SlideShare a Scribd company logo
楽天における安全な秘匿情報管理への道のり
Jan 13th, 2023
Takumi Sato
Rakuten Group, Inc.
2
自己紹介
• Software Engineer
• 2020年4月 楽天グループ株式会社新卒入社
• 趣味
• ドライブ
• サウナ
• 最近やったこと
• DiRT
• Vault Enterprise版導入
• Kubernetes Operator Pattern導入
佐藤 匠(さとう たくみ)
3
Service Operation Kaizen (SOK) Section
※ Our team member's presentation.
https://codezine.jp/article/detail/12021
https://event.cloudnativedays.jp/cndo2021/talks/371
https://event.cloudnativedays.jp/cndo2021/talks/311
https://event.cloudnativedays.jp/cndo2021/talks/401
https://event.cloudnativedays.jp/cndo2021/talks/621
https://confengine.com/conferences/scrum-fest-osaka-2021/proposal/15381/dirt-up
https://www.elastic.co/elasticon/solution-series/asia-pacific-jp?tab=2#agenda
Our Mission : Operation Zero
Our Services : 9 Services
Used by various Rakuten Group’s services
4
職種
• Software Engineer
• SRE
• Project manager
• Product manager
We are hiring!
https://www.irasutoya.com/2016/02/blog-post_329.html
Maps Data: Google, ©︎2022
5
Today's Theme
How To Manage the Secret
Information
w/o
Hard Operation
6
Agenda
はじめに
背景
Vault Serverの構築について
Vault Clientの導入について
Disaster Recovery Operationについて
7
Agenda
はじめに
背景
Vault Serverの構築について
Vault Clientの導入について
Disaster Recovery Operationについて
8
シークレットとは
認証認可を与えるものの総称。DB認証情報、クラウドのIAM、トークン、
ID&パスワード、SSH Keyなどを指す
9
Vaultとは
シークレットの管理
データの暗号化、復号 認証・認可
https://www.silhouette-illust.com/illust/37090
https://icon-rainbow.com/
10
Agenda
はじめに
背景
Vault Serverの構築について
Vault Clientの導入について
Disaster Recovery Operationについて
11
チーム内におけるシークレット管理方法の課題
シークレットの漏洩リスク
•平文での管理
•ソースコードに直接書き込まれている
•GitHub, Confluenceなどさまざまな場所に保存されて
いる
12
• シークレットを暗号化した状態でより安全かつ一元的に管理
• Audit logによってシークレットにいつ誰がアクセスしたか追跡可能
Vaultによるシークレット管理方法の改善
13
Vault本格利用時の課題
• Vaultを本番環境で本格的に利用するために、マルチリージョンの冗
長化を行いたい
• しかし、クラスタ間のレプリケーションはEnterprise版のみの提供
Vault Enterprise契約を決定
14
Vault Enterprise契約のプランについて
HCP版 Self managed版
Overview SaaS ライセンスを取得し、
自前でクラスタを構築
冗長化レベル マルチリージョンでのDR(Disaster Recovery)
構成が組めない
マルチリージョンでのDR構成が組める
コスト 高 低
運用 サーバの運用が不要 サーバの運用、メンテナンスが必要
機能 カスタムプラグインを未サポート
Advanced Data Protectionを未サポート
Vaultの全ての機能を利用可能
15
Vault Enterprise契約のプランについて
HCP版 Self managed版
Overview SaaS ライセンスを取得し、
自前でクラスタを構築
冗長化レベル マルチリージョンでのDR(Disaster Recovery)
構成が組めない
マルチリージョンでのDR構成が組める
コスト 高 低
運用 サーバの運用が不要 サーバの運用、メンテナンスが必要
機能 カスタムプラグインを未サポート
Advanced Data Protectionを未サポート
Vaultの全ての機能を利用可能
マルチリージョンの冗長構成が可能なself
managed版を選択
16
Agenda
はじめに
背景
Vault Serverの構築について
Vault Clientの導入について
Disaster Recovery Operationについて
17
Vault Serverの概要
18
$ helm install vault hashicorp/vault -n vault ¥
--values vault_config.yaml
Helmで容易にinstall可能
Vault Serverの構築手順
19
Vault Server構築時に必要なシークレットはAzure Key Vaultで保管
• root token(一時的に使用)
• TLS証明書
• recovery key (unseal key)
Vault Serverの構築手順
20
Audit log
$ vault audit enable -tls-skip-verify file file_path=stdout
Audit logを有効化することで誰がどのシークレットにアクセスしたか追
跡可能に
21
レプリケーションについて
https://developer.hashicorp.com/vault/docs/enterprise/replication#primary-secondary-communication
低コストでマルチクラスタ構成のとれるDR Replicationを採用
• DR Replication: Active/Standby構成
• Performance Replication: Active/Active構成
22
Data Storageについて
別途ストレージを用意する必要のないIntegrated Storageを採用
• Nodeにデータを永続化
• Raft(分散合意アルゴリズム)によってデータをレプリケーション
https://developer.hashicorp.com/vault/tutorials/raft/raft-storage
23
自動化ポイント①: Retry join
Retry joinによってpod再起動時に自動でクラスタに参加するよう設定
retry_join {
leader_api_addr = "http://127.0.0.2:8200"
}
retry_join {
leader_api_addr = "http://127.0.0.3:8200"
} Copy
24
自動化ポイント②: Vault Auto Unseal
seal "azurekeyvault" {
tenant_id = <Key Vault's Directory ID>
client_id = <Service Principal's Application ID>
client_secret = <Service Principal's generated secret>
vault_name = <Name of Azure Key Vault instance>
key_name = <Name of generated key on Azure Key Vault>
subscription_id = <ID of the Azure Subscription>
}
secret
Unseal keyの役割をAzure Key Vaultが担うことでauto unsealを実現
extraVolumes:
- type: secret
name: vault-storage-config
extraArgs: '-config=/vault/userconfig/vault-storage-config/config_je.hcl'
vault_config.yaml
25
監視
下記条件で通知が飛ぶように設定
• Vault Serverがエラーメッセージを出力した場合
• Vaultのpodが直近1分間で指定個数を下回った場合
26
不要な手動オペレーションを行わずに
Vault Serverの運用を行っている
27
Agenda
はじめに
背景
Vault Serverの構築について
Vault Clientの導入について
Disaster Recovery Operationについて
28
Vault agent
Kubernetes Cluster
App container
Pod
share secret
<init container>
Vault agent
File system
App Role Auth
role-id
ConfigMap
secret-id
Secret
mount
29
Secret-idの自動更新
secret-idは、最大32日で失効する。
→更新jobをGitHub Actionsで作成し、自動更新を行っている!
30
Agenda
はじめに
背景
Vault Serverの構築について
Vault Clientの導入について
Disaster Recovery Operationについて
31
Disaster Recovery Operationのシナリオ
事前準備
DR-tokenの発行
Ope1
Primaryの昇格
Ope2
GSLBの切り替え
Ope3-1
original primaryか
らレプリケーショ
ンの開始
Ope3-2
new primaryからレ
プリケーションの
開始
事前に用意 障害発生時、すぐに実施! 復旧後に実施
32
Disaster Recovery Operationのシナリオ
事前準備
DR-tokenの発行
Ope1
Primaryの昇格
Ope2
GSLBの切り替え
Ope3-1
original primaryか
らレプリケーショ
ンの開始
Ope3-2
new primaryからレ
プリケーションの
開始
事前に用意 障害発生時、すぐに実施! 復旧後に実施
33
事前準備: dr-tokenの発行
$ vault write auth/token/roles/failover-handler ¥ allowed_policies=dr-
secondary-promotion ¥
orphan=true ¥
renewable=false ¥
token_type=batch
$ vault token create -role=failover-handler -ttl=8h
https://developer.hashicorp.com/vault/tutorials/enterprise/disaster-recovery#dr-operation-token-strategy
事前にDR operationに必要なdr-tokenを発行しAzure Key Vaultに保存
34
Disaster Recovery Operationのシナリオ
事前準備
DR-tokenの発行
Ope1
Primaryの昇格
Ope2
GSLBの切り替え
Ope3-1
original primaryか
らレプリケーショ
ンの開始
Ope3-2
new primaryからレ
プリケーションの
開始
事前に用意 障害発生時、すぐに実施! 復旧後に実施
35
復旧オペレーション1: primaryの昇格
# Get dr_token from Azure Key Vault
$ vault write sys/replication/dr/secondary/promote ¥
dr_operation_token=<dr-token>
Secondaryクラスタをプライマリに昇格
Cluster A
DR primary
Out of service
Cluster B
DR Secondary
Original primary New primary
36
復旧オペレーション2: GSLBの切り替え
GSLBのエンドポイントをnew primaryに変更
GSLB
Cluster A
DR primary
Out of service
Cluster B
DR Secondary
Original primary New primary
37
Disaster Recovery Operationのシナリオ
事前準備
DR-tokenの発行
Ope1
Primaryの昇格
Ope2
GSLBの切り替え
Ope3-1
original primaryか
らレプリケーショ
ンの開始
Ope3-2
new primaryからレ
プリケーションの
開始
事前に用意 障害発生時、すぐに実施! 復旧後に実施
38
復旧オペレーションパターン3-1: new primaryからレプリケーション
1. Original primaryをDisable
2. New primaryからレプリケーションを再開
Cluster A
DR primary
Cluster B
DR Secondary
Original primary New primary
replication
(@ Cluster A)
$ vault write -f sys/replication/dr/primary/disable
(@ Cluster B)
$ vault write sys/replication/dr/secondary/enable ¥
primary_api_addr=$PRIMARY_API_ADDR ¥
token=$TOKEN
39
復旧オペレーションパターン3-2: original primaryからレプリケーション
(Cluster A)
$ vault write sys/replication/dr/primary/secondary-token id=new-secondary
(Cluster B)
$ vault write sys/replication/dr/secondary/update-primary ¥
primary_api_addr=$PRIMARY_API_ADDR ¥
dr_operation_token=$DR_TOKEN ¥
token=$TOKEN
update-primaryによってprimaryをoriginal primaryに再設定
Cluster A
DR primary
Cluster B
DR Secondary
Original primary New primary
replication
40
dr-tokenの自動更新
dr-tokenは、最大32日で失効する。
→更新jobをGitHub Actionsで作成し、自動更新を行っている!
41
まとめ
• 秘匿情報を安全に管理できるようになった
• ほとんど手間をかけずにVaultを運用できている
• 様々なシナリオを想定したDisastor Recovery
Operationの手順を用意している
42
今後の展望
• 全てのシークレットをVaultで管理したい
• DR operationの自動化を行いたい
• チーム内での運用ルールをちゃんと決めたい
We are hiring!

More Related Content

What's hot

Travel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech infoTravel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech info
Rakuten Group, Inc.
 
『コンテナ疲れ』と戦う、k8s・PaaS・Serverlessの活用法
『コンテナ疲れ』と戦う、k8s・PaaS・Serverlessの活用法『コンテナ疲れ』と戦う、k8s・PaaS・Serverlessの活用法
『コンテナ疲れ』と戦う、k8s・PaaS・Serverlessの活用法
Kazuto Kusama
 
モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)
モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)
モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
Kubernetes 基盤における非機能試験の deepdive(Kubernetes Novice Tokyo #17 発表資料)
Kubernetes 基盤における非機能試験の deepdive(Kubernetes Novice Tokyo #17 発表資料)Kubernetes 基盤における非機能試験の deepdive(Kubernetes Novice Tokyo #17 発表資料)
Kubernetes 基盤における非機能試験の deepdive(Kubernetes Novice Tokyo #17 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
楽天のインフラ事情 2022
楽天のインフラ事情 2022楽天のインフラ事情 2022
楽天のインフラ事情 2022
Rakuten Group, Inc.
 
[Cloud OnAir] BigQuery の仕組みからベストプラクティスまでのご紹介 2018年9月6日 放送
[Cloud OnAir] BigQuery の仕組みからベストプラクティスまでのご紹介 2018年9月6日 放送[Cloud OnAir] BigQuery の仕組みからベストプラクティスまでのご紹介 2018年9月6日 放送
[Cloud OnAir] BigQuery の仕組みからベストプラクティスまでのご紹介 2018年9月6日 放送
Google Cloud Platform - Japan
 
ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素
ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素
ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素
NISHIHARA Shota
 
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
mosa siru
 
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
楽天における大規模データベースの運用
楽天における大規模データベースの運用楽天における大規模データベースの運用
楽天における大規模データベースの運用
Rakuten Group, Inc.
 
Anthos を使ったエンタープライズ向けクラスタの設計とアップグレード戦略のススメ(CloudNative Days Tokyo 2021 発表資料)
Anthos を使ったエンタープライズ向けクラスタの設計とアップグレード戦略のススメ(CloudNative Days Tokyo 2021 発表資料)Anthos を使ったエンタープライズ向けクラスタの設計とアップグレード戦略のススメ(CloudNative Days Tokyo 2021 発表資料)
Anthos を使ったエンタープライズ向けクラスタの設計とアップグレード戦略のススメ(CloudNative Days Tokyo 2021 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
「関心の分離」と「疎結合」 ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
「関心の分離」と「疎結合」   ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら「関心の分離」と「疎結合」   ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
「関心の分離」と「疎結合」 ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
Atsushi Nakamura
 
100PBを越えるデータプラットフォームの実情
100PBを越えるデータプラットフォームの実情100PBを越えるデータプラットフォームの実情
100PBを越えるデータプラットフォームの実情
Rakuten Group, Inc.
 
2021 days opening
2021 days opening2021 days opening
2021 days opening
Kameda Harunobu
 
30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版
30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版
30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版
Naoki (Neo) SATO
 
M3の医療webサービス群を支える基盤技術
M3の医療webサービス群を支える基盤技術M3の医療webサービス群を支える基盤技術
M3の医療webサービス群を支える基盤技術
IKEDA Kiyoshi
 
[DO05] システムの信頼性を上げるための新しい考え方 SRE ( Site Reliability Engineering ) in Azure, o...
[DO05] システムの信頼性を上げるための新しい考え方 SRE ( Site Reliability Engineering ) in Azure, o...[DO05] システムの信頼性を上げるための新しい考え方 SRE ( Site Reliability Engineering ) in Azure, o...
[DO05] システムの信頼性を上げるための新しい考え方 SRE ( Site Reliability Engineering ) in Azure, o...
de:code 2017
 
分散トレーシング技術について(Open tracingやjaeger)
分散トレーシング技術について(Open tracingやjaeger)分散トレーシング技術について(Open tracingやjaeger)
分散トレーシング技術について(Open tracingやjaeger)
NTT Communications Technology Development
 
なぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのか
なぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのかなぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのか
なぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのか
Yusuke Suzuki
 

What's hot (20)

Travel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech infoTravel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech info
 
『コンテナ疲れ』と戦う、k8s・PaaS・Serverlessの活用法
『コンテナ疲れ』と戦う、k8s・PaaS・Serverlessの活用法『コンテナ疲れ』と戦う、k8s・PaaS・Serverlessの活用法
『コンテナ疲れ』と戦う、k8s・PaaS・Serverlessの活用法
 
モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)
モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)
モノリスからマイクロサービスへの移行 ~ストラングラーパターンの検証~(Spring Fest 2020講演資料)
 
Kubernetes 基盤における非機能試験の deepdive(Kubernetes Novice Tokyo #17 発表資料)
Kubernetes 基盤における非機能試験の deepdive(Kubernetes Novice Tokyo #17 発表資料)Kubernetes 基盤における非機能試験の deepdive(Kubernetes Novice Tokyo #17 発表資料)
Kubernetes 基盤における非機能試験の deepdive(Kubernetes Novice Tokyo #17 発表資料)
 
楽天のインフラ事情 2022
楽天のインフラ事情 2022楽天のインフラ事情 2022
楽天のインフラ事情 2022
 
[Cloud OnAir] BigQuery の仕組みからベストプラクティスまでのご紹介 2018年9月6日 放送
[Cloud OnAir] BigQuery の仕組みからベストプラクティスまでのご紹介 2018年9月6日 放送[Cloud OnAir] BigQuery の仕組みからベストプラクティスまでのご紹介 2018年9月6日 放送
[Cloud OnAir] BigQuery の仕組みからベストプラクティスまでのご紹介 2018年9月6日 放送
 
ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素
ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素
ITコミュニティと情報発信に共通する成長と貢献の要素
 
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
マイクロにしすぎた結果がこれだよ!
 
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
Grafana LokiではじめるKubernetesロギングハンズオン(NTT Tech Conference #4 ハンズオン資料)
 
楽天における大規模データベースの運用
楽天における大規模データベースの運用楽天における大規模データベースの運用
楽天における大規模データベースの運用
 
Google Cloud で実践する SRE
Google Cloud で実践する SRE  Google Cloud で実践する SRE
Google Cloud で実践する SRE
 
Anthos を使ったエンタープライズ向けクラスタの設計とアップグレード戦略のススメ(CloudNative Days Tokyo 2021 発表資料)
Anthos を使ったエンタープライズ向けクラスタの設計とアップグレード戦略のススメ(CloudNative Days Tokyo 2021 発表資料)Anthos を使ったエンタープライズ向けクラスタの設計とアップグレード戦略のススメ(CloudNative Days Tokyo 2021 発表資料)
Anthos を使ったエンタープライズ向けクラスタの設計とアップグレード戦略のススメ(CloudNative Days Tokyo 2021 発表資料)
 
「関心の分離」と「疎結合」 ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
「関心の分離」と「疎結合」   ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら「関心の分離」と「疎結合」   ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
「関心の分離」と「疎結合」 ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
 
100PBを越えるデータプラットフォームの実情
100PBを越えるデータプラットフォームの実情100PBを越えるデータプラットフォームの実情
100PBを越えるデータプラットフォームの実情
 
2021 days opening
2021 days opening2021 days opening
2021 days opening
 
30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版
30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版
30分でわかるマイクロサービスアーキテクチャ 第2版
 
M3の医療webサービス群を支える基盤技術
M3の医療webサービス群を支える基盤技術M3の医療webサービス群を支える基盤技術
M3の医療webサービス群を支える基盤技術
 
[DO05] システムの信頼性を上げるための新しい考え方 SRE ( Site Reliability Engineering ) in Azure, o...
[DO05] システムの信頼性を上げるための新しい考え方 SRE ( Site Reliability Engineering ) in Azure, o...[DO05] システムの信頼性を上げるための新しい考え方 SRE ( Site Reliability Engineering ) in Azure, o...
[DO05] システムの信頼性を上げるための新しい考え方 SRE ( Site Reliability Engineering ) in Azure, o...
 
分散トレーシング技術について(Open tracingやjaeger)
分散トレーシング技術について(Open tracingやjaeger)分散トレーシング技術について(Open tracingやjaeger)
分散トレーシング技術について(Open tracingやjaeger)
 
なぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのか
なぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのかなぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのか
なぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのか
 

Similar to 楽天における安全な秘匿情報管理への道のり

[Cloud OnAir] Dive to Google Kubernetes Engine 2018年8月2日 放送
[Cloud OnAir] Dive to Google Kubernetes Engine 2018年8月2日 放送[Cloud OnAir] Dive to Google Kubernetes Engine 2018年8月2日 放送
[Cloud OnAir] Dive to Google Kubernetes Engine 2018年8月2日 放送
Google Cloud Platform - Japan
 
Open Source x AI
Open Source x AIOpen Source x AI
Open Source x AI
Tsukasa Kato
 
Osc fukuoka xAI Meetup
Osc fukuoka xAI MeetupOsc fukuoka xAI Meetup
Osc fukuoka xAI Meetup
ru pic
 
Introduction to Azure Service Fabric
Introduction to Azure Service FabricIntroduction to Azure Service Fabric
Introduction to Azure Service Fabric
Takekazu Omi
 
JAZUG #26 AKS backup with Velero
JAZUG #26 AKS backup with VeleroJAZUG #26 AKS backup with Velero
JAZUG #26 AKS backup with Velero
Tetsuya Sodo
 
20220914_MySQLでDevOps!
20220914_MySQLでDevOps!20220914_MySQLでDevOps!
20220914_MySQLでDevOps!
Machiko Ikoma
 
Dockerセキュリティ: 今すぐ役に立つテクニックから,次世代技術まで
 Dockerセキュリティ: 今すぐ役に立つテクニックから,次世代技術まで Dockerセキュリティ: 今すぐ役に立つテクニックから,次世代技術まで
Dockerセキュリティ: 今すぐ役に立つテクニックから,次世代技術まで
Akihiro Suda
 
これから始めるAzure Kubernetes Service入門
これから始めるAzure Kubernetes Service入門これから始めるAzure Kubernetes Service入門
これから始めるAzure Kubernetes Service入門
Yuto Takei
 
CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...
CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...
CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...
NTT DATA Technology & Innovation
 
SCALR OSS版のインストール手順のご紹介 20131204 01
SCALR OSS版のインストール手順のご紹介 20131204 01SCALR OSS版のインストール手順のご紹介 20131204 01
SCALR OSS版のインストール手順のご紹介 20131204 01
Haruhiko KAJIKAWA
 
201312 scalr[oss] installation_idcf
201312 scalr[oss] installation_idcf201312 scalr[oss] installation_idcf
201312 scalr[oss] installation_idcf
IDC Frontier
 
Tech Night Recap Sapporo - Ignite & .NET Conf -.pptx
Tech Night Recap Sapporo - Ignite & .NET Conf -.pptxTech Night Recap Sapporo - Ignite & .NET Conf -.pptx
Tech Night Recap Sapporo - Ignite & .NET Conf -.pptx
Yasuaki Matsuda
 
ホスティッドプライベートクラウド勉強会 ~Azure Pack on SoftLayer ~
ホスティッドプライベートクラウド勉強会 ~Azure Pack on SoftLayer ~ホスティッドプライベートクラウド勉強会 ~Azure Pack on SoftLayer ~
ホスティッドプライベートクラウド勉強会 ~Azure Pack on SoftLayer ~
Kimihiko Kitase
 
エンプラに Kubernetes を 導入してみて分かった 4つの Lessons Learned
エンプラに Kubernetes を 導入してみて分かった 4つの Lessons Learnedエンプラに Kubernetes を 導入してみて分かった 4つの Lessons Learned
エンプラに Kubernetes を 導入してみて分かった 4つの Lessons Learned
Daiki Kawanuma
 
2019 jetson azure_hands-on
2019 jetson azure_hands-on2019 jetson azure_hands-on
2019 jetson azure_hands-on
Aya Owosekun
 
Build Windows ラップアップ
Build Windows ラップアップBuild Windows ラップアップ
Build Windows ラップアップ
Sunao Tomita
 
00_O365_SecureConfigurationAlignment_JP_v1.0.pdf
00_O365_SecureConfigurationAlignment_JP_v1.0.pdf00_O365_SecureConfigurationAlignment_JP_v1.0.pdf
00_O365_SecureConfigurationAlignment_JP_v1.0.pdf
Hisaho Nakata
 
20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate
20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate
20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate
osamut
 
20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate
20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate
20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate
osamut
 
運用の現場での監視運用ツールの活用
運用の現場での監視運用ツールの活用運用の現場での監視運用ツールの活用
運用の現場での監視運用ツールの活用
真治 米田
 

Similar to 楽天における安全な秘匿情報管理への道のり (20)

[Cloud OnAir] Dive to Google Kubernetes Engine 2018年8月2日 放送
[Cloud OnAir] Dive to Google Kubernetes Engine 2018年8月2日 放送[Cloud OnAir] Dive to Google Kubernetes Engine 2018年8月2日 放送
[Cloud OnAir] Dive to Google Kubernetes Engine 2018年8月2日 放送
 
Open Source x AI
Open Source x AIOpen Source x AI
Open Source x AI
 
Osc fukuoka xAI Meetup
Osc fukuoka xAI MeetupOsc fukuoka xAI Meetup
Osc fukuoka xAI Meetup
 
Introduction to Azure Service Fabric
Introduction to Azure Service FabricIntroduction to Azure Service Fabric
Introduction to Azure Service Fabric
 
JAZUG #26 AKS backup with Velero
JAZUG #26 AKS backup with VeleroJAZUG #26 AKS backup with Velero
JAZUG #26 AKS backup with Velero
 
20220914_MySQLでDevOps!
20220914_MySQLでDevOps!20220914_MySQLでDevOps!
20220914_MySQLでDevOps!
 
Dockerセキュリティ: 今すぐ役に立つテクニックから,次世代技術まで
 Dockerセキュリティ: 今すぐ役に立つテクニックから,次世代技術まで Dockerセキュリティ: 今すぐ役に立つテクニックから,次世代技術まで
Dockerセキュリティ: 今すぐ役に立つテクニックから,次世代技術まで
 
これから始めるAzure Kubernetes Service入門
これから始めるAzure Kubernetes Service入門これから始めるAzure Kubernetes Service入門
これから始めるAzure Kubernetes Service入門
 
CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...
CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...
CloudNativePGを動かしてみた! ~PostgreSQL on Kubernetes~(第34回PostgreSQLアンカンファレンス@オンライ...
 
SCALR OSS版のインストール手順のご紹介 20131204 01
SCALR OSS版のインストール手順のご紹介 20131204 01SCALR OSS版のインストール手順のご紹介 20131204 01
SCALR OSS版のインストール手順のご紹介 20131204 01
 
201312 scalr[oss] installation_idcf
201312 scalr[oss] installation_idcf201312 scalr[oss] installation_idcf
201312 scalr[oss] installation_idcf
 
Tech Night Recap Sapporo - Ignite & .NET Conf -.pptx
Tech Night Recap Sapporo - Ignite & .NET Conf -.pptxTech Night Recap Sapporo - Ignite & .NET Conf -.pptx
Tech Night Recap Sapporo - Ignite & .NET Conf -.pptx
 
ホスティッドプライベートクラウド勉強会 ~Azure Pack on SoftLayer ~
ホスティッドプライベートクラウド勉強会 ~Azure Pack on SoftLayer ~ホスティッドプライベートクラウド勉強会 ~Azure Pack on SoftLayer ~
ホスティッドプライベートクラウド勉強会 ~Azure Pack on SoftLayer ~
 
エンプラに Kubernetes を 導入してみて分かった 4つの Lessons Learned
エンプラに Kubernetes を 導入してみて分かった 4つの Lessons Learnedエンプラに Kubernetes を 導入してみて分かった 4つの Lessons Learned
エンプラに Kubernetes を 導入してみて分かった 4つの Lessons Learned
 
2019 jetson azure_hands-on
2019 jetson azure_hands-on2019 jetson azure_hands-on
2019 jetson azure_hands-on
 
Build Windows ラップアップ
Build Windows ラップアップBuild Windows ラップアップ
Build Windows ラップアップ
 
00_O365_SecureConfigurationAlignment_JP_v1.0.pdf
00_O365_SecureConfigurationAlignment_JP_v1.0.pdf00_O365_SecureConfigurationAlignment_JP_v1.0.pdf
00_O365_SecureConfigurationAlignment_JP_v1.0.pdf
 
20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate
20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate
20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate
 
20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate
20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate
20240308_HCCJP_MicrosoftAdaptiveCloudUpdate
 
運用の現場での監視運用ツールの活用
運用の現場での監視運用ツールの活用運用の現場での監視運用ツールの活用
運用の現場での監視運用ツールの活用
 

More from Rakuten Group, Inc.

コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話
コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話
コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話
Rakuten Group, Inc.
 
What Makes Software Green?
What Makes Software Green?What Makes Software Green?
What Makes Software Green?
Rakuten Group, Inc.
 
Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...
Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...
Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...
Rakuten Group, Inc.
 
DataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組み
DataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組みDataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組み
DataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組み
Rakuten Group, Inc.
 
大規模なリアルタイム監視の導入と展開
大規模なリアルタイム監視の導入と展開大規模なリアルタイム監視の導入と展開
大規模なリアルタイム監視の導入と展開
Rakuten Group, Inc.
 
Rakuten Services and Infrastructure Team.pdf
Rakuten Services and Infrastructure Team.pdfRakuten Services and Infrastructure Team.pdf
Rakuten Services and Infrastructure Team.pdf
Rakuten Group, Inc.
 
The Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdf
The Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdfThe Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdf
The Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdf
Rakuten Group, Inc.
 
Supporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdf
Supporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdfSupporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdf
Supporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdf
Rakuten Group, Inc.
 
How We Defined Our Own Cloud.pdf
How We Defined Our Own Cloud.pdfHow We Defined Our Own Cloud.pdf
How We Defined Our Own Cloud.pdf
Rakuten Group, Inc.
 
Travel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech infoTravel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech info
Rakuten Group, Inc.
 
OWASPTop10_Introduction
OWASPTop10_IntroductionOWASPTop10_Introduction
OWASPTop10_Introduction
Rakuten Group, Inc.
 
Introduction of GORA API Group technology
Introduction of GORA API Group technologyIntroduction of GORA API Group technology
Introduction of GORA API Group technology
Rakuten Group, Inc.
 
Rakuten Platform
Rakuten PlatformRakuten Platform
Rakuten Platform
Rakuten Group, Inc.
 
Kafka & Hadoop in Rakuten
Kafka & Hadoop in RakutenKafka & Hadoop in Rakuten
Kafka & Hadoop in Rakuten
Rakuten Group, Inc.
 
Unclouding Container Challenges
 Unclouding  Container Challenges Unclouding  Container Challenges
Unclouding Container Challenges
Rakuten Group, Inc.
 
Functional Programming in Pattern-Match-Oriented Programming Style <Programmi...
Functional Programming in Pattern-Match-Oriented Programming Style <Programmi...Functional Programming in Pattern-Match-Oriented Programming Style <Programmi...
Functional Programming in Pattern-Match-Oriented Programming Style <Programmi...
Rakuten Group, Inc.
 
アジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクスアジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクス
Rakuten Group, Inc.
 
AR/SLAM and IoT
AR/SLAM and IoTAR/SLAM and IoT
AR/SLAM and IoT
Rakuten Group, Inc.
 
Introduction of Rakuten Commerce QA Night#2
Introduction of Rakuten Commerce QA Night#2Introduction of Rakuten Commerce QA Night#2
Introduction of Rakuten Commerce QA Night#2
Rakuten Group, Inc.
 
Improve test automation operation
Improve test automation operationImprove test automation operation
Improve test automation operation
Rakuten Group, Inc.
 

More from Rakuten Group, Inc. (20)

コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話
コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話
コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話
 
What Makes Software Green?
What Makes Software Green?What Makes Software Green?
What Makes Software Green?
 
Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...
Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...
Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...
 
DataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組み
DataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組みDataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組み
DataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組み
 
大規模なリアルタイム監視の導入と展開
大規模なリアルタイム監視の導入と展開大規模なリアルタイム監視の導入と展開
大規模なリアルタイム監視の導入と展開
 
Rakuten Services and Infrastructure Team.pdf
Rakuten Services and Infrastructure Team.pdfRakuten Services and Infrastructure Team.pdf
Rakuten Services and Infrastructure Team.pdf
 
The Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdf
The Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdfThe Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdf
The Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdf
 
Supporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdf
Supporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdfSupporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdf
Supporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdf
 
How We Defined Our Own Cloud.pdf
How We Defined Our Own Cloud.pdfHow We Defined Our Own Cloud.pdf
How We Defined Our Own Cloud.pdf
 
Travel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech infoTravel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech info
 
OWASPTop10_Introduction
OWASPTop10_IntroductionOWASPTop10_Introduction
OWASPTop10_Introduction
 
Introduction of GORA API Group technology
Introduction of GORA API Group technologyIntroduction of GORA API Group technology
Introduction of GORA API Group technology
 
Rakuten Platform
Rakuten PlatformRakuten Platform
Rakuten Platform
 
Kafka & Hadoop in Rakuten
Kafka & Hadoop in RakutenKafka & Hadoop in Rakuten
Kafka & Hadoop in Rakuten
 
Unclouding Container Challenges
 Unclouding  Container Challenges Unclouding  Container Challenges
Unclouding Container Challenges
 
Functional Programming in Pattern-Match-Oriented Programming Style <Programmi...
Functional Programming in Pattern-Match-Oriented Programming Style <Programmi...Functional Programming in Pattern-Match-Oriented Programming Style <Programmi...
Functional Programming in Pattern-Match-Oriented Programming Style <Programmi...
 
アジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクスアジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクス
 
AR/SLAM and IoT
AR/SLAM and IoTAR/SLAM and IoT
AR/SLAM and IoT
 
Introduction of Rakuten Commerce QA Night#2
Introduction of Rakuten Commerce QA Night#2Introduction of Rakuten Commerce QA Night#2
Introduction of Rakuten Commerce QA Night#2
 
Improve test automation operation
Improve test automation operationImprove test automation operation
Improve test automation operation
 

Recently uploaded

生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
Osaka University
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Hirotaka Kawata
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
Shinichi Hirauchi
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
ssuserfcafd1
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
Takuya Minagawa
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
Seiya Shimabukuro
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
Hideo Kashioka
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 

Recently uploaded (13)

生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 

楽天における安全な秘匿情報管理への道のり