SlideShare a Scribd company logo
オレオレになりがちな
テスト計画を見直した話
てらひで
2023.5.20 Scrum Fest Niigata 2023
RoomD 15:30-15:50
テストをしていて
困ったときは
ありませんか?
テストあるある
• 何のテストをしているのかわからない
• どこの(テストレベル)で何をしたらいい
か分からない
• テストレベルを跨いでテストケースの重
複が見受けられて効率的とは言えない
• 後続のテストレベルで前段で見つかる
べきインシデントが散見される
今までのテスト計画
•各テストレベルで「なんとなく
こんなことをやるよー」みたい
なルールを決めていた
良くないなーと思い見直すことに
• ソフトウェアテストの国際規格「ISO/IEC/IEEE 29119」
• 2007年に作成が始まった。最初のPart1は2013年に公布され、最
後のPart5は、2016年に公布された
• Part1~5で構成される
• Part1 概念と定義
• Part2 テストプロセス
• Part3 テストドキュメント
• Part4 テスト技法
• Part5 キーワード駆動テスト
ISBN-10:499113790X
てらひではこちらの書籍で
学ばさせて頂きました
大変感謝しております
本日は「ISO/IEC/IEEE 29119」
の概要を自分なりに整理し
事例とスクラムのエッセンスを交
えてご説明いたします
だれ?
てらひで @terahide27
• SIorを中心にアジャイルを叫んでいる
• ふりかえりの人
• テスト駆動開発の人
• 着物ぐらし
• 深夜アニメのカバレッジ90%
• 初音ミク
• 酒・ラーメン
ISO/IEC/IEEE 29119 の構成
ソフトウェアテスト規格の教科書より
※本書では(レビューなどの)他の規格への参照も掲載されているが割愛
Part1
テストの概念と定義
Part2
テストプロセス
Part3
テストドキュメント
Part4
テスト技法
Part5
キーワード駆動テスト
ISO/IEC/IEEE 29119 における適用分野
• すべての産業分野
• セーフティクリティカルおよびそれ以外のシステム
• 探索的テストおよびスクリプトテスト
• 伝統的なモデル(例えば、ウォーターフォール、V字モデル)
やアジャイル(例えばスクラム、カンバン、ハイブリッド)を含
むすべてのライフサイクルモデル
• 自動テスト
ほぼ全てのプロジェクトで適用が可能
リスクベースドテスト
• ISO/IEC/IEEE 29119は、リスクベースドテストの根底に流れる思
想を支持している
• リスクベースドテストでは、テストにより品質リスクを軽減させリスクレ
ベルを受け入れ可能なレベルにまで引き下げるという目的がある
リスクとは?
リスクとは、悪いまたは望ましくない結果やイベントをもたらす可能性である
• プロダクトリスク:潜在的な問題の主な影響がプロダクト品質におよぶリスク
• プロジェクトリスク:潜在的な問題の主な影響がプロジェクト成功におよぶリスク
テスト計画
• 状況の把握
• どのような機能が期待されているかを知ることが有効
• システムに何を期待しているかを各ステークホルダと会話する
• リスクの特定
• ステークホルダによってすでに特定されているリスクを確認
• 更なるリスクを特定する
• リスクの評価
• 相対的なリスクスコア(発生率x影響)に合意する
• リスクの低減
• リスクを管理するためのオプションを特定する
• リスク低減の措置としてなんのテスト(テストレベル・テスト技法)を行うかを決める
• テスト戦略の設計
• 個別リスクに基づくテスト戦略
• どのテストレベルでどのテスト技法を用いてテストを行い、どこまでテストすれば完
了か(網羅性)を記載する
4次元で表してみる
Time
線
面
時間軸
立体
※1次元は点であることは承知してます
説明のために目を瞑ってください。。。
1次元:点と線とテスト技法
Part4 テスト技法より
• 同値分割法
• 境界値分析
配送料
1kg未満 500円
1kg以上 1000円
5kg以上 ※配送不可
1kg 5kg
同値パーテーション 同値パーテーション 同値パーテーション
200gでも500gで
も500円
2kgでも3kgでも
1000円
5kgでも10kgでも
配送不可
境界値
境界値
値の正当性
2次元:面とテストターゲットとテストケース
• テスト対象の網羅性
• テスト戦略設計の中で、どのテストターゲットをどれだけテストすればそのリ
スクが低減できるかを考えると網羅を考える必要が出てくることもある。ま
るで面で潰すかのように
Part4 テスト技法より
• 状態遷移テスト
• ディシジョンテーブル
• 組み合わせテスト
#1 #2 #3 #4
室温が21℃未満 T T F F
20℃に設定 T F T F
冷たい空気が出る F - T -
麺 タレ スープ
#1 細麺 味噌 鶏がら
#2 中太 塩 とんこつ
#3 太麺 醤油 煮干しT
現状のス
テータス
イベント 期待す
る結果
#1 A あ B
#2 B い C
#3 B う D
#4 C え A
A
B
C D
イベント:あ
い う
え
麺
細麺
中太
太麺
タレ
味噌
塩
醤油
スープ
鶏がら
とんこつ
煮干し
以下組み合わせが続く。。。
状態遷移テスト
ディシジョンテーブル
組み合わせテスト
値の正当性
網羅性
3次元:立体とテストレベル
• それぞれのリスクに対して、
• どのテストレベルで
• どのテスト技法を用いてテストを行い
• どこまでテストすれば完了か
値の正当性
網羅性
テストレベル
の妥当性
単体テスト
結合テスト
受入
テスト
テストレベル
ID プロダクトリスク スコア テストレベル テスト手法
R1 顧客が登録できない 6 単体テスト 状態遷移テスト
結合テスト シナリオテスト
受入テスト 探索的テスト
R2 顧客が予約できない 6 単体テスト 状態遷移テスト
デシジョンテーブルテスト
結合テスト シナリオテスト
受入テスト 探索的テスト
R3 システム応答時間が遅すぎる 3 性能テスト
...省略
自動テスト
• コードをビルドする前に静的解析を行って、不正を除去すること
• 全てのコードにおいて100%のステートメントカバレッジを達成し、再利用
可能なテストケースと共にコミットすること
手動テスト
• 単体テストのディシジョンテーブルに基にしたシナリオを作成し、正常系、異
常系とも網羅すること
テスト計画書の例(テスト戦略部分の抜粋)
テスト完了条件の抜粋
ある程度は「ルール」となる
4次元:時間軸とShift Left Testing
• ※ ISO/IEC/IEEE 29119 から離れます
値の正当性
網羅性
テストレベル
の妥当性
time
Shift Left Testingとは?
この場では「思ったタイミングより早いタイミングでテストのことを考える・始める」
くらいの意
テストファースト
テストコード
プロダクション
コード
先にテストを書く
テストを成功させる
プロダクションコードを書く
テストを成功したら
次のテストを書く
受入テスト駆動開発
受
入
テ
ス
ト
スプリント
受入テスト仕様
プランニング
バックログリ
ファインメント
• そのバックログが開発され
るスプリントが始まる前に
受入条件(受入テスト
仕様)を作成しておく
• プランニングのインプットや
受入テストで使用する
• それによりよりバックログの
理解が深まるとともに受入
テストを円滑に進めること
ができる
TF
ATDD
みたいなことを「テス
ト計画書」としてまと
めればよいのでは
「ルール」として書く部分と個別のリスクに向き合って書く部分を分ける
スクラムへの適応
• スクラムガイド 2020には
「完成の定義を満たさない限り、
作業をインクリメントの一部とみなすことはできない」
• 完成の定義に「ルール」を
• 個別のリスクはスプリント単位でテスト計画を
スプリント
出荷可能な
インクリメント
DoD
テスト計画
実装
テスト
※実際のテストの作業は
• テスト設計・実装
• テストの実行
• テストのモニタリング
• インシデントの対応
など複数の作業となりますがここでは省略しています
Part2 テストプロセス 参照
事例:受入テスト駆動開発
Given When Then
例: 一覧画面で アイテムを選ぶと 詳細画面が表示される
選択したアイテムが表示される
(右のExcelを
見せて)
これ埋められま
せんか?
スプリント
バックログ
受入
テスト仕様
受入
テスト
顧客
開発者
• 基本的には計画駆動(作るものが決まっている)
• スプリントが始まるまでに、そのスプリントで消化予定の
バックログの受入テスト仕様を作成(顧客)
• 開発のスプリントでその仕様を元にGherkin形式に対
応したテストフレームワークで自動化
• 自動化できるものは自動化、そうでないものは手動で
(TestRailを使って見える化)
たぶんで
きそう
Excel
まとめ
• 国際規格を知っておくとチーム内・ステークホルダと
プロトコルが作りやすいかも
• テスト技法はたくさん覚えておくと都合がいい
• テストの「ルールを決める」だけではなく、「テスト計画」をする
• 早期発見・早期治療
Happy Development Life

More Related Content

What's hot

「チーム開発実践入門」勉強会
「チーム開発実践入門」勉強会「チーム開発実践入門」勉強会
「チーム開発実践入門」勉強会
Yu Ishikawa
 
テストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jp
テストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jpテストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jp
テストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jp
kyon mm
 
[DL輪読会]Pay Attention to MLPs (gMLP)
[DL輪読会]Pay Attention to MLPs	(gMLP)[DL輪読会]Pay Attention to MLPs	(gMLP)
[DL輪読会]Pay Attention to MLPs (gMLP)
Deep Learning JP
 
入門!Jenkins
入門!Jenkins入門!Jenkins
入門!Jenkins
Shuntaro Saiba
 
WayOfNoTrouble.pptx
WayOfNoTrouble.pptxWayOfNoTrouble.pptx
WayOfNoTrouble.pptx
Daisuke Yamazaki
 
Jenkins と groovy
Jenkins と groovyJenkins と groovy
Jenkins と groovy
Kohsuke Kawaguchi
 
研究分野をサーベイする
研究分野をサーベイする研究分野をサーベイする
研究分野をサーベイする
Takayuki Itoh
 
研究法(Claimとは)
研究法(Claimとは)研究法(Claimとは)
研究法(Claimとは)
Jun Rekimoto
 
60分でわかった気になるISO29119 #wacate
60分でわかった気になるISO29119 #wacate60分でわかった気になるISO29119 #wacate
60分でわかった気になるISO29119 #wacate
Kinji Akemine
 
GitLab から GitLab に移行したときの思い出
GitLab から GitLab に移行したときの思い出GitLab から GitLab に移行したときの思い出
GitLab から GitLab に移行したときの思い出
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
 
イミュータブルデータモデル(世代編)
イミュータブルデータモデル(世代編)イミュータブルデータモデル(世代編)
イミュータブルデータモデル(世代編)
Yoshitaka Kawashima
 
TLS, HTTP/2演習
TLS, HTTP/2演習TLS, HTTP/2演習
TLS, HTTP/2演習
shigeki_ohtsu
 
シリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのかシリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのか
Atsushi Nakada
 
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるなテスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
Kentaro Matsui
 
20230105_TITECH_lecture_ishizaki_public.pdf
20230105_TITECH_lecture_ishizaki_public.pdf20230105_TITECH_lecture_ishizaki_public.pdf
20230105_TITECH_lecture_ishizaki_public.pdf
Kazuaki Ishizaki
 
SQLアンチパターン~スパゲッティクエリ
SQLアンチパターン~スパゲッティクエリSQLアンチパターン~スパゲッティクエリ
SQLアンチパターン~スパゲッティクエリ
Itabashi Masayuki
 
DeClang 誕生!Clang ベースのハッキング対策コンパイラ【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
DeClang 誕生!Clang ベースのハッキング対策コンパイラ【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】DeClang 誕生!Clang ベースのハッキング対策コンパイラ【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
DeClang 誕生!Clang ベースのハッキング対策コンパイラ【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
DeNA
 
ディープラーニングのフレームワークと特許戦争
ディープラーニングのフレームワークと特許戦争ディープラーニングのフレームワークと特許戦争
ディープラーニングのフレームワークと特許戦争
Yosuke Shinya
 
MLOps に基づく AI/ML 実運用最前線 ~画像、動画データにおける MLOps 事例のご紹介~(映像情報メディア学会2021年冬季大会企画セッショ...
MLOps に基づく AI/ML 実運用最前線 ~画像、動画データにおける MLOps 事例のご紹介~(映像情報メディア学会2021年冬季大会企画セッショ...MLOps に基づく AI/ML 実運用最前線 ~画像、動画データにおける MLOps 事例のご紹介~(映像情報メディア学会2021年冬季大会企画セッショ...
MLOps に基づく AI/ML 実運用最前線 ~画像、動画データにおける MLOps 事例のご紹介~(映像情報メディア学会2021年冬季大会企画セッショ...
NTT DATA Technology & Innovation
 
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
mosa siru
 

What's hot (20)

「チーム開発実践入門」勉強会
「チーム開発実践入門」勉強会「チーム開発実践入門」勉強会
「チーム開発実践入門」勉強会
 
テストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jp
テストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jpテストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jp
テストとリファクタリングに関する深い方法論 #wewlc_jp
 
[DL輪読会]Pay Attention to MLPs (gMLP)
[DL輪読会]Pay Attention to MLPs	(gMLP)[DL輪読会]Pay Attention to MLPs	(gMLP)
[DL輪読会]Pay Attention to MLPs (gMLP)
 
入門!Jenkins
入門!Jenkins入門!Jenkins
入門!Jenkins
 
WayOfNoTrouble.pptx
WayOfNoTrouble.pptxWayOfNoTrouble.pptx
WayOfNoTrouble.pptx
 
Jenkins と groovy
Jenkins と groovyJenkins と groovy
Jenkins と groovy
 
研究分野をサーベイする
研究分野をサーベイする研究分野をサーベイする
研究分野をサーベイする
 
研究法(Claimとは)
研究法(Claimとは)研究法(Claimとは)
研究法(Claimとは)
 
60分でわかった気になるISO29119 #wacate
60分でわかった気になるISO29119 #wacate60分でわかった気になるISO29119 #wacate
60分でわかった気になるISO29119 #wacate
 
GitLab から GitLab に移行したときの思い出
GitLab から GitLab に移行したときの思い出GitLab から GitLab に移行したときの思い出
GitLab から GitLab に移行したときの思い出
 
イミュータブルデータモデル(世代編)
イミュータブルデータモデル(世代編)イミュータブルデータモデル(世代編)
イミュータブルデータモデル(世代編)
 
TLS, HTTP/2演習
TLS, HTTP/2演習TLS, HTTP/2演習
TLS, HTTP/2演習
 
シリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのかシリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのか
 
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるなテスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
 
20230105_TITECH_lecture_ishizaki_public.pdf
20230105_TITECH_lecture_ishizaki_public.pdf20230105_TITECH_lecture_ishizaki_public.pdf
20230105_TITECH_lecture_ishizaki_public.pdf
 
SQLアンチパターン~スパゲッティクエリ
SQLアンチパターン~スパゲッティクエリSQLアンチパターン~スパゲッティクエリ
SQLアンチパターン~スパゲッティクエリ
 
DeClang 誕生!Clang ベースのハッキング対策コンパイラ【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
DeClang 誕生!Clang ベースのハッキング対策コンパイラ【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】DeClang 誕生!Clang ベースのハッキング対策コンパイラ【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
DeClang 誕生!Clang ベースのハッキング対策コンパイラ【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
 
ディープラーニングのフレームワークと特許戦争
ディープラーニングのフレームワークと特許戦争ディープラーニングのフレームワークと特許戦争
ディープラーニングのフレームワークと特許戦争
 
MLOps に基づく AI/ML 実運用最前線 ~画像、動画データにおける MLOps 事例のご紹介~(映像情報メディア学会2021年冬季大会企画セッショ...
MLOps に基づく AI/ML 実運用最前線 ~画像、動画データにおける MLOps 事例のご紹介~(映像情報メディア学会2021年冬季大会企画セッショ...MLOps に基づく AI/ML 実運用最前線 ~画像、動画データにおける MLOps 事例のご紹介~(映像情報メディア学会2021年冬季大会企画セッショ...
MLOps に基づく AI/ML 実運用最前線 ~画像、動画データにおける MLOps 事例のご紹介~(映像情報メディア学会2021年冬季大会企画セッショ...
 
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
 

Similar to オレオレになりがちなテスト計画を見直した話

チームで行う探索的テスト
チームで行う探索的テストチームで行う探索的テスト
チームで行う探索的テスト
Tomonobu Kawakita
 
アジャイルなテストの見積もりと計画作り
アジャイルなテストの見積もりと計画作りアジャイルなテストの見積もりと計画作り
アジャイルなテストの見積もりと計画作り
kyon mm
 
テストエンジニアの品格 #automatornight
テストエンジニアの品格 #automatornightテストエンジニアの品格 #automatornight
テストエンジニアの品格 #automatornight
kyon mm
 
Scrum,Test,Metrics #sgt2016
Scrum,Test,Metrics #sgt2016Scrum,Test,Metrics #sgt2016
Scrum,Test,Metrics #sgt2016
kyon mm
 
はじめてのテスト技法
はじめてのテスト技法はじめてのテスト技法
はじめてのテスト技法
Tatsuya Saito
 
分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった
分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった
分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった
Makoto Iguchi
 
PHPのテスト名を日本語にした話
PHPのテスト名を日本語にした話PHPのテスト名を日本語にした話
PHPのテスト名を日本語にした話
Norifumi Kawamoto
 
Sue445 Style TDD #atest_hack
Sue445 Style TDD #atest_hackSue445 Style TDD #atest_hack
Sue445 Style TDD #atest_hack
Go Sueyoshi (a.k.a sue445)
 
#NagoyaTesting アジャイルなテストの見積りと計画づくり
#NagoyaTesting アジャイルなテストの見積りと計画づくり #NagoyaTesting アジャイルなテストの見積りと計画づくり
#NagoyaTesting アジャイルなテストの見積りと計画づくり
kyon mm
 
JavaのテストGroovyでいいのではないかという話
JavaのテストGroovyでいいのではないかという話JavaのテストGroovyでいいのではないかという話
JavaのテストGroovyでいいのではないかという話
disc99_
 
テストを書こう!!
テストを書こう!!テストを書こう!!
テストを書こう!!
拓 小林
 
コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究
コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究
コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究
Yuichiro Saito
 
Testing processqualifylevel 2009
Testing processqualifylevel 2009Testing processqualifylevel 2009
Testing processqualifylevel 2009
Shinsuke Matsuki
 
Coderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 Unconference
Coderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 UnconferenceCoderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 Unconference
Coderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 Unconference
Kiro Harada
 
サイボウズQAの働き方
サイボウズQAの働き方サイボウズQAの働き方
サイボウズQAの働き方
Cy1DayCy1Day
 
ソフトウェアテストことはじめ2016年ver
ソフトウェアテストことはじめ2016年verソフトウェアテストことはじめ2016年ver
ソフトウェアテストことはじめ2016年ver
Kosuke Fujisawa
 
nseg第5回勉強会
nseg第5回勉強会nseg第5回勉強会
nseg第5回勉強会
ko ty
 
Xcode10での テスト周りの進化をふりかえる
Xcode10での テスト周りの進化をふりかえるXcode10での テスト周りの進化をふりかえる
Xcode10での テスト周りの進化をふりかえる
Toshiyuki Hirata
 
テストを分類してみよう!
テストを分類してみよう!テストを分類してみよう!
テストを分類してみよう!
Kenji Okumura
 

Similar to オレオレになりがちなテスト計画を見直した話 (20)

チームで行う探索的テスト
チームで行う探索的テストチームで行う探索的テスト
チームで行う探索的テスト
 
アジャイルなテストの見積もりと計画作り
アジャイルなテストの見積もりと計画作りアジャイルなテストの見積もりと計画作り
アジャイルなテストの見積もりと計画作り
 
テストエンジニアの品格 #automatornight
テストエンジニアの品格 #automatornightテストエンジニアの品格 #automatornight
テストエンジニアの品格 #automatornight
 
TDDを研ぎ究める
TDDを研ぎ究めるTDDを研ぎ究める
TDDを研ぎ究める
 
Scrum,Test,Metrics #sgt2016
Scrum,Test,Metrics #sgt2016Scrum,Test,Metrics #sgt2016
Scrum,Test,Metrics #sgt2016
 
はじめてのテスト技法
はじめてのテスト技法はじめてのテスト技法
はじめてのテスト技法
 
分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった
分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった
分散開発チームによるAgile開発実践 ~いろいろハマった!よかった
 
PHPのテスト名を日本語にした話
PHPのテスト名を日本語にした話PHPのテスト名を日本語にした話
PHPのテスト名を日本語にした話
 
Sue445 Style TDD #atest_hack
Sue445 Style TDD #atest_hackSue445 Style TDD #atest_hack
Sue445 Style TDD #atest_hack
 
#NagoyaTesting アジャイルなテストの見積りと計画づくり
#NagoyaTesting アジャイルなテストの見積りと計画づくり #NagoyaTesting アジャイルなテストの見積りと計画づくり
#NagoyaTesting アジャイルなテストの見積りと計画づくり
 
JavaのテストGroovyでいいのではないかという話
JavaのテストGroovyでいいのではないかという話JavaのテストGroovyでいいのではないかという話
JavaのテストGroovyでいいのではないかという話
 
テストを書こう!!
テストを書こう!!テストを書こう!!
テストを書こう!!
 
コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究
コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究
コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究
 
Testing processqualifylevel 2009
Testing processqualifylevel 2009Testing processqualifylevel 2009
Testing processqualifylevel 2009
 
Coderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 Unconference
Coderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 UnconferenceCoderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 Unconference
Coderetreat のススメ at Developers' Summit 2013 Unconference
 
サイボウズQAの働き方
サイボウズQAの働き方サイボウズQAの働き方
サイボウズQAの働き方
 
ソフトウェアテストことはじめ2016年ver
ソフトウェアテストことはじめ2016年verソフトウェアテストことはじめ2016年ver
ソフトウェアテストことはじめ2016年ver
 
nseg第5回勉強会
nseg第5回勉強会nseg第5回勉強会
nseg第5回勉強会
 
Xcode10での テスト周りの進化をふりかえる
Xcode10での テスト周りの進化をふりかえるXcode10での テスト周りの進化をふりかえる
Xcode10での テスト周りの進化をふりかえる
 
テストを分類してみよう!
テストを分類してみよう!テストを分類してみよう!
テストを分類してみよう!
 

More from terahide

和服を普段着にするようになって気づいたアジャイルの心
和服を普段着にするようになって気づいたアジャイルの心和服を普段着にするようになって気づいたアジャイルの心
和服を普段着にするようになって気づいたアジャイルの心
terahide
 
Management3.0のワークを受けてから会社の偉い人へ M3.0のワークショップをするまでにやったこと
Management3.0のワークを受けてから会社の偉い人へM3.0のワークショップをするまでにやったことManagement3.0のワークを受けてから会社の偉い人へM3.0のワークショップをするまでにやったこと
Management3.0のワークを受けてから会社の偉い人へ M3.0のワークショップをするまでにやったこと
terahide
 
一番アジャイルな料理人はソーマくんだと思うんだ
一番アジャイルな料理人はソーマくんだと思うんだ一番アジャイルな料理人はソーマくんだと思うんだ
一番アジャイルな料理人はソーマくんだと思うんだ
terahide
 
Att
AttAtt
受託開発でテストファーストしたらXXXを早期発見できてハイアジリティになったはなし
受託開発でテストファーストしたらXXXを早期発見できてハイアジリティになったはなし受託開発でテストファーストしたらXXXを早期発見できてハイアジリティになったはなし
受託開発でテストファーストしたらXXXを早期発見できてハイアジリティになったはなし
terahide
 
オフショアだから失敗したの?~誤解だらけのオフショアと、アジャイルの再発見~
オフショアだから失敗したの?~誤解だらけのオフショアと、アジャイルの再発見~オフショアだから失敗したの?~誤解だらけのオフショアと、アジャイルの再発見~
オフショアだから失敗したの?~誤解だらけのオフショアと、アジャイルの再発見~
terahide
 
Springのプログラムモデルと動く仕様~テスト編~
Springのプログラムモデルと動く仕様~テスト編~Springのプログラムモデルと動く仕様~テスト編~
Springのプログラムモデルと動く仕様~テスト編~
terahide
 
Spring bootで学ぶ初めてのwebアプリ開発
Spring bootで学ぶ初めてのwebアプリ開発Spring bootで学ぶ初めてのwebアプリ開発
Spring bootで学ぶ初めてのwebアプリ開発
terahide
 
明日に繋がるふり返りのプラクティス
明日に繋がるふり返りのプラクティス明日に繋がるふり返りのプラクティス
明日に繋がるふり返りのプラクティス
terahide
 
ふりかえり
ふりかえりふりかえり
ふりかえり
terahide
 
データモデルは時空を越える
データモデルは時空を越えるデータモデルは時空を越える
データモデルは時空を越える
terahide
 
ももたろう
ももたろうももたろう
ももたろう
terahide
 
Vbaでもtdd
VbaでもtddVbaでもtdd
Vbaでもtdd
terahide
 
Sierのアジャイルとジレンマとパラダイムシフト
SierのアジャイルとジレンマとパラダイムシフトSierのアジャイルとジレンマとパラダイムシフト
Sierのアジャイルとジレンマとパラダイムシフト
terahide
 
脱Java初心者を目指すときに読むといいと思う本を考える会
脱Java初心者を目指すときに読むといいと思う本を考える会脱Java初心者を目指すときに読むといいと思う本を考える会
脱Java初心者を目指すときに読むといいと思う本を考える会
terahide
 
再入門!RESTとSpringMVC
再入門!RESTとSpringMVC再入門!RESTとSpringMVC
再入門!RESTとSpringMVC
terahide
 
SGT2014 横浜道場 始めよう!インセプションデッキ
SGT2014 横浜道場 始めよう!インセプションデッキSGT2014 横浜道場 始めよう!インセプションデッキ
SGT2014 横浜道場 始めよう!インセプションデッキ
terahide
 
Tdd keyword
Tdd keywordTdd keyword
Tdd keyword
terahide
 
ゆるぎー
ゆるぎーゆるぎー
ゆるぎー
terahide
 
マシュマロチャレンジ
マシュマロチャレンジマシュマロチャレンジ
マシュマロチャレンジ
terahide
 

More from terahide (20)

和服を普段着にするようになって気づいたアジャイルの心
和服を普段着にするようになって気づいたアジャイルの心和服を普段着にするようになって気づいたアジャイルの心
和服を普段着にするようになって気づいたアジャイルの心
 
Management3.0のワークを受けてから会社の偉い人へ M3.0のワークショップをするまでにやったこと
Management3.0のワークを受けてから会社の偉い人へM3.0のワークショップをするまでにやったことManagement3.0のワークを受けてから会社の偉い人へM3.0のワークショップをするまでにやったこと
Management3.0のワークを受けてから会社の偉い人へ M3.0のワークショップをするまでにやったこと
 
一番アジャイルな料理人はソーマくんだと思うんだ
一番アジャイルな料理人はソーマくんだと思うんだ一番アジャイルな料理人はソーマくんだと思うんだ
一番アジャイルな料理人はソーマくんだと思うんだ
 
Att
AttAtt
Att
 
受託開発でテストファーストしたらXXXを早期発見できてハイアジリティになったはなし
受託開発でテストファーストしたらXXXを早期発見できてハイアジリティになったはなし受託開発でテストファーストしたらXXXを早期発見できてハイアジリティになったはなし
受託開発でテストファーストしたらXXXを早期発見できてハイアジリティになったはなし
 
オフショアだから失敗したの?~誤解だらけのオフショアと、アジャイルの再発見~
オフショアだから失敗したの?~誤解だらけのオフショアと、アジャイルの再発見~オフショアだから失敗したの?~誤解だらけのオフショアと、アジャイルの再発見~
オフショアだから失敗したの?~誤解だらけのオフショアと、アジャイルの再発見~
 
Springのプログラムモデルと動く仕様~テスト編~
Springのプログラムモデルと動く仕様~テスト編~Springのプログラムモデルと動く仕様~テスト編~
Springのプログラムモデルと動く仕様~テスト編~
 
Spring bootで学ぶ初めてのwebアプリ開発
Spring bootで学ぶ初めてのwebアプリ開発Spring bootで学ぶ初めてのwebアプリ開発
Spring bootで学ぶ初めてのwebアプリ開発
 
明日に繋がるふり返りのプラクティス
明日に繋がるふり返りのプラクティス明日に繋がるふり返りのプラクティス
明日に繋がるふり返りのプラクティス
 
ふりかえり
ふりかえりふりかえり
ふりかえり
 
データモデルは時空を越える
データモデルは時空を越えるデータモデルは時空を越える
データモデルは時空を越える
 
ももたろう
ももたろうももたろう
ももたろう
 
Vbaでもtdd
VbaでもtddVbaでもtdd
Vbaでもtdd
 
Sierのアジャイルとジレンマとパラダイムシフト
SierのアジャイルとジレンマとパラダイムシフトSierのアジャイルとジレンマとパラダイムシフト
Sierのアジャイルとジレンマとパラダイムシフト
 
脱Java初心者を目指すときに読むといいと思う本を考える会
脱Java初心者を目指すときに読むといいと思う本を考える会脱Java初心者を目指すときに読むといいと思う本を考える会
脱Java初心者を目指すときに読むといいと思う本を考える会
 
再入門!RESTとSpringMVC
再入門!RESTとSpringMVC再入門!RESTとSpringMVC
再入門!RESTとSpringMVC
 
SGT2014 横浜道場 始めよう!インセプションデッキ
SGT2014 横浜道場 始めよう!インセプションデッキSGT2014 横浜道場 始めよう!インセプションデッキ
SGT2014 横浜道場 始めよう!インセプションデッキ
 
Tdd keyword
Tdd keywordTdd keyword
Tdd keyword
 
ゆるぎー
ゆるぎーゆるぎー
ゆるぎー
 
マシュマロチャレンジ
マシュマロチャレンジマシュマロチャレンジ
マシュマロチャレンジ
 

Recently uploaded

第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
Takuya Minagawa
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
company21
 
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
Tetsuya Nihonmatsu
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
Tatsuya Ishikawa
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 

Recently uploaded (10)

第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
 
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 

オレオレになりがちなテスト計画を見直した話