎氏 プレゼン資料
OpenID Bizday #9 - 山崎重一郎氏 プレゼン資料
OpenID Foundation Japan
 
Makers:近未来のものづくり
Makers:近未来のものづくりMakers:近未来のものづくり
Makers:近未来のものづくり
Junichi Akita
 
やっぱりブロックチェインより仮想通貨
やっぱりブロックチェインより仮想通貨やっぱりブロックチェインより仮想通貨
やっぱりブロックチェインより仮想通貨
Kindai University
 
Real->Virtual 変換システムの開発その1の1
Real->Virtual 変換システムの開発その1の1Real->Virtual 変換システムの開発その1の1
Real->Virtual 変換システムの開発その1の1
Takashi Yamanoue
 
20141101 大田区民大学での講演「実際にロボットを動かす方法」
20141101 大田区民大学での講演「実際にロボットを動かす方法」20141101 大田区民大学での講演「実際にロボットを動かす方法」
20141101 大田区民大学での講演「実際にロボットを動かす方法」
Ryuichi Ueda
 
FinTechと金融サービスの将来像
FinTechと金融サービスの将来像FinTechと金融サービスの将来像
FinTechと金融サービスの将来像
Kindai University
 
ブロックチェーンを学ぶ 公開版
ブロックチェーンを学ぶ 公開版ブロックチェーンを学ぶ 公開版
ブロックチェーンを学ぶ 公開版
YamashitaKatsushi
 
「少し先の未来」 -センサー&デバイス編- 東北デベロッパーズカンファレンス2015
「少し先の未来」-センサー&デバイス編- 東北デベロッパーズカンファレンス2015「少し先の未来」-センサー&デバイス編- 東北デベロッパーズカンファレンス2015
「少し先の未来」 -センサー&デバイス編- 東北デベロッパーズカンファレンス2015
Takesen - Takehisa Ito
 
Tech Night Vol.11〜明日から実践!スマートホーム・VUI勉強会〜 | VUIがもっと捗る!ネットワークと"物理”の話
Tech Night Vol.11〜明日から実践!スマートホーム・VUI勉強会〜 | VUIがもっと捗る!ネットワークと"物理”の話Tech Night Vol.11〜明日から実践!スマートホーム・VUI勉強会〜 | VUIがもっと捗る!ネットワークと"物理”の話
Tech Night Vol.11〜明日から実践!スマートホーム・VUI勉強会〜 | VUIがもっと捗る!ネットワークと"物理”の話
SORACOM,INC
 
コンピュータの知識を用いなくても 理解できるビットコイン ver.2
コンピュータの知識を用いなくても 理解できるビットコイン ver.2コンピュータの知識を用いなくても 理解できるビットコイン ver.2
コンピュータの知識を用いなくても 理解できるビットコイン ver.2
Kenji Saito
 
手と目と声の最先端コンピュータ技術入門
手と目と声の最先端コンピュータ技術入門手と目と声の最先端コンピュータ技術入門
手と目と声の最先端コンピュータ技術入門
Yukiharu Yamauchi
 
Summary of Crypto currency2018 02-17
Summary of Crypto currency2018 02-17Summary of Crypto currency2018 02-17
Summary of Crypto currency2018 02-17
Kenichi Takeuchi
 
VRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
VRアバターをモバイルARでより身近に! VismuthVRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
VRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
Takumi Ito
 
メイカームーブメント:その背景と現状
メイカームーブメント:その背景と現状メイカームーブメント:その背景と現状
メイカームーブメント:その背景と現状
Junichi Akita
 

Similar to ニセモノ創り実験工房 (20)

2017年10月28日乳児にもわかる仮想通貨勉強会
2017年10月28日乳児にもわかる仮想通貨勉強会2017年10月28日乳児にもわかる仮想通貨勉強会
2017年10月28日乳児にもわかる仮想通貨勉強会
 
コンピュータの知識を用いなくても理解できるビットコイン ver.1
コンピュータの知識を用いなくても理解できるビットコイン ver.1コンピュータの知識を用いなくても理解できるビットコイン ver.1
コンピュータの知識を用いなくても理解できるビットコイン ver.1
 
FinTech と分散システム 〜またの名を仮面ライダーフィンテック〜
FinTech と分散システム 〜またの名を仮面ライダーフィンテック〜FinTech と分散システム 〜またの名を仮面ライダーフィンテック〜
FinTech と分散システム 〜またの名を仮面ライダーフィンテック〜
 
パネル 4feb
パネル 4febパネル 4feb
パネル 4feb
 
91conf-quolc-20110821
91conf-quolc-2011082191conf-quolc-20110821
91conf-quolc-20110821
 
ビットコイン《人間不在のデジタル巨石貨幣》と デジタル通貨の未来
ビットコイン《人間不在のデジタル巨石貨幣》と デジタル通貨の未来ビットコイン《人間不在のデジタル巨石貨幣》と デジタル通貨の未来
ビットコイン《人間不在のデジタル巨石貨幣》と デジタル通貨の未来
 
OpenID Bizday #9 - 山崎重一郎氏 プレゼン資料
OpenID Bizday #9 - 山崎重一郎氏 プレゼン資料OpenID Bizday #9 - 山崎重一郎氏 プレゼン資料
OpenID Bizday #9 - 山崎重一郎氏 プレゼン資料
 
Makers:近未来のものづくり
Makers:近未来のものづくりMakers:近未来のものづくり
Makers:近未来のものづくり
 
やっぱりブロックチェインより仮想通貨
やっぱりブロックチェインより仮想通貨やっぱりブロックチェインより仮想通貨
やっぱりブロックチェインより仮想通貨
 
Real->Virtual 変換システムの開発その1の1
Real->Virtual 変換システムの開発その1の1Real->Virtual 変換システムの開発その1の1
Real->Virtual 変換システムの開発その1の1
 
20141101 大田区民大学での講演「実際にロボットを動かす方法」
20141101 大田区民大学での講演「実際にロボットを動かす方法」20141101 大田区民大学での講演「実際にロボットを動かす方法」
20141101 大田区民大学での講演「実際にロボットを動かす方法」
 
FinTechと金融サービスの将来像
FinTechと金融サービスの将来像FinTechと金融サービスの将来像
FinTechと金融サービスの将来像
 
ブロックチェーンを学ぶ 公開版
ブロックチェーンを学ぶ 公開版ブロックチェーンを学ぶ 公開版
ブロックチェーンを学ぶ 公開版
 
「少し先の未来」 -センサー&デバイス編- 東北デベロッパーズカンファレンス2015
「少し先の未来」-センサー&デバイス編- 東北デベロッパーズカンファレンス2015「少し先の未来」-センサー&デバイス編- 東北デベロッパーズカンファレンス2015
「少し先の未来」 -センサー&デバイス編- 東北デベロッパーズカンファレンス2015
 
Tech Night Vol.11〜明日から実践!スマートホーム・VUI勉強会〜 | VUIがもっと捗る!ネットワークと"物理”の話
Tech Night Vol.11〜明日から実践!スマートホーム・VUI勉強会〜 | VUIがもっと捗る!ネットワークと"物理”の話Tech Night Vol.11〜明日から実践!スマートホーム・VUI勉強会〜 | VUIがもっと捗る!ネットワークと"物理”の話
Tech Night Vol.11〜明日から実践!スマートホーム・VUI勉強会〜 | VUIがもっと捗る!ネットワークと"物理”の話
 
コンピュータの知識を用いなくても 理解できるビットコイン ver.2
コンピュータの知識を用いなくても 理解できるビットコイン ver.2コンピュータの知識を用いなくても 理解できるビットコイン ver.2
コンピュータの知識を用いなくても 理解できるビットコイン ver.2
 
手と目と声の最先端コンピュータ技術入門
手と目と声の最先端コンピュータ技術入門手と目と声の最先端コンピュータ技術入門
手と目と声の最先端コンピュータ技術入門
 
Summary of Crypto currency2018 02-17
Summary of Crypto currency2018 02-17Summary of Crypto currency2018 02-17
Summary of Crypto currency2018 02-17
 
VRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
VRアバターをモバイルARでより身近に! VismuthVRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
VRアバターをモバイルARでより身近に! Vismuth
 
メイカームーブメント:その背景と現状
メイカームーブメント:その背景と現状メイカームーブメント:その背景と現状
メイカームーブメント:その背景と現状
 

More from Kenji Saito

ブロックチェーン連続講義 第7回 スマートコントラクト
ブロックチェーン連続講義 第7回 スマートコントラクトブロックチェーン連続講義 第7回 スマートコントラクト
ブロックチェーン連続講義 第7回 スマートコントラクト
Kenji Saito
 
ブロックチェーン連続講義 第6回 ブロックチェーン 2.0
ブロックチェーン連続講義 第6回 ブロックチェーン 2.0ブロックチェーン連続講義 第6回 ブロックチェーン 2.0
ブロックチェーン連続講義 第6回 ブロックチェーン 2.0
Kenji Saito
 
ブロックチェーン連続講義 第5回 分散システムのリテラシー
ブロックチェーン連続講義 第5回 分散システムのリテラシーブロックチェーン連続講義 第5回 分散システムのリテラシー
ブロックチェーン連続講義 第5回 分散システムのリテラシー
Kenji Saito
 
ブロックチェーン連続講義 第4回 暗号技術のリテラシー
ブロックチェーン連続講義 第4回 暗号技術のリテラシーブロックチェーン連続講義 第4回 暗号技術のリテラシー
ブロックチェーン連続講義 第4回 暗号技術のリテラシー
Kenji Saito
 
ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術
ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術
ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術
Kenji Saito
 
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
Kenji Saito
 
分散コンセンサスは社会をどう変えるか
分散コンセンサスは社会をどう変えるか分散コンセンサスは社会をどう変えるか
分散コンセンサスは社会をどう変えるか
Kenji Saito
 
深読みビットコイン (2) コンセンサスの行方
深読みビットコイン (2) コンセンサスの行方深読みビットコイン (2) コンセンサスの行方
深読みビットコイン (2) コンセンサスの行方
Kenji Saito
 
デジタル市民社会
デジタル市民社会デジタル市民社会
デジタル市民社会
Kenji Saito
 
i-WAT - Retrospective Overview
i-WAT - Retrospective Overviewi-WAT - Retrospective Overview
i-WAT - Retrospective Overview
Kenji Saito
 
インターネットで変わる「お金」〜私の場合〜
インターネットで変わる「お金」〜私の場合〜インターネットで変わる「お金」〜私の場合〜
インターネットで変わる「お金」〜私の場合〜
Kenji Saito
 
More Than You Need To Know About Bitcoin Technology
More Than You Need To Know About Bitcoin TechnologyMore Than You Need To Know About Bitcoin Technology
More Than You Need To Know About Bitcoin Technology
Kenji Saito
 
徹底サーベイ : デジタル通貨の15年
徹底サーベイ : デジタル通貨の15年徹底サーベイ : デジタル通貨の15年
徹底サーベイ : デジタル通貨の15年
Kenji Saito
 
本当にあった放射能の怖い話
本当にあった放射能の怖い話本当にあった放射能の怖い話
本当にあった放射能の怖い話
Kenji Saito
 
ビットコインと社会 ─ ビットコインだけでは何も変わらない
ビットコインと社会 ─ ビットコインだけでは何も変わらないビットコインと社会 ─ ビットコインだけでは何も変わらない
ビットコインと社会 ─ ビットコインだけでは何も変わらない
Kenji Saito
 
新しい貨幣を前提に新しい社会秩序をつくる - ビットコインとその周辺の話題を例に
新しい貨幣を前提に新しい社会秩序をつくる - ビットコインとその周辺の話題を例に新しい貨幣を前提に新しい社会秩序をつくる - ビットコインとその周辺の話題を例に
新しい貨幣を前提に新しい社会秩序をつくる - ビットコインとその周辺の話題を例に
Kenji Saito
 
人間不在のデジタル通貨 対 人間のデジタル通貨
人間不在のデジタル通貨 対 人間のデジタル通貨人間不在のデジタル通貨 対 人間のデジタル通貨
人間不在のデジタル通貨 対 人間のデジタル通貨
Kenji Saito
 
ビットコイン— ─ 人間不在のデジタル巨石貨幣
ビットコイン— ─ 人間不在のデジタル巨石貨幣ビットコイン— ─ 人間不在のデジタル巨石貨幣
ビットコイン— ─ 人間不在のデジタル巨石貨幣
Kenji Saito
 
「おカネ」とインターネット
「おカネ」とインターネット「おカネ」とインターネット
「おカネ」とインターネット
Kenji Saito
 
星の銀貨が降ってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! ─ EBISU Version
星の銀貨が降ってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! ─ EBISU Version星の銀貨が降ってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! ─ EBISU Version
星の銀貨が降ってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! ─ EBISU Version
Kenji Saito
 

More from Kenji Saito (20)

ブロックチェーン連続講義 第7回 スマートコントラクト
ブロックチェーン連続講義 第7回 スマートコントラクトブロックチェーン連続講義 第7回 スマートコントラクト
ブロックチェーン連続講義 第7回 スマートコントラクト
 
ブロックチェーン連続講義 第6回 ブロックチェーン 2.0
ブロックチェーン連続講義 第6回 ブロックチェーン 2.0ブロックチェーン連続講義 第6回 ブロックチェーン 2.0
ブロックチェーン連続講義 第6回 ブロックチェーン 2.0
 
ブロックチェーン連続講義 第5回 分散システムのリテラシー
ブロックチェーン連続講義 第5回 分散システムのリテラシーブロックチェーン連続講義 第5回 分散システムのリテラシー
ブロックチェーン連続講義 第5回 分散システムのリテラシー
 
ブロックチェーン連続講義 第4回 暗号技術のリテラシー
ブロックチェーン連続講義 第4回 暗号技術のリテラシーブロックチェーン連続講義 第4回 暗号技術のリテラシー
ブロックチェーン連続講義 第4回 暗号技術のリテラシー
 
ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術
ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術
ブロックチェーン連続講義 第3回 ビットコインの技術
 
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
ブロックチェーン技術の基本と応用の可能性
 
分散コンセンサスは社会をどう変えるか
分散コンセンサスは社会をどう変えるか分散コンセンサスは社会をどう変えるか
分散コンセンサスは社会をどう変えるか
 
深読みビットコイン (2) コンセンサスの行方
深読みビットコイン (2) コンセンサスの行方深読みビットコイン (2) コンセンサスの行方
深読みビットコイン (2) コンセンサスの行方
 
デジタル市民社会
デジタル市民社会デジタル市民社会
デジタル市民社会
 
i-WAT - Retrospective Overview
i-WAT - Retrospective Overviewi-WAT - Retrospective Overview
i-WAT - Retrospective Overview
 
インターネットで変わる「お金」〜私の場合〜
インターネットで変わる「お金」〜私の場合〜インターネットで変わる「お金」〜私の場合〜
インターネットで変わる「お金」〜私の場合〜
 
More Than You Need To Know About Bitcoin Technology
More Than You Need To Know About Bitcoin TechnologyMore Than You Need To Know About Bitcoin Technology
More Than You Need To Know About Bitcoin Technology
 
徹底サーベイ : デジタル通貨の15年
徹底サーベイ : デジタル通貨の15年徹底サーベイ : デジタル通貨の15年
徹底サーベイ : デジタル通貨の15年
 
本当にあった放射能の怖い話
本当にあった放射能の怖い話本当にあった放射能の怖い話
本当にあった放射能の怖い話
 
ビットコインと社会 ─ ビットコインだけでは何も変わらない
ビットコインと社会 ─ ビットコインだけでは何も変わらないビットコインと社会 ─ ビットコインだけでは何も変わらない
ビットコインと社会 ─ ビットコインだけでは何も変わらない
 
新しい貨幣を前提に新しい社会秩序をつくる - ビットコインとその周辺の話題を例に
新しい貨幣を前提に新しい社会秩序をつくる - ビットコインとその周辺の話題を例に新しい貨幣を前提に新しい社会秩序をつくる - ビットコインとその周辺の話題を例に
新しい貨幣を前提に新しい社会秩序をつくる - ビットコインとその周辺の話題を例に
 
人間不在のデジタル通貨 対 人間のデジタル通貨
人間不在のデジタル通貨 対 人間のデジタル通貨人間不在のデジタル通貨 対 人間のデジタル通貨
人間不在のデジタル通貨 対 人間のデジタル通貨
 
ビットコイン— ─ 人間不在のデジタル巨石貨幣
ビットコイン— ─ 人間不在のデジタル巨石貨幣ビットコイン— ─ 人間不在のデジタル巨石貨幣
ビットコイン— ─ 人間不在のデジタル巨石貨幣
 
「おカネ」とインターネット
「おカネ」とインターネット「おカネ」とインターネット
「おカネ」とインターネット
 
星の銀貨が降ってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! ─ EBISU Version
星の銀貨が降ってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! ─ EBISU Version星の銀貨が降ってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! ─ EBISU Version
星の銀貨が降ってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! ─ EBISU Version
 

Recently uploaded

LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
CRI Japan, Inc.
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
chisatotakane
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
ARISE analytics
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
Sony - Neural Network Libraries
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Shinichi Hirauchi
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
Ayachika Kitazaki
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
Toru Tamaki
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 

Recently uploaded (15)

LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 

ニセモノ創り実験工房